※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

学校 暁の円卓さまより流用
防災訓練 満天星国さまより流用

部品構造


  • 大部品: よんた藩国学校 RD:50 評価値:9
    • 大部品: 学校 RD:18 評価値:7
      • 部品: 教育制度の中心システム
      • 大部品: 教育制度 RD:2 評価値:1
        • 部品: 教育とは何か
        • 部品: 教育の目的
      • 大部品: 学校施設 RD:13 評価値:6
        • 部品: 校舎
        • 部品: 講堂
        • 部品: 校庭(運動場)
        • 部品: 体育館
        • 部品: 特別教室
        • 部品: 校長室
        • 部品: 職員室
        • 部品: 校舎への不審者侵入対策
        • 部品: 生徒会室
        • 部品: 保健室
        • 部品: 会議室
        • 部品: 管理員室
        • 部品: 給食室または食堂
      • 大部品: 学校による教育 RD:2 評価値:1
        • 部品: 知識の学び舎
        • 部品: 健やかな身体作り
    • 大部品: 入学・卒業について RD:2 評価値:1
      • 部品: 学ぶ期間(3年)
      • 部品: 卒業の条件
    • 大部品: 共通基礎科目 RD:1 評価値:0
      • 部品: 基礎科目
    • 大部品: 畜産農業コース RD:7 評価値:4
      • 部品: 畜産農業の理念
      • 大部品: 教育課程(畜産農業) RD:4 評価値:3
        • 部品: 農業土木科
        • 部品: 農産加工科
        • 部品: 農業機械科
        • 部品: 畜産科
      • 部品: 体験学習(畜産農業)
      • 部品: 専門設備(畜産農業)
    • 大部品: 水産コース RD:7 評価値:4
      • 部品: 水産の理念
      • 大部品: 水産コースの教育課程 RD:4 評価値:3
        • 部品: 漁業科
        • 部品: 養殖科
        • 部品: 水産食品科
        • 部品: 海洋機関科
      • 部品: 水産コースの体験学習
      • 部品: 水産コースの専門設備
    • 大部品: 工業職工コース RD:7 評価値:4
      • 部品: 工業職工の開講理念
      • 大部品: 工業職工の教育課程 RD:4 評価値:3
        • 部品: 機械科
        • 部品: 材料工学科
        • 部品: 社会工学科
        • 部品: 陶芸科
      • 部品: 工業職工の体験学習
      • 部品: 工業職工の専門設備
    • 大部品: 防災訓練 RD:8 評価値:5
      • 部品: 概要
      • 部品: 実施頻度
      • 部品: 対象施設
      • 部品: 最新の情報
      • 大部品: 訓練の例 RD:4 評価値:3
        • 部品: 避難訓練
        • 部品: 消火訓練
        • 部品: 水害対策訓練
        • 部品: 対テロ用訓練



部品定義


部品: 教育制度の中心システム

幼児・児童・生徒・学生その他に対する教育制度の中心的な役割を持つ機関である。学園、学院もほぼ同様の意味を持つ。

部品: 教育とは何か

教育とは教え育てることであり、教育の対象を望ましい状態にさせるために、心体両面に意図的に働きかけること。

部品: 教育の目的

教育を受ける対象の知識を増やしたり、技能を身に着けさせたり、心理的性質の向上を図ることでその対象が持つ能力を引き出すこと。

部品: 校舎

校舎とは学校を象徴する建物であり、学生たちが教育を受ける中心的な活動場所となる。この外観はその学校の作られた時期に応じて異なるため、校舎の姿は歴史的な意義を持つ場合がある。中には各種教室などが内包されている。

部品: 講堂

学校において式典等を行ったり、講演や合同の講義などを行ったりする建物もしくは大きなホールのこと。体育館などと兼用になってることも多い。大学などでは部屋の一室として設置される場合もあり、講義室、大教室などと呼称されることもある。

部品: 校庭(運動場)

学校の校庭は、運動場として体育等の教育に用いられる施設である。設置場所は問わないが、学校に隣接して設置されることが多く、場所が確保できない都市部では屋上に設置されることもある。

部品: 体育館

講堂と兼ねている所も多いが、主に室内での体育や、入学式、卒業式などの学校行事その他を行う施設である。室内競技用の施設が付属している場合もある。

部品: 特別教室

理科教室、生活教室、音楽教室、図画工作教室、家庭教室、図書室、特別活動室、教育相談室などがある。物理域によっては視聴覚室やコンピュータ室が設置されることもある。

部品: 校長室

学校の教師の長である校長の執務室である。来客用の応接セットがあり、来客者や地域の教育関係者との会合などが行われる。

部品: 職員室

学校職員が執務する部屋。授業準備のための教材や教具が置いてあることもある。校内の学生が安全に生活できるようにするための管理設備が集約されていることも多く、防災をコントロールするための設備が設置されている他、防犯用具なども置かれていることがある。

部品: 校舎への不審者侵入対策

校舎内への不審者侵入を防ぐため、校舎玄関から入った者は必ず職員室の前を通るよう設計されている施設も多い。

部品: 生徒会室

生徒会執行部の役員が会議をするための部屋で、一般生徒は原則立ち入ることはできない。生徒会室と称しているが、名称は児童会室であることや、特定の名前がついている場合はその名前の部屋になることもある。

部品: 保健室

学生の健康診断、健康相談、救急処置等を行うための部屋。怪我をや病気をした学生や教師などの手当や看護が行われる。養護教諭が常駐しており、ベッドや薬品の他身長計や体重計などの計測器具も備え付けられている。カウンセラーの資格を持っていたり、カウンセラーが常駐している場合もある。

部品: 会議室

職員会議や様々な会合を行うための部屋。学生などが学校行事の準備のために使用したりすることもあり、汎用性のある用途の部屋である。

部品: 管理員室

いわゆる用務員室や宿直室と呼ばれるもの。住み込みの用務員がいる場合や、夜間警備員の常駐管理を行うための部屋で、生活が可能な空間となっている。場合によっては平屋建ての住宅がその代わりになっている場合もあり、風呂や台所などの家財一式が揃っている場合もある。

