これまでの流れ

発売前

2013年12月

12日(木)
『TOZ』発表
「スレイ(男性)」役と「アリーシャ(女性)」役の声優が発表された。主人公は「スレイ」だった。

2014年9月

ジャンプにて「ロゼ」(女性)発表 
ここでパッケージイラストが公開。従来ならば、「ロゼ」の立ち位置がヒロインの位置。
「アリーシャ」は3番手程の位置に居た。

21日(日)
東京ゲームショウで発売日や特典発表
予約特典に「スレイ」・「アリーシャ」・「ミクリオ」・「エドナ」のラバーストラップが発表。

2014年12月

25日(木)
公式サイトの馬場氏コメント
http://sbn.bandainamcogames.co.jp/home/?p=32107
  • ロゼは神依化するが、あくまでも「同行キャラクター」。
  • 本来、ロゼは発売前に存在を公開する予定は最初は無かった。
  • オープニングアニメにもロゼを入れるつもりは無かった。
  • ロゼとザビーダとデゼルは非常に関係性が強いとだけ言っておく。

30日(火)
TVアニメスペシャル『テイルズオブゼスティリア~導師の夜明け~』放送
「スレイ」が主人公を、「アリーシャ」がヒロイン役を担当していた。
内容は、ゲームの序盤部分のアニメ化。いわゆる販促アニメ。

2015年1月

20日(火)
【最終回】『テイルズ オブ ゼスティリア』開発者ニコニコ生放送
http://live.nicovideo.jp/watch/lv204652569
馬場「ロゼは誰からも好かれるキャラ、僕に似ている、ロゼ役の声優大好き!」

※TOZ発表から発売までの間、アリーシャ、エドナ、ライラ、ロゼと女性陣が発表されていくが、
様々な媒体でアリーシャがヒロインであるかのように発表されつつも誰がヒロインであるか明言されなかったため、ユーザー間でヒロインについて揉める

フライングゲット(発売日前に品物を入手すること)勢がネタバレを始め、アリーシャが話題になる

発売後

22日(木)
発売日になりプレイした人が続々と感想を書き込む

ヒロインと思われていたアリーシャは少しパーティーに加入するだけのサブキャラである上に仲間から陰口を叩かれ、
情報があまり発表されなかったロゼはヒロインどころか主人公を食うほどに大活躍。
ほぼ全てのプレイヤーがアリーシャの冷遇とロゼの持ち上げについておかしいと批判される。
そのほか、この2人の入れ替わりを起点としておかしくなっていくシナリオや、戦闘中の劣悪なカメラワークも批判される

土日を使いクリアした人が増えて益々ゼスティリアのあらゆる要素に不満が出る
公式ツイッターに謝罪や弁明を求める人が増えるが、発売日直前までイキイキしていた公式ツイッターがだんまりを決め込む

27日(火)20時過ぎ
『週刊少年ジャンプ』誌のフライングゲットでアリーシャ主役エピソードのDLC配信(1300円)が発覚。
発表時期が早過ぎることからどう考えてもゲーム発売前から用意されていたものであったため、
「同情心を誘ってDLCを買わせるために不憫な扱いにしたのか」「1300円で真の仲間になれる」などと批判・揶揄され、
内容と値段と発表時期にブチ切れたユーザーが、公式コミュニティ、匿名掲示板2ちゃんねる、ニコニコ大百科、通販サイトAmazonのレビューなど
あらゆる所で怒りをぶつけ炎上

27日(火)21時半頃
即効公式が反応。『週刊少年ジャンプ』→『週刊ファミ通』→公式という通常の発表順を無視してまでDLCの存在を発表した上、DLCの 期間限定 無料化まで発表
(https://twitter.com/tales_ch/status/560053745573064705)
急なことで焦ったのか、PlayStationをPalyStationと誤記

24日に放送予定だった3週連続CMの第3弾が放送されなかった事が話題になる
※時勢に配慮の可能性あり、公式サイトではその情報はすでに消されている模様

公式コミュニティで「詐欺」がNGワードに

Amazonにてレビュー消し・制限がかかる

29日(木)
プロデューサー馬場英雄、台湾でのインタビューにて、ヒロインについて「キャラはゲームでの登場順で公開した」と発言するが、
発表順はスレイ、アリーシャ→ミクリオ→エドナ→ライラ→デゼル→ザビーダ→ロゼ
登場順はスレイ→ミクリオ→アリーシャ→ロゼ→ライラ→ザビーダ→エドナ→デゼル
と、スレイとライラしか合っていないため、苦し紛れの言い訳と見られている
(http://chinese.vr-zone.com/141623/tales-of-zestiria-hideo-baba-said-why-alisha-leaves-01282015/

