※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

大部品: 航空機工場 RD:85 評価値:10
+...
  • 大部品: 生産品限定 RD:2 評価値:1
    • 部品: 戦闘機製造
    • 部品: 兵装製造
  • 大部品: 主な開発 RD:3 評価値:2
    • 部品: RL-M-L(Light)1エンジン
    • 部品: ピングヴィーン:P-300/400
    • 部品: ジャーヴァラナク:Z-2
  • 大部品: 航空機関連の特徴的部分の抜粋 RD:15 評価値:6
    • 大部品: 航空機器製造事業部 RD:5 評価値:3
      • 部品: 航空機用熱交換器の製造
      • 部品: ジェットエンジン部品の製造
      • 部品: 航空機用炭素繊維構造部材の製造
      • 部品: 航空機整備事業部、機体整備工場・技術開発室
      • 部品: アビオニクス製造
    • 大部品: 防災・防諜 RD:7 評価値:4
      • 大部品: 防災 RD:6 評価値:4
        • 部品: 安全マニュアル
        • 部品: 安全防災マップ
        • 部品: 防火装置
        • 部品: 指差し確認
        • 部品: 目視確認
        • 部品: 声掛け確認
      • 部品: 情報漏洩防止策
    • 大部品: 関連諸法 RD:3 評価値:2
      • 部品: 航空工場検査員
      • 部品: 航空機製造事業法
      • 部品: 型式証明
  • 大部品: 生産工場 RD:61 評価値:10
    • 大部品: 基本的な機能 RD:42 評価値:9
      • 部品: 保安・防災
      • 部品: 広報
      • 部品: 環境対策
      • 部品: 経理
      • 部品: 事務
      • 部品: 安全管理
      • 部品: イベント運営
      • 部品: 慶弔
      • 部品: 契約管理
      • 部品: 衛生管理
      • 部品: セキュリティ管理
      • 部品: 営業設計
      • 部品: 受注営業
      • 部品: 工場営業
      • 部品: 製品企画
      • 部品: 基本設計
      • 部品: 詳細設計
      • 部品: 生産工程管理
      • 部品: 加工・組立技術開発
      • 部品: 生産システム開発
      • 部品: 工程計画
      • 部品: 原材料調達
      • 部品: 中間製品の購入
      • 部品: 加工作業
      • 部品: 組立作業
      • 部品: 製品検査
      • 部品: 梱包作業
      • 部品: 出荷作業
      • 部品: 検査技術の開発
      • 部品: サービス部品受注・発送
      • 部品: 製品の保守・点検
      • 大部品: ライン生産方式 RD:3 評価値:2
        • 部品: ライン生産方式とは
        • 部品: 作業者の熟練度の影響が小さい
        • 部品: 大量生産向き
      • 大部品: セル生産方式 RD:5 評価値:3
        • 部品: セル生産方式とは
        • 部品: 多品種少量生産向き
        • 部品: 少量の材料から生産可能
        • 部品: 生産ボリュームの変更に対応しやすい
        • 部品: 作業者の士気向上
      • 大部品: 機能別生産方式 RD:3 評価値:2
        • 部品: 機能別生産方式とは
        • 部品: 生産計画や仕様への対応力が高い
        • 部品: 設備稼働率向上
    • 大部品: 基本的な工場施設 RD:12 評価値:6
      • 部品: 事務所
      • 部品: 企画・設計室
      • 部品: 資材・原料貯蔵施設
      • 部品: 加工施設
      • 部品: 組立施設
      • 部品: 検査施設
      • 部品: 出荷施設
      • 部品: 廃棄物処理施設
      • 部品: 廃棄物保管所
      • 部品: 自家発電施設
      • 部品: 福利厚生施設
      • 部品: 社宅・寮
    • 大部品: 基本的な職掌 RD:7 評価値:4
      • 部品: 工場長
      • 部品: 事務員
      • 部品: 営業員
      • 部品: 開発設計者
      • 部品: 生産技術者
      • 部品: 技能者
      • 部品: 作業者
  • 大部品: フライト試験場 RD:4 評価値:3
    • 部品: 滑走路
    • 部品: 格納庫
    • 部品: 整備設備
    • 部品: 試験データ収集室

部品: 戦闘機製造
軍用兵器である戦闘機生産を前提として全設備を特化する。
機密保持、警戒態勢、事務的手続き、それぞれが民間工場より引き上げられ、あるいは専門の法が適用される。

部品: 兵装製造
ミサイルや対空近接武装、ロケットブースターといった、戦闘機に装備、オプション選択するための兵装製造を行う。
機密保持、警戒態勢、事務的手続き、それぞれが民間工場より引き上げられ、あるいは専門の法が適用される。

部品: RL-M-L(Light)1エンジン
レンジャー連邦では空軍が軍用目的で、現存している国内最新旅客機のエンジンを改良・再設計し、開発を行ったターボファンエンジン、名称RL-M-L(Light)1エンジンを製造しており、この、大気圏内での長距離移動に適し、燃費の良い大型~中型航空機用のエンジンは、その性能の良さを買われて、国内だけでの使用に留まらず、共和国空軍にて共通化されている。

部品: ピングヴィーン:P-300/400
【胴体】ワイドボディ(機内2通路)
【エンジン】双発機/ターボファンジェットエンジン(国産:RLML01)
【想定旅客】200~500名程度
【滑走距離】3km~3.5km
【巡航速度】900km/h前後
【最大貨物量】40t~50t
【使用航空会社】HoneyMoon Airways、MilkyWay

部品: ジャーヴァラナク:Z-2
【胴体】ナローボディ(機内1通路)
【エンジン】双発機/ターボファンジェットエンジン(外注)
【想定旅客】50/70/90座席
【滑走距離】2.5km~3km
【巡航速度】900km/h前後
【最大貨物量】40t~50t
【使用航空会社】Sky Heart Works、Kitty Skybridge

部品: 航空機用熱交換器の製造
熱交換器とは、2流体以上の間にて、流体間で混ざり合うことなく熱を移動する機器のことである。航空機に搭載される航空機・宇宙機用熱交換器には、エンジンに搭載されるものや航空機の空調用のものなど数多くの種類がある。

部品: ジェットエンジン部品の製造
ジェットエンジンは吸い込んだ空気を加圧し、燃焼させて生じた高温高圧のガスを勢いよく噴出し、前進するので、より高速に進むことができるもので、ターボジェット・エンジン、ターボファン・エンジン、ターボプロップ・エンジン、ターボシャフト・エンジンがある。

部品: 航空機用炭素繊維構造部材の製造
航空機への複合材料の応用は、民間航空機をはじめ、軍用機、ヘリコプターなどにも多くの例があるが、エンジンカバーなど、いずれの場合も機体を軽くして、より高性能な航空機の開発のために利用されている。

部品: 航空機整備事業部、機体整備工場・技術開発室
航空機、装備品整備事業、中型・小型航空機及びヘリコプター鬱開発をの整備・改造。リージョナル機の整備、プロペラ、脚、航空電子機器の整備。車輪、ブレーキ、救難用ホイスト(吊り上げ装置)のオーバーホール、大型旅客機客室内装備品の整備、エバキュエーションスライドの整備に加え、各技術開発を行っている。

部品: アビオニクス製造
航空機に組み込むことを前提とした電子機器類の製造。組み込み型コンピュータ本体と、各アビオニクス装置とをそれぞれ製造する。

部品: 安全マニュアル
常時での安全確認方法やチェック欄、非常事態での対応方法や避難経路などを記したマニュアル。作業員には原則熟読することが義務付けられている。

部品: 安全防災マップ
有事の際の避難経路を記した地図。それ以外にも緊急用の消火装置の場所から防災備蓄の場所などが事細かに書いてある。

部品: 防火装置
緊急時の消火装置、延焼を防ぐための隔壁など、燃料引火における防火設備の総称。中には化学薬品による特殊消火装置も含まれている。

部品: 指差し確認
安全確認動作の一つ。動かす対象、または通路を横断する際の目視確認と一緒に「何を確認しているか」を指で指して確認をすること。

部品: 目視確認
周りに人がいないか、または動かす機械が変な動作をしていないか。人の目で異常を見て判断するための行為。

部品: 声掛け確認
周りに誰か居ないか。または機械が稼働することを知らせることで注意喚起をする為の確認行為。機械の影や、別作業で機械の近くにいる人が巻き込まれないよう注意する。

部品: 情報漏洩防止策
航空機の製造・開発には機密事項が多く含まれている為、以下の対策を持って、情報漏洩を防ぐようにしている。またハッキングに備えてコンピューターへのセキュリィティを怠らない様にしている。
  • 企業(組織)の情報資産を、許可なく、持ち出さない。
  • 企業(組織)の情報資産を、未対策のまま目の届かない所に放置しない。
  • 企業(組織)の情報資産を、未対策のまま廃棄しない 。
  • 私物(私用)の機器類(パソコンや電子媒体)やプログラム等のデータを、許可なく、企業(組織)に持ち込まない 。
  • 個人に割り当てられた権限を、許可なく、他の人に貸与または譲渡しない。
  • 業務上知り得た情報を、許可なく、公言しない。
  • 情報漏えいを起こしたら、自分で判断せずに、まず報告 。

部品: 航空工場検査員
各部品大別ごとに国家資格試験を経て認定される職業。それぞれが専門分野に関する知識と技能を持ち、航空機に対して製造証明を付与する。

部品: 航空機製造事業法
航空機と航空機用機器の、製造と修理に関する諸法。航空機の定義を行い、その製造と修理に国家の認可を要すると定め、届け出の必要な事柄の告示およびそのための所定の手続き、また、各行為における不許可となる基準、ならびに罰則事項を設けている。関係各位はこれに知悉し、準拠した手順を踏むこととなる。

部品: 型式証明
航空機の設計に対して、安全性と環境適合性が十分に備わっているものと認定して国家より与えられる証明。開発と実際の製造に際しては、これに従って、提出時の設計に準拠する。設計に変更を加える場合も届け出が必要であり、取り消される。

部品: 保安・防災
火災報知機や施錠の確認、電気パラメーターの確認などを行うと共に定期的な巡回やメンテナンスにより施設全体の保全を図る。これにより施設全体の安全を確実なものに近づけ、安心して働ける環境を作ることに腐心する。また災害時に備え消化、緊急呼び出し、通報など各種防災訓練を行う。さらに工場の立地、業務内容によりさらに追加の対応訓練を企画・実施する。主に総務部の業務だが、組織が大きい場合は単独部署となることもある。

部品: 広報
工場での生産活動の発信や製品アピール、イメージアップなど情報発信に関する業務を引き受ける表の顔である。彼らが働くことによって製品の情報は各方面に発信され、営業部や開発部、強いては工場全体の為の一般社会のイメージを作り上げてくれるのだ。不信・不安を抱かれないよう地域社会と良好な関係を築くためにも重要な業務である。主に総務部の業務だが、組織が大きい場合は単独部署となることもある。

部品: 環境対策
公害は工場の運営を阻害する要因の一つである。環境の悪化は規制の締め付けや環境保護団体による業務妨害、訴訟などの問題を引き起こし、同時に周辺環境の悪化によって様々な悪疫を及ぼす。これらを防ぐための対策を立て、工場が規制水準を上回る汚染を引き起こさないよう管理し、自然を維持する為の様々な努力を行うのが彼らの仕事である。主に総務部の業務だが、組織が大きい場合は単独部署となることもある。

部品: 経理
経理業務は工場を支える動脈である。お金を管理する事ができなければ資材を購入する事も従業員に給料を払う事も出来ず工場を維持する事が出来ない。収入と支出の状態を管理し適切なお金の管理を行う彼らこそ、工場を支える最重要業務の1つだといえるだろう。主に総務部の業務だが、組織が大きい場合は経理部として単独部署となることもある。

部品: 事務
工場においても一般企業と同様、来客・電話対応、各種書類整理、作成、データ入力、請求書や納品書のチェック、取引先への連絡等の一般事務作業全般が発生する。それに加えて工場ならではのお材料の仕入れや管理といった業務も追加されることがある。勤務者には基本的なビジネスマナーができていること、PC等データ管理機器の操作能力が求められる。主に総務部の業務。

部品: 安全管理
従業員の健康を守り、工場内の環境を保つ業務。日頃から効率優先での超過作業やマニュアルを無視した作業などの危険要因を監視・排除し、労災や事故の発生を防ぐ。労働環境の改善によって従業員のモチベーションを高める他、ミスや事故による作業中断を回避して結果的にコストカットにも繋がる。主に総務部の業務。

部品: イベント運営
従業員の士気を高めるためにも、外向けの展示会をするにもイベントの開催は必須である。彼らは広報や運営部、企画部と連携し様々なイベントや展覧会を企画運営する事で士気を高め、商売を作り出す手助けをするのが仕事である。主に総務部の業務。

部品: 慶弔
工場勤務者の中に不幸があった場合、近親であれば一定の休暇と見舞金が払われるのが通例となっている。これらが満たされない工場であれば、勤務者の不満が大きく高まり勤務態度の悪化や離職する者が現れる。主に総務部の業務。

部品: 契約管理
基本的に外部との交渉は全て契約という形で書面化され保存される。これを保管・分類し検索・閲覧性を高めておくことで各部署からの確認や契約更新作業等を効率化することができ、トラブルや情報漏えいの可能性を引き下げることができる。管理業務の他、問題が起きた場合の法的な手続きの業務も兼ねる。主に総務部の業務。

部品: 衛生管理
製品が使用者に触れる部分の衛生状態を管理する業務。食品、化粧品、医薬品などでは特に食中毒や異物混入を防止する必要があるために重要な作業。整理・整頓・清掃・清潔・躾の5Sが基本となる。主に総務部の業務。

部品: セキュリティ管理
工場の物的・知的財産を外部の脅威から守るためにセキュリティ管理が求められる。工場への入退場管理、個人情報・機密情報の管理、不良製品の発生防止、搬出入エリアの入退場管理、外周エリアの管理・警戒などその業務は多岐に渡る。主に総務部の業務だが、組織が大きい場合は単独部署となることもある。

部品: 営業設計
顧客ニーズを調査し、どのような仕様の製品をどのくらいの価格で提供することができるか検討・準備する業務。必要に応じて客先に出向いてのプレゼンや仕様の提案も行う。顧客の提示要件に基いて価格、技術仕様、体制、スケジュール、財務など様々な資料を作成する能力が求められる。主に営業部の業務。

部品: 受注営業
一般に営業業務のイメージである、実際に受注を取ってくる業務。顧客の需要動向を把握し、積極的に顧客の需要を喚起するとともに受注に結びつけなければならない。安く引き受け過ぎれば従業員や会社が傾くことになるが高く受けすぎても今後につながらない可能性がある。彼らの仕事に関する知識と交渉、そしてバランス感覚は仕事を回す上で必須なのである。主に営業部の業務。

部品: 工場営業
受注後の契約履行業務。製造過程での顧客の要求を製造部門に伝え、各部門との折衝を行い適正な利益確保に務める。工場内コストの取り纏めや部署間の情報共有サポート、納期の調整、追加・変更契約時の商務取り纏めなど、顧客と工場間を取り持って作業が円滑に進むよう調整する。納入後の保証期間内における瑕疵・トラブル対応も行う。主に営業部の業務。

部品: 製品企画
顧客のニーズをもとに製品コンセプト、仕様、開発と販売の計画を立案する作業。誰のためになぜ製品を作るのかを考え、そこから製品がどのようなものであるか、技術的にどのように実現するのかを計画する。仕様が決まれば開発担当者と期間、開発費用を決定し、製品の販売価格、場所、個数、期間をどのように設定すれば採算性があるのかを計画して初めて実際の設計作業に入ることになる。企画部もしくは設計部の業務。

部品: 基本設計
製品企画で決定された仕様を実現するために、製品全体をどのような構造にするかを決定する作業。複雑な構造を持つ製品の場合はさらに詳細設計が必要になることもある。詳細設計が必要になる場合はこの段階でデザインレビュー(設計審査)が行われ、各部署の経験豊富な専門家を集めて問題を抽出、問題があれば改善してから次の詳細設計に進む。業種によっては構想設計とも呼ばれる。基本設計は後々の生産の段階を予想しながら設計する必要がある。これは設計の上流で発生した問題が隠れたまま生産に近い段階で発覚すると修正に大きなコストが掛かるためである。設計部の業務。

部品: 詳細設計
詳細設計では基本設計に基づいてさらに具体的な構造、寸法を決めていき実際に製品が製造できる所まで具体化していく。設計部の業務。

部品: 生産工程管理
顧客から依頼された所定の製品を所定の数量・品質・原価で所定の納期に納品できるよう、工場内で製造設備、労働力、資材等のリソースを効率的に活用するよう管理する活動。工程計画と工程統制からなる。生産管理部、もしくは製造部の業務。

部品: 加工・組立技術開発
実際の製品を開発する前段階として、製品を製造するための技術開発はものづくりのために重要な要素である。製造の効率、安全性、難易度など様々な技術開発が行われる。生産管理部、もしくは製造部の業務。

部品: 生産システム開発
生産システムとは需要というインプットに対して製品をアウトプットするためのシステムであり、人・設備・空間(工場)・情報をやりとりする仕組みの4要素で成り立っている。生産システムの組み立て方によって製造の効率は劇的に変化するため、生産システムは常に見直しとアップデートが必要なのである。主に生産管理部の業務。

部品: 工程計画
製品をいつ、どのように生産するかを決める計画。生産手順を決定し、生産に必要な工数を算出、日程と比較して生産能力に対する負荷を割り出し、過不足を調整する。主に生産管理部の業務。

部品: 原材料調達
加工もしくは組立のための実体としての材料及び副資材を調達する業務。社内各部署からの要請に基づいて適正な品質のものを最適なコストで調達し、最適な在庫を保持することが求められる。資材調達部の業務。

部品: 中間製品の購入
原材料から部品を製造するのではなく、他企業の製造した製品を購入して部品として組み込む、または材料として使用すること。優れた技術力の部品メーカーが存在している場合、その部品を組み込むことで品質保証や技術的な検証などの重荷から解放されて自社の製品の品質に注力出来るため、日頃から優秀な発注先を確保することが競争力に繋がる。場合によっては独自仕様で特注品を製造してもらうこともある。資材調達部の業務。

部品: 加工作業
製品の仕様、設計に従って原材料を部品に加工する作業。業種によって異なるが、種々の道具、あるいは加工機を用いる。製造部、もしくは加工部の業務。




部品: 組立作業
部品を設計通りに組み立て・組み付けする作業。組み立て工具、治具、検査器具等を用いて作業を行う。一部加工工程や検査工程を含む場合もある。生産方式によって必要な熟練度が異なる。製造部の業務。

部品: 製品検査
製品・部品に不具合や数量過不足がないか確認する作業。目視検査、外観検査、寸法検査、性能検査など業種により様々な検査が行われる。検査方法も人力によるものと機械によるものがあり、検査も全数検査の場合と抜き取り検査の場合がある。抜き取り検査の場合は製品の品質は統計学的に保証されるが、不良の数量が増えてきた場合は対策を打ち、工程能力が向上するまでは全数チェックに戻すといった、生産現場の状態への柔軟な対応が求められる。業種によっては出荷先担当者による立ち会い検査を行う場合もある。検査・品質保証部の業務。

部品: 梱包作業
製品が輸送時に破損・汚損しないようにパッケージングする業務。製品の梱包に必要な資材としては小型であれば箱、緩衝材、説明書類、製番を示すシール類などである。一方で大型の製品であれば木材で出来たパレットの上にボルトで固定してカバーをかぶせるなど、形と大きさに合わせた対応が必要となり、それなりの手間が掛かる。製造部が製造の一環として行う場合と、梱包・出荷部が行う場合がある。

部品: 出荷作業
検査・梱包された製品を出荷・納品する作業。工場における最終工程であり、検収書を受取り納品を行うことで工場の業務は完了となる。出荷する製品は出荷場に一旦仮置きされるが、専任の責任者、スタッフが配置と在庫管理を引き受ける。

部品: 検査技術の開発
製品の検査の場合、検査に時間が掛かっては生産に追いつかないため検査工程は製品毎に設定し製造のタクトタイム内に済むことが求められる。全数検査の場合は検査装置を用意し、全て自動で検査を行い、結果の確認のみで済ませることが理想的となる。抜き取り検査の場合は検査装置をマニュアルで使用することで十分な場合もある。

部品: サービス部品受注・発送
アフターサービス業務の一つ。サービス部品とは納入した製品の補修・交換用部品のことであり、これの受注・発送も重要な業務の一つである。サービス部品は製品の生産が終わってからも(製品種類により異なるが)一定期間生産・保管する義務がある。製品本体の品質もさることながら、サービス部品対応も製品の信頼に繋がる重要なファクターである。

部品: 製品の保守・点検
アフターサービス業務の一つ。小型の製品であれば保守・点検は工場に送付の上で行われるが、大型の製品の場合はサービスマンを派遣して行う場合もある。業種によっては保守・点検要員を営業所や納品先に常駐させることもある。

部品: ライン生産方式とは
ラインに乗せた製品をコンベアなどで流しながら組み立てる方式。いわゆる流れ作業。製造工程に従って設備・人員を配置する。単一製品を大量に生産するのに向いている。

部品: 作業者の熟練度の影響が小さい
作業者一人一人の作業は数点の部品組み付け・加工といったものであり職人的な技量は求められない。作業者の熟練度が上がるとライン速度を上げることができ、生産効率が向上する。

部品: 大量生産向き
ライン生産方式では工程1つあたりのサイクルタイムを揃えて単一製品もしくは同一工程の製品を連続して生産するため、最も仕掛り品が少なく、リードタイムも短くすることができる。

部品: セル生産方式とは
ライン方式と機能別生産方式の中間の生産方式。一人、または少数の作業者チームでミニラインを作り、製品の組立工程を完成(または検査)まで担当する方式。作業者の周りを部品や作業台がコの字に囲むことからセル(細胞)と呼ばれる。作業者は全工程を行うために高いスキルレベルを持っている必要がある。

部品: 多品種少量生産向き
個々のセルで異なる品目を扱え、部品・工具棚を交換すれば別品目への段取り変更が終わるために多品種少量生産に適している。

部品: 少量の材料から生産可能
1品目1セルから生産可能であるため、ライン方式のように大量の材料を抱える必要がなく、工程間在庫も少なくて済む。

部品: 生産ボリュームの変更に対応しやすい
需要の高低によって稼働セル数の増減が容易に行え、休止させたラインの他品目への変更も可能なので遊休スペースの発生も減らせる。

部品: 作業者の士気向上
セル生産方式では商品完成の実感を得やすいことやスキル向上が作業量と品質の向上に直結するために作業者の士気が上がりやすい。

部品: 機能別生産方式とは
別名ジョブショップ方式。同種の機能や性能をもつ設備をグルーピングして工程を編成し、製品別に必要な工程間を運搬して生産を行う方式。品種ごとに専用レイアウトを設けないために多品種少量生産に向いているが、加工経路が長くなる、管理が煩雑となる、生産リードタイムが大きくなり仕掛品が増加するといったデメリットもある。