部品: 給食室または食堂

給食制度がある場合においては給食が準備される施設である。代わりに食堂をおいており、厨房設備が完備されている場合もある。場合によってはここに販売スペースも用意され、食料品を購入することもできる。

部品: 知識の学び舎

学校は様々な学生に多くの知識を学ばせることができる。その期間はそれぞれだが、知識を学ぶという点においては共通だろう。

部品: 健やかな身体作り

学校は健康な身体を作る上で必要な定期的な運動を行う事ができ、給食がある場合は栄養管理もされることから、耐久性の高い肉体を作ることができるのである。

部品: 学ぶ期間(3年)

入学して学生となったものは、いずれかの科を一つ選び、3年間勉学に励むこととなる。
複数の科に在籍することは認められない。
別の科を学びたい場合は、卒業後に再び入学し学ぶこと。

部品: 卒業の条件

入学し3年間学んだものは卒業できる。
ただし、授業への出席日数が著しく少ない者、著しい不良行為(犯罪、過剰な暴力行為)が認められた者、成績が著しく低い者は職員会議にかけられる。その結果によっては留年、退学措置がとられる場合がある。

部品: 基礎科目

すべての教育課程では、基礎的な学問(数学、国語、外国語、社会、体育、保健体育、音楽)の教育も合わせて行う。
年次が上がるにしたがって基礎科目の授業は少なくなり、専門的な授業が増えていく。

部品: 畜産農業の理念

『健康な肉体や精神は食によりつくられる』この理念を掲げ、畜産農業コースでは実践教育に重きを置き、生産者としてだけではなく、命の尊さについても学べる教育を行っている。

部品: 農業土木科

農業と農村地域を発展させる土木の役割を考える科目。3年間勉強する。
実地での農業の基礎学習や、測量、農業に関する土木建設の設計・施工について学ぶ。
農地改良のための暗渠、農業用水路、ダムなどの設計についても学ぶ。
そのほとんどが実地研修となる。

部品: 農産加工科

学校で作られた作物をパンやお菓子やジャム、燻製や漬物などの食品へ加工する科目。主に実習にて3年間勉強する。
授業にて作られた加工食品は直売所にて販売し、生産者としての心も学ぶ事が出来る。また食品生産だけではなく、飼料の生産も学ぶ。

部品: 農業機械科

トラクターなどの農業機械の仕組み、操作、修理の方法、電子制御の機械工作の基礎を3年間学ぶ。
実際に農業機械を操作しての農作物の収穫や、畑の耕作、エンジンの組み立て、溶接実習も行う。(その際、安全教育を徹底する)

部品: 畜産科

実習にて牛や羊や鶏を飼育し、卵、乳、肉、皮革などの生産技術、乳製品の加工や羊毛の生産技術、役畜や衛生管理技術・堆厩肥作りなどを学ぶ。経営管理などの座学もあるが、主に実験実習に焦点を当て学んでいく。3年間飼育しながら勉強をする。

部品: 体験学習(畜産農業)

畜産農業コースでは実際の農家へ2週間の体験学習を行うなど、さらに実践的な学習が出来るように教育に力を入れている。体験学習は学校内で育てている作物や畜産飼育に人員欠如の穴ができないようにスケジュールが組まれ体験学習がスムーズに進むよう配慮されている。

部品: 専門設備(畜産農業)

畜産や農業では土地が活用されるため、学校の敷地に畑や農地、牧場、ビニールハウスや畜産生物それぞれの牧舎が用意されている。また肥料や飼料、農耕や酪農畜産の道具、トラクターなどの機械も完備されており、生産するための一式は一通り揃っている。生物を相手にすることから飼育担当の生徒は寮に入り生活をすることが定められている。

部品: 水産の理念

海に学び、海と生きる。
漁業を通して地元へ・世界へ貢献できる人材を送り出す。
海・漁業に関する技術の継承のためにこのコースは作られた。
実地研修に力を入れている。

部品: 漁業科

漁業についての基礎を3年間学ぶ。
漁業に関する小型船舶の知識と操縦技術、航海知識と技術、水産・海洋関連産業のつながり、現在行われている一般的な漁法・道具の使い方、潜水について学ぶ。現地に行って見学、手伝いをさせてもらったり、乗船実習も行う。

部品: 養殖科

水産資源の利用について3年間学ぶ。
水産・海洋の基礎知識、海洋生物の多様性、海洋の環境、養殖・栽培漁業の基礎知識、栽培技術について学ぶ。
養殖栽培棟での実習、実際の現場での研修もある。

部品: 水産食品科

漁業・水産について3年間学ぶ。
調理についての知識・技術、干物・練り物・缶詰の加工方法、食品製造にかかわる衛生学、栄養学、食品管理、商品開発、マーケティング、水産食品の流通、地域にの水産食品の食文化、水産加工の現状の問題などについて学ぶ。
干物・練り物・缶詰を作成する実習、加工場見学がある。実際の販売、調理実習も行う。

部品: 海洋機関科

航海、船について3年間学ぶ。
船舶についての基礎的な知識と操縦、船のエンジン機関・原動機の基礎的な知識、また修理する技能、船舶・運航に関する最新知識、船上での礼儀作法について学ぶ。長期にわたる乗船実習も行う。

部品: 水産コースの体験学習

それぞれの科にあわせて様々な体験学習が用意されている。
水産についての基礎実習、泊りがけの乗船実習、練り物や缶詰・干物を作る調理実習などである。
実習は地元の漁師の皆さんの協力のもとに行われる。

部品: 水産コースの専門設備

水産加工室、養殖栽培棟、船庫、機関運転実習室など水産学校独特の設備がある。
授業で使われるものだが、取り扱いを間違えると危険なものも多い。
必ず先生などの監督官のいる時に使用し、正しい使用方法を守ることが義務付けられている。