同インタビューで「ヒロインが誰か決めるのはプレイヤー」とも発言。

31日(土)
ソーシャルゲーム『テイルズ オブ アスタリア』にてアリーシャのプロフィールに「ヒロイン」と記載されていることがTwitter等に流れる

2015年2月

1日(日)
ニコニコ大百科の「馬場英雄」掲示板、プレミアム規制になっていることが発覚

PSO2とのコラボが決定
(http://i.imgur.com/ZEwTU6O.jpg)
(https://pbs.twimg.com/media/B8vYfmJCAAI7DRl.jpg:large)

2日(月)
ソーシャルゲーム『テイルズ オブ アスタリア』のアリーシャのプロフィールや、アリーシャのフィギュアの説明文から「ゼスティリアのヒロイン」という文言が削除される
※詳細は問題発言集にて掲載

馬場の「ロゼは自分に似ている、誰からも好かれる、みかこし(小松未可子さん、ロゼの担当声優)大好き」という発言、
ロゼ加入以降シナリオがおかしくなること、過去の情報で台本未完成状態での収録が判明した。(http://i.imgur.com/ORjBira.jpg)

ロゼ役の声優オーディションがエドナ役より1年ほど遅れていたことが発覚する(2015年1月6日の福圓美里さん、エドナの担当声優のツイッター、(https://twitter.com/misa0110/status/552443875881914370https://archive.today/6kfGe)で「オーデションから二年!ようやっとです。」とある)

GAME Watchというサイトの2014/9/22 01:09付け記事、(http://game.watch.impress.co.jp/docs/news/20140922_667865.htmlhttps://archive.today/f9pEs)で、「「ロゼ」役は1年ほど前にオーディションで選ばれたという小松さん。」とある)

木村良平さんのTwitterと小松未可子さんのTwitter裏垢らしきもののやり取りが発見される。
@yellow_borderというTwitterアカウントが小松未可子さんの裏垢なのではという噂があり一部で騒ぎになっていた。
2014年7月4日 @Ryohey_Drunk : @yellow_border ヒロインを?
(https://twitter.com/Ryouhey_Drunk/status/484896118552027136)(https://archive.today/MIRzr)
2014年10月28日 @Ryohey_Drunk : @yellow_border それは断れ(笑)
(https://twitter.com/Ryouhey_Drunk/status/526899526091558912)(https://archive.today/Z8YUP)

6日(金)
元テイルズ開発の中心人物(TOS、TOA、TOVディレクター)樋口義人氏がTwitterでTOZに対する意味深なツイートをする。

11日(水)
ニコニコ生放送「テイルズ オブ ゼスティリア 公式コンプリートガイド 発売前夜祭」が諸事情により放送中止
(https://twitter.com/GameLife_ch/status/565690881790214144)(http://i.imgur.com/ahj7g7I.png)

12日(木)
アリーシャDLC発売。本編の内容からロゼageアリーシャsageを予想していた人は多かったが、
予想をはるかに超えてアリーシャがロゼに徹底的にいじめ抜かれるという胸糞の悪くなる内容。プレイ時間は2時間以下。ラストでは本編で死んだと思われていた人物が姿を見せるほか、「to be continued」と表示され続きを匂わせる。
アリーシャ「ロゼってすごいな」

ニコニコ大百科の「馬場英雄」掲示板、プレミアム規制するも批判止まず→完全凍結→批判的なコメント大量削除。

23日(月)
発売された公式コンプリートガイドのインタビューにおいて、馬場がDLCストーリーの続きがないことを明言。
同インタビューにより、プロデューサー馬場英雄・シナリオライター山本尚基・ディレクター長谷雄太の戦犯が確定&燃料発言多数

24日(火)
樋口氏「もうこれなら仕方ないね、って思う。」とTwitterで呟き消去。その後「そうじゃないんだけどなあ…」と呟く※何に対するツイートかは不明
(http://i.imgur.com/g2TtGte.jpg)

他ゲームのツイッターでゼスティリアのDLCをネタ扱いされる
(http://i.imgur.com/wlVpIph.jpg)

