日本語化

日本語化に必要な物


日本語化の手順

日本語化ファイル内の「使い方.TXT」を参照してください。
そちらに書かれている通り、日本語化前にバックアップは取っておく事。
進行上何か起きた場合、一時的に元に戻す事で解決する場合があります。
本作のセーブデータは「Users\<username>\Documents\My Games\Underrail」内にある為、ゲーム本体の消去や変更を行っても続けてプレイ可能です。

現時点(UnderRail_JPTR1.4.2)で判明している、問題が発生するファイル

「data\dialogs\characters\jy_kareem.udlg」…該当キャラクターと会話不能
「data\dialogs\support\dc_tchortistguard.udlg」…特定選択肢の消失

応急処置になりますが、日本語化前の同名ファイルで置き換える事で対処可能です。

現行バージョン(Ver,1.1.1.4)+DLCでの動作について

  • 一部追加テキスト(新規クリーチャーMole Cricketや新勢力アーマーの支給に関するもの)が無かったことになる。つまり旧バージョンのままに巻き戻る。
  • DLC導入によって既存キャラに追加・変更される会話テキストもおおむね日本語化される
  • DLC追加キャラ・マップでのテキストはほぼ英語のまま。追加Featやアイテムは一部日本語化・一部は英語のまま、一部テキスト消失。
  • 性能に変更のあったアイテム(例:Lifting Beltの所持可能重量+30等)の説明文と効果が反映されず旧バージョン仕様に戻る。
  • Temporal Manipulationのアビリティの効果説明テキスト消失。
  • 日本語化していると本体アップデートに失敗する。本体をアップデートしてから適用する必要あり。
  • Riftにてトラベル先にGray Army Baseを選択すると、エラーが発生しタイトル画面に戻ってしまう。未探索等が気になるなら初回で用事を済ませておく事。

DLC攻略にあたってはほぼ英語でのプレイになってしまう事、一部アビリティの説明文が消える事を除けばプレイ自体は可能です。