部品: 工業職工の開講理念

ものづくりこそが社会の基盤である。
ものづくりにかかわる技術者の育成を目指す。
機械、材料、土木に関する技術の継承のためにこのコースは作られた。
実地研修を主にして授業が進む。

部品: 機械科

ものづくりの基礎を3年間学ぶ。
設計製図、機械工作での切削作業、旋盤機の使い方、溶接の仕方、原動機による生産システムの基礎を学ぶ。
専用の機械での実習、工場見学なども行う。

部品: 材料工学科

材料工学について3年間学ぶ。
物質の組成・構造変化についての知識、有機物・無機物の合成技術、鉄やプラスチック・セラミックの生成方法、化学産業の成り立ち、関連して引き起こされる環境問題について学ぶ。
科学実験、工場見学も行う。

部品: 社会工学科

社会基盤の整備と運営について3年間学ぶ。
土木工学、測量の仕方、建築、都市計画、都市環境、空間デザイン、自然災害に対して強い地域の構築について学ぶ。
規模が大きなものづくり。
測量実習、構造実験室での実習、土木作業の実習なども行う。

部品: 陶芸科

焼き物について3年間学ぶ。
陶器・陶磁器の製造、陶器への印刷・転写法、耐熱ガラスの作成法、窯の使い方、地域にある焼き物・伝統工芸、工芸技術について学ぶ。
材料工学科と授業が一緒になる時がある。(セラミックなど)
窯で焼き物を作る実習、工場の見学がある。

部品: 工業職工の体験学習

それぞれの科にあわせて様々な体験学習が用意されている。
工場見学、工場での職業体験、測量実習(合宿)、土木作業体験実習、焼き物の製造、焼成釜の見学など。
地元の工場、会社が協力してくれる。

部品: 工業職工の専門設備

機械工作室、溶接機、化学実験室、構造実験室、電気釜などが設置されている。
必ず先生などの監督官のいる時に使用し、正しい使用方法を守ることが義務付けられている。

部品: 概要

様々な施設において緊急事態が発生した場合に備えるための訓練。最適な避難経路、二次災害を防ぐための適切な処置、傷病者が居る場合の対応などを定期的に確認するために行う。

部品: 実施頻度

年に2回程度行うことが国からも推奨されているが、施設の規模や人員によっては回数を減らし、年に1回の実施としても良い。

部品: 対象施設

教育機関や役所をはじめとする公的施設においては必須。その他公共施設や企業においても行う事が推奨されている。町内会など自治体単位で行われることもある。

部品: 最新の情報

防災の知識は常に新しくなるものである。例年同じ訓練を行うのではなく、最新の情報に従って計画を立てることが必要とされている。

部品: 避難訓練

災害が起きた場合、速やかにより安全な場所に移動することが必要とされる。移動中に二次災害に合わないよう、適切な避難場所を選択し速やかに移動するための訓練。

部品: 消火訓練

テロや戦闘状態などの場合を除き、火事が起きた場合可能であれば初期消火を行う事が推奨される。自分の身の安全を確保した上で消火活動を行うにはどのようにすれば良いのかを分りやすく確認するために行う。

部品: 水害対策訓練

一言に水害と言っても津波や河川の氾濫など多岐に渡る。いずれの場合においても使用可能な避難場所や、被害を局限するために必要な土嚢の作成方法などを確認する。

部品: 対テロ用訓練

テロが起こった場合に一般市民がそれに立ち向かうことは推奨されない。そのため、実際に起きた場合にどのように行動するのが最も安全か、安全にその場を離れるためにはどのようにすれば良いのかを学ぶことが主目的とされる。



提出書式


 大部品: よんた藩国学校 RD:50 評価値:9
 -大部品: 学校 RD:18 評価値:7
 --部品: 教育制度の中心システム
 --大部品: 教育制度 RD:2 評価値:1
 ---部品: 教育とは何か
 ---部品: 教育の目的
 --大部品: 学校施設 RD:13 評価値:6
 ---部品: 校舎
 ---部品: 講堂
 ---部品: 校庭(運動場)
 ---部品: 体育館
 ---部品: 特別教室
 ---部品: 校長室
 ---部品: 職員室
 ---部品: 校舎への不審者侵入対策
 ---部品: 生徒会室
 ---部品: 保健室
 ---部品: 会議室
 ---部品: 管理員室
 ---部品: 給食室または食堂
 --大部品: 学校による教育 RD:2 評価値:1
 ---部品: 知識の学び舎
 ---部品: 健やかな身体作り
 -大部品: 入学・卒業について RD:2 評価値:1
 --部品: 学ぶ期間(3年)
 --部品: 卒業の条件
 -大部品: 共通基礎科目 RD:1 評価値:0
 --部品: 基礎科目
 -大部品: 畜産農業コース RD:7 評価値:4
 --部品: 畜産農業の理念
 --大部品: 教育課程(畜産農業) RD:4 評価値:3
 ---部品: 農業土木科
 ---部品: 農産加工科
 ---部品: 農業機械科
 ---部品: 畜産科
 --部品: 体験学習(畜産農業)
 --部品: 専門設備(畜産農業)
 -大部品: 水産コース RD:7 評価値:4
 --部品: 水産の理念
 --大部品: 水産コースの教育課程 RD:4 評価値:3
 ---部品: 漁業科
 ---部品: 養殖科
 ---部品: 水産食品科
 ---部品: 海洋機関科
 --部品: 水産コースの体験学習
 --部品: 水産コースの専門設備
 -大部品: 工業職工コース RD:7 評価値:4
 --部品: 工業職工の開講理念
 --大部品: 工業職工の教育課程 RD:4 評価値:3
 ---部品: 機械科
 ---部品: 材料工学科
 ---部品: 社会工学科
 ---部品: 陶芸科
 --部品: 工業職工の体験学習
 --部品: 工業職工の専門設備
 -大部品: 防災訓練 RD:8 評価値:5
 --部品: 概要
 --部品: 実施頻度
 --部品: 対象施設
 --部品: 最新の情報
 --大部品: 訓練の例 RD:4 評価値:3
 ---部品: 避難訓練
 ---部品: 消火訓練
 ---部品: 水害対策訓練
 ---部品: 対テロ用訓練
 