部品: 生産計画や仕様への対応力が高い
製品が必要な工程だけを選択して通ることから生産計画や仕様が変化しても設備やレイアウトを変更する必要がないため、柔軟に対応できる。


部品: 設備稼働率向上
各工程グループが品目専用レイアウトとなっていないため、設備の稼働率が他方式に比べて非常に高くなり、作業者の熟練度も上がりやすくなる。

部品: 事務所
書類・帳簿の作成・処理など、主として机の上でする仕事を行う作業を行う部屋。オフィス。主に総務部、営業部といった部署が使用する。工場規模によっては企画・設計部も同室であることがある。

部品: 企画・設計室
製品や設備の企画から設計、開発までを一括して進める施設。設計資料や設計機材、打合せ用の会議スペース等も含まれる。設計・企画情報は機密情報となるため、基本的に許可された人員以外立ち入りは許可されず情報媒体の出入りには制限が掛けられる。

部品: 資材・原料貯蔵施設
製品の原材料や中間製品、仕掛品等を保管する施設。工場の片隅やバックヤードがこれにあたる場合もある。資材によっては劣化を防ぐための専用保管設備に保管される。露天、あるいはそれに近い形で保管する場合は保護カバー等で汚損しないように注意が払われる。

部品: 加工施設
原材料を部品、または製品に加工する施設。業種によって異なるが製品に応じた様々な加工設備・機械を備える。設備レイアウトは生産システムによって異なるが、概ねライン・セル・機能方式のいずれかで配置される。組立施設と一体になっている場合もある。

部品: 組立施設
加工、もしくは購入した部品を組み立てて最終製品を完成させる施設。業種によって異なるが製品に応じた様々な組立設備・機械を備える。設備レイアウトは生産システムによって異なるが、概ねライン・セル・機能方式のいずれかで配置される。加工施設や検査施設と一体になっている場合もある。

部品: 検査施設
加工された部品、または組み立てられた製品を検査し不具合が無いかを確認する施設。業種によっては加工施設や組み立て施設と一体になっている場合もある。

部品: 出荷施設
製品を出荷するための施設。トラック、輸送船等輸送機材への積み込み設備である。完成品倉庫を兼ねる場合もある。次々と来る完成品と引き取りの業者を裁くため大きく場所を取ることが一般的であり、管理する人員は外部と内部の両方への取り持ちをするため比較的独立した判断を求められ、両方が納得するように調整する必要がある。

部品: 廃棄物処理施設
工場の排煙や排水から公害が発生しないように、法律や条例で定められた基準を満たすよう定期的に検査が行われる。検査の基準が満たないようであれば排煙処理施設、排水処理施設の改善を行うように指導をされ、再度検査に合格するまで操業停止が言い渡される。

部品: 廃棄物保管所
大型ゴミや資源となる金属屑、危険物となる産業廃棄物は回収時期が一定期間毎のため、回収のタイミングまで保管する倉庫が必要となる。これは火災などの災害時に工場本体へ影響が出ないようにある程度離れた場所に設定される。

部品: 自家発電施設
工場内で停電が起こった場合、通信遮断や重要機器の停止等で多大な被害を被るケースが考えられるが、それを防ぐために工場内で小規模な発電施設が用意されている。これによって生み出される電力は一時しのぎに過ぎず、長期間工場を稼働させるには当然足らないが、災害等による一時的な停電に対応するには十分な量であった。

部品: 福利厚生施設
福利厚生の一環として、社員の心身のケアのために会社が用意した施設。保養施設・体育館・診療所等がこれにあたるが、施設の利用は社員であれば誰でも利用できるようになっている。

部品: 社宅・寮
福利厚生の一環として、遠方から出社せざるを得ない社員や自宅を持っていない社員のために会社が用意した住宅・寮。交通の便の関係から用意した会社の敷地内、もしくは会社の近辺に存在することが多い。家族を持っているための家族向けの社宅なども用意されているほか、子供や家族が学校や買い出しで街へ通えるように毎日数本のバスが運行されており生活に対して幾分もの配慮がなされている。また寮には工場が寮母を雇う事で生活面の補助がされており、希望者は朝と夜の食事と洗濯のサービスを受ける事が出来るようになっている。

部品: 工場長
ラインの立ち上げや新しい生産技術の開発といった難しい業務を成功させた熟練技術者であったり、大型案件を次々と取得する優秀な営業担当であったり、その前身は様々だが一概に言えば、各世代で最も工場の運営拡大に貢献した者がなるべき職。一方で上位組織の幹部が監督のために就任する場合も多い。

部品: 事務員
事務員は工場の運営に必要な会計処理から書類の整備、部材の手配といった外部との折衝まで行う場合もある。庶務全般を取り仕切るため、細々とした内容の確認やすり合わせがあり、緻密な対応が求められる。

部品: 営業員
営業員は工場の製品納入先との交渉を担当する。仕事の発生=営業が手に入れてくる発注依頼となるため精神的なプレッシャーが大きい職種となる一方で優秀であれば大きく工場の運営に貢献することが出来る。

部品: 開発設計者
開発設計者が工場で担当する業務は生産技術者と兼任となることも多いが、各工程に必要とされる治具や専用機械の開発となる。専用機械については外部から購入、据え付けるとともに十全に機能を発揮出来るように周辺の部品を設計し、工程において作業者と連携することで完成となる。

部品: 生産技術者
生産技術者の主な仕事は工場のラインを設計・開発・維持管理することとなる。新規設計のラインを立ち上げる際には新しい試みとなる工程について事前に検証実験を進め、理論を確立してからラインに組み込むことが望ましい。

部品: 技能者
技能者は作業者の中でも特定の技能を持つことで特殊な工程を担当することが出来る人員となる。技能者の熟達した者はマニュアルを整備する、他の作業者に技能を教育することで、技能者を育てることが求められる。

部品: 作業者
工場の各工程に配置される作業者は、基本的にマニュアルにそって作業を進めることが推奨される。そのため、マニュアルの整備次第で工程のタクトタイムは早くなり、理論値に近づけることが求められる。また作業者が独自の改善活動を行うことで、無駄をなくすことも生産性の向上に大きく寄与する。

部品: 滑走路
機体の離着陸に耐えられるよう、数メートル級の分厚いアスファルトで舗装してある道路。降雨時の水はけのために、両サイドから中央にかけて少しずつ盛り上がっている。また、雨天時の着陸のために、摩擦を高めるための、横縞模様の細かい溝も掘られている。

部品: 格納庫
雨風や砂塵から機体を守りつつ、機体がすっぽり入ってなお整備用のクレーンなどの大型機材が動けるスペースを確保してある。

部品: 整備設備
機体のどの場所にも手が届くように組める作業用の足場・ドックスタンドや、フロアに配置された、必要な工具・器具が整然と収納されている大型ラックなどがある。

部品: 試験データ収集室
テストフライトの際、飛行データを収集、検証を行う為の部屋。格納庫内にあり、その窓からは滑走路とその上空を見上げられる構造になっている。

大部品: 部品工場 RD:55 評価値:9
+...
  • 大部品: 生産部品 RD:3 評価値:2
    • 部品: 産業機械部品
    • 部品: 航空機部品
    • 部品: 精密部品
  • 大部品: 安全対策 RD:3 評価値:2
    • 部品: 安全マニュアル
    • 部品: 安全防災マップ
    • 部品: 防火装置
  • 大部品: 生産工場 RD:49 評価値:9
    • 大部品: 基本的な機能 RD:31 評価値:8
      • 大部品: 総務部 RD:11 評価値:5
        • 部品: 保安・防災業務
        • 部品: 広報業務
        • 部品: 環境対策業務
        • 部品: 経理業務
        • 部品: 事務業務
        • 部品: 安全管理業務
        • 部品: イベント運営業務
        • 部品: 慶弔業務
        • 部品: 契約管理業務
        • 部品: セキュリティ管理業務
        • 部品: 衛生管理業務
      • 大部品: 営業部 RD:3 評価値:2
        • 部品: 営業設計
        • 部品: 受注営業
        • 部品: 工場営業
      • 大部品: 企画・設計部 RD:3 評価値:2
        • 部品: 製品企画
        • 部品: 基本設計
        • 部品: 詳細設計
      • 大部品: 生産管理部 RD:4 評価値:3
        • 部品: 生産工程管理
        • 部品: 加工・組立技術開発
        • 部品: 生産システム開発
        • 部品: 工程計画
      • 大部品: 資材調達部 RD:2 評価値:1
        • 部品: 原材料調達
        • 部品: 中間製品の購入
      • 大部品: 製造部 RD:2 評価値:1
        • 部品: 加工作業
        • 部品: 組立作業
      • 大部品: 検査・品質保証部 RD:2 評価値:1
        • 部品: 検査技術の開発
        • 部品: 製品検査
      • 大部品: 梱包・出荷部 RD:2 評価値:1
        • 部品: 梱包作業
        • 部品: 出荷作業
      • 大部品: アフターサービス RD:2 評価値:1
        • 部品: サービス部品受注・発送
        • 部品: 製品の保守・点検
    • 大部品: 基本的な工場施設 RD:7 評価値:4
      • 部品: 事務所
      • 部品: 企画・設計室
      • 部品: 資材・原料貯蔵施設
      • 部品: 加工施設
      • 部品: 組立施設
      • 部品: 検査施設
      • 部品: 出荷施設
    • 大部品: 基本的な職掌 RD:7 評価値:4
      • 部品: 工場長
      • 部品: 事務員
      • 部品: 営業員
      • 部品: 開発設計者
      • 部品: 生産技術者
      • 部品: 技能者
      • 部品: 作業者
    • 部品: オプション・廃棄物処理施設
    • 部品: オプション・廃棄物保管所
    • 部品: オプション・自家発電施設
    • 部品: オプション・福利厚生施設


部品: 産業機械部品
化学工業、建設業などを含む産業現場で、人にとって苦痛、困難、不可能な作業を補助、代行する機械の部品。


部品: 航空機部品
飛行機関係向けの産業用部品のこと。旅客機用のシートや操縦席のディスプレイまで含み、空中分解などが起こらないよう部品精度と部品強度は高く設定されている。

部品: 精密部品
製作誤差の範囲がきわめて小さく、精度の高い機械。形状の大小には関係なく、腕時計のような小さなものから宇宙ロケットのような巨大なもの。一般には測定機器、カメラ、時計、ミシン、電子計算機など、高い精度を要求する部品の事。

部品: 安全マニュアル
常時での安全確認方法やチェック欄、非常事態での対応方法や避難経路などを記したマニュアル。作業員には原則熟読することが義務付けられている。

部品: 安全防災マップ
有事の際の避難経路を記した地図。それ以外にも緊急用の消火装置の場所から防災備蓄の場所などが事細かに書いてある。

部品: 防火装置
緊急時の消火装置、延焼を防ぐための隔壁など、燃料引火における防火設備の総称。中には化学薬品による特殊消火装置も含まれている。

部品: 保安・防災業務
火災報知機や施錠の確認、電気パラメーターの確認などを行うと共に定期的な巡回やメンテナンスにより施設全体の保全を図る。これにより施設全体の安全を確実なものに近づけ、安心して働ける環境を作ることに腐心する。また災害時に備え消化、緊急呼び出し、通報など各種防災訓練を行う。さらに工場の立地、業務内容によりさらに追加の対応訓練を企画・実施する。

部品: 広報業務
工場での生産活動の発信や製品アピール、イメージアップなど情報発信に関する業務を引き受ける表の顔である。彼らが働くことによって製品の情報は各方面に発信され、営業部や開発部、強いては工場全体の為の一般社会のイメージを作り上げてくれるのだ。不信・不安を抱かれないよう地域社会と良好な関係を築くためにも重要な業務である。

部品: 環境対策業務
公害は工場の運営を阻害する要因の一つである。環境の悪化は規制の締め付けや環境保護団体による業務妨害、訴訟などの問題を引き起こし、同時に周辺環境の悪化によって様々な悪疫を及ぼす。これらを防ぐための対策を立て、工場が規制水準を上回る汚染を引き起こさないよう管理し、自然を維持する為の様々な努力を行うのが彼らの仕事である。

部品: 経理業務
経理業務は工場を支える動脈である。お金を管理する事ができなければ資材を購入する事も従業員に給料を払う事も出来ず工場を維持する事が出来ない。収入と支出の状態を管理し適切なお金の管理を行う彼らこそ、工場を支える最重要業務の1つだといえるだろう。

部品: 事務業務
工場においても一般企業と同様、来客・電話対応、各種書類整理、作成、データ入力、請求書や納品書のチェック、取引先への連絡等の一般事務作業全般が発生する。それに加えて工場ならではのお材料の仕入れや管理といった業務も追加されることがある。勤務者には基本的なビジネスマナーができていること、PC等データ管理機器の操作能力が求められる

部品: 安全管理業務
従業員の健康を守り、工場内の環境を保つ業務。日頃から効率優先での超過作業やマニュアルを無視した作業などの危険要因を監視・排除し、労災や事故の発生を防ぐ。労働環境の改善によって従業員のモチベーションを高める他、ミスや事故による作業中断を回避して結果的にコストカットにも繋がる。

部品: イベント運営業務
従業員の士気を高めるためにも、外向けの展示会をするにもイベントの開催は必須である。彼らは広報や運営部、企画部と連携し様々なイベントや展覧会を企画運営する事で士気を高め、商売を作り出す手助けをするのが仕事である。

部品: 慶弔業務
工場勤務者の中に不幸があった場合、近親であれば一定の休暇と見舞金が払われるのが通例となっている。これらが満たされない工場であれば、勤務者の不満が大きく高まり勤務態度の悪化や離職する者が現れる。

部品: 契約管理業務
基本的に外部との交渉は全て契約という形で書面化され保存される。これを保管・分類し検索・閲覧性を高めておくことで各部署からの確認や契約更新作業等を効率化することができ、トラブルや情報漏えいの可能性を引き下げることができる。管理業務の他、問題が起きた場合の法的な手続きの業務も兼ねる。

部品: セキュリティ管理業務
工場の物的・知的財産を外部の脅威から守るためにセキュリティ管理が求められる。工場への入退場管理、個人情報・機密情報の管理、不良製品の発生防止、搬出入エリアの入退場管理、外周エリアの管理・警戒などその業務は多岐に渡る。

部品: 衛生管理業務
製品が使用者に触れる部分の衛生状態を管理する業務。食品、化粧品、医薬品などでは特に食中毒や異物混入を防止する必要があるために重要な作業。整理・整頓・清掃・清潔・躾の5Sが基本となる。

部品: 営業設計
顧客ニーズを調査し、どのような仕様の製品をどのくらいの価格で提供することができるか検討・準備する業務。必要に応じて客先に出向いてのプレゼンや仕様の提案も行う。顧客の提示要件に基いて価格、技術仕様、体制、スケジュール、財務など様々な資料を作成する能力が求められる。

部品: 受注営業
一般に営業業務のイメージである、実際に受注を取ってくる業務。顧客の需要動向を把握し、積極的に顧客の需要を喚起するとともに受注に結びつけなければならない。安く引き受け過ぎれば従業員や会社が傾くことになるが高く受けすぎても今後につながらない可能性がある。彼らの仕事に関する知識と交渉、そしてバランス感覚は仕事を回す上で必須なのである。

部品: 工場営業
受注後の契約履行業務。製造過程での顧客の要求を製造部門に伝え、各部門との折衝を行い適正な利益確保に務める。工場内コストの取り纏めや部署間の情報共有サポート、納期の調整、追加・変更契約時の商務取り纏めなど、顧客と工場間を取り持って作業が円滑に進むよう調整する。納入後の保証期間内における瑕疵・トラブル対応も行う。

部品: 製品企画
顧客のニーズをもとに製品コンセプト、仕様、開発と販売の計画を立案する作業。誰のためになぜ製品を作るのかを考え、そこから製品がどのようなものであるか、技術的にどのように実現するのかを計画する。仕様が決まれば開発担当者と期間、開発費用を決定し、製品の販売価格、場所、個数、期間をどのように設定すれば採算性があるのかを計画して初めて実際の設計作業に入ることになる。

部品: 基本設計
製品企画で決定された仕様を実現するために、製品全体をどのような構造にするかを決定する作業。複雑な構造を持つ製品の場合はさらに詳細設計が必要になることもある。詳細設計が必要になる場合はこの段階でデザインレビュー(設計審査)が行われ、各部署の経験豊富な専門家を集めて問題を抽出、問題があれば改善してから次の詳細設計に進む。業種によっては構想設計とも呼ばれる。基本設計は後々の生産の段階を予想しながら設計する必要がある。これは設計の上流で発生した問題が隠れたまま生産に近い段階で発覚すると修正に大きなコストが掛かるためである。

部品: 詳細設計
詳細設計では基本設計に基づいてさらに具体的な構造、寸法を決めていき実際に製品が製造できる所まで具体化していく。

部品: 生産工程管理
顧客から依頼された所定の製品を所定の数量・品質・原価で所定の納期に納品できるよう、工場内で製造設備、労働力、資材等のリソースを効率的に活用するよう管理する活動。工程計画と工程統制からなる。

部品: 加工・組立技術開発
実際の製品を開発する前段階として、より効率よく、より精巧に生産するためのものづくり技術を高めることもまた重要な業務である。

部品: 生産システム開発
製品をより良く作成するための機械を開発すること。深く最新の機械技術の造詣はもとより、生産工程の理解が必要である。

部品: 工程計画
製品をいつ、どのように生産するかを決める計画。
生産手順を決定し、生産に必要な工数を算出、日程と比較して生産能力に対する負荷を割り出し、過不足を調整する。

部品: 原材料調達
工場を稼働させるには製品を作るための原料が必須である。資源調達部では部品加工に必要な触媒から鋼材、工業用水に至るまで生産に必要な資材や原材料を調達し、稼働に必要十分+αなストックを維持する為に日夜走り回っている。

部品: 中間製品の購入
優れた技術力の部品メーカーが存在している場合、組み込む側のメーカーとしては希望の仕様に沿って作ってもらうことで、品質保証や技術的な検証などの重荷から解放され、自社の製品の品質に注力出来るため、日頃から優秀な発注先を確保することが競争力に繋がる。

部品: 加工作業
製品を製造する場合、全てが中間製品であり組み立てのみ担当する工場であるということは、高度に組織化されている工場群の最終工場を除いて現実的でない。即ち、資材を購入し工場内の加工機械で図面にて指定された形状に加工する工程が発生する。担当者は技能者となり、工程の不良発生原因を予測・洗い出し、必要とされる工程能力が保証されるまで準備をする必要があるが、これに満たない場合は外注にて調達や準備生産から始めることで工程能力の不足を補う必要がある。

部品: 組立作業
組み立て作業はラインに乗せた製品を流しながら組み立てるライン生産方式とセルと呼ばれる一人の作業者が有る程度の工程を担当するセル生産方式が主な方式となる。ライン生産方式の場合は工程管理を徹底することで高い生産効率を求めることが出来る。一方でセル生産方式は多品種少量生産の工場にて度々生産する品目が変わる場合に有効となる。

部品: 検査技術の開発
製品の検査の場合、検査に時間が掛かっては生産に追いつかないため検査工程は製品毎に設定し製造のタクトタイム内に済むことが求められる。全数検査の場合は検査装置を用意し、全て自動で検査を行い、結果の確認のみで済ませることが理想的となる。抜き取り検査の場合は検査装置をマニュアルで使用することで十分な場合もある。

部品: 製品検査
製品を大量に製造する場合、全数チェックでは現実的で無い場合は抜き取り検査などで、簡略化する場合も有る。この場合、製品の品質は統計学的に保証されるが、不良の数量が増えてきた場合は対策を打ち、工程能力が向上するまでは全数チェックに戻すといった、生産現場の状態への柔軟な対応が求められる。

部品: 梱包作業
製品の梱包に必要な資材としては小型であれば紙製の箱、緩衝材、説明書類、製番を示すシール類などとなる。一方で大型の製品であれば木材で出来たパレットの上にボルトで固定してカバーをかぶせるなど、形と大きさに合わせた対応が必要となり、それなりの手間が掛かる。

部品: 出荷作業
出荷する製品は出荷場に一旦仮置きされるが、専任の責任者、スタッフが配置と在庫管理を引き受ける。引き取りのための運搬業者に引き渡す際に出荷日時を記録することで工場側の責任は一旦終了となる。

部品: サービス部品受注・発送
サービス部品は製品の生産が終わってからも一定期間生産・保管する必要があり、それなりに人手が掛かるが、生産者の使命として、製品が市場で使われている間のアフターサービスがあり、製品の信頼に繋がるため、顧客満足の面で非常に重要となる。

部品: 製品の保守・点検
小型の製品であれば保守・点検は工場に送付の上で行われるが、大型の製品の場合は各地にある保守・点検・整備専門のサービスマンが現地に派遣されてコレを行う。

部品: 事務所
事務所は朝出社して顔合わせをする場所であり、基本的な事務作業を行う場所となる。連絡を取りたい場合は事務所の担当者に連絡を入れることもあり、工場のラインに居る作業員以外は全員、基本的に事務所にて作業を行っているという認識になる。

部品: 企画・設計室
企画・設計室では設計用の機材をまとめて置いてあり、製品や設備の企画から設計、開発までを一括して進める部屋となる。これらの情報は機密情報となるため、基本的に許可された人員以外立ち入りは許可されず情報媒体の出入りには制限が掛けられる。

部品: 資材・原料貯蔵施設
工場で製品に加工される資材や原料は外部から購入・搬入してから工場の片隅やバックヤードに保管される。資材によっては外部環境で劣化するため専用の保管設備に保管が必要となる。大型の部材についてはバックヤードにテントを準備して露天に近い状態となるが、保護カバー等で汚損しないように注意が払われる。

部品: 加工施設
手作業で加工が出来ないような大型の部材であったり、特殊な処理が必要な部材、高精度な加工が要求されるなど、一般に人手で加工が不可能な場合は専用の加工設備が用意され、専用の加工施設として工場の中で独立した工程となる。

部品: 組立施設
組み立てはラインに沿って進めるのが基本となっており、独立した設備となることは無駄となりやすく敬遠される。組み立てはライン毎に行われ、機種の違いによる長短や使用機材の大小は有るが、同一工場内で大きく規模や長さが異なるようなラインは基本的に存在しない。大きくラインの構成が異なる場合、基本的に別工場を立ち上げて別枠で管理したほうが効率が良いためである。

部品: 検査施設
ラインで組み上がった製品を検査し不具合が無いかをチェックする工程を担当する施設はラインとは別途用意される。ラインの工程能力が十分であれば基本的に検査施設では合否判定が殆どであるが、立ち上げ直後であったり問題が有る場合は、不良品の調整から差し戻しなどの業務が多く発生し負荷が大きくなる。

