※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

エアバイクタクシー会社の経営モデル 蒼梧藩国さまより流用


部品構造


  • 大部品: エアバイクタクシー「よんタクシー」 RD:10 評価値:5
    • 大部品: よんタクシーについて RD:2 評価値:1
      • 部品: 白い犬のよんタクシー
      • 部品: よんタクシーの所在地
    • 大部品: 騎士(T20) RD:1 評価値:0
      • 部品: 騎士:楠七田(T20設定国民)
    • 大部品: エアバイクタクシー会社の経営モデル RD:7 評価値:4
      • 部品: 認可と義務
      • 部品: 事業内容
      • 部品: 経営理念
      • 部品: 守るべきもの
      • 部品: 組織規模
      • 部品: 料金に関する事項
      • 部品: 禁止事項



部品定義


部品: 白い犬のよんタクシー

よんタクシーとは、白い犬のマークが特徴のエアバイクを利用した少人数近距離に特化した輸送会社である。
国民や観光客の近隣地区への移動の足として利用される。
でぃ~グル号の駅、市街地中心部、商業地区の大通りなど、人通りが多い場所に待機していることが多い。
前もって予約しておけば、特定の時間に指定の場所へ来てもらうことも可能である。

部品: よんタクシーの所在地

本社は中心街に存在している。本社では予約受付なども行っているが、主に事務処理が行われている。
よんた藩国内で需要の多い商業地区には、小さな出張所が設けられており、主に予約受付と乗務員の休憩の場として活用されている。

また工業地区も、規模は小さいが整備施設を持つ出張所があり、定期的にメンテナンスを行っている。
この出張所には数人が普通に暮らせるだけの居住スペースが併設されている。
よんタクシーの代表である騎士はここを住居としている。

部品: 騎士:楠七田(T20設定国民)

楠七田(くすのき ななた)。
農家の四男だったが、輸入されてきたエアバイクに一目ぼれした。
機械いじりが割と好きだったこともあり、何とかエアバイクに関わる仕事をしたい、と奮闘する。
その熱意が通じたのか、騎士として任命され、本格的なエアバイクを使った個人輸送会社、エアバイクタクシー「よんタクシー」を設立した。

部品: 認可と義務

エアバイク事業を行う際には、国からの認可が必要である。認可前に申請を行い、会社の信頼性が得られるならば、認可が下り営業を行う事ができる。さらに、年に1回経営状態の報告が義務付けられていている。また、配送の際の伝票は5年間の保持が義務づけられており、場合によっては、国から取引荷物の情報開示の請求を求める事ができる。

部品: 事業内容

座席後部に乗客用の椅子を追加したエアバイクでの人員輸送業を主としている。エアバイクの機動力を活かした都市部での輸送や、駅から観光地への観光客の交通手段、交通の不便な地域内での地元民の足替わりと様々な役割を持っている。

部品: 経営理念

お客様を大切に、社員を大切にしていく。また、お客様や会社を取り巻くすべての人たちへの誠意・信頼・感謝を持ち続けていく。そのために、ドライバーの教育による良質なサービスの提供や、従業員に対する心身のケアや労働しやすい環境づくりを行っていく。


部品: 守るべきもの

ドライバーは生身の人間を運ぶ訳であり、交通ルールの遵守はもちろん、事故を起こさないよう安全運転を心がけている。また、ドライバーへの教育として、安全運転の教育と、お客様と接するための対応やマナーの教育、道徳や倫理観の教育を行っている。また、企業としてはドライバーや従業員への賃金や労働時間などの適切な労働条件、心身のケアも行い、職員が働きやすい環境づくりを行っている。

部品: 組織規模

会社もしくは事業所の規模により変わるが、ドライバー、事務員合わせて多くとも20人程度の小さな企業がほとんどである。エアバイクは予備の用意をされていることもあり、事務員は電話対応や事務処理を行う。ドライバーは始業時のバイクの整備、点検を確実に行い、不備や事故の無いように努めている。


部品: 料金に関する事項

バイク一台につき、一人乗ることができる。メーターの搭載が推奨されているが、設置されていない場合は乗車の際に価格交渉を行う。ドライバーは乗車記録(時間、乗車場所~降車場所、料金)が義務づけられている。不当に高い金額を請求したことが発覚した場合、乗務員の免許停止などの措置が下される。

部品: 禁止事項

乗車制限:危険物を所持しての乗車、具体的には武器全般、毒物や劇薬、発火や引火の可能性がある火薬類、悪臭や液漏れ等、車両に損害を及ぼす恐れのある荷物。また、極度の泥酔状態、暴力暴言行為など、ドライバーに危害を及ぼす恐れがある場合。また、ドライバーの制限としては、客に対しての暴力暴言行為、不当な料金の請求、特定の店を紹介・斡旋によるリベートの禁止がある。



提出書式


 大部品: エアバイクタクシー「よんタクシー」 RD:10 評価値:5
 -大部品: よんタクシーについて RD:2 評価値:1
 --部品: 白い犬のよんタクシー
 --部品: よんタクシーの所在地
 -大部品: 騎士(T20) RD:1 評価値:0
 --部品: 騎士:楠七田(T20設定国民)
 -大部品: エアバイクタクシー会社の経営モデル RD:7 評価値:4
 --部品: 認可と義務
 --部品: 事業内容
 --部品: 経営理念
 --部品: 守るべきもの
 --部品: 組織規模
 --部品: 料金に関する事項
 --部品: 禁止事項
 