 
 部品: 教育制度の中心システム
 幼児・児童・生徒・学生その他に対する教育制度の中心的な役割を持つ機関である。学園、学院もほぼ同様の意味を持つ。
 
 部品: 教育とは何か
 教育とは教え育てることであり、教育の対象を望ましい状態にさせるために、心体両面に意図的に働きかけること。
 
 部品: 教育の目的
 教育を受ける対象の知識を増やしたり、技能を身に着けさせたり、心理的性質の向上を図ることでその対象が持つ能力を引き出すこと。
 
 部品: 校舎
 校舎とは学校を象徴する建物であり、学生たちが教育を受ける中心的な活動場所となる。この外観はその学校の作られた時期に応じて異なるため、校舎の姿は歴史的な意義を持つ場合がある。中には各種教室などが内包されている。
 
 部品: 講堂
 学校において式典等を行ったり、講演や合同の講義などを行ったりする建物もしくは大きなホールのこと。体育館などと兼用になってることも多い。大学などでは部屋の一室として設置される場合もあり、講義室、大教室などと呼称されることもある。
 
 部品: 校庭(運動場)
 学校の校庭は、運動場として体育等の教育に用いられる施設である。設置場所は問わないが、学校に隣接して設置されることが多く、場所が確保できない都市部では屋上に設置されることもある。
 
 部品: 体育館
 講堂と兼ねている所も多いが、主に室内での体育や、入学式、卒業式などの学校行事その他を行う施設である。室内競技用の施設が付属している場合もある。
 
 部品: 特別教室
 理科教室、生活教室、音楽教室、図画工作教室、家庭教室、図書室、特別活動室、教育相談室などがある。物理域によっては視聴覚室やコンピュータ室が設置されることもある。
 
 部品: 校長室
 学校の教師の長である校長の執務室である。来客用の応接セットがあり、来客者や地域の教育関係者との会合などが行われる。
 
 部品: 職員室
 学校職員が執務する部屋。授業準備のための教材や教具が置いてあることもある。校内の学生が安全に生活できるようにするための管理設備が集約されていることも多く、防災をコントロールするための設備が設置されている他、防犯用具なども置かれていることがある。
 
 部品: 校舎への不審者侵入対策
 校舎内への不審者侵入を防ぐため、校舎玄関から入った者は必ず職員室の前を通るよう設計されている施設も多い。
 
 部品: 生徒会室
 生徒会執行部の役員が会議をするための部屋で、一般生徒は原則立ち入ることはできない。生徒会室と称しているが、名称は児童会室であることや、特定の名前がついている場合はその名前の部屋になることもある。
 
 部品: 保健室
 学生の健康診断、健康相談、救急処置等を行うための部屋。怪我をや病気をした学生や教師などの手当や看護が行われる。養護教諭が常駐しており、ベッドや薬品の他身長計や体重計などの計測器具も備え付けられている。カウンセラーの資格を持っていたり、カウンセラーが常駐している場合もある。
 
 部品: 会議室
 職員会議や様々な会合を行うための部屋。学生などが学校行事の準備のために使用したりすることもあり、汎用性のある用途の部屋である。
 
 部品: 管理員室
 いわゆる用務員室や宿直室と呼ばれるもの。住み込みの用務員がいる場合や、夜間警備員の常駐管理を行うための部屋で、生活が可能な空間となっている。場合によっては平屋建ての住宅がその代わりになっている場合もあり、風呂や台所などの家財一式が揃っている場合もある。
 
 部品: 給食室または食堂
 給食制度がある場合においては給食が準備される施設である。代わりに食堂をおいており、厨房設備が完備されている場合もある。場合によってはここに販売スペースも用意され、食料品を購入することもできる。
 
 部品: 知識の学び舎
 学校は様々な学生に多くの知識を学ばせることができる。その期間はそれぞれだが、知識を学ぶという点においては共通だろう。
 
 部品: 健やかな身体作り
 学校は健康な身体を作る上で必要な定期的な運動を行う事ができ、給食がある場合は栄養管理もされることから、耐久性の高い肉体を作ることができるのである。
 
 部品: 学ぶ期間(3年)
 入学して学生となったものは、いずれかの科を一つ選び、3年間勉学に励むこととなる。
 複数の科に在籍することは認められない。
 別の科を学びたい場合は、卒業後に再び入学し学ぶこと。
 
 部品: 卒業の条件
 入学し3年間学んだものは卒業できる。
 ただし、授業への出席日数が著しく少ない者、著しい不良行為(犯罪、過剰な暴力行為)が認められた者、成績が著しく低い者は職員会議にかけられる。その結果によっては留年、退学措置がとられる場合がある。
 
 部品: 基礎科目
 すべての教育課程では、基礎的な学問(数学、国語、外国語、社会、体育、保健体育、音楽)の教育も合わせて行う。 
 年次が上がるにしたがって基礎科目の授業は少なくなり、専門的な授業が増えていく。
 
 部品: 畜産農業の理念
 『健康な肉体や精神は食によりつくられる』この理念を掲げ、畜産農業コースでは実践教育に重きを置き、生産者としてだけではなく、命の尊さについても学べる教育を行っている。
 
 部品: 農業土木科
 農業と農村地域を発展させる土木の役割を考える科目。3年間勉強する。
 実地での農業の基礎学習や、測量、農業に関する土木建設の設計・施工について学ぶ。
 農地改良のための暗渠、農業用水路、ダムなどの設計についても学ぶ。
 そのほとんどが実地研修となる。
 