『ビバ☆テイルズ オブ マガジン』2015年4月号で、3月号で予告されていた馬場のコラムがなくなる。
『ビバ☆テイルズ オブ マガジン』2015年4月号の内容と公式コンプリートガイドのインタビューの内容が食い違っており、アリーシャ離脱を巡る理由でバンダイナムコ社の意見が統一できてない。
(http://i.imgur.com/lV9tYsl.jpg)
(http://i.imgur.com/W9qYX37.jpg)

2015年3月

工業大学新聞の入試対策問題でアリーシャDLC(1300円)がネタにされる。
(http://i.imgur.com/LgQoJOI.jpg)

アリーシャアフターエピソードDLC、予定より3日遅れで通常販売価格1300円(税込)に戻るが公式告知はなく個別回答でPSストアに責任転嫁する。

ロゼのキャラ設定が現実の小松未可子氏のプロフィールと酷似しており馬場英雄氏が声優にすり寄る目的でキャラ作成を行った疑惑浮上

ユーザーへの説明、告知なしにアリーシャが同行できる盆地バグをアプテで修正したもよう

1月20日の小松さんのtwitteに、テイルズチャンネル公式Twitterで馬場Pがリプライを送ったのが見つかる、負けますた(/ω\)
(https://twitter.com/tales_ch/status/557566205775454208)
(http://imgur.com/CY6rCHD.jpg)
他にもテイルズ声優である井上麻里奈さん、小西克幸さんともテイルズチャンネル公式Twitterでやり取りをしている
(https://twitter.com/tales_ch/status/558288272674156546 トータス!トータス!)(https://archive.is/gl2Gi
(https://twitter.com/tales_ch/status/513636768491376641 えぇぇー(/ω\*) いいじゃないのぉ〜)(https://archive.is/O4A7x

最新の盆地バグ修正アップデートでラスボス後に進行不能になる致命的なバグが発見される。
(http://i.imgur.com/Aq4qyyL.jpg)
(http://i.imgur.com/On8bqhA.jpg)
(http://i.imgur.com/x3jHPe4.jpg)
(http://i.imgur.com/8Z11NHT.jpg)

ニコニコ動画のアリーシャMMD動画の1つが不自然な利権者申立の対象物: 個人の著作物で削除される※馬場英雄氏に対する批判で炎上が問題だった?

バンナム窓口の個別回答でアリーシャアフターEpはストーリー完結と断言される※TOZやDLCが完結とは言っていない。

ufotableのホワイトデー感謝イラストに本作ではなく『エクシリア2』が選ばれる(年賀状は本作だった)。
贈られたチョコへのお礼ではあるが年末にTVで特番が放送されゲーム発売から3週間と余裕あるバレンタインの結果がこれであり
本作がufotableファンにも受け入れられなかった事が判明する。(少しでもチョコが届いていれば新作効果でゼスティリアも描かれるはず)

ニコニコ大百科「馬場英雄」の項目、掲示板の凍結解除(ただしプレミアム限定の規制は続行)

ラスボス後の進行不能バグについて公式回答は存在を認めず、ユーザーに責任転嫁する(ユーザー全員同じところでバグがでているのにも関わらずディスクの傷が原因だと主張)
(http://i.imgur.com/kjBf94i.png)

ニコニコ大百科「馬場英雄」の項目、掲示板一日で再び凍結、再び書き込み規制。

週刊少年マガジンの漫画家コンノトヒロ氏(うわーアリーシャー! 発言者)及び「俺ガイル」作者、渡航氏がゼスティリアをネタにした作品を相次いで発表。
Twitterでのコンノトヒロさんの呟き(https://twitter.com/tohirokonno/status/578173047133220866)(https://archive.is/ipBeA)
Twitterでの渡航さんの呟き(https://twitter.com/watariwataru/status/560332460261507072)(https://archive.is/HKczA)

テイフェス2015の物販が発表、団扇は「スレイ・ロゼ」と「ミクリオ・アリーシャ&エドナ」

ラスボス後の進行不能バグについて公式回答(3/19付)は存在を認めず→調査をする だが公式HP等ではアナウンスしてない

公式コンプリートガイド561pの設定画から神威化ロゼは「ウェディングドレスのイメージです」「スレイはタキシード」の文言が発掘される。

ラスボスバグに対しての”調査中”から1週間後の公式回答”未だに調査中でバグと認めてないから公式発表しません”

またしても公式が無宣告アップデートをするも(内容不明)ラスボスバグは完全に直らず。(前回までのバグとはタイミングとバグるカメラの位置が若干違う?)
(http://i.imgur.com/fK3wpH3.jpg)
(http://i.imgur.com/3D27s6C.jpg)
(http://i.imgur.com/Kth1sc0.jpg)

