※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【新規イベント】
(自己紹介/初会話時)
「まさか、こんな所に来るなんて半年前には
思いもしなかったよ。
……。
しかし。この格好は、結構恥ずかしいよね。
毛が少ないのが分かってしまう。」


「僕は、もっと男らしくなりたいな。
 そう、たくましくなりたい。」
(爆笑する)
「笑えるのは今のうちだよ。
 …見てろよ。」
小島航はどこか幸せそうに笑いました。
(今のままのほうが)
「それじゃ駄目なんだよ、きっと。
今で満足できるほど、僕は完成していない。
だから、どんどん変わっていくんだ。
……って、なんだか、恥ずかしい言葉だね。」


「昔と比べると、今は毎日がお祭りのようだ。
 ……。
 本当はずっとそうだったはずなんだけど、
 僕はそれが、わかっていなかったね。
 目を逸らして、勝手にみんなに壁を作っていた。
 今は違うよ、ふふふ。
 ひどい目に遭わされたからね。
 今は良くも悪くも、僕は僕さ。
 どこにでもいる高校生で、でもこの先が
 どうなるかまでは誰にもわからない。」
小島航はあなたの鼻先を押しました。
「きっと今は、それでいいんだよ。
 僕だってそれで終わるつもりはないし。」


「泳ぐのは楽しいね。
 3ケ月も泳げると思うと、
 ちょっと長すぎる気もするけど。
 よし、見られても自慢できる体を目指すぞ。
 一緒に頑張ろう。」
(おい)
「付き合えよ。
…なんちゃって。
僕は寂しがりやだから、付き合ってよ。
これまでの付き合いで、わかってるよね?
ふふ、よしよし。
素直になると、何かと得だなあ。」
(いやー。筋肉はいやー)
「…何を言っているんだか。
 筋肉がないと、
 クラゲみたいになっちゃうぞ。」
小島航は無邪気に笑っている。


「兄さんはやる事があるって言っていたけど、
 一体何なんだろう。
 グレートエンディング・チャレンジ。
 もっともくっだらないエンディングって知ってる?」
(いや)(うーん)
「まあ、兄さんが言うからには何かあるんだろう。
 それより義姉さんとうまくやっているのかな。
 どっちもぐーたらだから、心配なんだけど。」
(じぃと見る)
小島航は罪のない笑顔を浮かべています。
「……?どうしたの?」
あなたは小島航の肩を叩きました。
(それだ)
「…ああ。
なるほど、確かに色々見ちゃいけないのを
見ちゃったからな…。
反省しよう。
僕には気遣いが足りない気がする。」
あなたは小島航の肩を叩きました。


「色々殺してきたけれど、それでも
 太陽が好きなのは、どうしてだろう。
 いつか僕も殺した事を反省し、
 そのまま生きていく事になるんだろうか。」
小島航は貴方の表情に気づいて
貴方の鼻先を押しました。
「とりあえずは、そこまで、長生きしたいかな。
 それに反省はしてないんだ。
 僕は悪い人だから。
 今の生活のためなら、同じ事をやったろう。」


「最近、君の鼻を押すのが癖になった。」
(鼻を隠す)
「そんなに警戒しないでも、ふふふ。
 かわいいなあ、よしよし。
 でも警戒するなら、もっと別の事に
 警戒した方がいいよ?」
小島航はおかしそうに笑いました。
さも幸せと言うように。
(ボタンか。この鼻は)
「たしかに、押すと僕は幸せになれる気がするね。
そうだ、このままずっと、一生僕のボタンに
なってみないか?
いや、返事を待つのは卑怯だね。」

「……。
 この先、何があるかはわからないけれど、
 同じ物を分け合おう。
 それが甘いか苦いかはわからないけれど。
 残念ながら拒否権はナシ。
 ごめんね、僕は勝手なんだ。」




【新規ED】


普通かな。


(父島守備隊、生き残りの証言)



その日、あなたは航と二人で戸締りをして、
島を離れる事にしました。
長い坂道を降りています。
「島としては良かったけど、やっている事は
 いつもと同じだったね。」
小島航は、あなたの鼻先を押しました。
「まあ、それが幸せなんだろうね。
 こうやって普通に時が流れて行くのが、
 きっと幸せなんだろう。
 ゆっくり歩いて行こう。
 ここから船までの500mは、
 僕達だけの道だ。」
最終更新:2006年11月24日 21:45