 部品: 農産加工科
 学校で作られた作物をパンやお菓子やジャム、燻製や漬物などの食品へ加工する科目。主に実習にて3年間勉強する。
 授業にて作られた加工食品は直売所にて販売し、生産者としての心も学ぶ事が出来る。また食品生産だけではなく、飼料の生産も学ぶ。
 
 部品: 農業機械科
 トラクターなどの農業機械の仕組み、操作、修理の方法、電子制御の機械工作の基礎を3年間学ぶ。
 実際に農業機械を操作しての農作物の収穫や、畑の耕作、エンジンの組み立て、溶接実習も行う。(その際、安全教育を徹底する)
 
 部品: 畜産科
 実習にて牛や羊や鶏を飼育し、卵、乳、肉、皮革などの生産技術、乳製品の加工や羊毛の生産技術、役畜や衛生管理技術・堆厩肥作りなどを学ぶ。経営管理などの座学もあるが、主に実験実習に焦点を当て学んでいく。3年間飼育しながら勉強をする。
 
 部品: 体験学習(畜産農業)
 畜産農業コースでは実際の農家へ2週間の体験学習を行うなど、さらに実践的な学習が出来るように教育に力を入れている。体験学習は学校内で育てている作物や畜産飼育に人員欠如の穴ができないようにスケジュールが組まれ体験学習がスムーズに進むよう配慮されている。
 
 部品: 専門設備(畜産農業)
 畜産や農業では土地が活用されるため、学校の敷地に畑や農地、牧場、ビニールハウスや畜産生物それぞれの牧舎が用意されている。また肥料や飼料、農耕や酪農畜産の道具、トラクターなどの機械も完備されており、生産するための一式は一通り揃っている。生物を相手にすることから飼育担当の生徒は寮に入り生活をすることが定められている。
 
 部品: 水産の理念
 海に学び、海と生きる。
 漁業を通して地元へ・世界へ貢献できる人材を送り出す。
 海・漁業に関する技術の継承のためにこのコースは作られた。
 実地研修に力を入れている。
 
 部品: 漁業科
 漁業についての基礎を3年間学ぶ。
 漁業に関する小型船舶の知識と操縦技術、航海知識と技術、水産・海洋関連産業のつながり、現在行われている一般的な漁法・道具の使い方、潜水について学ぶ。現地に行って見学、手伝いをさせてもらったり、乗船実習も行う。
 
 部品: 養殖科
 水産資源の利用について3年間学ぶ。
 水産・海洋の基礎知識、海洋生物の多様性、海洋の環境、養殖・栽培漁業の基礎知識、栽培技術について学ぶ。
 養殖栽培棟での実習、実際の現場での研修もある。
 
 部品: 水産食品科
 漁業・水産について3年間学ぶ。
 調理についての知識・技術、干物・練り物・缶詰の加工方法、食品製造にかかわる衛生学、栄養学、食品管理、商品開発、マーケティング、水産食品の流通、地域にの水産食品の食文化、水産加工の現状の問題などについて学ぶ。
 干物・練り物・缶詰を作成する実習、加工場見学がある。実際の販売、調理実習も行う。
 
 部品: 海洋機関科
 航海、船について3年間学ぶ。
 船舶についての基礎的な知識と操縦、船のエンジン機関・原動機の基礎的な知識、また修理する技能、船舶・運航に関する最新知識、船上での礼儀作法について学ぶ。長期にわたる乗船実習も行う。
 
 部品: 水産コースの体験学習
 それぞれの科にあわせて様々な体験学習が用意されている。
 水産についての基礎実習、泊りがけの乗船実習、練り物や缶詰・干物を作る調理実習などである。
 実習は地元の漁師の皆さんの協力のもとに行われる。
 
 部品: 水産コースの専門設備
 水産加工室、養殖栽培棟、船庫、機関運転実習室など水産学校独特の設備がある。
 授業で使われるものだが、取り扱いを間違えると危険なものも多い。
 必ず先生などの監督官のいる時に使用し、正しい使用方法を守ることが義務付けられている。
 
 部品: 工業職工の開講理念
 ものづくりこそが社会の基盤である。
 ものづくりにかかわる技術者の育成を目指す。
 機械、材料、土木に関する技術の継承のためにこのコースは作られた。
 実地研修を主にして授業が進む。
 
 部品: 機械科
 ものづくりの基礎を3年間学ぶ。
 設計製図、機械工作での切削作業、旋盤機の使い方、溶接の仕方、原動機による生産システムの基礎を学ぶ。
 専用の機械での実習、工場見学なども行う。
 
 部品: 材料工学科
 材料工学について3年間学ぶ。
 物質の組成・構造変化についての知識、有機物・無機物の合成技術、鉄やプラスチック・セラミックの生成方法、化学産業の成り立ち、関連して引き起こされる環境問題について学ぶ。
 科学実験、工場見学も行う。
 
 部品: 社会工学科
 社会基盤の整備と運営について3年間学ぶ。
 土木工学、測量の仕方、建築、都市計画、都市環境、空間デザイン、自然災害に対して強い地域の構築について学ぶ。
 規模が大きなものづくり。
 測量実習、構造実験室での実習、土木作業の実習なども行う。
 
 部品: 陶芸科
 焼き物について3年間学ぶ。
 陶器・陶磁器の製造、陶器への印刷・転写法、耐熱ガラスの作成法、窯の使い方、地域にある焼き物・伝統工芸、工芸技術について学ぶ。
 材料工学科と授業が一緒になる時がある。(セラミックなど)
 窯で焼き物を作る実習、工場の見学がある。
 
 部品: 工業職工の体験学習
 それぞれの科にあわせて様々な体験学習が用意されている。
 工場見学、工場での職業体験、測量実習(合宿)、土木作業体験実習、焼き物の製造、焼成釜の見学など。
 地元の工場、会社が協力してくれる。
 