海外メディアで「バンダイナムコがテイルズ20周年記念の為に大きなサプライズを用意」と海外ユーザーの期待を煽る

公式窓口すら困惑状態「テイルズオブゼスティリアについては何故か告知をせずアップデートした状態になっているようでして」
(http://i.imgur.com/YVwIkAV.jpg)

『ビバ☆テイルズ オブ マガジン』2015年5月号に掲載の人気投票女性部門でアリーシャ2位、ロゼ圏外

公式掲示板で「英雄になるんだ!」という人物が『ゼスティリア』を擁護するが、書き込みに「personal code:hideo/2357.88」なる謎の文章が紛れる。
その後、「英雄になるんだ!」の書き込みが存在自体抹消される(通常の書き込み削除時は、名前は残りメッセージだけが削除される)。
上記の謎の文章が他のユーザーにより次々と書き込まれるも該当書き込み削除の嵐。「英雄になるんだ!」、馬場本人疑惑
なおこの擁護で挙げられた「TOZのいいところ」とは、2ちゃんねるでまとめられた「これくらいしかいいところがない」という皮肉を込めたものであるが、そうとは気づかずに擁護意見としてコピペしてしまった模様
(http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org239391.jpg)
(http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org239394.jpg)
(http://i.imgur.com/BxsyxRj.jpg)
(http://i.imgur.com/45UnERa.jpg)
(http://i.imgur.com/A9gVdqr.jpg)

画像掲示板「ふたば☆ちゃんねる」の住人が「personal code:hideo/2357.88」の意味を解読 
Leet文字を使って訳すと「2357.88」は「ZEST.BB」になる
(ちなみにleet文字が流行っていたのは2011年でゼスティリア開発着手がなされていたと思われる時期なので信憑性は高い)

2015年4月

ゼスティリア発売前のアリーシャの声優茅野愛衣さんの発言が発掘される。(http://dengekionline.com/elem/000/000/845/845860/)
「スレイが肉で、その親友のミクリオが魚だとしたら、アリーシャは“ソース”になりたいと語った。前菜やスープ、デザートではなく、メインの料理に添えてあるもののイメージだという」

ビバマガでロゼは本当は出来れば殺しをしたくない、ルナールに家族ごっこの建前と言われても曲げない強い覚悟と意志を持ってるなどと擁護される。
ビバマガロゼ擁護色々
(http://i.imgur.com/UMRcE7z.jpg)
(http://i.imgur.com/ZpvtnbT.jpg)
(http://i.imgur.com/o7Xp8cL.jpg)
(http://i.imgur.com/9NxHN9G.jpg)

ファミ通バンナム特集のインタビューに馬場英雄はあるが、取締役発言のゲーム機好評ソフトにゼスティリアはコールされず
(http://www.famitsu.com/sp/150406_bne/)
(http://www.famitsu.com/news/201504/06075475.html)
(https://archive.is/K2D1g)

ラスボスバグに対してバンナム電話窓口の個別回答「ソフトを郵送して頂き、こちらで確認する。しかし交換か否かは判断後になる。」とやはりユーザーに責任転嫁する※同時にPS3本体買替えも推奨している。

ラスボスバグ対応で業を煮やしたユーザーが消費者庁に凸して"不良品"案件として受理される。

au天族が「personal code:hideo/2357.88」*3の連投荒らし200combo決めて浪人(●)を焼かれる
公式トピでも「personal code:hideo/2357.88」がNGワードになる※2chの規制とほぼ同時→3時間程で解除される

海外版PV(English Trailer)が公開されるが内容は日本語版PV2と同じでやはりロゼは映っていない

「馬場Pの人格を勝手に改造するな」と言ってきた連投天族が「取り次ぐにもあんたの氏名も住所も連絡手段も知らない」と
関係者であることを仄めかす発言をうっかり投下する。その後、連投加速させて荒らしとして浪人(●)を焼かれる。

パーフェクトガイドにてスレイが17歳と発表されたことにより、作中20年であったはずのヘルダルフの永遠の孤独‘17年’と短縮され、作中における大地の記憶20年前と矛盾が生まれる。また、”ミケルがヘルダルフに呪いをかけた際に、代償として人々の記憶から彼は消えた”と記載されてるが、作中ペンドラゴで「20年前にも導師はいた…」というセリフを話すモブがいることから、これらは後付ではないかと疑惑が浮上する。