部品: 出荷施設
検査が完了し良品であると確認された製品を出荷時間まで格納しておくための場所となる。次々と来る完成品と引き取りの業者を裁くため大きく場所を取ることが一般的であり、管理する人員は外部と内部の両方への取り持ちをするため比較的独立した判断を求められ、両方が納得するように調整する必要がある。

部品: 工場長
ラインの立ち上げや新しい生産技術の開発といった難しい業務を成功させた熟練技術者であったり、大型案件を次々と取得する優秀な営業担当であったり、その前身は様々だが一概に言えば、各世代で最も工場の運営拡大に貢献した者がなるべき職。一方で上位組織の幹部が監督のために就任する場合も多い。

部品: 事務員
事務員は工場の運営に必要な会計処理から書類の整備、部材の手配といった外部との折衝まで行う場合もある。庶務全般を取り仕切るため、細々とした内容の確認やすり合わせがあり、緻密な対応が求められる。

部品: 営業員
営業員は工場の製品納入先との交渉を担当する。仕事の発生=営業が手に入れてくる発注依頼となるため精神的なプレッシャーが大きい職種となる一方で優秀であれば大きく工場の運営に貢献することが出来る。

部品: 開発設計者
開発設計者が工場で担当する業務は生産技術者と兼任となることも多いが、各工程に必要とされる治具や専用機械の開発となる。専用機械については外部から購入、据え付けるとともに十全に機能を発揮出来るように周辺の部品を設計し、工程において作業者と連携することで完成となる。

部品: 生産技術者
生産技術者の主な仕事は工場のラインを設計・開発・維持管理することとなる。新規設計のラインを立ち上げる際には新しい試みとなる工程について事前に検証実験を進め、理論を確立してからラインに組み込むことが望ましい。

部品: 技能者
技能者は作業者の中でも特定の技能を持つことで特殊な工程を担当することが出来る人員となる。技能者の熟達した者はマニュアルを整備する、他の作業者に技能を教育することで、技能者を育てることが求められる。

部品: 作業者
工場の各工程に配置される作業者は、基本的にマニュアルにそって作業を進めることが推奨される。そのため、マニュアルの整備次第で工程のタクトタイムは早くなり、理論値に近づけることが求められる。また作業者が独自の改善活動を行うことで、無駄をなくすことも生産性の向上に大きく寄与する。

部品: オプション・廃棄物処理施設
工場の排煙や排水から公害が発生しないように、法律や条例で定められた基準を満たすよう定期的に検査が行われる。検査の基準が満たないようであれば排煙処理施設、排水処理施設の改善を行うように指導をされ、再度検査に合格するまで操業停止が言い渡される。

部品: オプション・廃棄物保管所
大型ゴミや資源となる金属屑、危険物となる産業廃棄物は回収時期が一定期間毎のため、回収のタイミングまで保管する倉庫が必要となる。これは火災などの災害時に工場本体へ影響が出ないようにある程度離れた場所に設定される。

部品: オプション・自家発電施設
工場内で停電が起こった場合、通信遮断や重要機器の停止等で多大な被害を被るケースが考えられるが、それを防ぐために工場内で小規模な発電施設が用意されている。これによって生み出される電力は一時しのぎに過ぎず、長期間工場を稼働させるには当然足らないが、災害等による一時的な停電に対応するには十分な量であった。

部品: オプション・福利厚生施設
福利厚生の一環として、社員の心身のケアのために会社が用意した施設。保養施設・体育館・診療所等がこれにあたるが、施設の利用は社員であれば誰でも利用できるようになっている。

大部品: 連邦大学 RD:93 評価値:11
+...
  • 部品: 連邦大学とは
  • 大部品: 大学 RD:17 評価値:6
    • 部品: 大学とは
    • 大部品: 大学施設 RD:4 評価値:3
      • 部品: 学生食堂
      • 部品: 図書館施設
      • 部品: キャンパス
      • 部品: 校舎
    • 大部品: 大学制度 RD:7 評価値:4
      • 部品: 教養科目
      • 部品: ゼミナール
      • 部品: 卒業論文
      • 部品: 実習
      • 部品: 単位制
      • 部品: 学年制
      • 部品: 学部制
    • 大部品: 大学機関 RD:2 評価値:1
      • 部品: 教学組織
      • 部品: 事務組織
    • 大部品: 学生関連 RD:2 評価値:1
      • 部品: 学生証
      • 部品: 学生割引
    • 大部品: 研究倫理 RD:1 評価値:0
      • 部品: 知権・尊厳の尊重
  • 大部品: 学部 RD:75 評価値:10
    • 大部品: 北都 RD:14 評価値:6
      • 大部品: 商学部 RD:7 評価値:4
        • 部品: 商学部概要
        • 部品: ニューワールド文化学
        • 部品: ニューワールド経済学
        • 部品: 基礎経済学
        • 部品: 基礎会計学
        • 部品: ビジネス法入門
        • 部品: 統計入門
      • 大部品: 水産学部 RD:7 評価値:4
        • 部品: 漁業学
        • 部品: 水産海洋学
        • 部品: 水産増殖学
        • 部品: 水産加工学
        • 部品: 水産化学
        • 部品: 水産経済学
        • 部品: 水産工学
    • 大部品: 西都 RD:12 評価値:6
      • 大部品: 農学部 RD:5 評価値:3
        • 部品: 園芸学
        • 部品: 農芸化学
        • 部品: 農業工学
        • 部品: 農業経済学
        • 部品: 林学
      • 大部品: 地質学部 RD:7 評価値:4
        • 部品: 地史学
        • 部品: 古生物学
        • 部品: 岩石学
        • 部品: 鉱物学
        • 部品: 堆積学
        • 部品: 層序学
        • 部品: 構造地質学
    • 大部品: 東都 RD:17 評価値:6
      • 大部品: 工学部 RD:9 評価値:5
        • 部品: 工学の理念
        • 部品: 環境工学
        • 部品: 化学工学
        • 部品: 生物化学工学
        • 部品: 土木工学
        • 部品: 食品工学
        • 部品: 機械工学
        • 部品: 海洋工学
        • 部品: 安全工学
      • 大部品: 軍事学部 RD:8 評価値:5
        • 部品: 地政学
        • 部品: 安全保障学
        • 部品: 軍事行政学
        • 部品: 戦略学
        • 部品: 戦術学
        • 部品: 兵器学
        • 部品: 軍事土木学
        • 部品: システム工学
    • 大部品: 南都 RD:32 評価値:8
      • 大部品: 芸術学部 RD:2 評価値:1
        • 部品: 造形学
        • 部品: 音楽学
      • 大部品: 建築学部 RD:2 評価値:1
        • 部品: 建築学
        • 部品: 都市計画学
      • 大部品: 歴史学部 RD:17 評価値:6
        • 部品: 藩国歴史学
        • 部品: 藩国文化史学
        • 部品: 共和国歴史学
        • 部品: 南国歴史学
        • 部品: 南国文化史学
        • 部品: 森国歴史学
        • 部品: 森国文化史学
        • 部品: 西国歴史学
        • 部品: 西国文化史学
        • 部品: 帝国歴史学
        • 部品: 東国歴史学
        • 部品: 東国文化史学
        • 部品: 北国歴史学
        • 部品: 北国文化史学
        • 部品: はてない国歴史学
        • 部品: はてない国文化史学
        • 部品: ニューワールド歴史学
      • 大部品: 教育学部 RD:5 評価値:3
        • 部品: 国語学
        • 部品: 理学
        • 部品: 社会学
        • 部品: 数学
        • 部品: 教育学
      • 大部品: 法学部 RD:6 評価値:4
        • 部品: 民法
        • 部品: 商法
        • 部品: 行政法
        • 部品: 刑法
        • 部品: 国際法
        • 部品: 法理学


部品: 連邦大学とは
連邦大学は、レンジャー連邦の四都にそれぞれ置かれている大学の総称である。それぞれの都の性質に合わせて学部の住みわけがなされており、学際分野においては一体となって研究が行われる。

部品: 大学とは
高等教育機関の一であり、専門的な学術及び学術的思考の教授、また学術の研究を目的とした、学術の中心と位置付けられる機関である。教授による人材の育成、また研究成果の公表により社会の発展に寄与することを求められる。

部品: 学生食堂
生活の中心、その一つである食を支える設備。規模によっては大学に複数存在する。周辺の住民も日常の一部として利用できたり、あるいは名所として観光者が立ち寄ることもある。安く、栄養バランスを取っており、余裕の許す限り、メニューのバリエーションにも工夫をこらせる。

部品: 図書館施設
大学のために収蔵された図書資料、および博物の類を管理している、建物ならびに設備。紙や博物の種類に応じて、湿度・温度・光量の調節が必要となるため、特殊なものほど保存性>閲覧性という形で整理される。これは、歴史的産物を収集し、後代に伝えることを主眼とした時、従うべき作法があるという学びの提供ともなっている。

部品: キャンパス
大学の敷地全体を指すが、転じて、そこに広がっている、大学全体を通底する雰囲気までを含める。どれだけ様々なテーマに沿った優れた意匠を感じさせる外観や配置が出来たとしても、キャンパスを成立させるのは、教師と学生が持つ活力であり、大学を中心として行われている学問的探求と、そこにまつわる生活の気配なのである。

部品: 校舎
建物のみを指す狭義の校舎ではなく、「学び舎」として、学習の場そのものを指す。各種の用途別に分けられた教室や、運動場、研究室、講堂、また課外活動を行うための学生棟までが包括されている訳である。

部品: 教養科目
学部で専攻する分野の学問以外の知識、考え方を身につけることで、総合的な判断力を身につけ、専門分野の知識をよりよく活かせるようにすることを目的として、教養科目が設けられている。

部品: ゼミナール
担当教員と少数学生とで構成される、専門テーマに関する報告・議論・購読のための集まり。講義とは異なり、受講ではなく、主体性を持っての参加によって行われる。

部品: 卒業論文
大学卒業のため、集大成として最終学年の学生が執筆・提出・口頭試問を行うための論文。また、学部によっては実習・制作・公演・展示・演奏など、それぞれに適した形態を取って行われる。共通するのは、テーマを自ら選んだ上で、一定のノルマが存在することである。

部品: 実習
学んだ知識や技術を、実際の現場や現物に用いることで、さらなる学びにつなげていく学習方式。教育科目によっては資格を得るために特定の実習単位の取得が必須とされる。

部品: 単位制
必要単位数の取得によって進級・卒業を認める制度。必須とされる単位群と、自由取得とされる単位群との合計によって算定する。

部品: 学年制
学年ごとの教育課程修了を認定することで、進級・卒業を認める制度。単位制と併用することも可能であり、学校によって年次の進み方は様々で、単位取得が進まない場合、除籍処分となる制度を採っている場合もある。

部品: 学部制
専攻する学問の大まかなくくりによって、学部に分かれて教育、研究が行われる。必須単位などはそれぞれの学部によって異なる。

部品: 教学組織
学部・学科・専攻および付属研究機関までを包括した組織構造。各大学の特色に沿った構成となる。時代に応じて新しい学問分野が見出されたり、あるいは再編の必要が出てきた場合に見直しを図り、緩やかに変化していく。

部品: 事務組織
大学機関を運営するために必要な部署を揃えた組織構造。人が働いている以上は不可欠な、総務・経理・人事の他に、各学部や学生の対応を行う部署であったり、大学が保有する財産の管理を行う部署も含まれる。

部品: 学生証
入学年度・学部・学校機関および本人確認の可能な身分証明証。有効期限が定められており、卒業もしくは退学によって失効する。学校ごとに異なる校章やデザインが施されており、先進的な機関によっては身分証として以外の実用性のあるツール機能が持たされていることもある。

部品: 学生割引
経済的な能力のない学生を対象として、その負担を軽減するための制度。学生証の提示によって発効する。また、単に商業上の都合により、顧客数数が多く、安定して供給される学生を対象に割り引くことで、収益の上昇が見込めるために行っている場合もある。

部品: 知権・尊厳の尊重
知類を対象とした研究に対しては倫理規定を設け知権や尊厳を脅かすような研究は行うべきでないことを定めている。実効性を持たせるために、研究内容を届出の上、専門の委員会の審査を通ったものに対してのみ実際に研究が行えるようになっている。

部品: 商学部概要
ニューワールド上のダイナミズムあふれる国際競争と市場原理に晒される中、明日を担う実業家には、経済に関する基礎的な教養に加え、多様な文化を理解するための横断的な素養と、各分野に絞り込まれた専門知識との双方が求められる。

部品: ニューワールド文化学
共和国各国の文化について学ぶ単位。各国の商習慣や文化的タブーに大きな違いがある以上、これを無視して自国内だけで完結した視野に留まっていては経済が成り立たない。

部品: ニューワールド経済学
高速で技術や文化が発展し、あるいは一度に後退することも珍しくないニューワールド上で、各事例ごとに各国がどのような対応を取り、それらがどのような経済効果を与えたかの研究を進める単位。

部品: 基礎経済学
そもそも経済学とは何か、その成り立ちから始めて、歴史を追いながら、基本的な用語および概念までを修める単位。

部品: 基礎会計学
経済を数値化することによって可視化し、共有出来る状態にする、会計諸学の基礎を修める単位。財務会計と管理会計の最低限を押さえる。

部品: ビジネス法入門
国内法と、主要産業における各国の法とを広範にカバーする単位。入門という表現とは裏腹に、実例を交えた実践的な内容が主となっている。

部品: 統計入門
数字を元に情報を分析する統計学の基礎を修める単位。単純に方法論だけを学ぶのではなく、いかにして実地で用いて成果をもたらすかであったり、統計の陥りやすい罠の避け方などを叩き込む。

部品: 漁業学
漁法に関する諸学を修める単位。漁具、漁法、漁船、それらの歴史と、水産資源と漁獲量との関係に基づき、持続的に漁業が行えるよう、管理方法までを広く学ぶ。

部品: 水産海洋学
海洋環境、および、それに基いて形成される漁場に関する諸学を修める単位。海流、水温、成分、生態系などを調査し、海という広大な空間のシミュレーションを行っている。

部品: 水産増殖学
水産物の養殖と増殖に関する諸学を修める単位。個別の生態や分類といった生物学的な要素と、商業的な増殖環境の構築との複合的な研究を推し進めている。

部品: 水産加工学
水産物の食品加工、およびそれらを行う過程において必要な衛生管理を修める学問単位。種類によって成分や性質が異なるため、消毒処理や保存加工も多岐にわたり、これらの工業的処置の研究を行っている。

部品: 水産化学
水産物の化学的な分析、およびその成分を利用した食品加工以外の利用に関する学問単位。加工で生じる廃棄物の再利用に関してもカバーしている。

部品: 水産経済学
漁業の社会的・経済的な活動に関する研究を行う学問単位。行政の政策評価や、海洋活動の国際的な関係性といった社会科学的アプローチを取る。

部品: 水産工学
いかにして水産物を生み出す環境を計測し、管理・維持し、形成するかという、工学的な諸技術に関する学問単位。

部品: 園芸学
植物の生産に関する学問単位。非食用の、鑑賞を目的とした造園・栽培を主目的としており、 農学の中では文化に属する分野の研究をしている。

部品: 農芸化学
土壌・肥料・農薬・発酵&醸造といった、農業にまつわる化学分野諸般を修める学問単位。農業活動そのものが生態系と切り離せず、細分化すれば先端化学にも踏み入るため、広範にまたがった一大分野である。

部品: 農業工学
農業と地形改善は密接な結び付きを持っており、灌漑や開拓といった大規模にまたがる農業土木学と、生産・収穫・貯蔵・加工といった工程に用いられる機械に関する農業機械学との二つに大きく分かれている学問単位。

部品: 農業経済学
農業の社会的・経済的な活動に関する研究を行う学問単位。全世界的な天候現象や食料輸出入の連動を鑑み、食料・環境問題も対象としている。

部品: 林学
森林に関する学問単位。資源としての森林と、環境としての森林、二つの側面に関してそれぞれアプローチを行っている。

部品: 地史学
惑星の成り立ちから始まり、その成長過程を追う、総合的な学問単位。いわば星の歴史学であり、地質学の分野を包括的に利用して研究が行われる。

部品: 古生物学
化石標本を用いて行われる学問単位。化石が本来どのような生物であったかは生物学との連携によって推測する。悠久の時間を経た大きな時代単位で出土される化石を元に、地層そのものがどの時代に属するかを分類することも担っている。

部品: 岩石学
岩石がどのような構造をしており、それはどのような現象を経て生成されるものであるかの研究を行う学問単位。

部品: 鉱物学
岩石学と一部重複しているが、資源としての鉱物および鉱床の成り立ちと分布を研究しつつ、自然に産出する鉱物と人工で再現した鉱物との差異や、再現困難なものに関する事由についても物理学的なアプローチで観測している。

部品: 堆積学
堆積物に関する学問単位。現象でひとくくりにしているが、自然現象の中でも、生物由来の堆積物(糞や死骸)と火山由来の堆積物(灰や火山岩など)、水流によって形成される泥砂の堆積物では、それぞれ大きく性質も成り立ちも異なる。共通するのは、堆積過程に加えられる反応があることと、それによって固結するという結果であり、凝縮された土壌の層からの地質情報の解析という手法である。

部品: 層序学
地層の新旧を明らかにする学問単位。長い歳月のうちに、地層は大きな変動を被る。それらの影響を取り払い、情報的に復元していくための研究手段の開発、および研究そのものが対象となる。

部品: 構造地質学
地質のうち、構造がどのようなダイナミズムのもとに形成されていったかを解き明かす学問単位。惑星の地層単位の大きな動きや、それに類似する小さな動きを対象としている。

部品: 工学の理念
ものごとの理を明らかにするのではなく、あくまで目的の達成のために、まだ存在していないものをどうやったら実現できるかを研究する学問である。したがって、原理上は可能というだけでなく、その方法論、安全性、実現性までを包括的に評価するのが工学的態度となる。

部品: 環境工学
マクロからミクロまで、世界には折り重なった多様な層の環境が存在している。それらに発生する諸問題を工学的に解決しようというアプローチが、環境工学である。例えば社会環境に問題があるといっても、労働環境の問題であったり、公衆衛生環境の問題であったり、また双方が密接に絡みついた問題であったりする。これらを分野別に解体することで、各分野の知恵を当てる。あるいは、異なる分野、例えば政治学であったり心理学であったりの、異なるスケールサイズからの影響によって解決を求めるといった、実際的な解決法を見出す学問単位。

部品: 化学工学
理論的に証明された化学反応に基づき、実際的な組織・装置の開発によって製品の製造に至るまでのアプローチを体系化した学問単位。

部品: 生物化学工学
いわゆるバイオテクノロジー。生物のありようを変えることは、巡り巡って、それを行う人間自身のありようをも変えることにつながるため、「なぜ禁忌とされるか」「なぜ禁忌に触れてはいけないか」を、理念からではなく、工学的な原理に基づいて学ぶことが最大の資質であり基礎とされる学問単位。

部品: 土木工学
生活空間を構築するための工学。つまり、自然環境を人工環境に変え、人工環境をさらに良いとされる環境に差し替えていくための学問単位。その領域はおよそ人のいるあらゆる環境に当てはまり広大。住居、治水、測量、交通その他ライフラインの構築は全てここに収められる。

部品: 食品工学
食品製造の過程の効率化を主目的とした学問単位。生産効率のみではなく、いかに自動化後も商品価値を損ねずにおくか、安全面と栄養面との観点も主眼とされる。

部品: 機械工学
機械または機械の設計・製作・使用・運用までを包括する学問単位。技術の発展段階によっては、製造業のほぼ全てが機械工学の影響下に組み込まれるため、細分化による専門分野の限定が大事。

部品: 海洋工学
海洋資源や海洋エネルギーの開発を目的とする学問単位。たとえば古くからある資源利用は塩田であるし、海底油田・ガス田であったり、海洋中に溶け出している希少元素の回収、また、海洋汚染の除去も範疇に含まれる。

部品: 安全工学
安全そのものをいかに実現するかに焦点を絞った学問単位。事故・災害の予防や対策によって得られるものは多く、それらを怠ることによって生じる損失は、長期的・短期的、どちらの観点からも、コストよりも大きい。特にヒューマンエラーに関しては、フールプルーフやフェイルセーフのように、システム的に起こらないような工程の工夫を研究している。

部品: 地政学
地理環境による政治的・軍事的・経済的な影響を研究する学問単位。ニューワールド上では、各国の文化や技術に応じた異世界とのつながりの前例もあるため、地理環境だけでなく、歴史環境(既知の異世界との歴史的近似)も要素に含まれている。

部品: 安全保障学
国家の自衛に関する学問単位。対国家、対テロリズム、対異世界といった軍事的な脅威に対して、外交・国防・経済・諜報といった関連諸要素で対抗するための研究を進めている。また、スケールを変動させた、個人単位の生活を改善するための安全保障、あるいは世界環境を維持・保護するための安全保障という分野も存在している。

部品: 軍事行政学
軍事力自体をいかに生み出し、育て、管理し、維持するかという、行政の側面から見た学問単位。その内部に戦争犯罪や軍の規律を取り締まるための軍事法学や、軍事の指揮系統や編成をどのように組み立てるかという軍制学を含んでいる。

部品: 戦略学
大方針としての戦略をいかに立案・遂行するかを研究する学問単位。かいつまんで言うならば、いかに戦場で有利な状況を軍に用意してやるかという工夫のこと。

部品: 戦術学
大方針に従って行われる局地的な戦闘行為全般を研究する学問単位。一般にイメージされる戦争ないし戦闘のことで、現場の部隊をどのように動かし、勝利を収めるか、あるいは敗北を避けるか、被害をコントロールするかなどの、設定された複合的な目的を達成するための技術。

部品: 兵器学
兵器の性能分析・運用研究・設計開発を行うための諸要素を扱う学問単位。転じて、兵器をいかに製造・運用・管理・維持するかという、行政面も含まれる。

部品: 軍事土木学
軍事に用いられる種々の施設を構築するための学問単位。防御陣地や架設といった一般的な建設対象について学ぶことはもちろん、新規構造の研究や、工学的改善も行う。

部品: システム工学
この場合はロジスティクスとしての軍組織の構築や、軍内で用いられる各種のシステムに限定した学問単位となる。

部品: 造形学
視覚的・触覚的な諸作品の歴史および評価・制作技術を包括的に扱う学問単位。絵画・彫刻・建築・映像その他工芸的な分野全体にまたがっている。

部品: 音楽学
音楽そのものの技術、また諸作品を貫く体系的な歴史、あるいは諸国各地方にまで広がる無数の楽器類やそれらを使った詩吟・楽曲に関して学ぶ学問単位。

部品: 建築学
建物自体の構造および建材知識、ライフラインを成立させるための付属機能、建物ごとの目的に合わせたデザイン方法論を修める学問単位。

部品: 都市計画学
フィールドワークによる実地研究、社会的に求められる環境とは何か、およびその創出、あるいは公共施設としての観点から見た建物の福祉性・防災性・災害拠点性などを修める学問単位。