 部品: 工業職工の専門設備
 機械工作室、溶接機、化学実験室、構造実験室、電気釜などが設置されている。
 必ず先生などの監督官のいる時に使用し、正しい使用方法を守ることが義務付けられている。
 
 部品: 概要
 様々な施設において緊急事態が発生した場合に備えるための訓練。最適な避難経路、二次災害を防ぐための適切な処置、傷病者が居る場合の対応などを定期的に確認するために行う。
 
 部品: 実施頻度
 年に2回程度行うことが国からも推奨されているが、施設の規模や人員によっては回数を減らし、年に1回の実施としても良い。
 
 部品: 対象施設
 教育機関や役所をはじめとする公的施設においては必須。その他公共施設や企業においても行う事が推奨されている。町内会など自治体単位で行われることもある。
 
 部品: 最新の情報
 防災の知識は常に新しくなるものである。例年同じ訓練を行うのではなく、最新の情報に従って計画を立てることが必要とされている。
 
 部品: 避難訓練
 災害が起きた場合、速やかにより安全な場所に移動することが必要とされる。移動中に二次災害に合わないよう、適切な避難場所を選択し速やかに移動するための訓練。
 
 部品: 消火訓練
 テロや戦闘状態などの場合を除き、火事が起きた場合可能であれば初期消火を行う事が推奨される。自分の身の安全を確保した上で消火活動を行うにはどのようにすれば良いのかを分りやすく確認するために行う。
 
 部品: 水害対策訓練
 一言に水害と言っても津波や河川の氾濫など多岐に渡る。いずれの場合においても使用可能な避難場所や、被害を局限するために必要な土嚢の作成方法などを確認する。
 
 部品: 対テロ用訓練
 テロが起こった場合に一般市民がそれに立ち向かうことは推奨されない。そのため、実際に起きた場合にどのように行動するのが最も安全か、安全にその場を離れるためにはどのようにすれば良いのかを学ぶことが主目的とされる。
 
 