小説版ゼスティリアでアリーシャとの出会い(導師の夜明け部分)が省略されなかったことにされる。

テイルズオブアスタリアにて精霊と立ち位置が似ていると言われていた天族が精霊の王マクスウェルであるミラにも(気配は感じるが)姿が見えないことが発覚。
さらにミラは天族の中では若輩であるはずのミクリオの気配を大精霊と一瞬間違え、似ているようで違う気配と評している。
つまり天族>ミラ(マクスウェル)で、天族が歴代の精霊より上位の存在なのではという疑惑が上がる。
また、逆にスレイも姿は見えていないがミラのもとにいる四大の気配を感じることができる様子。ミラに「ただ者ではない」と言わしめる。
(余談だが、この時のスレイはその服装から未だライラと出会っておらず、導師にもなっていないと推測できる)
(http://i.imgur.com/DrWUwQA.jpg)
(http://i.imgur.com/2jRSBvZ.jpg)
(http://i.imgur.com/NOXor54.jpg)
(http://i.imgur.com/7jCrXyD.jpg)
(http://i.imgur.com/q0BVzVw.jpg)

25日(土)
ニコニコ超会議「バサラ4皇&DMC4SE」チャンネルでコラボの話題から馬場Pに露出禁止令が出ていることが暴露される。

テイマガの漫画版アリーシャアフターエピソードのキャットファイトが問題だらけの原作から変わらないまま掲載される
テイマガインタビューにて小野坂氏がロゼについて小松氏に鋭い質問
http://i.imgur.com/FFaL1Gc.jpg
http://upup.bz/j/my11810pccYtldIJ3sadE_c.jpg
http://upup.bz/j/my11811TOpYteUEqnidrBDQ.jpg

2015年5月

4日(月)
徳島のマチアソビに馬場P出演、ユーフォーテーブルの近藤光代表から心配されて「いやー心配かけて申し訳ない」と返す。ユーザーには特に謝罪などはなし
馬場解任の署名サイトができる(https://www.change.org/p/%E3%83%90%E3%83%B3%E3%83%80%E3%82%A4%E3%83%8A%E3%83%A0%E3%82%B3%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%82%B9-%E3%81%A9%E3%81%86%E3%81%8B%E8%AA%A0%E6%84%8F%E3%81%82%E3%82%8B%E5%AF%BE%E5%BF%9C%E3%82%92%E3%81%8A%E9%A1%98%E3%81%84%E3%81%97%E3%81%BE%E3%81%99?just_created=true

8日(金)
馬場、ファミ通のインタビューを受ける。
  • ヒロイン云々についての勘違いやあえて描写しなかった部分をくみ取られなかったなど、全てをユーザーのせいにする
  • ロゼがヒロインであると断言
  • アリーシャDLCの「to be continued」は「本編のエンディングに続く」という意味
http://www.famitsu.com/news/201505/08078106.html
(【1/3】https://archive.is/CyDfo#、【2/3】https://archive.is/gLslm、【3/3】https://archive.is/RR3Sl

ゲーム署名がネットニュースでとりあげられるも「営業妨害」「武器になりかねない」と消費者の権利を否定する意見も取り上げられる
(http://otapol.jp/2015/05/post-2902.html)
(http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150508-00010002-otapolz-game)

シナリオ改訂疑惑の考察が個人のブログでまとめられ分かり易くなった
また今回の詐欺についても分かりやすくまとめられた記事が発見される
(http://onntann.blog79.fc2.com/blog-entry-474.html)
(http://k8post.blog.fc2.com/blog-entry-20.html)

馬場P解任を求める署名の賛同者がついに記念すべき2,500人を突破
http://chn.ge/1GZ0D4v

天族様が署名の発起人を馬場と共謀していると名指しで侮辱する→Part545の699で発起人が事実無根とはっきり否定し改めて気持ちを語る
  • 名指し天族
  • 署名発起人の想い
(http://mastiff.2ch.net/test/read.cgi/gamerpg/1432539130/699)

公式掲示板で偶然にも「personal code:hideo/2357.88」を引きずり出したある意味「英雄」とも言えるユーザー「アスラ氏」がスレに降臨。
改めて当時の状況を語る
(http://hissi.org/read.php/gamerpg/20150526/d3VYSmZxRkow.html)
(http://i.imgur.com/EAf2Uh3.jpg)

