※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

*西国人+パイロット+整備士

#新記述

L:西国人+パイロット+整備士  = {
 t:要点 = 砂避け,日焼け対策された服装,エキゾチックな人材,灰色の髪,パイロットスーツ,マフラー,整備道具,手袋,ツナギ
 t:周辺環境 = 交易路,涼しい家,巨大な港,蜃気楼,オアシス,飛行場,整備工場

 t:評価 = 

  体格 筋力 耐久力 外見 敏捷 器用 感覚 知識 幸運
西国人 -1
パイロット -1 -1
整備士 -1 -1 -1
合計 -1 -2 -2

#技:感覚+1【銀の指】(ルール移行により現在は使えません)
 t:特殊 = {
  *西国人の人カテゴリ = ,,,基本人アイドレス。
  *西国人の生産 = ,,,(生産フェイズごとに)燃料+1万t、資源-1万t。
  *西国人のイベント時食料消費 = ,,,(一般行為判定を伴うイベントに参加するごとに)食料-1万t。
  *パイロットの職業カテゴリ = ,,,基本職業アイドレス。
  *パイロットの位置づけ = ,,,パイロット系。
  *パイロットのパイロット資格 = ,,,搭乗可能({I=D,航空機,宇宙艦船})。

  *整備士の職業カテゴリ = ,,,基本職業アイドレス。
  *整備士の位置づけ = ,,,整備系。
  *整備士の整備行為補正 = 整備行為,歩兵,任意発動,整備、評価+3、燃料-2万t。
  #整備判定((器用+知識)÷2)

 t:→次のアイドレス = 猫妖精(職業),サイボーグ(職業),ドラッガー(職業),歩兵(職業),パイロット(職業),整備士(職業),観光地(施設),国歌(絶技),アイドレス工場(施設),燃料生産地(施設),高位西国人(人),名パイロット(職業),瀧川陽平(ACE),カールTドランジ(ACE),舞踏子(職業),森精華(ACE),名整備士(職業),テストパイロット(職業)

 

#旧記述

要点:・砂避け、日焼け対策された服装・エキゾチックな人材・灰色の髪・パイロットスーツ・マフラー・整備道具・手袋・ツナギ
周辺環境:・交易路・涼しい家・巨大な港・蜃気楼・オアシス・飛行場・整備工場
 f:所持特殊 = {
  *西国人は一人につきターン開始時に燃料1万tが増加する代わりに資源1万tを消費する。
  *西国人は一般行為判定を伴うイベントに出るたびに食料1万tを消費する。
  *整備士は整備行為ができ、この時、整備判定((器用+知識)÷2)を評価+3補正することを選択できる。補正を選択した場合燃料2万tを消費する。
  *パイロットの職業カテゴリ = 基本職業アイドレスとして扱う。
  *パイロットはI=D、航空機、宇宙船のパイロットになることができる。
 }
→次のアイドレス:名パイロット(職業)、瀧川陽平(ACE)、カールTドランジ(ACE)、舞踏子(職業)、森精華(ACE)、名整備士(職業)、テストパイロット(職業)

 

  体格 筋力 耐久力 外見 敏捷 器用 感覚 知識 幸運
西国人 -1
パイロット -1 -1
整備士 -1 -1 -1
合計 -1 -2 -2


技:感覚+1【銀の指】(ルール移行により現在は使えません)

連邦には、この国のパイロットと整備士なら誰でも知っているおまじないがある。「私の指は銀の指、宿れ○○の精霊よ」というのがそれである。○○には各々の好きな物が入る(一般的には愛、星、風などが入ることが多い)。銀の指、とは神懸かり的な機械の扱いができる人を指す、非公式の名称である。
もちろんこのおまじない自体は、実質的な効果のない自己暗示の一種である。が、士気高揚やリラックス効果など、精神に働きかける効果には目を見張るものがある。このおまじないを唱えることによってパイロット整備士たちは集中力を高め、感覚をさらにとぎすますことができる。
また、パイロット整備士たちによるこのおまじないの存在を知った連邦政府は、この効果をより確実なものとするために、パイロット及び整備士の訓練に自己暗示訓練を取り入れるようになった。この訓練はもともとあったおまじないの効果をさらに確実なものとしている。
(設定文:蝶子、アスカロン、小奴)

(絵:砂浜 ミサゴ、設定文:小奴)

レンジャー連邦において最も重要な軍事基地の一つがこの軍用飛行場である。元来天然資源が豊富に産出する地帯に位置し、産油国や鉱石産出国として知られてきたこの藩国は、文化水準の向上とともに機械工学が盛んとなり、自動車や機械、航空機の開発でも名を挙げた。

現在主に運用されている機体は共和国の国旗の青色をイメージしたメタルブルーの単座型小型飛行戦闘機『RC-22』で、カウリングに特徴があり空気抵抗を極限まで減らす工夫がなされた最新型。
武装は胴体下部に機関砲が2丁。残りは各機体により可変である。また別開発機構による『RFシリーズ』もシェアの3割近くを占め、研究・開発競争が盛んに行われている。

格納庫のシャッタは防砂や空調維持のために二重扉を採用している。整備士の就労環境への配慮、また軍事の暗く閉ざされたイメージを払拭するために、巨大な嵌め込み式の窓が用意されており、一般に想像される格納庫とは違い明るく開かれた雰囲気になっている(もちろん機密部分はこっそり深部に隠れているらしいが)。窓越しとはいえ魅力的な機体や整備環境が見学出来るために、藩国の子供達の社会見学人気No.1スポットでもある。
窓に使用されているのは特殊加工された合成有機化合物で、庫内の施設や機体が太陽光線や熱で劣化することのないように加工されており、また強すぎる日差しを和らげ、快適に過ごすための機能を備えている。また、防弾、防火、防熱、耐薬品などに優れ防衛施設としても高い能力を発揮する。
パイロットは東の都にある工業大学や専門訓練施設において、健全な知識と肉体、精神を鍛え上げた者だけが就任できる狭き門であり、高い操縦技能や知識・判断力なども相まって藩国民憧れの職業となっている。
もちろん整備を専門とする整備技術者も多数存在するが、パイロット自身が機械工学のスペシャリストであるため、武装の変更や簡単な調整は搭乗者自身が行うことも多い。搭乗機は自分以外には触らせないというパイロットも少数ながらいるようだ。

現在採用されているパイロットスーツは生命維持のための体温保持、気圧調節、衝撃吸収、酸素供給などに優れ、国内の生物理学・人体工学研究の成果を最大に発揮した防護服となっている。また、長時間の着用も想定し通気性などの着用感にも配慮がなされている。火急の出撃にも対応出来るよう着脱にも工夫がこなされており、これは共和国特許として登録されている。カラーリングやオプションを各々でカスタム出来るようになっているのも特徴。

ちなみにこの藩国内において未婚で腹部を露出した服を着用しないのはパイロットと整備士のみであり、もちろん勤務・作業時間外は民族衣装を纏って生活している。

絵の人物が右手に持っている布はこの民族で伝統的に用いられている砂避け兼日焼け防止のマントである。整備及び訓練は屋内(機内)作業が主のため、外套であるマントはこの絵においては着用されていない。暗色濃やかな生地だが、熱を逃がしやすい極細い糸で丁寧に織り上げられているので、見た目よりも意外と軽く、この地方では欠くことの出来ない衣服である。


添付ファイル