部品: 藩国歴史学
自国の歴史に関してまとめた学問単位。建国神話や歴代の藩王についてや、地域ごとの歴史であったり、国内から見た諸外国との関係……交戦、出兵など……を修める。

部品: 藩国文化史学
自国の文化史に特化してまとめた学問単位。自国内での文化の発展のみならず、他国との文化交流や人の流出入、分野ごとの協調による成果を包括している。

部品: 共和国歴史学
共和国の歴史に関してまとめた学問単位。共に和してこそ共和国だが、往々にして意見を調整するのに時間がかかり、また腐敗等もあって、ヒロイックを好む帝国が独立していった経緯から、オリオンアーム、ペルセウスアーム、それぞれの地域の成り立ちを含めた歴史と関係性、およびニューワールド上の歴史と関係性までを修める。

部品: 南国歴史学
南国の歴史に関してまとめた学問単位。概要から一例を引くと、南国人は墓守であり、封印・封魔の民である。国を捨てた際に起こるだろう大災厄は、地下への発達の禁忌、魔法遺伝子の意図的欠損とその理由にもつながっており、他方でこれらの理由を忘れている西国人には敵視の目を向けている。また反対の理由で森国には親近感を持っている。文化的にバイオテクノロジーや科学技術の発展に優れており、技術的に暴走しやすいために注意が必要である。

部品: 南国文化史学
南国の文化史に関してまとめた学問単位。概要から一例を引くと、南国人は無線を好み、家計における通信や無線費の割合が高い。また、食べること=浄化という信仰があって、食べたものの形質を受け継ぐ性質がある。このため、妖精だけは自分たちの魔法力が戻らないように食べずに埋葬する。また、異形の生き物に慣れており、簡単に共存する。知恵者という神を、自らの祖として崇めており、今も森に住んでいるのは、その教えがあるからである。一方で、禁忌に触れるのを避けるために、古い木を、禁忌がその下に眠っているとして避ける習慣がある、といった具合である。

部品: 森国歴史学
森国の歴史に関してまとめた学問単位。概要から一例を引くと、森国人はもっとも魔法に強いが、一方で南国からの汚染を恐れているため、武力制圧できないといった具合で、歴史の流れに関する説明が成されている。

部品: 森国文化史学
森国の文化史に関してまとめた学問単位。概要から一例を引くと、操る魔法の根幹は憑依術であり、厳密な死はなく、その魂は憑依して世界に留まるという考えを持っている。また、魔法に強く、科学に偏ると禁忌に触れやすく、注意が必要である。魔法そのものもみだりに強化しないよう、長老たちが抑えている。長老たちは死ねば木に憑依しているため、古い木を大切にしており、木に質問して教えを請うことも多い。

部品: 西国歴史学
西国の歴史に関してまとめた学問単位。概要から一例を引くと、元は南国人の末裔であり、部族合議制で、投票や選挙を通じ、国を経営してきた。また、その地下には遺跡が眠っており、時にこれらの力を用いて繁栄してきた。一方で遺伝子に欠損が多く、これを補うために機械技術を発展させてきた。といった具合である。

部品: 西国文化史学
西国の文化史に関してまとめた学問単位。概要から一例を引くと、伝統的に母系社会の部族主義であり、大家族主義である。資源国として、踏み倒しを警戒するために、実体経済を重んじ、金融を嫌うといった傾向がある。水を一緒に飲むことで友誼が結べる重要な儀式であり、床に座って食事をとる。パイロット職は別格の扱いをされる。森の破壊は気にしないが水源を非常に大事にしているなど、環境破壊を気にしないわけではないが、環境から、もともとの価値観に偏りがある。温泉は性的なイメージを持つ。などの要素がある。

部品: 帝国歴史学
帝国の歴史に関してまとめた学問単位。そもそもは共和国から袂を分かつ形で立国し、宰相府も西国系であるというような経緯を持つ帝国の、共和国への反発から生まれた文化や、独自に醸成された気風などによって進んできた歴史の系譜を紐解いている。

部品: 東国歴史学
東国の歴史に関してまとめた学問単位。概要から一例を引くと、上意下達を旨とし、王権に拠って立ち、選挙などはない。といった具合である。

部品: 東国文化史学
東国の文化史に関してまとめた学問単位。概要から一例を引くと、タブーが薄く、奔放な発達を見せる一方で、信心深く、神々と近しい領域に暮らしている。国によって大きく言語が異なるものの、漢字文化で共通している。

部品: 北国歴史学
北国の歴史に関してまとめた学問単位。概要から一例を引くと、初代皇帝についてきた辺境の蛮族の末裔であり、その歴史的経緯からバイオテクノロジーや魔法などの禁忌に緩い。はてない国と民族紛争を起こすことがある。民主国家は存在せず、投票行為の意味をほとんど理解していない。木製製品を愛用しており、これの供給が途絶えると戦争になりやすい。といった具合である。

部品: 北国文化史学
北国の文化史に関してまとめた学問単位。概要から一例を引くと、貴族文化としては、ケチは名折れといわれるので賃金を高めに出すため没落しやすい。特に、家に招いての食事を重視しており、食器、家庭料理に大金を払う。山ほど食べるのが美徳であり、たくさん出るが、残るのが前提であって、残しても怒られない。その理由は、食料が長期保存できるので余り気にされないからである。太っていても笑われないため、おばちゃんは太った人が多い。また、養子を重んじており、良く友人間で養子を交換する。東国文化を導入して調度品や皿に生かしている。などがある。

部品: はてない国歴史学
はてない国の歴史に関してまとめた学問単位。概要から一例を引くと、エレルの末裔とされ、建物の受けた破壊は数日で戻る。また、貧しさに疑問を持たず、貴族は藩王のみで、町内会を基本の政治単位としている。歴代の皇帝は、はてない国に別荘を構えている。といった具合である。

部品: はてない国文化史学
はてない国の文化史に関してまとめた学問単位。概要から一例を引くと、はてない国人は、商店街の福引以上の幸せを求めず、小さな幸福や家族に意を払っており、なかなか技術発展しないが、する時はおまつりからはじまるとされている。

部品: ニューワールド歴史学
ニューワールドが発見されてから入植が始まり、今に至るまでの歴史を編纂した、世界の近現代史とも呼ぶべき領域。数々の事件や事故、戦争、内紛、内乱と同様に、そこに至るまでの技術的な発達、外交的な経緯などを詳らかにしており、過ちを繰り返さないために、各観点からの検討と解釈も加えられている。

部品: 国語学
自国語および自国古語を中心に、古典とされるテキストや詩歌と、現代文とを取り扱う学問単位。その骨子は論理的な思考を読み取り、また表現するための技法と、そこに至るまでの段階的な教育過程とを、子どもの発達に合わせてカリキュラム編成することで成り立っている。

部品: 理学
生活上の自然科学的な関心を引き出し、また、身近な現象や事物を説明することで、基礎的な生物・物理・化学の素養を与えつつ、子どもの好奇心に対して、その心は是であると、広く学問の門戸を開くためのカリキュラム編成によって成り立っている。

部品: 社会学
人間社会の時間的・空間的な広がりに対して、普段の生活圏の中にも、関心を向ければ未知の領域があり、しかもそれらは同じ社会の一員が構成している、今とつながりがある、自分とつながりがあるという関連性の存在を示唆し、また、紹介することで、子どもたちに社会へと参画する道を開くカリキュラム編成によって成り立っている。

部品: 数学
世界を抽象化し、思考の領域に持ち込む術を、数字という概念を通して学ぶことによって、社会のみならず、世界に影響していくことが可能な、揺るぎない共通基準が存在することを知り、かつ、それらを扱うための階段として様々な知識があり、またそれらの知識を見出すまでの歴史があり、関わった人間たちの物語があり、知識を用いて達成した数々の偉業があることまでを道として指し示すカリキュラム編成によって成り立っている。

部品: 教育学
教育の対象を子どもに限らず、また、教師と受講者という関係性に固定せず、いかにして善く学び、また学び続ける習慣を維持するか、その古からの知恵と現代的な分析と方法論とを組み合わせ、各分野に必要な実際的工程へと再編するための学問単位。

部品: 民法
慣習法ならびに成文法によって形成される、社会共同生活のための法規全般を取り扱う学問単位。体系化し、法典として、国家ごとに時代や文化に応じて編纂を続けて成立している。

部品: 商法
慣習法ならびに成文法によって形成される、経済活動のための法規全般を取り扱う学問単位。会社法、商行為法、保険法、有価証券法、海商法といった法分野の統合体であり、はみ出た領域に関しては民法の範囲として扱う。

部品: 行政法
民法・商法とは異なり、私人同士の関係において成立するものではなく、行政の権力行使に対して枠組みを与えることで制限を課すための法分野を扱った学問単位。複雑な行政に対して、曖昧さを避けるため、成文法を主な対象にしている。

部品: 刑法
犯罪に関する刑罰を定める法分野の学問単位。また、刑罰以外で犯罪または犯罪に近い行為を行う可能性のある者に対する、行動の改善や原因の治療を行う保安処分に関しても研究の対象として含まれている。

部品: 国際法
国家間の関係、ならびに国際組織や個人と国家との関係を規律する法分野、およびその学問単位。国際的な人権や人道といった概念によって、国家に対して弱い立場である個人を守ることもする。

部品: 法理学
法のありように関して哲学的に考察する学問単位。その領域は、単に「法とはどうあるべきか」という論にとどまらず、実態として機能している法への考察から、その効果や意味を論じたり、解釈によって運用される部分に関して理論構成を行ったりと、多岐にわたる。

大部品: レンジャー連邦燃料生産地 RD:26 評価値:8
+...
  • 部品: レンジャー連邦燃料生産地の概略
  • 大部品: 石油燃料生産地 RD:13 評価値:6
    • 部品: 本島北東部沿岸
    • 大部品: 石油プラットフォーム RD:12 評価値:6
      • 部品: 油井
      • 部品: パイプライン
      • 大部品: 油田 RD:2 評価値:1
        • 部品: 化石燃料
        • 部品: 天然ガス
      • 大部品: 石油錬成所 RD:3 評価値:2
        • 部品: 蒸留分離
        • 部品: 分解装置
        • 部品: 不純物除去
      • 大部品: 石油備蓄所 RD:5 評価値:3
        • 部品: 地上タンク式備蓄
        • 部品: 地下埋蔵式備蓄
        • 部品: 水封式地下岩盤タンク方式
        • 部品: 洋上タンク方式備蓄
        • 部品: リスクの分散
  • 大部品: 安全対策 RD:6 評価値:4
    • 部品: 安全マニュアル
    • 部品: 安全防災マップ
    • 部品: 防火装置
    • 部品: 指差し確認
    • 部品: 目視確認
    • 部品: 声掛け確認
  • 大部品: 公共事業 RD:6 評価値:4
    • 部品: 公共事業とは
    • 部品: 社会全体のための福利
    • 部品: 雇用の拡大
    • 部品: 需要の創出
    • 部品: 経済格差の縮小
    • 部品: 景気への影響


部品: レンジャー連邦燃料生産地の概略
レンジャー連邦では航空機産業による多量の燃料資源が必要な国である。その為、こと燃料精製における確保は急務であり、他国で実用化された燃料精製方法も踏まえ、大規模燃料生産地を目指した。

部品: 本島北東部沿岸
本島北東部沿岸に生産拠点が配置されている。バイオ燃料との連鎖事故を回避する意味も踏まえて生産拠点を分けている。

部品: 油井
油田において原油を採掘するために使う井戸のこと。地上もしくは海上から油層(原油を含有する地層)にボーリング穴を穿ち、パイプが入れられる。

部品: パイプライン
石油や天然ガスなどを恒久的に設置した導管により輸送するもの。錬成所へ繋がっており、そこで燃料が生成される。

部品: 化石燃料
堆積した動植物などの死骸が地中に堆積し、長い年月をかけて地圧・地熱などにより変成されてできた化石のうち、人間の経済活動で燃料と言われる物の総称である。

部品: 天然ガス
天然に産する化石燃料である炭化水素ガス。メタン、続いてエタンといった軽い炭素化合物を多く含み、その他の炭素化合物も含む。

部品: 蒸留分離
混合物を各成分の沸点の差によって分離するプロセス。蒸留によって重油や軽油など各生成物は、留分と呼ばれる。

部品: 分解装置
分解反応によって高沸点の重質留分から軽質油を得るプロセス。流動接触分解、熱分解、水素化分解などのプロセスがある。

部品: 不純物除去
触媒の存在下で原料油に水素を加えて反応させ、硫黄などの不純物を除去する。コレにより燃料の純度を上げることができる。

部品: 地上タンク式備蓄
通常の原油などの危険物を常温で大気圧下で貯蔵する方式として、地上に鋼製貯蔵槽を設置する方式の事を指す。

部品: 地下埋蔵式備蓄
岩盤のしっかりした土地の地中に貯蓄タンクを設け貯蓄する方法。地上型と比べて漏油、拡散の危険性が低く、備蓄量や災害に強い半面、場所が限られている。

部品: 水封式地下岩盤タンク方式
地下水圧により燃料を閉じ込める貯蔵方式です。燃料の圧力より少し高い地下水圧となる地下に、貯槽を設けます。

部品: 洋上タンク方式備蓄
この備蓄方法では必要な土地面積が少なく、デッドスペースになりがちな海洋空間を活用することで備蓄可能空間を広く取れるのが特徴。

部品: リスクの分散
多種多様の方法を準備、各所に小分け整理することで、有事の際に負うリスクを分散し、喪失の割合を減らす。

部品: 安全マニュアル
常時での安全確認方法やチェック欄、非常事態での対応方法や避難経路などを記したマニュアル。作業員には原則熟読することが義務付けられている。

部品: 安全防災マップ
有事の際の避難経路を記した地図。それ以外にも緊急用の消火装置の場所から防災備蓄の場所などが事細かに書いてある。

部品: 防火装置
緊急時の消火装置、延焼を防ぐための隔壁など、燃料引火における防火設備の総称。中には化学薬品による特殊消火装置も含まれている。

部品: 指差し確認
安全確認動作の一つ。動かす対象、または通路を横断する際の目視確認と一緒に「何を確認しているか」を指で指して確認をすること。

部品: 目視確認
周りに人がいないか、または動かす機械が変な動作をしていないか。人の目で異常を見て判断するための行為。

部品: 声掛け確認
周りに誰か居ないか。または機械が稼働することを知らせることで注意喚起をする為の確認行為。機械の影や、別作業で機械の近くにいる人が巻き込まれないよう注意する。

部品: 公共事業とは
国や地方行政が、公共の利益のために行う事業のこと。利潤を重視する民間企業では提供が難しい財・サービスや、全体の福祉に必要なものの実現のために行われる。


部品: 社会全体のための福利
社会生活のために必要だが大きな利潤を生まないもの、もしくは利潤を追求するのが望ましくないもののために公共事業は行われる。例えば道路などのインフラ整備や防災対策、自然環境の保護や教育の充実などがそれにあたる。適切な公共事業は、社会全体のための福利となりえる。


部品: 雇用の拡大
行政が発注する公共事業には大勢の従事者が必要となるため、大規模な雇用の増大が見込まれる。これは失業の削減と景気の改善につながる。

部品: 需要の創出
公共事業で雇用された人の所得が増えることで消費が増え、それによって所得が増えた人の消費が増える。購買力に基づいた需要が創出されることで、経済の活性化が見込まれる。


部品: 経済格差の縮小
税金を使って公共事業を行い、公共のサービスを拡充することは、高所得者から失業者・低所得者に所得の再配分を行っていると捉えることができ、経済格差の縮小につながると考えられる。


部品: 景気への影響
公共事業による雇用拡大、それに伴う需要の増大で、即効性のある景気活性化を図ることができる。ただし、公共の福利の薄い公共事業を濫発すれば、公共事業への依存が起こり、経済全体の生産性が低下する恐れがあるため、注意が必要である。

大部品: レンジャー連邦市民病院 RD:46 評価値:9
+...
  • 部品: 総合病院
  • 部品: ぱぴよんちゃん人形
  • 部品: クリーン・ブラザーズ
  • 部品: 猫士のお手伝いさん
  • 大部品: レンジャー連邦市民病院のモットー RD:3 評価値:2
    • 部品: 患者は家族のように
    • 部品: 地域医療の拡充
    • 部品: 訪問カウンセリングなどの実施
  • 大部品: レンジャー連邦市民病院の構成施設 RD:39 評価値:9
    • 大部品: レンジャー連邦市民病院本館 RD:10 評価値:5
      • 部品: 総合受付
      • 部品: 館内案内所
      • 部品: 事務室
      • 部品: 会議室
      • 部品: 売店
      • 部品: 喫茶店
      • 部品: 理容室
      • 部品: 栄養管理室
      • 部品: 食堂
      • 部品: 洗濯室
    • 大部品: レンジャー連邦市民病院A棟 RD:7 評価値:4
      • 部品: 外来診察部屋
      • 部品: 外科
      • 部品: 整形外科
      • 部品: 口腔外科
      • 部品: 皮膚科
      • 部品: 産婦人科
      • 部品: 分娩室
    • 大部品: レンジャー連邦市民病院B棟 RD:6 評価値:4
      • 部品: 救急センター
      • 部品: 院内薬局
      • 部品: ICU
      • 部品: 手術室
      • 部品: 放射線室
      • 部品: 救急病棟
    • 大部品: レンジャー連邦市民病院C棟 RD:8 評価値:5
      • 部品: 対感染症診察室
      • 部品: 内科
      • 部品: 泌尿器科
      • 部品: 耳鼻咽喉科科
      • 部品: 眼科
      • 部品: 霊安室
      • 部品: 中央剖検室
      • 部品: 解剖室
    • 大部品: レンジャー連邦市民病院D棟 RD:5 評価値:3
      • 部品: 小児科
      • 部品: 精神科
      • 部品: カウンセリングルーム
      • 部品: 中央機材滅菌室
      • 部品: 生理検査室
    • 部品: ナースステーション
    • 部品: 各棟に設けられた一般病室
    • 部品: 予備電源


部品: 総合病院
許可病床数100床以上で主要な診療科、最低でも内科、外科、産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科の5科を含む病院のこと。

部品: ぱぴよんちゃん人形
レンジャー連邦市民病院のマスコット「ぱぴよんちゃん」を人形化したもの。小児科の子どもたちには無料で配られる。

部品: クリーン・ブラザーズ
総勢50名で構成されている院内清掃に従事している医療スタッフ。トイレの掃除から減菌室で医療器具の洗浄まで幅広く仕事をこなすプロフェッショナル。

部品: 猫士のお手伝いさん
過去にも猫士の子たちがよくお手伝いにきてくれました。今も、その頃とは違う顔ぶれになっても手伝ってくる猫士達が居ます。大変感謝です。

部品: 患者は家族のように
レンジャー連邦市民病院は地域医療の中核として設立された総合病院です。『患者=家族』というモットーの下、質の高い医療の提供を目指しています。

部品: 地域医療の拡充
根幹病院のある南都以外の他都市の各医療・保健・福祉機関と連携して南都以外の地域への医療提供も積極的に行なっています。

部品: 訪問カウンセリングなどの実施
カウンセリングに関しては定期的にスタッフが各都市を回って休・祝日も活動しています。その他移動が困難な方のために訪問カウンセリングも行なっています。


部品: 総合受付
複数の窓口を統合し、一箇所で複数の受付を行う場所の事。また、サポートセンターなどのサービス向上に使われることも。

部品: 館内案内所
受付窓口などに併設され、建物内のルートや注意ごと、落とし物の管理などを行う場所。別途、案内や地図が書かれた掲示板も同様に言われることがある。

部品: 事務室
役所や会社、特定の団体等で、書類・帳簿の作成・処理など、主として机の上でする事務仕事を取り扱う部屋。

部品: 会議室
仕事の打ち合わせ、企画会議などのようなある特定の会議のために用意された部屋。ホテルやホールなど別途専用に設けられた部屋も同一である。

部品: 売店
商品を売る店舗を指し、もっぱら商品売買を主目的としない施設の一角に併設される店舗を呼称する際に使用する。

部品: 喫茶店
コーヒーや紅茶などの飲み物、菓子・果物・軽食を客に供する飲食店のことである。戸建てで営業していることもあるが、テナントとして集合建築の中にある場合もある。

部品: 理容室
理容(散髪、刈込、顔剃りなど容姿を整える)の業を行うために設けられた施設。一般的に理容店、床屋、散髪屋とも呼ばれている。

部品: 栄養管理室
栄養管理士によって食事の基本理念を踏まえ、食事の提供と栄養のバランスを管理、研究する部屋。特定施設の食堂などと併設されることが多い。

部品: 食堂
特定の施設内に設けられた、食事を摂れるように、椅子や机を配置した部屋。ダイニングルームとも呼ばれる。

部品: 洗濯室
洗濯機、乾燥機などの専用の機材が置かれた部屋のこと。ホテルや病院などでは滞在者や入院患者向けに解放している。

部品: 外来診察部屋
医師が外来患者と面接して診断・治療に必要な行為を判断・決定し、時に軽微な治療をする部屋である。医師は診断に必要な検査をオーダーし、また各種検査の成績や診断画像の評価もここで行う。

部品: 外科
身体の外部の傷・でき物、内臓の疾患に対して、手術などをほどこす、医学の一分科。外科的手法を用いる全ての分野を包括する基礎となる。

部品: 整形外科
運動器官系統、主に骨と関節の働きの故障や、形状の変化を研究し、予防・治療する臨床医学の一分野。「整形手術」は美容外科学の分野であり、整形外科学とは直接関係がない。

部品: 口腔外科
一般的に、口の中をのぞいて見えるすべての組織、歯や歯茎だけでなく、舌、頬の粘膜、舌の付け根、上アゴ、下アゴ、唇と、粘膜に隠れている唾液腺、さらに顔やアゴの形をつくっている骨、アゴの関節など、これらに生じた病気を診断、治療する診療科。

部品: 皮膚科
主に皮膚を中心とした疾患を治療・研究する医学の一分科。外用薬、内服などの内科的治療の薬物療法に加えて、手術などの外科的治療も行う。

部品: 産婦人科
女性特有の疾患や女性器腫瘍、妊娠、出産を中心に診療研究する医学の一分野。産科、婦人科をあわせた総合総称である。

部品: 分娩室
産科においてお産を行うために設けられた部屋。分娩を行うための器具などが揃えられており、出産直後の赤ちゃんを処置できる部屋が併設されている。


部品: 救急センター
急性心筋梗塞や脳卒中、重度の外傷・熱傷などの重症及び複数の診療科領域にわたる重篤な救急患者を24時間体制で受け入れる為に設けられた施設。

部品: 院内薬局
診察を受けた病院で処方箋をもらい、診察を受けた病院の薬局でお薬を受け取ることを院内処方と言う。会計が一度で済むというメリットが有る。

部品: ICU
通常の医療設備では十分管理できない重症疾患や大手術後の患者を対象として、24時間連続監視のもとに、必要に応じて迅速な救急処置を講じうるように、病院の一区域に設置された特殊治療施設のこと

