ギルダー


FFDQバトルロワイアル3rdに登場するキャラクター。
出典はファイナルファンタジー3の男赤魔道士、すなわち無名キャラである。

しかし彼は作品中の無名キャラの中で、また全キャラの中でもトップクラスの人気を誇る。
故に死者スレでも幾度と無くいじられ、専用AAも作られた末、雑談スレのテンプレにまでソロデビューしている。
その際のテンプレはこれ↓

  • ギルダーを見かけたら死者スレへ誘導すること。

まったく、奇妙な話である。




本編でのギルダーの立ち位置及び行動

以下、ネタバレを含みます。


ギルダーは元々作品中では、サラ王女という恋人の元へと帰る為にゲームに乗り、
そして優勝しようと画策していた所謂マーダーであった。
だが一日目の夜で改心。ゲームに反発する立場に変わる。これが彼の転機であった。

その頃から、元の世界に恋人がいるにも関わらず
彼はビアンカという既婚済みの女性キャラに対し、仲間以上の感情を抱き始めた。
(だが本人曰く『スマン、サラ。俺の気持ちは変わらないから』との事)
相手が美人な人妻&年上だった事に読者が独特のネタ臭を感じたのか、
彼はこれを境に書き手や読み手に一気に好かれていく事になる。

だがそれも束の間、二日目にアリーナ2によってビアンカと共に死亡。
呆気無く、そして誰もが予想できなかった唐突な悲劇に読者は驚きを隠せなかった。
しかしそのギルダー死亡話は展開や文章力に違和感が無く、
また作中のアリーナ2の残虐さ、そしてギルダーの無念さを事細かく描写しており、
悲劇性とゲームの無常さを驚くほどに増幅させていた事で一躍人気となった。
事実、死亡話投下後に雑談スレで彼とビアンカへの読者の弔いレスが大量に投稿された。

その深い愛が込められた死亡話によって、ギルダーはビアンカと共に更なる人気を得た。
ビアンカ共々読者に愛されたまま幸せに退場した、理想的なキャラクターであるとも言える。



【コメント】

名前:
コメント:
|