27日(水)
テイフェスを目前にしてニコニコ大百科の「テイルズオブゼスティリア」のページがついに「馬場英雄」のページに続いてプレミアム規制される

今年はティフェスのニコ生放送なしと発表 またもニコ生から逃亡する

2015年6月

6日(土)
馬場P毎年出てたティフェス直前の食事会も逃亡し、代役の方を出席させる
テイフェス入場前にて「手荷物検査・金属探知機・持参の飲み物を試飲してください」と謎の発言される
ティフェス一日目は馬場P出演せず、出演者や来場者らの反応からTOZ黒歴史化
スレイ役の声優からも「TOZはネットで検索してからプレイしてね」と自虐ネタにされる
新作『テイルズオブベルセリア』(http://talesofberseria.tales-ch.jp/)が発表される。語源と思われるバーゼリアの花言葉は情熱
パンフレットに馬場Pのインタ掲載、続投濃厚へ
(http://i.imgur.com/umTJNSf.jpg)
(http://i.imgur.com/fk0RbQt.jpg)

7日(日)
馬場P出演せず、スペシャルスキットも来場者の反応は薄かった
テイルズオブシリーズ2016年TVアニメ化決定、PVにはX、X2、Zの順で映り、スレイ→ミクリオ→ロゼ→ライラ→エドナ→デゼル→ザビーダ→アリーシャの順で映る
最後に新キャラも登場する
(https://twitter.com/ufotable/status/607504619351072768)
(http://20th-anime.tales-ch.jp/)

上記ファミ通のインタビューで『テイルズオブアスタリア』でアリーシャがヒロインと表記されたことについて「胸が張り裂ける思い」と言っておきながら
また『アスタリア』で「ゼスティリアアニメ化」と誤表記

12日(金)
海外にてPS4でTOZの発売が決定され、過去の馬場Pの発言詐欺が一つ増えることに
(http://blog.talesofgame.com/en/video-tales-of-zestiria-on-ps4-and-pc-digital-2/)
(魚拓:http://megalodon.jp/2015-0615-2334-00/blog.talesofgame.com/en/video-tales-of-zestiria-on-ps4-and-pc-digital-2/)
過去の発言(魚拓):http://www.dualshockers.com/2014/09/17/tales-of-zestiria-wont-come-to-ps4-for-now-tales-series-currently-only-for-playstation/

14日(日)
コトブキヤ秋波原館テイフェス後夜祭トークイベントに馬場Pは例年出演していたが今年は出演せず

18日(木)
アニメPVに映る新キャラ外套の紋様とファミ通2015年7月2日号のベルセリア特集の雪景色にある旗の紋章がほぼ一致する
http://i.imgur.com/i6dRWme.jpg

22日(月)
バンナムHD株主総会
<ゼスティリア関連>
Q. 『テイルズ オブ ゼスティリア』について、ゲーム内容が事前の告知と違っていた。(序盤しか使えないキャラがいる。DLCで買わないといけないなど)
A. わざとやったわけではありません。裏切らないようにしたいです。
Q. テイルズの評判が良くない。テイルズの馬場プロデューサーが私利私欲で20年続くテイルズシリーズを滅茶苦茶にしてバンナムに泥を塗った的な噂が飛んでいる。調査と処分をお願いします。
A. 馬場はよく知っていますが、そんなことすると思えない。個人の問題ではないと思っている。
<その他>
Q. DLCについて。DLCの売上がパッケージの売上を上回っているのでは?こういうのを巷で「バンナム商法」って呼ばれていますよ。
A. 「バンナム商法」という言葉初めて聞きました。ダウンロードありきの商売はしていません。

発売から5ヶ月でついに記念の600スレ突破、いまだ炎上騒動は続く
テンプレを改変して炎上騒動を矮小化しようとしようとする天族が暗躍していたが、ほぼ同じ内容であるこのwikiにはなぜかノータッチ
テイルズ20周年壁紙にてスレイとロゼが堂々と載せられるが、なぜかGからはシェリアが載せられ、過去作を巻き込んだヒロイン論争が勃発→翌日ソフィに無告知で修正される
スマホ「テイルズオブリンク」描き下ろし水着キャラでアリーシャが登場、ライラとエドナは「アスタリア」で登場済み、馬場P曰くヒロインのロゼはいまだ登場せず

海外版TOZ:PC版も含めたCollector's Editionの内容が公開されララビット特装版より豪華で同じ特典はきゅんキャラ(ロゼ無し)のみ、通常版は秘奥義DLC3種無料、AfEpは期間限定で無料化コード配布し2015/11/18PSN配信開始
TOZ小説下巻表紙は馬場P曰くヒロインであるロゼとなぜかモブの如き扱いであるアリーシャによる謎コンビに