部品: 手術室
手術室とは、手術を行うための部屋、手術を行うための設備を備えた部屋のことである。消毒室・準備室などのブロックがある。

部品: 放射線室
エックス線を利用した撮影装置・X線CT・エックス線テレビ装置・血管撮影装置やラジオアイソトープを利用したPETなどの核医学検査、磁気と高周波を利用したMRI、超音波装置などの医療機器があり、病気の診断、治療を行なうための画像情報を収集し放射線治療なども行います。

部品: 救急病棟
すべての科の緊急入院と重症患者を受入れる病棟。主に夜間の緊急入院の100%受入をしている。 緊急入院だけでなく集中治療室(ICU)が満床の場合に重症患者の受入を行うこともあるため、24時間患者様を受入れる体制を構築している。

部品: 対感染症診察室
強い感染症の疑いがある患者がいた場合、優先して通される診察室。他の部屋とは隔離されており、ココから感染症専用の病棟へ繋がっている。

部品: 内科
臨床医学の一分科。手術的処置によらず、薬物療法や食事療法などで治療しうる各種器官の疾病の診断・治療を行う診療科。

部品: 泌尿器科
主に尿路系、生殖器系について診療研究を行う医学の一分野。 腎臓・尿管・膀胱・尿道などの尿路系、または副腎等の内分泌系、陰嚢内臓器・陰茎・前立腺などの男性生殖器系を扱う診療科。

部品: 耳鼻咽喉科科
顔面から頸部までの臓器である耳、鼻腔、副鼻腔、口腔、咽頭、喉頭、甲状腺から顎の骨格にあたる部分を主に診療する。

部品: 眼科
視器と視覚の構造、機能を研究し、性能の維持、病気の予防と治療、老化対策を開発する医学の一部門。眼鏡なども外部組織と提携し行っている。

部品: 霊安室
病院・斎場・警察署などにある、故人のご遺体を一時的に安置する部屋。薄暗い雰囲気があり、怪談噺の題材にもなる事が多い。

部品: 中央剖検室
病気の原因、本態、経路とその結果を研究する部屋。病死者の遺体を解剖して生前の病変を構造から探究する病理解剖学はこの部屋で研究解明を行う。

部品: 解剖室
死因、病変などを追究するために、死体を解剖、検査する部屋。検疫検査の為の検体調査もこの部屋で行われる。

部品: 小児科
小児を対象とする臨床医学の一部門。小児の心身には成人と異なる特徴があり、病状も独自の経過をとるために、小児のための診療科となる。

部品: 精神科
医療機関における診療科目の一つである。精神障害・精神疾患・依存症・睡眠障害を主な診療対象とする診療科である。

部品: カウンセリングルーム
病院や学校などの一角にカウンセラーが常駐し、相談事をする部屋のことである。メンタルヘルス対策の観点で導入することも。

部品: 中央機材滅菌室
院内で使われる医療器具の洗浄、及び減菌作業を行う部屋。クリーンルーム化されており塵埃を排除すれば細菌類も排除できる。

部品: 生理検査室
主に心電図・脳波・肺機能・超音波検査・神経伝導検査等を使い各科の医師と連絡をとりながら患者さんの身体の情報を調べる検査を行う。

部品: ナースステーション
病院の病棟において、病室のあるフロアに設置されている看護師が常駐している場所のこと。病室案内などもここで行われる。

部品: 各棟に設けられた一般病室
A、B、C、D及び本館に設けられた、入院患者用の病室。各のナースステーションの周りに配置されている。

部品: 予備電源
停電で常用電流の供給が止まった時、即時に電力の供給を続けるための蓄電池や自家用発電機のこと。燃料や人力などの特定方法によって発電する機関を言う。

大部品: レンジャー連邦駅 RD:23 評価値:7
+...
  • 部品: レンジャー連邦駅ビル
  • 大部品: レンジャー連邦駅ビルの施設 RD:8 評価値:5
    • 部品: イベントホール
    • 部品: レストラン街
    • 部品: 特産品バザール
    • 部品: ショッピングセンター
    • 部品: 改札口
    • 部品: 駅ホーム
    • 部品: 鉄道警備隊詰め所
    • 部品: 鉄道員詰所
  • 大部品: レンジャー連邦駅ビルのデートスポット RD:7 評価値:4
    • 部品: 屋上展望台
    • 部品: 海中展望台
    • 部品: ホテル
    • 部品: ラウンジバー&レストラン
    • 部品: 記念写真コーナー
    • 部品: ラブアイテム
    • 部品: 占いコーナー
  • 大部品: レンジャー連邦観光への玄関口 RD:7 評価値:4
    • 部品: 観光案内センター
    • 部品: チケットセンター
    • 部品: レンジャー連邦MAP
    • 部品: 観光タクシー乗り場
    • 部品: 観光バス乗り場
    • 部品: エステティックサロン愛の殿堂
    • 部品: 料理教室・マナー教室



部品定義


部品: レンジャー連邦駅ビル

上から見るとハートの形になるタワーが真中にそびえているのが特徴。地上9階建てで、タワー部分の1~4階までは中央が吹き抜けとなっており、左右を結ぶ連絡通路がハートの外周に沿ってつなげられ、ホテルや様々なテナントが入る。観光だけでなく地元の人からも愛される、複合施設としての特色も兼ね揃えている。

部品: イベントホール

タワー5~6階全てのフロアがイベント専用スペースとなっており、企業のイベントだけでなく、個人の結婚式など、多種多様な用途で使われている。

部品: レストラン街

2階右側を使用し、レンジャー連邦の美味しい物が楽しめるフロア、お手軽なもんじゃ焼きを始め、粉物が多いが、フルーツを使った珍しい食事や、他の国の食事も楽しめる様になっている。

部品: 特産品バザール

1階右側のフロアを使用しており、フレッシュフルーツ、かき氷、バタフライアイス、俺星ビール、オレンジ石鹸、オレンジビール、ピンク色の岩塩(ローズソルト)など、様々な物が購入できる。

部品: ショッピングセンター

1階左側のフロアを使用しており、特産の刺繍入りの布や染物、それらを使用したバッグ、小物などのの服飾品、華やかな色柄物の衣類など、最新ファッションアイテムが揃っている。

部品: 改札口

1階中央にあり、レンジャー連邦の玄関口となっている。自動券売機とチケット販売の窓口があり、誘導係員による旅行者への施設案内だけでなく、観光案内センターも設置されている。

部品: 駅ホーム

上り線、下り線とも、天井が高く作られているので閉塞感は無く、淡いピンク色に塗られた壁面を見ると、レンジャー連邦に来たという実感が持てる。

部品: 鉄道警備隊詰め所

駅と駅ビルを守る警備員を配した1階改札口側の詰所には、優秀な治安維持能力を持つ職員がおり、巡回などを行いながら、利用者の日々の安全確保と、犯罪の未然防止に大いに勤めている。

部品: 鉄道員詰所

1階改札口側には、改札・出札・案内など、旅客対応業務に直接的に従事する、鉄道員達が待機している詰め所があり、笑顔をモットーに、交代制で日々の業務に当たっている。

部品: 屋上展望台

タワー9階から外に出ると屋上展望台に出る、360度のパノラマから見えるのは、内陸で白く輝く砂漠と、紺碧の海。波の音を聞きながら過ごす時間は、恋人達から絶大な人気を得ている。

部品: 海中展望台

1階から専用エレベーターで海面下まで下がると、ブルーの光で満たされた、海の中が覗ける海中展望台へと出る。海底から眺める風景は屋上とまた一味違った雰囲気で、こちらも恋人達のデートスポットとなっている。

部品: ホテル

2~4・7~8階までを使用しており、観光客だけでなく国内の恋人達も大人のデートスポットとして利用している。全体的に落ち着いた雰囲気の設えとなっており、コンシェルジェが常駐し、お客様からの希望に叶うサービスを提供している。

部品: ラウンジバー&レストラン

7階内陸側にラウンジバー、海側にレストランがあり、日中はどこまでも広がる海を眺めながらコース料理を楽しみ、夜は街の明かりを眺めながら、ゆったりとした時間を過ごせるスポットとなっている。

部品: 記念写真コーナー

1階観光案内センター側にある、レンジャー連邦民族衣装に着替えて、海をバックに撮影が出来るコーナー。30分ほどで現像は仕上がるので、記念に撮影して行くカップルや家族も多い。

部品: ラブアイテム

1階右側のフロア、特産品バザールの一角を占める、連邦名物愛のおたすけグッズ、恋のお守りグッズが買えるコーナー。様々な色形の物があり、ささやかな幸せを求め、買っていくカップルが多い。

部品: 占いコーナー

1階左側の一角にある「マダムオレンジ」の恋占いコーナー、国内からの口コミで、今では列ができる程の人気占い師。恋人と上手く行く為のアドバイスをしてくれるので、参考に愛を育む事ができる。

部品: 観光案内センター

1階中央にある観光案内所。各交通の乗り場や鉄道などのアクセス案内から名物 ・名産品に至るまで、レンジャー連邦の観光全般に関わる物事の紹介をしている。

部品: チケットセンター

1階中央にある観光案内センターの隣に併設している。施設やイベントなどのチケットを販売しており、現地に行かなくても買えるという利便性がある。

部品: レンジャー連邦MAP

観光案内センターに置いてある、レンジャー連邦の観光MAP。見どころ満載な作りになっているだけでなく、ちょっとお得な割引クーポン券もついている。

部品: 観光タクシー乗り場

お好きな観光地を自由にチョイスできるのが特徴。様々なコースがあり、観光客のニーズに合わせてカスタムする事も可能である。

部品: 観光バス乗り場

通常のツアーバスの他に、観光スポットを結ぶ循環バスが出ており、車窓から街並みを眺めたり、お目当ての観光スポットで降車したり、楽しみ方は自由自在。短時間でもじっくりでも、自分のペースで観光が楽しめる。

部品: エステティックサロン愛の殿堂

ホテルと提携しているエステサロン。レンジャー連邦特産のアロマオイルを使用したマッサージで、心身共にリフレッシュできる。

部品: 料理教室・マナー教室

ホテルと提携している文化交流プログラム。ここでレンジャー連邦独特の文化に触れたり、食文化を食べるだけでなく学ぶことができる知的スポット。要予約制。



提出書式


大部品: レンジャー連邦駅 RD:23 評価値:7
  • 部品: レンジャー連邦駅ビル
  • 大部品: レンジャー連邦駅ビルの施設 RD:8 評価値:5
    • 部品: イベントホール
    • 部品: レストラン街
    • 部品: 特産品バザール
    • 部品: ショッピングセンター
    • 部品: 改札口
    • 部品: 駅ホーム
    • 部品: 鉄道警備隊詰め所
    • 部品: 鉄道員詰所
  • 大部品: レンジャー連邦駅ビルのデートスポット RD:7 評価値:4
    • 部品: 屋上展望台
    • 部品: 海中展望台
    • 部品: ホテル
    • 部品: ラウンジバー&レストラン
    • 部品: 記念写真コーナー
    • 部品: ラブアイテム
    • 部品: 占いコーナー
  • 大部品: レンジャー連邦観光への玄関口 RD:7 評価値:4
    • 部品: 観光案内センター
    • 部品: チケットセンター
    • 部品: レンジャー連邦MAP
    • 部品: 観光タクシー乗り場
    • 部品: 観光バス乗り場
    • 部品: エステティックサロン愛の殿堂
    • 部品: 料理教室・マナー教室


部品: レンジャー連邦駅ビル
上から見るとハートの形になるタワーが真中にそびえているのが特徴。地上9階建てで、タワー部分の1~4階までは中央が吹き抜けとなっており、左右を結ぶ連絡通路がハートの外周に沿ってつなげられ、ホテルや様々なテナントが入る。観光だけでなく地元の人からも愛される、複合施設としての特色も兼ね揃えている。

部品: イベントホール
タワー5~6階全てのフロアがイベント専用スペースとなっており、企業のイベントだけでなく、個人の結婚式など、多種多様な用途で使われている。

部品: レストラン街
2階右側を使用し、レンジャー連邦の美味しい物が楽しめるフロア、お手軽なもんじゃ焼きを始め、粉物が多いが、フルーツを使った珍しい食事や、他の国の食事も楽しめる様になっている。

部品: 特産品バザール
1階右側のフロアを使用しており、フレッシュフルーツ、かき氷、バタフライアイス、俺星ビール、オレンジ石鹸、オレンジビール、ピンク色の岩塩(ローズソルト)など、様々な物が購入できる。

部品: ショッピングセンター
1階左側のフロアを使用しており、特産の刺繍入りの布や染物、それらを使用したバッグ、小物などのの服飾品、華やかな色柄物の衣類など、最新ファッションアイテムが揃っている。

部品: 改札口
1階中央にあり、レンジャー連邦の玄関口となっている。自動券売機とチケット販売の窓口があり、誘導係員による旅行者への施設案内だけでなく、観光案内センターも設置されている。

部品: 駅ホーム
上り線、下り線とも、天井が高く作られているので閉塞感は無く、淡いピンク色に塗られた壁面を見ると、レンジャー連邦に来たという実感が持てる。

部品: 鉄道警備隊詰め所
駅と駅ビルを守る警備員を配した1階改札口側の詰所には、優秀な治安維持能力を持つ職員がおり、巡回などを行いながら、利用者の日々の安全確保と、犯罪の未然防止に大いに勤めている。

部品: 鉄道員詰所
1階改札口側には、改札・出札・案内など、旅客対応業務に直接的に従事する、鉄道員達が待機している詰め所があり、笑顔をモットーに、交代制で日々の業務に当たっている。

部品: 屋上展望台
タワー9階から外に出ると屋上展望台に出る、360度のパノラマから見えるのは、内陸で白く輝く砂漠と、紺碧の海。波の音を聞きながら過ごす時間は、恋人達から絶大な人気を得ている。

部品: 海中展望台
1階から専用エレベーターで海面下まで下がると、ブルーの光で満たされた、海の中が覗ける海中展望台へと出る。海底から眺める風景は屋上とまた一味違った雰囲気で、こちらも恋人達のデートスポットとなっている。

部品: ホテル
2~4・7~8階までを使用しており、観光客だけでなく国内の恋人達も大人のデートスポットとして利用している。全体的に落ち着いた雰囲気の設えとなっており、コンシェルジェが常駐し、お客様からの希望に叶うサービスを提供している。

部品: ラウンジバー&レストラン
7階内陸側にラウンジバー、海側にレストランがあり、日中はどこまでも広がる海を眺めながらコース料理を楽しみ、夜は街の明かりを眺めながら、ゆったりとした時間を過ごせるスポットとなっている。

部品: 記念写真コーナー
1階観光案内センター側にある、レンジャー連邦民族衣装に着替えて、海をバックに撮影が出来るコーナー。30分ほどで現像は仕上がるので、記念に撮影して行くカップルや家族も多い。

部品: ラブアイテム
1階右側のフロア、特産品バザールの一角を占める、連邦名物愛のおたすけグッズ、恋のお守りグッズが買えるコーナー。様々な色形の物があり、ささやかな幸せを求め、買っていくカップルが多い。

部品: 占いコーナー
1階左側の一角にある「マダムオレンジ」の恋占いコーナー、国内からの口コミで、今では列ができる程の人気占い師。恋人と上手く行く為のアドバイスをしてくれるので、参考に愛を育む事ができる。

部品: 観光案内センター
1階中央にある観光案内所。各交通の乗り場や鉄道などのアクセス案内から名物 ・名産品に至るまで、レンジャー連邦の観光全般に関わる物事の紹介をしている。

部品: チケットセンター
1階中央にある観光案内センターの隣に併設している。施設やイベントなどのチケットを販売しており、現地に行かなくても買えるという利便性がある。

部品: レンジャー連邦MAP
観光案内センターに置いてある、レンジャー連邦の観光MAP。見どころ満載な作りになっているだけでなく、ちょっとお得な割引クーポン券もついている。

部品: 観光タクシー乗り場
お好きな観光地を自由にチョイスできるのが特徴。様々なコースがあり、観光客のニーズに合わせてカスタムする事も可能である。

部品: 観光バス乗り場
通常のツアーバスの他に、観光スポットを結ぶ循環バスが出ており、車窓から街並みを眺めたり、お目当ての観光スポットで降車したり、楽しみ方は自由自在。短時間でもじっくりでも、自分のペースで観光が楽しめる。

部品: エステティックサロン愛の殿堂
ホテルと提携しているエステサロン。レンジャー連邦特産のアロマオイルを使用したマッサージで、心身共にリフレッシュできる。

部品: 料理教室・マナー教室
ホテルと提携している文化交流プログラム。ここでレンジャー連邦独特の文化に触れたり、食文化を食べるだけでなく学ぶことができる知的スポット。要予約制。

大部品: まーにゃんランド RD:7 評価値:4
+...
  • 部品: 概要
  • 大部品: レンジャー連邦の麻雀文化 RD:6 評価値:4
    • 部品: 麻雀
    • 部品: 麻雀は国技
    • 部品: コミュニケーションツールとしての麻雀
    • 部品: 多彩なローカルルール
    • 部品: レンジャー連邦における雀荘の役割
    • 部品: 賭け麻雀は控え目に


部品: 概要
北部中央歓楽街にあり、あちこちに存在している雀荘の中でも最も人気のあるお店。ここでは禁酒・禁煙・賭け禁止となっており、子供連れでも楽しめる健全な遊戯施設となっている。「お、それあたり。ご無礼」というレンジャー連邦独特の上がりの声に「ぎゃー!」などと言った悲鳴も上がり、皆それぞれまーにゃんランドで楽しい時間を過ごしている。

部品: 麻雀
136個の牌を用いて行う室内遊戯。東(親役)・南・西・北の場に着いた四人に各13個の牌を配し、各自がルールに従って牌の組み合わせ(役)を作って上がりを競う室内遊戯。捨て牌から相手の手牌を予測し、確率を考え、もっとも利得を得るためにどうすればいいか全力を振るう。麻雀は、運の要素も持ちながらも、そういう知的ゲームとしての側面を強く持っている。

部品: 麻雀は国技
この国では麻雀の歴史は古く、最古の文化群に入る。国をあげた大会も行われており、老若男女問わす腕を競い合っている。

部品: コミュニケーションツールとしての麻雀
老若男女を問わずに遊べることもあり、家族や仲間との間での一般的な遊びとして定着しており、夜の一家団欒の時間の楽しみ方のひとつでもある。

部品: 多彩なローカルルール
麻雀が楽しまれている家庭では、オリジナル役であったりサイコロがぞろ目ならドラを1枚プラスしたりなどのローカルルールを持っていることが多く、子供たちが夏休みの自由課題で調べて発表する対象になることも多い。

部品: レンジャー連邦における雀荘の役割
ひとつには家庭内、仲間内の麻雀にとどまらず、腕を高めたい人のための競技空間として。もうひとつは見知らぬ人と一期一会で麻雀を楽しむ、交流の場として存在する。

部品: 賭け麻雀は控え目に
まーにゃんランドでは賭けは禁止されているものの、大人達が個人的に楽しむ時にお金をかける事もある。その際にはおやつレベル以上のやりとりが発生するようなレートは禁止されている。

大部品: 素敵な結婚衣装 RD:13 評価値:6
+...
  • 部品: 結婚衣装
  • 部品: レンジャー連邦における婚姻と服飾の関係
  • 部品: 最も大切なのは帯
  • 部品: 婚約期間の装い
  • 部品: 契帯
  • 部品: 最も伝統的な婚礼衣装
  • 部品: 婚礼の儀式
  • 部品: 婚礼後の帯
  • 部品: 結婚衣装の発展
  • 部品: 主役はやっぱり帯、西都
  • 部品: 上品さと輝き感重視、南都
  • 部品: 腰上にボリュームで派手に、北都
  • 部品: 金属をあしらう独自進化、東都


部品: 結婚衣装
婚姻の式の際に着用する衣装。どのような衣装であるかは文化によりけりだが、特別な日にふさわしい特別な装いであることは間違いない。

部品: レンジャー連邦における婚姻と服飾の関係
「愛はおなかに宿るもの。いつ舞い込んでもいいように、扉を開けておきなさい。手に入れたなら、大事にしまっておきなさい」という言い伝えがあるレンジャー連邦では、未婚者が腹部を露出した服装をするのが風習となっている。反対に、既婚者は必要に駆られた際以外は、ほぼおへそを見せることはない。レンジャー連邦において、婚姻と服飾は密接に関係している。

部品: 最も大切なのは帯
腹部に巻く布である帯は、レンジャー連邦においては「手に入れた愛をしまうもの」として、婚約期間からから婚姻に至るまでの間、最も重要な役割を果たす服飾品である。

部品: 婚約期間の装い
既婚はしまい、未婚は出しているおへそは、その間にある婚約中はどうなるのか。正解は、まだ出ている。ただし、「契帯(ちぎりおび)」と呼ばれる細い帯を巻く。


部品: 契帯
形状は、帯というよりむしろ紐で、デザインよりも丈夫さが重視される。結婚の約束の後にそれぞれが自分で用意したり、プロポーズの際に男性が二人分用意したり色々。
「まだ未婚だけど、将来を誓い合った人がいるよ」という印なので、いたずらで勝手にほどいたりするのは大変な失礼に当たる。
ほぼ同じ意味を持つ婚約指輪文化の流入により現在は廃れ気味であるが、西都の一部などではまだよく見られる風習である。


部品: 最も伝統的な婚礼衣装
最も伝統的なレンジャー連邦の婚礼衣装は、至ってシンプル。男女とも、白い大きな布を2枚組み合わせて体に巻き付けて、その上から豪奢な帯を巻き、契帯で帯を固定して終わりである。主役は愛をおなかに閉じ込めるための帯なので、帯以外の飾りもない。
他国との交流と共に衣装は進化し、現在はドレスに帯状の装飾がついている等、一部が形骸化して残っているのみとなっている。

部品: 婚礼の儀式
伝統的な婚礼の儀式では、新郎と新婦が誓いの愛の言葉とともに契帯を交換し、結びあう。婚約時、契帯を巻くことでもう愛を呼び込む必要はないことを示し、「もう他の愛は要らぬ」という意思の証であるそれを言葉とともに相手に捧げ、それを結びあうことで、誓いを固める意味を持つ。
契帯の風習が廃れ気味の現在でも、結婚式の日にだけは準備してこの儀式を行うことも多いようだ。

