※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

わんわん帝國環状線

愛称命名者 インタビュー


命名者 駒地真子さん(詩歌藩国)
インタビュアー 都築つらね藩王



都築つらね:
ということで、本日はわんだふるエクスプレス命名者である駒地さんへのインタビューをやらせていただきます。どうも、こんにちは。

駒地真子@詩歌藩国:
こんにちはー(笑)

都築つらね:
まず、軽く自己紹介など頂けますでしょうか?

駒地真子@詩歌藩国:
おおぅ、自己紹介、全然考えてなかったです(笑)
えー、詩歌藩国で技族やっています駒地真子と申します。

都築つらね:
ははは。こちらのインタビューは記事ということで、環状線の紹介に使わせていただきますので。
ただまあ、肩の力を抜いてお答えいただければと思います。

駒地真子@詩歌藩国:
は、はいー(とりあえずお約束的に@@してみる

都築つらね:
はい(笑)

都築つらね:
では、まず最初に。 Irisさんご協力のもと行われました投票で、帝國環状線の愛称が駒地さんがご応募された「わんだふるエクスプレス」に決定しました。
おめでとうございます。

駒地真子@詩歌藩国:
ありがとうございますー。選ばれた本人が、これでいいのっとか思っていますが(笑)

都築つらね:
投票の結果ですからね、帝國民の総意ですよ(笑)

都築つらね:
ところで、「わんだふるエクスプレス」という愛称はどうやって考えられたのでしょう。

駒地真子@詩歌藩国:
はい。えーと、わんわん帝国なので、わんなんとか…と考えていて浮かびました。
わん、わんだー、わんだりんぐ、とかぐるっとして、何となくわんだふるに落ち着きました。

駒地真子@詩歌藩国:
投票コメントにも書いていましたが、本当にパッと浮かんだので出してみた、という感じです。

駒地真子@詩歌藩国:
出した後に、環状「線」だからラインとかの方が良くないかと思いましたが、まあいいか、と(笑)

都築つらね:
なるほど(笑)

都築つらね:
勢いが大事だったのかもしれませんね・・・

駒地真子@詩歌藩国:
ですね、まさに勢いでした。

都築つらね:
大事ですね。

都築つらね:
投稿された後、投票中はどんな気持ちでご覧になられていましたか?

駒地真子@詩歌藩国:
そうですね、他の方のネーミングも楽しみにしつつ、票入れて下さっている方がいた!というだけでわー何だか恥ずかし嬉しといった感じでした。

都築つらね:
ワクテカな感じ、ですね。

駒地真子@詩歌藩国:
こう、壁から覗いている感じで(笑)

都築つらね:
ははは(笑)

都築つらね:
他には「プリンセスライン」と「帝環」という2つの候補がありましたね。

駒地真子@詩歌藩国:
ぽち王女も素敵だし、漢字略称も分かりやすいし、ゆるゆるの名前が何だか申し訳なくなります(笑)

都築つらね:
いえいえ。それぞれに特徴的でわんだふるエクスプレスも含めて、自分もおおこれはと唸っていました。

駒地真子@詩歌藩国:
ですね、それぞれイメージががらっと違っていて。

都築つらね:
えぇ。そして結果のほうは、わんだふるエクスプレスに決定でした。

都築つらね:
決定が告知されたときはどのようなお気持ちだったでしょうか?

駒地真子@詩歌藩国:
さっきからつい何度も言っていますが、一番思ったのは、本当にこれでいいのー!?でした(笑)でも、嬉しかったですね。

都築つらね:
よっぽど驚かれたようですが、自信を(笑)

駒地真子@詩歌藩国:
はい(笑)

都築つらね:
はい(笑)

都築つらね:
ともかく、改めておめでとうございます。

駒地真子@詩歌藩国:
はい、ありがとうございます(笑)

都築つらね:
こちらとしても大変有難いので(笑)

都築つらね:
ところで、

都築つらね:
帝國環状線は帝國各国を繋ぐ大規模輸送路として考えられています。

都築つらね:
経済効果なども色々とありそうですが、今後NWでどのように使われていくと思いますか?

駒地真子@詩歌藩国:
うーん、各国の物資の行き来といっしょに、人や文化の交流も深まりそうですねー。

駒地真子@詩歌藩国:
何せ、離れ小島ののうちの国にまで通ってくれていますから!(笑)

都築つらね:
詩歌藩国さんも含めないと、帝國環状線じゃなくなってしまいますからね。そこはもう、ばっちりと。

駒地真子@詩歌藩国:
いい仕事してます><b

都築つらね:
有難うございます(笑)

都築つらね:
ここ最近はそういった経済や内政に関する動向に、これまで以上に注目が集まっていますからね。

駒地真子@詩歌藩国:
そうですね。流通が活発になるといいなと思います。輸送も楽になれば!

都築つらね:
そうですね、輸送は最も求められているところかもしれません。

都築つらね:
ちなみに、駒地さん個人としてはわんだふるエクスプレスで何かやってみたいことはありますか?

駒地真子@詩歌藩国:
ぶらり途中下車のた(略)でしょうかっ。
外から来てくれるお客さんのお出迎えとかも楽しそうです。

都築つらね:
それは略せているんでしょうか・・・(笑)
そうですね、是非機会があれば環状線で思い出づくりをして頂ければと思います。

駒地真子@詩歌藩国:
はい、ぜひー。そのためにも平和を勝ち取らねばですねー。

都築つらね:
えぇ。是非、頑張っていきましょう。目指せ平和な列車の旅、ということで。

駒地真子@詩歌藩国:
のどかな旅路を、ですねー。

都築つらね:
平穏が一番、ですからね。

都築つらね:
では、これにてインタビューをまとめさせていただきます。
駒地真子さん、有難うございました。

駒地真子@詩歌藩国:
お疲れ様でしたー。



帝國環状線へ戻る 
最終更新:2008年11月24日 14:24