「テイルズ オブ 20周年展」声優陣のイベントステージにてTOZからアリーシャとエドナが出演。主人公とヒロインであるはずのスレイとロゼはなぜか出演せず
TOZフィギュア化第2弾はミクリオ&エドナが決定!やはり馬場P曰くヒロインであるロゼはなし

馬場P解任署名数が締切直前で遂に3,000人達成へ
海外製作動画『Top 10 Series That Deserve to Die』(続けるべきではないシリーズ)でTalesが9位とゼスティリアでの不満爆発は知れ渡ってる模様
モバイルくじA賞タペストリーのヒロイン集合絵がテイフェスで映り込んでいた画像とキャラの配置が明らかに異なりロゼねじ込み疑惑が再び浮上

設定資料集でもロゼ擁護などが続き、設定の矛盾は混迷を深める(「ロゼは矛盾に目を背けず向き合う」というパーフェクトガイドの「善悪を超越した稀有な存在」と矛盾する設定、ぞそろ涙目が特に深い意味はないただの嫌がらせであることが確定、八天竜まさかの2匹欠番、ライラ役の松来さんによる意味深なコメント、奥村氏担当キャラ離脱裏話吐露など)
テイルズチャンネルの掲示板が必要のない模様替えをし、ユーザーからは批判的な声が上がる
小説下巻もロゼ推しの末に『果てしない偉業』なる設定とやはりこれまでの説明と矛盾する新説『穢れを生む一切の隙をつくらない』が登場した他「真の仲間」「悪なら~」「善意も~」等の迷言がカットされる
馬場P解任を求める署名活動がついに終了、最終結果は3,027票に

フィギュア第二弾コトブキヤからはミクリオ、アルターからはエドナが発表される
時期を同じくモブ扱いのキャラであるアリーシャも再販決定、馬場Pが公言したヒロインのロゼは未だ発表されず

公式掲示板にて例のコード似のユーザーネームを使うユーザーが批判的な発言をするユーザーの表示名を使ってなりすましを行い、他人を挑発をしていた事が発覚
しかし運営からは特になにも処罰がないことにに不満が上がった
署名発起人によりついに馬場P解任を求める署名がバンナムに提出される
テイマガ本誌で不定期化が公表され2016年TVアニメやベルセリアが控えているにも係わらず実質休刊となる

電撃ホビーマガジンでアリーシャ再販記事にて再びヒロインと表記される
「よるのないくに」のキャラデザ担当からツイッターにて「追加シナリオDLCは無料です。1300円じゃありません」と煽りともとれるツイートが確認される→現在は削除されているが常識的に考えてれば妥当な判断である
TGSのSO5にて
Q. 「ヒロインは離脱しますか?」
A.「ヒロインはユーザーが決めてください。カップルエンドがあるので」
という質疑応答があり
上記の「よるのないくに」の件と合わせてゼスティリアの負の影響が未だ存在することが改めて確認される

署名に設けられていた返答期限を過ぎてもバンナムからの反応はなく、受け取るだけ受け取り読まずに捨てられた可能性が高い

テイルズチャンネルにて突如情報漏洩対処の削除ガイドラインが打ち出され、個人情報書込みに関する注意がポップアップされるようになる
Steam版発売直前の10/10に日本から見れなくなる(通称:おま国)2016年予定のシンフォニアはまだ見れる
Steamでの予約リワード数が急増(10/6時点59%→10/11時点80%→10/13午前2時には100%)
予約特典の威力なのかデータ操作なのかは不明だが、日本から見えなくなった途端に増える流れから不正操作が疑われている

海外サイトPlayStation.Blog に馬場Pのコメントが掲載されるが日本での発言と大差なく反省の色無し
海外版AfEpでto be continued が無記載なのを調べた結果、実は日本版も最初から無かった事が発覚し馬場Pファミ通インタの内容が意味不明になった

20周年公式本「テイルズ オブ メモリア」でTOZのメンバー全員年齢不明扱いで設定を定めず放置という暴挙にでる

電撃オンライン『ビバ☆マガ』復活記事の公式資料であろうキャラ一覧でTOZだけ公式ヒロインが3番目。なりダンのディオとメルが逆で雑な仕事ぶりも露呈

海外版AfEpにおいてセーブが破損するという致命的なバグ追加
11月1日からsteamフォーラムで指摘されるもバグ修正の動き見られず

11月12日発売の『プロジェクトクロスゾーン2』のテイルズ監修に馬場が関わってたことがスタッフロールで発覚

2015年12月

15日

2016年放送予定のアニメのタイトルが『テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス』に決定される。