部品: 婚礼後の帯
婚姻の儀式で身に着けた帯は、大変な縁起物としてはぎれにして縁者に配ったり、子供のおくるみされたりする。儀式で愛を閉じ込めた帯は、愛を固定させるもの、吸い取るもの=二人の関係を停滞させるものとして扱われるため、加工せずにそのまま取っておくことはタブーとされている。ただ互いを見つめあうのではなく、ともに年を取り、ともに変化し、同じ方を向いて歩んでいくのが夫婦であるからだ。
反対に、契帯は髪に巻いたり腕に巻いたりして、肌身離さず身に着ける。それが互いに捧げた愛の証であるからだ。

部品: 結婚衣装の発展
文化は時とともに変化する。レンジャー連邦の結婚衣装も、他国との交流や時代の流れにより、形を少しずつ変えてきている。四つの都を持つレンジャー連邦では、結婚衣装の発展にもそれぞれの都の特色があるようだ。

部品: 主役はやっぱり帯、西都
農の都・西都。牧歌的で保守的ゆえに、おそらく最も古い伝統が残っている都。
衣装は男女共通、大きな白い布2枚を組み合わせた衣装に、豪奢で存在感のある太い帯。装飾は刺繍。
花嫁のヴェールは透けない素材で、必ず花をあしらう。

部品: 上品さと輝き感重視、南都
学の都・南都。連邦の窓口である北都に次いで、外国の文化に触れる機会の多かった都。
西都寄りの伝統は残しつつ、他国からの影響もうけている。
新郎はフロックコートのタキシードが主流。
新婦は、薄手の生地を重ねたクラシカルでレーシーなロングドレス。構造は西都のものに似ていて、シルエットはシンプル。
帯は細く、パッと見地味だが、宝石や刺繍がちりばめられた美しいもの。リボンのように前で結ぶ。
花嫁のヴェールは長く、薄いが透けない。花をあしらう。

部品: 腰上にボリュームで派手に、北都
商の都・北都。早くから他国の文化を取り入れている自由の都。
新郎はテールコート、いわゆる燕尾服が一番人気。
新婦のドレスは白に限らず、大胆なデザインのものが多い。派手さ重視。
帯は素材こそドレスによりけりだが、後ろに大きくボリュームを持たせて結ぶデザインは統一されている。
ヴェールは透けていて短い。ヴェールをつけず、花や髪飾りのみの場合も。

部品: 金属をあしらう独自進化、東都
武の都・東都。勇ましいことをよしとする気風からか、どちらかといえば冒険心あふれる北都に影響を受ける都。
他国から影響を受けて変化してきた北都・南都と違い、伝統的な衣装をさらにエキゾチックに、独自に進化させてきた。
白地で縁に色や柄がついているのが一般的。花嫁も下にズボンをはく。
帯は太く豪奢。金属や宝石と組み合わせた、ベルトのようなデザイン。
ヴェールは金属の飾りで留める。透けていて長い。複数枚重ねる場合も。
西都に残る伝統的な衣装よりも華やかで、他国とは一線を画す個性的なデザインのため、観光客からの人気は一番高い。

大部品: ラスターチカ RD:41 評価値:9
+...
  • 部品: 開発コンセプト
  • 大部品: 戦略級戦闘機 RD:30 評価値:8
    • 大部品: 戦略能力 RD:3 評価値:2
      • 部品: 大気圏突入能力
      • 部品: 低資源機
      • 部品: 少人数機
    • 大部品: 空対空戦闘力 RD:2 評価値:1
      • 部品: レーザー機銃
      • 部品: 敏捷防御
    • 大部品: 偵察能力 RD:3 評価値:2
      • 部品: レーダー観測
      • 部品: 高高度偵察
      • 部品: 長距離航続性能
    • 大部品: 機体特性 RD:19 評価値:7
      • 部品: 双発スクラムジェットエンジン(大型)
      • 部品: 追加オプション機構
      • 部品: 塗装
      • 部品: ノーズコーン
      • 部品: 装甲
      • 大部品: コクピットモジュール RD:5 評価値:3
        • 部品: モジュール式脱出装置
        • 部品: サポートAI『DAMA』
        • 部品: タイヤキ型コクピット
        • 部品: トポロジーレーダー
        • 部品: ディスプレイ装置
      • 大部品: アビオニクス RD:9 評価値:5
        • 大部品: 主な採用システム RD:5 評価値:3
          • 部品: ボックス構造
          • 部品: BITE
          • 部品: 電子マニュアル
          • 部品: MPS
          • 部品: EFB
        • 大部品: 無線通信 RD:2 評価値:1
          • 部品: 軍事専用バンド
          • 部品: 距離別周波数使い分け
        • 大部品: 航法 RD:2 評価値:1
          • 部品: 慣性航法装置
          • 部品: FMS
    • 大部品: 運用方法 RD:3 評価値:2
      • 部品: 防空圏邀撃
      • 部品: 長距離偵察
      • 部品: 宇宙戦
  • 大部品: オプション RD:10 評価値:5
    • 大部品: ロケットブースター RD:4 評価値:3
      • 部品: 大気圏突破能力
      • 部品: 航続距離の増大
      • 部品: 切り離し軽量化
      • 部品: ゼロ距離発進
    • 大部品: レーザー水爆 RD:6 評価値:4
      • 部品: 大質量
      • 部品: 爆発力
      • 部品: 放射線生成
      • 部品: サブエンジン運用
      • 部品: ホーミング性能
      • 部品: 投下廃棄


部品: 開発コンセプト
レンジャー連邦用MEIDEA2。その一般性能要求は、空間要撃機であり、戦略級戦闘機である。開発に際しては日本の国防を担った戦闘機にあやかり、ロシア語の燕を意味する『ラスターチカ』の名称が与えられた。

部品: 大気圏突入能力
航宙能力を備え、オプション装備なしでの大気圏突入も可能とする。これにより、何らかの手段によって宇宙に上がり、惑星上のピンポイントへの急行プランが採れる。

部品: 低資源機
汎用性の高いI=Dや、総合的な航空戦闘力を持った戦闘機に比べ、機能を特化しているために物理的なコストが軽い。もちろん、高い技術あってこその機能性との両立である。このため、戦略的な大量配備に向いている。

部品: 少人数機
メインパイロット1名、コパイロット1名という最小構成で稼働する。航空機乗りは装甲が薄く、危険なため、熟練を要する。運用人員が確保しやすくなることの利点は、広域を戦略的にカバーするための運用機体数を確保しやすいという点にある。交代制で体制を構築する以上、例えば3交代制なら、必要人員数が1.5倍になると必要人員数が6人から9人。育成コストを鑑みると、この差は稼働数が増えるほどに重たくなってくる。

部品: レーザー機銃
パルスレーザーの高熱によって目標を鎔かし撃つ。高速連射が可能であり、ドッグファイト時に弾幕展開する。

部品: 敏捷防御
軽量高機動設計を活かして、装甲による防御ではなく、敏捷性による回避防御を前提としたマニューバを取る。

部品: レーダー観測
レドームを用いての情報収集を行う。専用偵察機ではないため、速度と高度とを活かし、目標に接近しての偵察となる。

部品: 高高度偵察
空中写真撮影により、地表の状況を記録・収集することが可能。搭載する撮影機器は専用機材を用い、コパイロットを宛てる。

部品: 長距離航続性能
大型・大出力の機体に燃料を搭載するため、基地を離れての長距離飛行が可能。これにより、長距離偵察を可能とする。遠方へと赴くにもよいし、ルートの範囲が広がる分だけ、広域をカバーするための必要機体数は減る。

部品: 双発スクラムジェットエンジン(大型)
大気圏内においては風を吸い、宇宙においてはもはや風を求めずに飛翔する、極超音速のエンジンである。大気吸入口は、双発のエンジン機構に合わせ、コクピットを挟むようにして左右に展開されている。

部品: 追加オプション機構
ミサイルとロケットブースターを、それぞれ機体に追加搭載可能である。基本構成を軽くすることで、量産性を高めている。

部品: 塗装
空間要撃機ということもあり、基本色はレンジャー連邦の周辺環境に合わせ、白と青を基調にしている。迷彩を意識している訳ではなく、本来のMEIDEA(白天)が純白なため、アレンジとして青を加えた結果でもある。

部品: ノーズコーン
機体先端にあるレドームである。カバーにはガラス繊維強化プラスチックを採用し、被雷に備えてライトニングアレスターが装着してある。搭載するレーダー機能は火器管制とつながっており、全天候戦闘を実現した。

部品: 装甲
高速飛行の圧力と加熱に耐えうるよう、耐熱タイルに強化炭素繊維を使用することで、1800度以上の高温にも耐えうるものとなっている。さらにはShefexシステムと呼ばれる現実のモデルを一部転用、セラミックス製ボルトでの固定が可能であり、接着は極めて強固に行われている。

部品: モジュール式脱出装置
パイロットのみを射出するのではなく、コクピット自体が機体から脱落する構造を採用した。大型パラシュートによって減速する。これにより、脱出後、必要になるだろう各種の非常用物資も搭載されることになる。高級な技術が必要だが、コクピット自体の高性能化に伴い、その保存にコストを割く方が割安になると判断したための研究開発である。

部品: サポートAI『DAMA』
コクピットに搭載されたスタンドアローン型のパイロットサポート用AIプログラムである。航空機運用に特化して、高度な計算を可能としており、同時に各種マニューバ運用時のパイロットの癖も学習、これを補佐する。コパイロットが1名で済む理由でもある。

部品: タイヤキ型コクピット
Gによる操縦者のブラックアウトを防ぐために、下半身を挟み込んで加圧する、RBスタイルのコクピット形式を採っている。

部品: トポロジーレーダー
速度、高度、機動の三要素を元にした、彼我の位相を捉えるためだけに特化した戦闘用レーダー。元は絢爛舞踏祭世界産の技術であり、人型兵器ラウンドバックラーが用いる絶対物理障壁の弊害を解消するためのもの。これを航空機用のマニューバー中心に組み立て直した。

部品: ディスプレイ装置
ディスプレイ上のコンピュータ・グラフィックス表示によって各種数値の確認や種々の操作を統合・簡略化している。

部品: ボックス構造
各種アビオニクス装置を用途別にボックス化し、整備性の向上を図っている。ボックス同士はケーブルによってつながっている。

部品: BITE
組込自己診断装置の略称。整備の度にボックスを外す手間の、さらなる簡略化を図った仕組みであり、自己診断記録に基づいた警告や、エラーログの蓄積を行う。

部品: 電子マニュアル
航空機乗りが必携とするマニュアル類の電子化版。BITEの自己診断記録と連動して、エラーログに対応したページの自動表示を行ったりもする。

部品: MPS
ミッション・プランニング・システムの略称。戦争の計画書であり、内容ごとに個別の媒体へと保存し、これをコクピット内のスロットに差し込む形で反映する。計画書は、もちろん個別性があるため、汎用性のある内容を都度更新しつつ、さらに具体的な個別プランへと落とし込んだものを実際に使用する。オートパイロット機能やディスプレイ上へのデータの反映が可能になる。

部品: EFB
電子飛行カバンの略称。旧来は紙で処理していた、航路図や飛行記録といったものを、コクピット内に、ビルトイン形式でアビオニクス化して組み込んでいる。

部品: 軍事専用バンド
民間の使用周波数に法的な制限を掛け、軍事用の専用バンドを確保している。快適さの確保に加え、チャンネルごとに用途を限定して対応能力を高めているため、一定以上の帯域が必要になってくるからである。

部品: 距離別周波数使い分け
周波数ごとに減衰距離が異なるため、これを用途別に使い分ける。対応する通信機器も異なってくるので、統合した無線通信機器で小サイズ化し、対応している。

部品: 慣性航法装置
加速度計と距離、ジャイロ装置を元に、自機の位置と速度を自動計算して把握するための装置。長距離移動の際には誤差が蓄積されるため、レーダー観測を補佐として修正する。

部品: FMS
フライト・マネジメント・システムの略称。コンピュータ制御による燃料消費の最適化や、適切な速度の算定、推力の調整、ピッチ変更など、各種の自動化を実施している。

部品: 防空圏邀撃
空対空に完全特化しているため、広域レーダーを用いての緊急発進体制を築き上げることで、防空圏の構築が可能となる。支援用の専用偵察機と航空基地のあることが望ましい。

部品: 長距離偵察
高速性・高高度性・長距離性を活かした戦略偵察、つまり、交戦距離を避けての、仮想敵国の防衛網に関する情報収集に向いている。

部品: 宇宙戦
空間要撃機であり、宇宙での戦闘も可能なため、母艦などの護衛機として編隊を組み、制宙権の奪い合いに加われる。

部品: 大気圏突破能力
ロケットの推進力でもって大気圏突破のための第二宇宙速度、マッハ33以上を叩き出す。これにより、単独で宇宙空間へと飛び出ることが可能となる。

部品: 航続距離の増大
ロケットブースターの主用途は大気圏突破であるが、必ずしも地球脱出のみに用いなくともよい。この驚異的な速度でもって弾道飛行を行えば、通常は不可能な距離の飛行が可能となる。

部品: 切り離し軽量化
使用前、使用後、いずれにせよ、必要に応じて軽量・高機動化するための選択となる。ブースターの中身は大量の燃料であるため、不使用と判断した際にはただの荷物だからである。

部品: ゼロ距離発進
十分な加速距離を滑走路として用意できない場合、現地の路面を破壊する形にはなるが、ロケットブースターの加速によって離陸する。

部品: 大質量
1発につき3tという大質量である。爆発させなくとも、加速して弾頭を打ち込むだけで、生み出される運動エネルギーは相応の大きさとなる。

部品: 爆発力
同量のTNT爆薬と同等の破壊力を持つ。最大の利点は、この破壊力を核分裂物質や火薬なしに実現可能という点にある。

部品: 放射線生成
爆発させた際、副産物として半径500m以内に致死量の中性子線を放射する。高高度や宇宙での運用を前提にしている対空ミサイルなため、彼我ともに宇宙線対策で放射線防護されているのが前提ではある。

部品: サブエンジン運用
MEIDEAとしての優れたAIが実現する離れ業。巡航ミサイルとしての推進力を利用しているだけで、爆発までは使っていない。

部品: ホーミング性能
全天候戦闘を実現するため、弾頭が、自ら備えたレーダー機能によって目標へと誘導されていく機能。この機能単体で命中を目指す訳ではなく、プログラムされた軌道に基づく慣性航法と、機体側からのミサイルへの命令指示とを複合して精度を高めている。

部品: 投下廃棄
戦闘を放棄して過剰な重量から解放され、目的を果たすために最高速・最高高度を目指すための行動オプションの一つ。

大部品: アイドルオペレーター RD:57 評価値:9
+...
  • 大部品: IOP47 RD:49 評価値:9
    • 部品: IOP47とは
    • 大部品: オリジナルメンバー RD:48 評価値:9
      • 部品: IOP47オリジナルメンバー
      • 大部品: 北海島 RD:1 評価値:0
        • 部品: 北海しの
      • 大部品: 東北 RD:6 評価値:4
        • 部品: 青森りんご
        • 部品: 岩手カイト
        • 部品: 宮城モリノ
        • 部品: 秋田ドーラ
        • 部品: 山形千代乃
        • 部品: 福島ゲンキ
      • 大部品: 関東 RD:7 評価値:4
        • 部品: 東京マツリ
        • 部品: 神奈川マイテ
        • 部品: 千葉まりな
        • 部品: 茨城アキサ
        • 部品: 栃木リューゴ
        • 部品: 群馬フーコ
        • 部品: 埼玉ミソラ
      • 大部品: 中部 RD:9 評価値:5
        • 部品: 長野アステル
        • 部品: 山梨ネプテル
        • 部品: 新潟ジュン
        • 部品: 愛知アオイ
        • 部品: 静岡イツキ
        • 部品: 岐阜愛佳
        • 部品: 石川ぼたん
        • 部品: 富山マスギ
        • 部品: 福井マツヤ
      • 大部品: 近畿 RD:7 評価値:4
        • 部品: 三重アイキ
        • 部品: 大阪ダンジ
        • 部品: 兵庫シゲミ
        • 部品: 京ノミア
        • 部品: 奈良スミレ
        • 部品: 滋賀あきふみ
        • 部品: 和歌山メジロ
      • 大部品: 中国 RD:5 評価値:3
        • 部品: 岡山こもも
        • 部品: 鳥取ヤマジ
        • 部品: 島根ディウス
        • 部品: 山口カタリナ
        • 部品: 広島てふて
      • 大部品: 四国 RD:4 評価値:3
        • 部品: 香川こぶし
        • 部品: 愛媛ミカン
        • 部品: 高知ライア
        • 部品: 徳島みずる
      • 大部品: 九州 RD:7 評価値:4
        • 部品: 熊本リンドウ
        • 部品: 鹿児島サツマ
        • 部品: 大分イヨ
        • 部品: 福岡ツツジ
        • 部品: 佐賀シテル
        • 部品: 宮崎すぴな
        • 部品: 長崎フィニティ
      • 大部品: 沖縄 RD:1 評価値:0
        • 部品: 沖縄アオト
  • 大部品: アイドルオペレート RD:8 評価値:5
    • 部品: now on stage!!
    • 部品: 夢見心地オペレート
    • 大部品: トレーニング RD:6 評価値:4
      • 部品: ボイス
      • 部品: 表情
      • 部品: 暗号ダンス
      • 部品: 暗号ソング
      • 部品: アイドルソング
      • 部品: アイドルダンス


部品: IOP47とは
アイドルオペレーター47、通称IOP47。
その枠は常に最大47人とされる、過酷な狭き門である。
アイドルオペレーターの能力を最大限に発揮出来るのは、最大47名までとなる。
活動時には47都道府県の号を称する伝統。

部品: IOP47オリジナルメンバー
初代IOP47のメンバーである。
A世界にいたメンバーのため、現在とは技術や背景が色々と違っている。
特に、ハッカー系はB世界では現在育成しておらず、最大の相違点といえる。
個性豊かな男女が集い、オペレーターとしてアイドル活動(?)を果たした。
ttps://img.atwikiimg.com/www23.atwiki.jp/ty0k0/attach/294/894/alliop.jpg
歴代の襲名者は、一人ひとりがこの水準の魅力を持つことが要求される。
つまり、一つの基準なのだ。

部品: 北海しの
―★ こんなに可愛い子が男の子でもいいはずだ! ★―
ttps://img.atwikiimg.com/www23.atwiki.jp/ty0k0/attach/293/776/hokkaido.jpg
得意分野 歌、トーク
普段はクールで、反応も淡々として必要なことしか話さない。
仕事(アイドル)のときは優しい声を出しているのでギャップ有り。
声は高めだが男。
声質がやわらかく、息を抜いて話す(森○レ△さん風)ので、耳に優しい。ていうか溶ける。
感情の起伏は大きくない。併せて表情の変化も乏しい。
動物が好き。
動物たちと遊んでいるときに笑顔がたまに見られることがある。その笑顔は天使。
ソロ時の代表的衣装 執事風にアレンジされた西国人服

部品: 青森りんご
―★ 和み系美少女 ★―
ttps://img.atwikiimg.com/www23.atwiki.jp/ty0k0/attach/298/797/aomori.jpg
得意分野 歌
16才なのに古風なところがある、穏やかな声が癒しを求める人達に人気。
ソロ時の代表的衣装 パフスリーブブラウスと赤いリボンがポイント

部品: 岩手カイト
―★ 海が好き、ツンデレ系アイドル ★―
ttps://img.atwikiimg.com/www23.atwiki.jp/ty0k0/attach/299/800/iwate.jpg
得意分野 ダンス、船の操縦
19才、荒削りではあるが、迫力あるダンスを得意とする。
宮城とはライブ中にダンスバトルかまして良く怒られている。
ツンツンデレ、オペレートは得意だが歌は苦手。
ソロ時の代表的衣装  黒のタンクトップ、下は民俗衣装風。

部品: 宮城モリノ
―★ 楽しい事大好き、おいしーもの食べたら
みんなも一緒に煌めいちゃおうぜー! ★―
ttps://img.atwikiimg.com/www23.atwiki.jp/ty0k0/attach/293/777/miyagi.jpg
得意分野 ダンス/料理
外見的特徴、見るからにおしゃべりしそうだな、と思う雰囲気。
いつも何か食べているが、良く動くので太る気配が見えない。

内面的特徴、お祭り大好き、おしゃべりも大好き。
だけど一人になると寂しくなって、大人しくなっちゃいます。
ソロ時の代表的衣装  蝶を模して作られた黄緑の髪飾り。
黒をベースにしたワンショルダートップスとショートパンツ

部品: 秋田ドーラ
―★ 無添加絶品小町 ★―
ttps://img.atwikiimg.com/www23.atwiki.jp/ty0k0/attach/296/782/akita.jpg
得意分野 歌
清楚なルックスのめがねっこ。
見た目の通り控えめだが、おとなしい、というわけでもない。
しっかり者で聞き上手。

趣味は料理。
レパートリーは多くないが、素朴な家庭料理を作らせたら天下一品。
毎日お弁当を自作して、個人でやっているお弁当ブログにアップしている。

歌は得意だが、ダンスは少し苦手。
曲の終わり頃にいつもめがねがずれているのはご愛嬌。
ソロ時の代表的衣装 いつもカフス袖かアームウォーマーをつけている

部品: 山形千代乃
―★ 渋カワいぶし系ギャル ★―
ttps://img.atwikiimg.com/www23.atwiki.jp/ty0k0/attach/299/801/yamagata.jpg
おしゃべり好きで、パッと見は若干チャラい。
が、根は真面目。人一倍練習熱心で、日々の努力を怠らない。
頑固で負けず嫌い、職人気質な17歳。

言動の端々が時々どこか渋いので、
ファンにしばしば「いぶし銀」と呼ばれるが、
あんまりかわいくないので本人は
「スモーキーシルバー」呼びを推奨している。

仕事や趣味へのこだわりはストイックなほどだが、
それ以外は割とちゃらんぽらんでおおざっぱ。
よく寝坊してしまうのが悩みの種。
ソロ時の代表的衣装 ゆったりしたトップス+ショート丈のボトムス。
アクセサリーはごっついのをワンポイント。

部品: 福島ゲンキ
―★ 素朴系アイドル ★―
ttps://img.atwikiimg.com/www23.atwiki.jp/ty0k0/attach/299/799/fukushima.jpg
得意分野 ダンス
 19才、大柄な体格、縁の下の力持ちタイプ
歌はイマイチだが、宮城と岩手とのトリオダンスに安定感を添える。
ソロ時の代表的衣装  白のタンクトップ、下は民俗衣装風。

部品: 東京マツリ
―★ 祭は私の鼓動。 ★―
ttps://img.atwikiimg.com/www23.atwiki.jp/ty0k0/attach/296/785/toukyou.jpg
得意分野 歌、和太鼓
少々せっかちでおっちょこちょいの女の子。よく動き、感情表現も豊か。ポニーテールがよく似合う。千代田区出身。
ソロ時の代表的衣装 レギンスとミニスカートの組み合わせを好む。可愛くて動きやすいのが好きらしい。