インポート用定義データ


 [
   {
     "title": "よんた藩国学校",
     "part_type": "group",
     "children": [
       {
         "title": "学校",
         "children": [
           {
             "title": "教育制度の中心システム",
             "description": "幼児・児童・生徒・学生その他に対する教育制度の中心的な役割を持つ機関である。学園、学院もほぼ同様の意味を持つ。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "教育制度",
             "children": [
               {
                 "title": "教育とは何か",
                 "description": "教育とは教え育てることであり、教育の対象を望ましい状態にさせるために、心体両面に意図的に働きかけること。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "教育の目的",
                 "description": "教育を受ける対象の知識を増やしたり、技能を身に着けさせたり、心理的性質の向上を図ることでその対象が持つ能力を引き出すこと。",
                 "part_type": "part"
               }
             ],
             "expanded": true,
             "part_type": "group"
           },
           {
             "title": "学校施設",
             "children": [
               {
                 "title": "校舎",
                 "description": "校舎とは学校を象徴する建物であり、学生たちが教育を受ける中心的な活動場所となる。この外観はその学校の作られた時期に応じて異なるため、校舎の姿は歴史的な意義を持つ場合がある。中には各種教室などが内包されている。",
                 "expanded": true,
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "講堂",
                 "description": "学校において式典等を行ったり、講演や合同の講義などを行ったりする建物もしくは大きなホールのこと。体育館などと兼用になってることも多い。大学などでは部屋の一室として設置される場合もあり、講義室、大教室などと呼称されることもある。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "校庭(運動場)",
                 "description": "学校の校庭は、運動場として体育等の教育に用いられる施設である。設置場所は問わないが、学校に隣接して設置されることが多く、場所が確保できない都市部では屋上に設置されることもある。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "体育館",
                 "description": "講堂と兼ねている所も多いが、主に室内での体育や、入学式、卒業式などの学校行事その他を行う施設である。室内競技用の施設が付属している場合もある。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "特別教室",
                 "description": "理科教室、生活教室、音楽教室、図画工作教室、家庭教室、図書室、特別活動室、教育相談室などがある。物理域によっては視聴覚室やコンピュータ室が設置されることもある。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "校長室",
                 "description": "学校の教師の長である校長の執務室である。来客用の応接セットがあり、来客者や地域の教育関係者との会合などが行われる。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "職員室",
                 "description": "学校職員が執務する部屋。授業準備のための教材や教具が置いてあることもある。校内の学生が安全に生活できるようにするための管理設備が集約されていることも多く、防災をコントロールするための設備が設置されている他、防犯用具なども置かれていることがある。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "校舎への不審者侵入対策",
                 "description": "校舎内への不審者侵入を防ぐため、校舎玄関から入った者は必ず職員室の前を通るよう設計されている施設も多い。",
                 "expanded": true,
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "生徒会室",
                 "description": "生徒会執行部の役員が会議をするための部屋で、一般生徒は原則立ち入ることはできない。生徒会室と称しているが、名称は児童会室であることや、特定の名前がついている場合はその名前の部屋になることもある。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "保健室",
                 "description": "学生の健康診断、健康相談、救急処置等を行うための部屋。怪我をや病気をした学生や教師などの手当や看護が行われる。養護教諭が常駐しており、ベッドや薬品の他身長計や体重計などの計測器具も備え付けられている。カウンセラーの資格を持っていたり、カウンセラーが常駐している場合もある。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "会議室",
                 "description": "職員会議や様々な会合を行うための部屋。学生などが学校行事の準備のために使用したりすることもあり、汎用性のある用途の部屋である。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "管理員室",
                 "description": "いわゆる用務員室や宿直室と呼ばれるもの。住み込みの用務員がいる場合や、夜間警備員の常駐管理を行うための部屋で、生活が可能な空間となっている。場合によっては平屋建ての住宅がその代わりになっている場合もあり、風呂や台所などの家財一式が揃っている場合もある。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "給食室または食堂",
                 "description": "給食制度がある場合においては給食が準備される施設である。代わりに食堂をおいており、厨房設備が完備されている場合もある。場合によってはここに販売スペースも用意され、食料品を購入することもできる。",
                 "part_type": "part"
               }
             ],
             "expanded": true,
             "part_type": "group"
           },
           {
             "title": "学校による教育",
             "children": [
               {
                 "title": "知識の学び舎",
                 "description": "学校は様々な学生に多くの知識を学ばせることができる。その期間はそれぞれだが、知識を学ぶという点においては共通だろう。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "健やかな身体作り",
                 "description": "学校は健康な身体を作る上で必要な定期的な運動を行う事ができ、給食がある場合は栄養管理もされることから、耐久性の高い肉体を作ることができるのである。",
                 "part_type": "part"
               }
             ],
             "expanded": true,
             "part_type": "group"
           }
         ],
         "expanded": false,
         "part_type": "group"
       },
       {
         "title": "入学・卒業について",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "学ぶ期間(3年)",
             "description": "入学して学生となったものは、いずれかの科を一つ選び、3年間勉学に励むこととなる。\n複数の科に在籍することは認められない。\n別の科を学びたい場合は、卒業後に再び入学し学ぶこと。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "卒業の条件",
             "description": "入学し3年間学んだものは卒業できる。\nただし、授業への出席日数が著しく少ない者、著しい不良行為(犯罪、過剰な暴力行為)が認められた者、成績が著しく低い者は職員会議にかけられる。その結果によっては留年、退学措置がとられる場合がある。",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": false
       },
       {
         "title": "共通基礎科目",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "基礎科目",
             "description": "すべての教育課程では、基礎的な学問(数学、国語、外国語、社会、体育、保健体育、音楽)の教育も合わせて行う。 \n年次が上がるにしたがって基礎科目の授業は少なくなり、専門的な授業が増えていく。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           }
         ],
         "expanded": false
       },
       {
         "title": "畜産農業コース",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "畜産農業の理念",
             "description": "『健康な肉体や精神は食によりつくられる』この理念を掲げ、畜産農業コースでは実践教育に重きを置き、生産者としてだけではなく、命の尊さについても学べる教育を行っている。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "教育課程(畜産農業)",
             "part_type": "group",
             "children": [
               {
                 "title": "農業土木科",
                 "description": "農業と農村地域を発展させる土木の役割を考える科目。3年間勉強する。\n実地での農業の基礎学習や、測量、農業に関する土木建設の設計・施工について学ぶ。\n農地改良のための暗渠、農業用水路、ダムなどの設計についても学ぶ。\nそのほとんどが実地研修となる。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "農産加工科",
                 "description": "学校で作られた作物をパンやお菓子やジャム、燻製や漬物などの食品へ加工する科目。主に実習にて3年間勉強する。\n授業にて作られた加工食品は直売所にて販売し、生産者としての心も学ぶ事が出来る。また食品生産だけではなく、飼料の生産も学ぶ。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "農業機械科",
                 "description": "トラクターなどの農業機械の仕組み、操作、修理の方法、電子制御の機械工作の基礎を3年間学ぶ。\n実際に農業機械を操作しての農作物の収穫や、畑の耕作、エンジンの組み立て、溶接実習も行う。(その際、安全教育を徹底する)",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "畜産科",
                 "description": "実習にて牛や羊や鶏を飼育し、卵、乳、肉、皮革などの生産技術、乳製品の加工や羊毛の生産技術、役畜や衛生管理技術・堆厩肥作りなどを学ぶ。経営管理などの座学もあるが、主に実験実習に焦点を当て学んでいく。3年間飼育しながら勉強をする。",
                 "part_type": "part"
               }
             ],
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "体験学習(畜産農業)",