次回作『テイルズ オブ ベルセリア』がゼスティリアの過去の話だと判明

同日、ニコニコ動画にて20周年記念放送を開催。ベルセリアの情報等は昼の時点で出ていた情報のみ。
20周年記念作品であるゼスティリアは5秒程度しか話題にされず、その他は出演した声優陣の作品の思い出が主な内容であった。

24日

電撃PlayStation誌面にて『テイルズオブ』シリーズプロデューサーとして馬場英雄のインタビューが掲載される。
テイルズ関連はアニメやコンサートについて語るが、ゲーム製作についてはあまり触れていない。

2016年1月

7日

週刊ファミ通誌面にて「ゲームクリエイター 2016年の抱負」に馬場英雄のコメントが掲載される。
『テイルズオブ』シリーズプロデューサー、『テイルズ オブ ゼスティリア』を手掛けるとプロフィールにあるが、ベルセリアに関わっているかは言及無し。

3月

26日

TVアニメ「テイルズオブゼスティリアザクロス」の公式サイトがリニューアル。
キャスト、キャラクター紹介は、スレイ、ミクリオ、アリーシャ、ロゼの順。
主題歌はベルセリアと同じくFLOWが担当。
ライラの声優が下屋則子が引き継ぎ。

4月

8日

アイゼンが人間(?)の姿でベルセリアに登場することが判明。CVは森川智之。

13日

ベルセリアのアイゼンは聖隷(天族と思われる)で年齢は1000歳。

ベルセリアの発売日が8月18日と発表。プロデューサーは深谷泰宏だが、「テイルズオブ」シリーズIP総合プロデューサーとして馬場英雄。
ソース:https://www.youtube.com/watch?v=oUKwtySJIpI

5月

2日

『テイルズ オブ ゼスティリア Welcome Price!!』が7月7日に発売決定。PS4(パッケージ版、ダウンロード版)とPS3(ダウンロード版のみ)で発売。『テイルズ オブ ゼスティリア ~導師の夜明け~』は収録されない。

深谷プロデューサーのインタビュー記事(http://www.dualshockers.com/)より
  • ベルセリアはゼスティリアと完全に独立しているのでゼスティリアが未プレイでも理解出来る
  • ゲーム中でベルセリアとゼスティリアの繋がりを見つけることが出来、ゼスティリアで起きたいくつかの出来事はベルセリアで説明される

ベルセリアのキャラクター「ロクロウ」の名前が海外の情報で Rokurou Rangetsu と公開され、しかも短剣の二刀流であるため、秘奥義が「嵐月流・翡翠」であり同じく短剣二刀流のロゼとの関連が疑われる。

7月

TVアニメ「テイルズオブゼスティリアザクロス」放送開始。ストーリーがだいぶ改変される。

8月

18日

『テイルズオブベルセリア』発売。
ザビーダが登場することが判明。

25日

『テイルズオブベルセリア』の初週売上はPS4が173,537本、PS3が76,186本。
『テイルズオブゼスティリア』の初週売り上げは340,891本だったので、減ったことになる。

2017年

1月

TVアニメ「テイルズオブゼスティリアザクロス」第二期、放送開始。ストーリーが原形をとどめないほどに改変され、無難な形になったが原作とは全く異なる話となる。

2月21日

スクウェア・エニックスが新開発スタジオ「株式会社スタジオイストリア」を設立。代表取締役として馬場英雄が就任。バンダイナムコゲームスを辞めた模様。
「笑顔」と「感動」そして「幸福」をお届けすることを目指すらしい。
ソース:http://www.studioistolia.com/
http://www.hd.square-enix.com/jpn/news/2017/html/037f9601055f4888cd03b97f7ef16850.html
ファミ通のインタビュー記事によるとテイルズっぽい世界観のRPGを作りたい様子。

12月

肥溜め民と思われる天族が本スレ乗っ取りを企んでいると思われるわっちょい無しのスレを乱立開始。自演でいかにも勢いがあるように思わせているが妄想ばかり垂れ流しているため、いつしか隔離スレと呼ばれつつもちゃっかり存続。

2018年

7月

天族がゲームカタログにおいて蛇足のアニメ批判と善悪超越神の説明に対して『正義(善)を貫く為に悪人を斬る(悪)といった意味で善悪を超越する』という妄想を執拗に追加しようとしたため、ページ凍結される。