部品: 神奈川マイテ
―★ 心が舞うのは止められない! ★―
ttps://img.atwikiimg.com/www23.atwiki.jp/ty0k0/attach/293/779/kanagawa.jpg
得意分野 ダンス
 直観という名の心的風景に踊る、光と、波。
そこに降りかかる全ての砂嵐(ノイズ)を払うために、
彼女はIOP47を目指した。

グループ行動中は『波』長を合わせることに徹し、
目立たないことをこそ目的とするが、
裏腹に、ソロの場合、衝き動かされるままに、
時として、衣装や舞台をアドリブで変えてしまう、
突き抜けた情熱の持ち主。

一人称は『私(わたくし)』で、
実家は西都の農家。

オアシスの水面を駆け巡る、涼風を思わせる爽やかな声色と、
トランスするほどのMAX時のテンションがチャームポイント。
ソロ時の代表的衣装  蝶を模して結ばれた赤い腰帯。
白いミニスカート。
動きを映えさせるための袖+ノースリーブ。

部品: 千葉まりな
―★ ほんわかキュートな癒し系、真打ち登場! ★―
ttps://img.atwikiimg.com/www23.atwiki.jp/ty0k0/attach/299/798/chiba.jpg
得意分野 歌、トーク
糸目で常にニコニコしている女の子。
やわらかく落ち着いた声が、優しい家族(母/姉/妹)を連想させるらしく、ウケがいい。
基本的に動作も口調もゆったりしており、油断すると「フィールド」に巻き込まれてしまう。
しかし本人的にはいたっていつもキビキビしている、らしい。
マイペースだが、周囲にあわせることを是としているので、余り主張はしないほうである。
全体的にゆるふわファッション。
見た目どおり可愛い物好きで、ぬいぐるみとかちょお沢山持ってる。
お茶が好き。
緑茶・紅茶・中国茶問わず好きだが、コーヒーは苦手。
MA○コーヒーなら大丈夫(笑)
ソロ時の代表的衣装 甘ロリファッションの西国人風アレンジ

部品: 茨城アキサ
―★ ゴージャスで硬派なキラキラ☆ディーバ ★―
ttps://img.atwikiimg.com/www23.atwiki.jp/ty0k0/attach/293/778/ibaraki.jpg
得意分野 歌、演技
睫毛盛り盛りの大きなつり目、
キラキラ&じゃらじゃらのたくさん付いた華美な衣装で
IOP47の中でも1、2を争う派手な外見。
でも言葉遣いは丁寧で、立ち居振る舞いも上品。
髪に一筋入った、薄い赤紫のメッシュがトレードマーク。

声の美しいことを誇りとしている。
見た目の華やかさばかりが注目されがちだが、
いつかは歌声こそを評価されることが目標。
透明感と艶を併せ持つその声を活かして、最近は声優にも挑戦中。

南都出身。実家は私塾をやっているらしいとの噂。
ちなみにすっぴんも派手。
ソロ時の代表的衣装 チューブトップ+へそまで開けたシャツワンピ。
ごっついベルトにラインストーンの3連チェーン。

部品: 栃木リューゴ
―★ ナチュラル★ムードメーカー ★―
ttps://img.atwikiimg.com/www23.atwiki.jp/ty0k0/attach/300/803/tochigi.jpg
得意分野 歌
明るくて自然と人の輪の中心にいる、太陽のような男の子。
ポジティブで忍耐強く、ゴーイングマイウェイのように見えてとても柔軟。
ちょっとおっちょこちょいなのが玉に瑕な17歳。

空気を読むのがうまいが、多くの場合、あえて読まない。
いたずらも大好きで、不真面目に見られることが多いが
楽しいことが好きなだけで、本人はいつもいたって真面目。 
場を盛り上げるのが好き&上手だが、
自分を目立たせようとしたり、和を乱すようなことはしない。
周囲が楽しいと自分も楽しい、というタイプ。

声が大きくて声質も太いため、歌声に存在感がある。
ソロパート以外で歌声が浮かないようにするのが目下の課題。
ソロ時の代表的衣装 カジュアルなシャツスタイルが多い
ネクタイは首が絞まってる感じがオェッとなるのでしない

部品: 群馬フーコ
―★ 夢はでっかく世界制覇だし! ★―
ttps://img.atwikiimg.com/www23.atwiki.jp/ty0k0/attach/303/859/gunma.jpg
得意分野 歌
パイナップルみたいなポニーテールに、
くりくりとした大きな目、片八重歯がチャーミング。
「~だし」が口癖、元気いっぱいの14歳。

天才肌で自信家、でもちょっと人見知り。
典型的な内弁慶で、誉められると挙動不審になってしまうことも。

ファンからの愛称は「ぷーこ」。
本人も気に入っていて、一人称に使うこともある。
ソロ時の代表的衣装 少年っぽい格好を好む

部品: 埼玉ミソラ
―★ 乙女ラビリンス ★―
ttps://img.atwikiimg.com/www23.atwiki.jp/ty0k0/attach/309/878/saitama.jpg
得意分野 演技
別名『突き上げる埼玉』

自分の素質を外見のせいで勘違いしており、下手の横好きを地で行くタイプになっている。
こぶしの利いた演歌が好きなのに下手だが、ウィスパーボイスで恋歌を歌わせると乙女と誰もが錯覚する(※18歳の乙女です)。ダンスも派手に動くと体が大きすぎてチグハグなのに、小さな仕草で表情を引き出させるとまるで少女のように可憐な雰囲気を出す(※18歳の少女です)。
オペレート時の緻密で繊細な気遣いこそが本質で、身長180センチの男らしい(※正真正銘女です)見た目に似合わず、落ちゲーや刺繍が大の得意。
ソロ時の代表的衣装 前を全開にした番長風の学ラン学帽に、可愛らしいリボン

部品: 長野アステル
―★ お腹を出すのは馴れないものですね… ★―
ttps://img.atwikiimg.com/www23.atwiki.jp/ty0k0/attach/297/791/nagano.jpg
得意分野 歌
外見的特徴、女、見た目15才。美少女による銀河帝国より参戦
静かな佇まい、見た目の若さと裏腹に落ち着いた雰囲気を持っている。

内面的特徴、大人びていて、しっかり者。
ソロ時の代表的衣装 おへそ控えめ、シルバー基調。ポイントにモスグリーン
美少女による銀河帝国風のぴったりとしたスタイル、ただしロングタイプ。

部品: 山梨ネプテル
―★ アイドルというものに興味があります。 ★―
ttps://img.atwikiimg.com/www23.atwiki.jp/ty0k0/attach/297/792/yamanashi.jpg
得意分野 歌
外見的特徴、女、見た目14才。活動的な印象。美少女による銀河帝国より参戦

内面的特徴、好奇心旺盛、実行力に優れる。
ソロ時の代表的衣装  おへそ控えめ、シルバー基調。ポイントに葡萄色(赤紫)
美少女による銀河帝国風のぴったりとしたスーツ、ミニスカ

部品: 新潟ジュン
―★ スマイル満点!ツッコミリーダー ★―
ttps://img.atwikiimg.com/www23.atwiki.jp/ty0k0/attach/296/783/niigata.jpg
得意分野 トーク
スッキリとした目元と大きな口。 
笑顔の栄える顔立ちで、はきはきとした好青年。
IOPの中では年長の方に位置する。

観察力や洞察力に優れ、場の空気を読むことに長ける。
そのため気配り上手であり、ツッコミ上手でもある。
自ら前に出ることは少ないが、チーム全体のムードを後から支える、
なくてはならない潤滑油のような人。

責任感の強い努力家。
アイドルとしての人気に結びついているかは不明だが、
グループ内での人望は厚い。
ソロ時の代表的衣装 特になし

部品: 愛知アオイ
―★ ぶっちゃけ僕が一番かわいいでしょ? ★―
ttps://img.atwikiimg.com/www23.atwiki.jp/ty0k0/attach/297/790/aichi.jpg
得意分野 歌、ダンス
長いツインテールがトレードマークの、とびきりかわいい16歳。
ただし性別は男。

性格は強気で勝気。
あけすけで物言いは無遠慮だが、振る舞いにはどこか気品が感じられる。
一人称は「僕」。

お仕事には非常に真面目。
アイドルであることをいつも意識し、そして誇りに思っている。
ソロ時の代表的衣装 丸襟にリボンのスイートロリータ系。でもスカートは履かない。
ミニハットを好んでつける。

部品: 静岡イツキ
―★ 青空破天荒! ★―
ttps://img.atwikiimg.com/www23.atwiki.jp/ty0k0/attach/301/814/shizuoka.jpg
得意分野 ダンス+キーボード演奏+歌の一人セッション
別名『けたたましき静岡』

広い世界をありったけ知りたいからアイドルになった、
実は現役のハッカー。このメリハリの時点でけたたましい上に、
静かの文字から一番遠いから静岡を名乗ると言われる程、
とにかく喋る。しかも声が大きい。
黙っていても目と表情が喋っている。しかも目も表情も大きい。
踊るだけで喋っている。なんだか動きが妙にメリハリしている。

この落ち着かなさは、異常なまでの人間好きに由来する。
男も大好き、女も大好き、マシンも大好き、みんな大好き!
だからアイドルオペレーター。

一人称は『僕(ぼく)』
活動的な点以外は典型的ギークで、ろくに生活上の頓着がない。
ソロ時の代表的衣装 外は伝統衣装のアレンジを厚着。
中はキュロット+ベストのみ。

部品: 岐阜愛佳
―★ 目指すはトップアイドル!!! ★―
ttps://img.atwikiimg.com/www23.atwiki.jp/ty0k0/attach/298/794/gifu.jpg
得意分野 ビジュアル、歌、ダンス、なんでもござれ
 猫っぽい。
某猫士っぽい。
というか某猫士なのは確定的に○らか。
ソロ時の代表的衣装  特になし

部品: 石川ぼたん
―★ おいろけたん☆とうっ! ★―
ttps://img.atwikiimg.com/www23.atwiki.jp/ty0k0/attach/298/795/ishikawa.jpg
得意分野 ダンス
自称・IOPのお色気担当。
セクシーさを出すためにいつも露出多めだが、
非常にざっくりした性格と底抜けに明るいノリのために、
あまり色っぽいという評価はされていない。
それでも頑なにお色気担当を自称するため、
ファンは親しみと愛を込めて彼女を「おいろけたん」と呼んでいる。

記憶力も要領もいいのだが、ものごとを深く考えるのは苦手。
直感的でまっすぐで、良くも悪くも裏表がない。
いきいきとした、キレのある男前なダンスが魅力的。
ソロ時の代表的衣装 露出が多くてエキゾチックな衣装を好む

部品: 富山マスギ
―★ クール兄系アイドル ★―
ttps://img.atwikiimg.com/www23.atwiki.jp/ty0k0/attach/302/816/toyama.jpg
得意分野 歌、演技
鉄壁お兄様、常に冷静そうに見える美貌持ち。20才。
ソロ時の代表的衣装 白と紫を基調にした東国風スタイル

部品: 福井マツヤ
―★ 天才肌弟キャラアイドル ★―
ttps://img.atwikiimg.com/www23.atwiki.jp/ty0k0/attach/303/819/fukui.jpg
得意分野 歌、バラエティ
 天才肌の自然派少年、育ちの良さは隠せない。17才
ソロ時の代表的衣装  白と水色を基調にした東国風スタイル

部品: 三重アイキ
―★ 俺で、いいのかな? ★―
ttps://img.atwikiimg.com/www23.atwiki.jp/ty0k0/attach/303/864/mie.jpg
長身痩躯、しかし肩幅があるので堂々として見える。
グループ内ではだいぶオトナな27歳。

元モデル。
年齢的なことから引退し、スタイリストに転向するはずであったが、
手違いでアイドルオペレーターのオーディションにエントリー、
流されるままに参加し、そのまま合格してしまった。
せっかくなのでと邁進し今に至る、ちょっと変わった経歴の持ち主。

物腰は柔らかく、性格は穏やか。
色香漂う雰囲気の割に存外照れ屋で、自己主張はあまりない。
アイドルっぽい振り付けは照れが先に立って苦手だが、
低く響く艶やかな声は女性ファンを虜にしてやまない。
ソロ時の代表的衣装 シンプルなものが多いが、奇抜なデザインも着こなす。 
おへそは控えめ。

部品: 大阪ダンジ
―★ オレのハートはあっついんやでー! ★―
ttps://img.atwikiimg.com/www23.atwiki.jp/ty0k0/attach/301/811/osaka.jpg
得意分野 ダンス、トーク
 いわゆるどう見てもチャラ男タイプ、前髪の一部をピンクに染めている。
声は悪く無いのに、音程がアレなのでダンスメイン。
派手なパフォーマンスを好み、モリノやカイトと無駄に張り合ってはやっぱり怒られる。
そして、なぜかナニワアームズ風訛りでマシンガントークをする西国人。18才。
ソロ時の代表的衣装  ヒップホップ系ずるずるファッション。

部品: 兵庫シゲミ
―★ 静やかなるビューティ ★―
ttps://img.atwikiimg.com/www23.atwiki.jp/ty0k0/attach/300/805/hyogo.jpg
大人っぽくてセクシー、
だけどどこか中性的な雰囲気も漂わす、長身の美女。
やわらかい微笑みに寄り添う笑いぼくろが魅惑的。

口数は多くないが、物腰は柔らかく穏やか。
冷静で、いつも一歩引いた所から周りを見ている。

ハスキーだけれど優しくて深みのある歌声は、
ソロでよし、ハモってよし。。
ソロ時の代表的衣装  シンプルなシャツ&パンツスタイル

部品: 京ノミア
―★ ソード・ヴォイス ★―
ttps://img.atwikiimg.com/www23.atwiki.jp/ty0k0/attach/302/817/kyouto.jpg
得意分野 なし
何一つ自分一人では満足にできないから忠義を立てる。

主を立てること、IOP47という家を栄えさせるために献身を捧ぐこと、そのための一振りの剣たるを望む。

男なのに東国的には間違った姿のサムライしかもガールの格好は、男女の別なく代理するため。

支えられることで支えるそんなキャラ。

どれも微妙だから逆に目立つ、そんなキャラ。

実際には必ずしもそんなことはなく、中性的にかすれた声だけは、やたらに印象的なのだが。
ソロ時の代表的衣装 東国的には間違った姿のサムライガール

部品: 奈良スミレ
―★ それゆけ!天然お嬢様 ★―
ttps://img.atwikiimg.com/www23.atwiki.jp/ty0k0/attach/300/804/nara.jpg
得意分野 ダンス
 金色の長い髪が美しい19歳。
切れ長の目に泣きぼくろがチャームポイント。

お嬢様然とした佇まいに、お嬢様言葉で話す、いかにもなお嬢様。
実際かなりの名家の出らしいのだが、
社会貢献を真剣に考えた結果、アイドルにたどり着いた変わり者。
真面目すぎて、一周まわって少しずれてる天然さん。

しっかりとした基礎に裏打ちされたダンスの優雅さと、
凛とした存在感が魅力的。
ソロ時の代表的衣装 シンプルで清楚で上品な感じ
ミニスカートはあまり履かない

部品: 滋賀あきふみ
―★ 冷静沈着アイスマン ★―
ttps://img.atwikiimg.com/www23.atwiki.jp/ty0k0/attach/297/793/shiga.jpg
得意分野 歌、ダンス
いわゆるクールメガネ。
いつでも一歩引いた目線で物事を捉えているのでクールな印象だが、実は世話焼きタイプ。
ただ他人の自主性を重んじているのでなかなか行動に出せず、もやもやとしている。
響く低音ボイスとキツめの見た目のせいで、恐い人に見られるのが悩み。
真面目で礼儀正しく、規則に厳しいので『(風紀)委員長』とよく呼ばれている
笑顔は苦手だが、褒めるときや励ますときの優しい声は好感度が高い。
ソロ時の代表的衣装 スーツ風にアレンジされた西国人服

部品: 和歌山メジロ
―★ 歌って踊れるママドルしちゃうよ! ★―
ttps://img.atwikiimg.com/www23.atwiki.jp/ty0k0/attach/303/862/wakayama.jpg
得意分野 歌・節約料理
典型的なギャルママ、ラブリーなものが大好き。22才
元気ハツラツ、節約料理応援番組でも活躍中。
ソロ時の代表的衣装 フリフリ&リボン多用のワンピース
ラブラブなパパの為にお腹はしまってます。

部品: 岡山こもも
―★ こももん☆ビームでみんなはっぴーち! ★―
ttps://img.atwikiimg.com/www23.atwiki.jp/ty0k0/attach/300/802/okayama.jpg
得意分野 歌、トーク
元ネットアイドル。
「こももん」という名で地道に活動していたが、
アイドルオペレーターのオーディションに合格、
この度めでたくメジャーデビューを果たした。
決め台詞は「こももん☆ビームでみんなはっぴーち!」

いわゆるアニメ声。
外見も幼く見えるが、実年齢は不詳。
実はIOP最年長、との噂もあるが、真偽の程は定かではない。

長いアイドル活動で培った歌唱力はかなりのもの。
昔からのファンをとても大切に思っているので、
今後もネットアイドル時代のキャラを崩す気はないらしい。
ソロ時の代表的衣装 ふりふりのアイドルアイドルした感じでひとつ

部品: 鳥取ヤマジ
―★ イケメンキャラメリーゼ ★―
ttps://img.atwikiimg.com/www23.atwiki.jp/ty0k0/attach/298/796/tottori.jpg
得意分野 歌
涼やかな目元が印象的な、長身の美丈夫。
歌声は、うっとりするような甘いキャラメルボイス。
黙っていればミステリアスな雰囲気のイケメンだが、
中身はほやーんとしたお兄さん。

幼い頃に見た遊園地のショーに感動し、
自分もキラキラした夢を与える存在になりたいとずっと思っていた。

かわいいぬいぐるみと少女漫画が好き。
ソロ時の代表的衣装 黒を基調としたタイトな服を好む。ファーとかも好き。

部品: 島根ディウス
―★ 島根ディウスは君を待つ ★―
ttps://img.atwikiimg.com/www23.atwiki.jp/ty0k0/attach/308/868/shimane.jpg
得意分野 なし
何をやらせてもそつがない。視野が広くて何にでも気が回る。
そんな自分に絶望している。
たった一つのことさえ出来なかったくせに。
……ディウスは自らをIOP47のプロデューサーとして持って任じている、見た目は才色兼備の美青年である。
オペレーターを遂行者と呼び、多少演技がかった言動や振る舞いをする他は、取り立てて奇異なところもない、現代風の知性派アイドルとして知られている。
彼の本当の望みは、たった一つをもう一度見つけること。
そのためだけに、幾千もの同業者、幾万ものファンの全てを一人一人、見つめ続けて待っている。
もう一度、出会えるその日に、全てを懸けて。
ソロ時の代表的衣装 なし

部品: 山口カタリナ
―★ 『まなざしが君を輝かせる――』 ★―
ttps://img.atwikiimg.com/www23.atwiki.jp/ty0k0/attach/309/886/yamaguchi.jpg
得意分野 作詞
異名は召喚せる山口。
ペルセウスアーム出身。女性名だが男性、美丈夫。
深まった葡萄酒に似た、低く、潤いがあり、気品の匂い立つ声色を持つ。
24歳。どんな相手にも寄り添う広いオペレーター眼と声の良さとで選考に残り、莫大な蔵書と長い放浪歴に裏打ちされた見識を買われて抜擢された知性派アイドル。
知的貴族としてのノブレス・オブリージュ(高貴なるものの義務)を持って任じるがゆえのアイドルであり、オペレーターであるとの自説を持つ異端児。
人の本質を揺り動かし、呼び覚ます詞をいつも探している。
ソロ時の代表的衣装 羽根付き帽、貴族風のベスト、白いシャツ、黒のスエードのパンツ

部品: 広島てふて
―★ 『愛よりも大切なもの、見つけたよ。』 ★―
ttps://img.atwikiimg.com/www23.atwiki.jp/ty0k0/attach/310/888/hiroshima.jpg
得意分野 演奏(横笛)
 愛に広く愛に孤独な愛の島で、
「導いて欲しいのは私の方だよ」
いつだって迷い、
「本当に愛さえあればいいのかな?」
いつだって自分に問い直し続けている、
「わっかんないよ、あんたたちのことなんて!」
一人の蝶々。

愛想笑いや媚びた声が死ぬほど苦手で、ぎこちない。相手の意志をそのまま汲むことにためらいを抱き、そのために意志の疎通が遅れてしまう。我が強く、処世術が下手で、人の間に立っているべき器と思われないくらい、向いてない。
その全ての短所が裏返しになるためにあった。
周りの46人、全員に立ち向かい、互いに影響を与え合ううちに、自分が本当は何を求め、何を成したいかの答えを掴む。

誰も失わせず、誰も手放さない、『連邦』の意志の持ち主。
ソロ時の代表的衣装 西国人の服をリファインしたデザインに、蝶の羽のような形に大きく広がった腰帯

部品: 香川こぶし
―★ 最強・王道・清純派 ★―
ttps://img.atwikiimg.com/www23.atwiki.jp/ty0k0/attach/302/815/kagawa.jpg
得意分野 歌
インパクトのある名前とは裏腹に、
その姿は清楚で可憐、王道系の美少女。
ある意味ではいかにも、なアイドルだが、
個性派ぞろいのIOPでは逆に目立つ存在。

歌もダンスも、ひときわ突出した所はないが、
すべてそれなりに、そつなくこなすことができる。
安定感のある優等生タイプ。

どこにでもいそうだけれど、滅多にいない。
そんな魅力を持った女の子。
ソロ時の代表的衣装 清純派なかんじで

部品: 愛媛ミカン
―★ メガネアイドルでも…いーよね☆ ★―
ttps://img.atwikiimg.com/www23.atwiki.jp/ty0k0/attach/301/812/ehime.jpg
得意分野 歌、作曲
小柄でキュートなメガネっ娘。
かわいらしいハニーボイスに抜群の歌唱力を持っているが、
センター争いには興味が無いマイペース少女。15才。
ソロ時の代表的衣装 オレンジが基調パフスリーブブラウスに、ミニスカ&絶対領域ニーハイソックス。

部品: 高知ライア
―★ 『万民よ、ひれ伏しなさい! その更に下を私は行ってやるわ!』 ★―
ttps://img.atwikiimg.com/www23.atwiki.jp/ty0k0/attach/310/887/kouchi.jpg
得意分野 バラエティ
14歳。
前代未聞の土下座系アイドル。教養はないけど見栄っ張り、自信はないけど強情っぱり、優しいけれど、素直のなり方を自分の弱さをさらけ出すことより他に知らない、脆くて強い、宝石のような少女。
貧乏、貧弱(体つき)、貧相(体つき)、嘘つきと、何一つまともなアイドルらしい長所を持たない。その、圧倒的な存在感を放つ、意志力の固まりのようなまなざし以外は。
彼女がその瞳で見据えて信じて止まないのは、自分以外のあらゆる人間の、やれば出来るという可能性なのだ。
『私よりバカでダメな奴なんて銀河広しと言えども、そうはいないわよ! 大丈夫、だから二人で一緒にやってみましょ? 間違ったら私が真っ先に謝ったげるから!』
ソロ時の代表的衣装  いたずら妖精風の、お腹の開いた、ちっこい羽根付きワンピース