             "description": "畜産農業コースでは実際の農家へ2週間の体験学習を行うなど、さらに実践的な学習が出来るように教育に力を入れている。体験学習は学校内で育てている作物や畜産飼育に人員欠如の穴ができないようにスケジュールが組まれ体験学習がスムーズに進むよう配慮されている。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "専門設備(畜産農業)",
             "description": "畜産や農業では土地が活用されるため、学校の敷地に畑や農地、牧場、ビニールハウスや畜産生物それぞれの牧舎が用意されている。また肥料や飼料、農耕や酪農畜産の道具、トラクターなどの機械も完備されており、生産するための一式は一通り揃っている。生物を相手にすることから飼育担当の生徒は寮に入り生活をすることが定められている。",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": false
       },
       {
         "title": "水産コース",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "水産の理念",
             "description": "海に学び、海と生きる。\n漁業を通して地元へ・世界へ貢献できる人材を送り出す。\n海・漁業に関する技術の継承のためにこのコースは作られた。\n実地研修に力を入れている。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "水産コースの教育課程",
             "part_type": "group",
             "children": [
               {
                 "title": "漁業科",
                 "description": "漁業についての基礎を3年間学ぶ。\n漁業に関する小型船舶の知識と操縦技術、航海知識と技術、水産・海洋関連産業のつながり、現在行われている一般的な漁法・道具の使い方、潜水について学ぶ。現地に行って見学、手伝いをさせてもらったり、乗船実習も行う。",
                 "part_type": "part",
                 "expanded": true
               },
               {
                 "title": "養殖科",
                 "description": "水産資源の利用について3年間学ぶ。\n水産・海洋の基礎知識、海洋生物の多様性、海洋の環境、養殖・栽培漁業の基礎知識、栽培技術について学ぶ。\n養殖栽培棟での実習、実際の現場での研修もある。",
                 "part_type": "part",
                 "expanded": true
               },
               {
                 "title": "水産食品科",
                 "description": "漁業・水産について3年間学ぶ。\n調理についての知識・技術、干物・練り物・缶詰の加工方法、食品製造にかかわる衛生学、栄養学、食品管理、商品開発、マーケティング、水産食品の流通、地域にの水産食品の食文化、水産加工の現状の問題などについて学ぶ。\n干物・練り物・缶詰を作成する実習、加工場見学がある。実際の販売、調理実習も行う。",
                 "part_type": "part",
                 "expanded": true
               },
               {
                 "title": "海洋機関科",
                 "description": "航海、船について3年間学ぶ。\n船舶についての基礎的な知識と操縦、船のエンジン機関・原動機の基礎的な知識、また修理する技能、船舶・運航に関する最新知識、船上での礼儀作法について学ぶ。長期にわたる乗船実習も行う。",
                 "part_type": "part",
                 "expanded": true
               }
             ],
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "水産コースの体験学習",
             "description": "それぞれの科にあわせて様々な体験学習が用意されている。\n水産についての基礎実習、泊りがけの乗船実習、練り物や缶詰・干物を作る調理実習などである。\n実習は地元の漁師の皆さんの協力のもとに行われる。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "水産コースの専門設備",
             "description": "水産加工室、養殖栽培棟、船庫、機関運転実習室など水産学校独特の設備がある。\n授業で使われるものだが、取り扱いを間違えると危険なものも多い。\n必ず先生などの監督官のいる時に使用し、正しい使用方法を守ることが義務付けられている。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           }
         ],
         "expanded": false
       },
       {
         "title": "工業職工コース",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "工業職工の開講理念",
             "description": "ものづくりこそが社会の基盤である。\nものづくりにかかわる技術者の育成を目指す。\n機械、材料、土木に関する技術の継承のためにこのコースは作られた。\n実地研修を主にして授業が進む。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "工業職工の教育課程",
             "part_type": "group",
             "children": [
               {
                 "title": "機械科",
                 "description": "ものづくりの基礎を3年間学ぶ。\n設計製図、機械工作での切削作業、旋盤機の使い方、溶接の仕方、原動機による生産システムの基礎を学ぶ。\n専用の機械での実習、工場見学なども行う。",
                 "part_type": "part",
                 "expanded": true
               },
               {
                 "title": "材料工学科",
                 "description": "材料工学について3年間学ぶ。\n物質の組成・構造変化についての知識、有機物・無機物の合成技術、鉄やプラスチック・セラミックの生成方法、化学産業の成り立ち、関連して引き起こされる環境問題について学ぶ。\n科学実験、工場見学も行う。",
                 "part_type": "part",
                 "expanded": true
               },
               {
                 "title": "社会工学科",
                 "description": "社会基盤の整備と運営について3年間学ぶ。\n土木工学、測量の仕方、建築、都市計画、都市環境、空間デザイン、自然災害に対して強い地域の構築について学ぶ。\n規模が大きなものづくり。\n測量実習、構造実験室での実習、土木作業の実習なども行う。",
                 "part_type": "part",
                 "expanded": true
               },
               {
                 "title": "陶芸科",
                 "description": "焼き物について3年間学ぶ。\n陶器・陶磁器の製造、陶器への印刷・転写法、耐熱ガラスの作成法、窯の使い方、地域にある焼き物・伝統工芸、工芸技術について学ぶ。\n材料工学科と授業が一緒になる時がある。(セラミックなど)\n窯で焼き物を作る実習、工場の見学がある。",
                 "part_type": "part",
                 "expanded": true
               }
             ],
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "工業職工の体験学習",
             "description": "それぞれの科にあわせて様々な体験学習が用意されている。\n工場見学、工場での職業体験、測量実習(合宿)、土木作業体験実習、焼き物の製造、焼成釜の見学など。\n地元の工場、会社が協力してくれる。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "工業職工の専門設備",
             "description": "機械工作室、溶接機、化学実験室、構造実験室、電気釜などが設置されている。\n必ず先生などの監督官のいる時に使用し、正しい使用方法を守ることが義務付けられている。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           }
         ],
         "expanded": false
       },
       {
         "title": "防災訓練",
         "children": [
           {
             "title": "概要",
             "description": "様々な施設において緊急事態が発生した場合に備えるための訓練。最適な避難経路、二次災害を防ぐための適切な処置、傷病者が居る場合の対応などを定期的に確認するために行う。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "実施頻度",
             "description": "年に2回程度行うことが国からも推奨されているが、施設の規模や人員によっては回数を減らし、年に1回の実施としても良い。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "対象施設",
             "description": "教育機関や役所をはじめとする公的施設においては必須。その他公共施設や企業においても行う事が推奨されている。町内会など自治体単位で行われることもある。",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "最新の情報",
             "description": "防災の知識は常に新しくなるものである。例年同じ訓練を行うのではなく、最新の情報に従って計画を立てることが必要とされている。",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "訓練の例",
             "children": [
               {
                 "title": "避難訓練",
                 "description": "災害が起きた場合、速やかにより安全な場所に移動することが必要とされる。移動中に二次災害に合わないよう、適切な避難場所を選択し速やかに移動するための訓練。",
                 "expanded": true,
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "消火訓練",
                 "description": "テロや戦闘状態などの場合を除き、火事が起きた場合可能であれば初期消火を行う事が推奨される。自分の身の安全を確保した上で消火活動を行うにはどのようにすれば良いのかを分りやすく確認するために行う。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "水害対策訓練",
                 "description": "一言に水害と言っても津波や河川の氾濫など多岐に渡る。いずれの場合においても使用可能な避難場所や、被害を局限するために必要な土嚢の作成方法などを確認する。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "対テロ用訓練",
                 "description": "テロが起こった場合に一般市民がそれに立ち向かうことは推奨されない。そのため、実際に起きた場合にどのように行動するのが最も安全か、安全にその場を離れるためにはどのようにすれば良いのかを学ぶことが主目的とされる。",
                 "part_type": "part"
               }
             ],
             "expanded": true,
             "part_type": "group"
           }
         ],
         "expanded": false,
         "part_type": "group"
       }
     ],
     "expanded": true
   }
 ]