部品: 徳島みずる
―★ 夢を見、出ずる ★―
ttps://img.atwikiimg.com/www23.atwiki.jp/ty0k0/attach/310/889/tokushima.jpg
得意分野 対話
 北都出身の歳若い少年。純粋なレンジャー連邦の血統ではないらしく、どういうわけか、灰なのに淡く水色がかった髪色をしている。
とても人懐こく、年齢に似合わず思慮深く、やわらかで、暖かい。仲間内でもへだてなく話しかけ、周りの個性に負けない芯を、内に秘め、振る舞い全てで明らかにもしている。

母子家庭で育ち、母思い。また、地域の輪にはかなり昔から積極的に参加。特にホープへの強い敬意をしばしば口にするが、なるつもりはない。
勉強熱心で、アイドルオペレーターになったのは、母やみんなに恩返しをするため、また、今という時期に、自分がいろんなことを経験して、将来の役に立てるため。そして勿論、みんなの役に立つためでもある。

夢は国のみんなが誇りに思ってくれるくらいの、立派な人になること。
ソロ時の代表的衣装 いつもの衣装に、純白のマント

部品: 熊本リンドウ
―★ みんな見てるか、俺は頑張ってるよ! ★―
ttps://img.atwikiimg.com/www23.atwiki.jp/ty0k0/attach/302/818/kumamoto.jpg
得意分野 ダンス
 明るいアニキ。
サツマのダンスパートナー。
前に出たがる相棒にくらべると目立たないが、冷静堅実に踊る。25才
ソロ時の代表的衣装   黒に銀の柄をあしらったTシャツに、ハーフパンツ。

部品: 鹿児島サツマ
―★ まあ、俺のダンスを見てくれよ! ★―
ttps://img.atwikiimg.com/www23.atwiki.jp/ty0k0/attach/301/813/kagoshima.jpg
得意分野 ダンス
肉体派アニキ。
ゲンキと並ぶ体格の良さを生かして、ダイナミックなダンスを得意とする。
喧嘩っぱやい所もあるが、何かと頼れる存在。26才
ソロ時の代表的衣装 黒に金の柄をあしらったTシャツに、ハーフパンツ

部品: 大分イヨ
―★ 私はみんなのタイヨウになるんだ! ★―
ttps://img.atwikiimg.com/www23.atwiki.jp/ty0k0/attach/308/867/ooita.jpg
得意分野 じぶん
 (=゜ω゜)ノ イヨゥ <これが自前のサインというのだから、キャラクターの剽軽さと得意ジャンルは推して知るべし、な、顔文字大好きっ子の15歳。
将来を駄目な意味でハッカー向きと嘱望されていた幼女時代だったが、ラッキーなことに、もうちょっと前向きになれそうな職種が生まれ、母親にまんまと新型PCと引き換えにオーディションへ送り込まれる。
重度のゲーマーでもあり、年齢に似合わないレベルのマニアックなコスプレでしばしば登場する。
ソロ時の代表的衣装 魔法少女風味仕立て(赤)

部品: 福岡ツツジ
―★ こういうのも人生の勉強だよね。 ★―
ttps://img.atwikiimg.com/www23.atwiki.jp/ty0k0/attach/308/865/fukuoka.jpg
得意分野 作詞、演出
知的アイドル。22才
連邦大在籍中、研究熱心な変わり者。
ソロ時の代表的衣装 細身のスーツ&ネクタイ、シャープなデザイン

部品: 佐賀シテル
―★ 少年は、いつも自分をサガシテル ★―
ttps://img.atwikiimg.com/www23.atwiki.jp/ty0k0/attach/308/866/saga.jpg
得意分野 歌
歌より他には何も知らない。歌より他は、ただ惑うだけ。
どうしてなんだろう。どうしていつもみんなに迷惑をかけてしまうんだろう。どうしてこんな僕は、ここにいられるんだろう。
懸命に追いつこうとしても、シテルの足は動かない。
誰かを導くどころか、誰かの憧れにだってなれる気がしない。
何もわからない。わからない。ただ、歌うだけ。
歌う以外の、自分を知らない。
ソロ時の代表的衣装 なし

部品: 宮崎すぴな
―★ キミは一人じゃないよ ★―
ttps://img.atwikiimg.com/www23.atwiki.jp/ty0k0/attach/309/879/miyazaki.jpg
得意分野 えんぎ、回るダンス
灰色の髪に白いワンピース、裸足、とてつもなく地味で陰気で不気味な子。
ただし、それは<電子の衣装(アイ=ドレス)>を纏うまでのこと。
青い光に一筋斜めの黄色を髪とし、かぶり、まばゆいミルキィなオーロラを服の表に波打たせる、赤い靴履いたラジカルプリンセス、女の子!
ドラスティックなキャラクターだけを使い分けて演じるエキセントリックなエンターティナーの側面と、ひたむきで危うい光と影とをきらめかせる奥底の本性とに、砂漠の月の乾いた気配と海上の輝く太陽の鼓動とを合わせ重ねた、尖り型アイドル、18歳。
ソロ時の代表的衣装 白いワンピース、麦わら帽子。

部品: 長崎フィニティ
―★ 『フ、フ、フニたんフニフニ―――ッッ!!』<ΩΩΩ
フィニティ<『任務中です、ばか……にゃん』 ★―
ttps://img.atwikiimg.com/www23.atwiki.jp/ty0k0/attach/309/874/nagasaki.jpg
得意分野 ヴィジュアル
本名フニテル。美少女による銀河帝国出身。
元・情報技官で、公称では今でも軍属を名乗っている。遂行中の任務は、本人曰く、「機密保持と要人警護」とのこと。
種族特有の空回り感ある頑張り屋の特徴を色濃く発揮しており、肉球グローブ・猫耳・尻尾の3点セットでアイドルたちの中に溶け込んでいるつもりらしい。最近は猫ヒゲはありかなしかで悩んでいる。
ソロ時の代表的衣装 出身由来の伝統的な長い衣装

部品: 沖縄アオト
―★ ゆったりやろうよ~ なんとかなるさ~ ★―
ttps://img.atwikiimg.com/www23.atwiki.jp/ty0k0/attach/296/784/okinawa.jpg
得意分野 歌
外見的特徴、男、20才。西国人のなかでもさらに日焼けしている
動作はゆっくり。
内面的特徴、のんびりやな性格、でも音楽と酒が入ると踊りだしちゃう一面も。
ソロ時の代表的衣装 白と青を基調にした、装飾の多い昔ながらのレンジャー連邦民族衣装風

部品: now on stage!!
現実感奪われるほどの過酷な現場であっても、たちまちに現場の心を引き戻してくる力。
アイドルオペレーターたちが喋る! アイドルオペレーターたちが動く! それだけで心を「奪い返してしまう」、その力の名は「魅力(カリスマ)」。
アイドルオペレーターたちが持ち込んだ流れが、それまでの空気を上書きしてしまうのだ。

部品: 夢見心地オペレート
アイドルオペレーターたちが、その魅力を振りまきながら、的確な指示を出してくれる。
「えっ、なんでそんなことまで知ってるんですか?? 本職の人??」
いいえ、なぜってそれはアイドルだからです。いろんなお仕事を、それぞれやってきてるんです。事前の予習だって頑張って詰め込んできてるんですよ!
アイドルは努力を表に見せないもの! でも、時たま垣間見える舞台裏。気力が漲ります。

部品: ボイス
声の質は人それぞれ! その魅力を十全に引き出すためには、プロの指導、大事です!
表現力ある声が何の役に立つかって? 人の心を誘導するのに効果が大ありなんです!
「実際に行動するのは現場の皆さんです。私たちはそのお手伝い」

部品: 表情
アイドルオペレーターたちが! アイドルオペレーターたちが自分だけを見てくれている!
だってこっち見て表情が反応したよ!
はい、そういうスキルです。つまりは、「いつだって相手を真っすぐに見つめる」技術。
フェイストゥフェイス・コミュニケーションで、心を惹きつけ、伝達効率いきなりアップ!
「心をやる気にさせるお仕事、アイドルオペレーターの本領ですから」

部品: 暗号ダンス
鼓舞・アンド・暗号。マジかよ。
振りつけの一つ一つに意味があり、だからこそ生きたストーリーが見る者の胸に飛び込んでくる。ホントなんです。
前線での情報伝達のために、見て分かる目立ち方、見て分かりやすすぎる目立つ衣装、誇張されたジェスチャーとしてのダンス・モーションを使っている。
「自分で踊る振りつけの意味くらい分かってますよ! 私たち、アイドルなんですよ??」
録画送信してデコードしてもよいし、リアルタイム視聴で即座に理解して対応するのもアリだ。


部品: 暗号ソング
鼓舞・アンド・暗号。マジかよ再び。
さすがに即興で作詞作曲は出来ないため、曲とメドレーの順番から歌詞のどことどこを暗号鍵として用いる、などの、複数の要素を組み合わせた暗号になっている。
見破られたら合図を送ってアドリブ変更だ!


部品: アイドルソング
大丈夫、ただの楽曲だよ!!
暗号とか関係なしに、普通に素敵で個性的な持ち歌&カバーソング。
暗号のないダミーかつ鼓舞。
はー、それにしても尊い……。
楽しませるためだけに鍛え抜かれた歌声とかほんと俺得だよ。(誰なんだお前は)


部品: アイドルダンス
大丈夫、ただのダンスだよ!!
ソロでもグループでも行けます、何しろアイドルですから!!
歌いながら(歌わなくても)踊り通しなので、とにかく体力勝負です。
会場によったらダッシュやジャンプの演出も入るので生半可してません!
鼓舞かつダミーだけど、楽曲に合わせた振りつけを楽しませてくれるだけで幸せだと思いませんか?(誰to誰の発信なんだろう)

大部品: 魔術的舞踏子 RD:23 評価値:7
+...
  • 部品: 職業設立の経緯
  • 大部品: 連邦舞踏子 RD:11 評価値:5
    • 大部品: 舞踏子 RD:8 評価値:5
      • 部品: 職業名の由来
      • 部品: 多岐にわたる可能行為
      • 部品: 採用のための訓練規定
      • 大部品: 舞踏子の必修項目 RD:3 評価値:2
        • 部品: パイロット技能
        • 部品: コパイロット技能
        • 部品: オペレーター技能
      • 大部品: 舞踏子の装備 RD:2 評価値:1
        • 部品: 太陽系総軍軍服風
        • 部品: ハイヒール
    • 部品: へそ出しカスタム(未婚者)
    • 部品: マント
    • 部品: 舞踏子の位置づけ
  • 大部品: 魔術的舞踏子の修行 RD:6 評価値:4
    • 部品: ゴロネコ藩国で3年間の修行
    • 部品: 白魔法の精神性
    • 部品: 魔法の有効的運用
    • 部品: 魔法使いとしての身のこなし
    • 部品: 基礎体力訓練
    • 部品: 連邦魔術編纂課
  • 部品: 詠唱戦技能
  • 部品: 人騎兵パイロット技能
  • 大部品: 魔術的舞踏子の装備 RD:3 評価値:2
    • 部品: 生身のボディ
    • 部品: 太陽系総軍軍服魔女風
    • 部品: 魔女帽子


部品: 職業設立の経緯
高物理国家であり、航空機に力を入れているレンジャー連邦は、職業としてもパイロットに偏向のきらいがある。戦術的には決して悪くはないが、もしもに備え、歩兵戦力や低物理に対応できる職業が必要であった。そこで注目されたのが、詠唱戦である。歩兵対応と低物理対応の両方を可能とするこの戦力を獲得するため、舞踏子に白羽の矢が立った。なんでホープでないのかって?そりゃあ女性の方が魔法に親和性が高そうだったから、そして何より絵的にかわいいからだ。

部品: 職業名の由来
戦いの神の名を持つどこか遠い水の星、その広い広い海に夜明けを冠する一隻の船があり、そこに乗り込んだ一人の女性の呼称が、そのまま職業名となっているという。

部品: 多岐にわたる可能行為
この由来となった女性は、夜明けの船で様々な役職をこなしたという。それに倣い、舞踏子という役職を名乗るのは、多岐にわたる技能を有する軍人女性にのみに許されている。
すなわち、舞踏子は規定される技能のすべてを必修項目として修め、既定の水準をクリアしている必要があるということである。努力と才覚と熱意、そのすべてを備えた女性でなければ就けない職業であると言えるだろう。

部品: 採用のための訓練規定
舞踏子として採用されるためには、必修項目として挙げられた技能それぞれについて最低半年以上、合計で2年以上の訓練を行い、試験によって既定の水準をクリアする必要がある。
ただし要求される技能水準は高く、最低履修期間の訓練で合格できる者は稀で、訓練修了にかかる期間の平均は3~4年となっている。

部品: パイロット技能
I=D、RB、艦船などの機体を操縦するための技能。戦場の最前線で、兵站や輸送を支える後方で、戦場のいたるところにパイロットの舞台はある。

部品: コパイロット技能
パイロットとともに操縦席につき、その操縦を支援するための技能。操る機体にもよるが、操縦者であるパイロットより数が必要になる場合も多く、実際とても重要。

部品: オペレーター技能
通信機器を操作し、戦場での情報の伝達をスムーズにして、全体の統率を図ることを可能とするための技能。部隊の規模が大きいほどその難易度は上がるが、成功した際の作戦への寄与率ははかりしれない。

部品: 太陽系総軍軍服風
職業のもととなった人物が着ていた、「太陽系総軍」の軍服を模した制服。濃い青と黒を基調にした、金色の縁取りと留め飾りが映えるつくりとなっている。

部品: ハイヒール
かかとの部分が高い靴。主に女性用。足を長く細く見せる効果があるが、歩きづらく、美しく履きこなすには安定した体幹が必要。なお余談であるが、ガーターベルトとの相性は抜群だ!

部品: へそ出しカスタム(未婚者)
レンジャー連邦には未婚者がおへそを出した服装を常とする風習があるため、それに対応して舞踏子の制服もおへそを出したデザインになっている。ちゃんとおへそが隠れる制服もあるので、既婚者も安心してほしい。

部品: マント
西国であるレンジャー連邦では、日差しや砂から身を守るため、外では大きなマントを装着するのが常である。サイボーグボディである舞踏子にはなくても構わないのだが、自国らしさを意識して、制服には短いマントがつけられている。

部品: 舞踏子の位置づけ
舞踏子の制服をまとうものは、厳しい訓練を修め、多岐にわたる技能を習得したものとして、女性軍人の精鋭と認識されている。その認識にふさわしくあろうと鍛錬を重ねる彼女たちは、時に指導的な立場の活動も行っている。

部品: ゴロネコ藩国で3年間の修行
魔術的舞踏子は、共和国有数の魔法国家であるゴロネコ藩国に協力を依頼し、同国の魔法使い教育機関である白魔法学校で、魔法の修行を3年間行う。三年間では魔法の修得がかなわなかった場合は、延長もありうる。

部品: 白魔法の精神性
ゴロネコ藩国で教えられる白魔法は、対話に重きを定めた、世界のバランスを崩さぬ魔法である。三年という短い期間でそのすべてを習得することは不可能だが、白魔法の目指すところやその優しい精神性は、魔術的舞踏子が魔法を扱う際の心構えとしてしっかりと受け継がれることになる。

部品: 魔法の有効的運用
世界のバランスを崩さないことを重要とする白魔法では、魔法の威力や大きさではなく、小さな魔法をいかに効果的に使うかという運用法こそを重点的に研究している。これは、もともと魔術的な素養の少ないレンジャー連邦の舞踏子にも適した教えであった。

部品: 魔法使いとしての身のこなし
もともとが舞踏子のため、軍人としての基本的な格闘戦などはできても、魔法を使えることを前提とした身のこなしについては全くの素人である。これについても、白魔法学校での体術の訓練が非常にためになった。

部品: 基礎体力訓練
魔術的舞踏子は舞踏子と違い生身であるため、基礎体力訓練は欠かせない。筋力・持久力・柔軟性等の向上を目指した各種トレーニングは、日常的に行われている。

部品: 連邦魔術編纂課
レンジャー連邦国内での、魔術的舞踏子による自助組織。国内では彼女たちのほかに魔術の素養のある専門家はいないため、ゴロネコ藩国で教わってきた内容を編纂し参照することで、自分たちの鍛錬や後進の育成などに役立てている。

部品: 詠唱戦技能
魔法によって相手を攻撃・束縛することなどができる。銃器などの武器と違い威力を調整できるため、不殺戦闘に適している。

部品: 人騎兵パイロット技能
詠唱戦行為獲得のために生身となった魔術的舞踏子は、サイボーグボディを前提とした舞踏子のパイロット行為が不可能となった代わりに、魔法で動く人騎兵のパイロットになることが可能になった。果たして実際に人騎兵に乗る機会が来るのかは謎であるが、それでもできるということは重要なことである。

部品: 生身のボディ
通常、舞踏子はパイロット行為の高負荷に耐えるためサイボーグボディで任務にあたるが、魔術的舞踏子は生身となる。これは低物理の技術である詠唱戦行為を可能とするためである。

部品: 太陽系総軍軍服魔女風
魔術的舞踏子は、通常の連邦舞踏子の制服を、さらに魔女風にカスタムしたものを着用する。これは見た目で舞踏子と魔術的舞踏子を判別できるようにするためであるが、国外での厳しい修行に耐えた魔術的舞踏子たちへの勲章のようなものでもあり、魔女風であることだけを条件にデザインはある程度個人の自由に委ねられている。

部品: 魔女帽子
つばの広い三角帽子。絵本に出てくる魔女がよくかぶってるあれ。魔法が使えるよということが一目瞭然で分かりやすい。太陽系総軍軍服カラーであれば、大きさやデザインは自由。

大部品: 航空戦強化型ホープ RD:20 評価値:7
+...
  • 部品: 航空戦強化型ホープの概要
  • 部品: バイザーグラス
  • 部品: 耐Gスーツ
  • 大部品: ホープ RD:7 評価値:4
    • 部品: 太陽系総軍軍服
    • 部品: スラックス
    • 部品: 義体
    • 部品: 着用制限=男性
    • 部品: パイロット技能
    • 部品: コパイロット技能
    • 部品: オペレーター技能
  • 大部品: 航空機パイロット習得訓練 RD:10 評価値:5
    • 部品: 名パイロット達の訓練指導
    • 部品: 2年間の座学教育過程
    • 部品: 6ヶ月間の一般操縦士免許の取得
    • 部品: 6ヶ月間の初級操縦過程
    • 部品: 1年間の基本操縦過程
    • 部品: 訓練過程卒業試験
    • 部品: スカイラブマーク
    • 部品: 戦闘機課程
    • 部品: 輸送機課程
    • 部品: 救難救護機課程


部品: 航空戦強化型ホープの概要
ホープは、コパイに置いては搭乗する機体に糸目は無かったが、パイロットに関してはI=D、RB、水上艦戦のみであった。
その為、航空機を主とするレンジャー連邦はホープの航空機適応を行う事にした。

部品: バイザーグラス
ホープのおしゃれ。サングラスからバイザーグラスに変更、機体と接続することでサブディスプレイの役割も果たす。

部品: 耐Gスーツ
急制動による高いGが原因で、パイロットに発生するブラックアウトとレッドアウトを軽減させるパイロットスーツのことである。

部品: 太陽系総軍軍服
ホープが最初に着ている服。かつて絢爛舞踏祭の世界において美少女による銀河帝国と戦うために設立された太陽系惑星間組織「太陽系総軍」で使われていた軍服。

部品: スラックス
制服や背広などの特定の上着と対になっているズボンを言う。ゆるい、ゆるんだなどが語源にもなっているため、多少大きめのズボンもコレと同義になる。

部品: 義体
介入が行われる際に構成される人型BALLSのこと。普段は解体されて倉庫にしまっているが、使う際は組み上げられる。

部品: 着用制限=男性
本来ならばホープと舞踏子は同一であり、ただの呼称の違いであったが、アイドレスにおいてはそれは着用できる性別の違いになる。

部品: パイロット技能
I=D、RB、艦船などの機体を操縦するための技能。戦場の最前線で、兵站や輸送を支える後方で、戦場のいたるところにパイロットの舞台はある。

部品: コパイロット技能
パイロットとともに操縦席につき、その操縦を支援するための技能。操る機体にもよるが、操縦者であるパイロットより数が必要になる場合も多く、実際とても重要。

部品: オペレーター技能
通信機器を操作し、戦場での情報の伝達をスムーズにして、全体の統率を図ることを可能とするための技能。部隊の規模が大きいほどその難易度は上がるが、成功した際の作戦への寄与率ははかりしれない。


部品: 名パイロット達の訓練指導
名パイロット、彼らは凄腕パイロットであるとともに、教導官として訓練指導に携わる事が多い。彼らの訓練を持ってこの課程は成立している。

部品: 2年間の座学教育過程
航空機のパイロットの何たるかを座学として二年の間みっちり叩き込まれる期間。航空工学、言語の他に体育や基本的な学科を加え、一般的な教育がされる。

部品: 6ヶ月間の一般操縦士免許の取得
レンジャー連邦が定める、一般的な操縦士免許の取得が主な目的となる。そのための学科や操縦に必要な資料を貸与し、取得に向けて活動してもらう。

部品: 6ヶ月間の初級操縦過程
免許習得後、各教導員の居る基地に配備され、そこで高精度フライトシュミレータによる訓練と、訓練機による実機フライトの訓練へと進む。

部品: 1年間の基本操縦過程
ここからは、戦闘機、輸送機、救難救護機などの多種に渡る機体の基礎的な操縦方法を学習、習熟するのが目的になる過程。

部品: 訓練過程卒業試験
以上の訓練工程を締めくくる最終試験が執り行われる。基本学科に加えて実技による総合計が一定上なされた場合合格、推薦があれば一部合計にプラスする仕様となっている。合格すれば晴れて卒業合格の証、スカイラブマークを手にする。

部品: スカイラブマーク
栄えある名パイロット達が残し施される訓練を耐え抜いた証として送られるレンジャーの航空機パイロットの証。

部品: 戦闘機課程
スライラブマーク習得後に専門課程に進む、ここでは戦闘機に必要な課程になり、多くのファイター達がこの課程を乗り越えていった。

部品: 輸送機課程
輸送機専門の訓練過程。インターフェイスの違いと機体の構造、安定性などの差が何処にあるのかを体で覚える。

部品: 救難救護機課程
戦闘機、輸送機と違い、こちらは人命救助の為の機体制御を磨く課程。無機物や戦闘とは違い、命を運ぶ心構えと精密に操縦し送り届ける術を学ぶ。