 
 部品: 白い犬のよんタクシー
 よんタクシーとは、白い犬のマークが特徴のエアバイクを利用した少人数近距離に特化した輸送会社である。
 国民や観光客の近隣地区への移動の足として利用される。
 でぃ~グル号の駅、市街地中心部、商業地区の大通りなど、人通りが多い場所に待機していることが多い。
 前もって予約しておけば、特定の時間に指定の場所へ来てもらうことも可能である。
 
 部品: よんタクシーの所在地
 本社は中心街に存在している。本社では予約受付なども行っているが、主に事務処理が行われている。
 よんた藩国内で需要の多い商業地区には、小さな出張所が設けられており、主に予約受付と乗務員の休憩の場として活用されている。
 
 また工業地区も、規模は小さいが整備施設を持つ出張所があり、定期的にメンテナンスを行っている。
 この出張所には数人が普通に暮らせるだけの居住スペースが併設されている。
 よんタクシーの代表である騎士はここを住居としている。
 
 部品: 騎士:楠七田(T20設定国民)
 楠七田(くすのき ななた)。
 農家の四男だったが、輸入されてきたエアバイクに一目ぼれした。
 機械いじりが割と好きだったこともあり、何とかエアバイクに関わる仕事をしたい、と奮闘する。
 その熱意が通じたのか、騎士として任命され、本格的なエアバイクを使った個人輸送会社、エアバイクタクシー「よんタクシー」を設立した。
 
 部品: 認可と義務
 エアバイク事業を行う際には、国からの認可が必要である。認可前に申請を行い、会社の信頼性が得られるならば、認可が下り営業を行う事ができる。さらに、年に1回経営状態の報告が義務付けられていている。また、配送の際の伝票は5年間の保持が義務づけられており、場合によっては、国から取引荷物の情報開示の請求を求める事ができる。
 
 部品: 事業内容
 座席後部に乗客用の椅子を追加したエアバイクでの人員輸送業を主としている。エアバイクの機動力を活かした都市部での輸送や、駅から観光地への観光客の交通手段、交通の不便な地域内での地元民の足替わりと様々な役割を持っている。
 
 部品: 経営理念
 お客様を大切に、社員を大切にしていく。また、お客様や会社を取り巻くすべての人たちへの誠意・信頼・感謝を持ち続けていく。そのために、ドライバーの教育による良質なサービスの提供や、従業員に対する心身のケアや労働しやすい環境づくりを行っていく。
 
 
 部品: 守るべきもの
 ドライバーは生身の人間を運ぶ訳であり、交通ルールの遵守はもちろん、事故を起こさないよう安全運転を心がけている。また、ドライバーへの教育として、安全運転の教育と、お客様と接するための対応やマナーの教育、道徳や倫理観の教育を行っている。また、企業としてはドライバーや従業員への賃金や労働時間などの適切な労働条件、心身のケアも行い、職員が働きやすい環境づくりを行っている。
 
 部品: 組織規模
 会社もしくは事業所の規模により変わるが、ドライバー、事務員合わせて多くとも20人程度の小さな企業がほとんどである。エアバイクは予備の用意をされていることもあり、事務員は電話対応や事務処理を行う。ドライバーは始業時のバイクの整備、点検を確実に行い、不備や事故の無いように努めている。
 
 
 部品: 料金に関する事項
 バイク一台につき、一人乗ることができる。メーターの搭載が推奨されているが、設置されていない場合は乗車の際に価格交渉を行う。ドライバーは乗車記録(時間、乗車場所~降車場所、料金)が義務づけられている。不当に高い金額を請求したことが発覚した場合、乗務員の免許停止などの措置が下される。
 
 部品: 禁止事項
 乗車制限:危険物を所持しての乗車、具体的には武器全般、毒物や劇薬、発火や引火の可能性がある火薬類、悪臭や液漏れ等、車両に損害を及ぼす恐れのある荷物。また、極度の泥酔状態、暴力暴言行為など、ドライバーに危害を及ぼす恐れがある場合。また、ドライバーの制限としては、客に対しての暴力暴言行為、不当な料金の請求、特定の店を紹介・斡旋によるリベートの禁止がある。
 
 


インポート用定義データ


 [
   {
     "id": 90378,
     "title": "エアバイクタクシー「よんタクシー」",
     "description": null,
     "part_type": "group",
     "created_at": "2017-09-04 13:31:55.210327",
     "updated_at": "2017-09-04 13:31:55.210327",
     "children": [
       {
         "id": 90379,
         "title": "よんタクシーについて",
         "description": null,
         "part_type": "group",
         "created_at": "2017-09-04 13:31:55.256949",
         "updated_at": "2017-09-04 13:31:55.256949",
         "children": [
           {
             "id": 90380,
             "title": "白い犬のよんタクシー",
             "description": "よんタクシーとは、白い犬のマークが特徴のエアバイクを利用した少人数近距離に特化した輸送会社である。\n国民や観光客の近隣地区への移動の足として利用される。\nでぃ~グル号の駅、市街地中心部、商業地区の大通りなど、人通りが多い場所に待機していることが多い。\n前もって予約しておけば、特定の時間に指定の場所へ来てもらうことも可能である。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-09-04 13:31:55.259974",
             "updated_at": "2017-09-04 13:31:55.259974",
             "children": [],
             "character": {
               "id": 488,
               "name": "よんた"
             }
           },
           {
             "id": 90381,
             "title": "よんタクシーの所在地",
             "description": "本社は中心街に存在している。本社では予約受付なども行っているが、主に事務処理が行われている。\nよんた藩国内で需要の多い商業地区には、小さな出張所が設けられており、主に予約受付と乗務員の休憩の場として活用されている。\n\nまた工業地区も、規模は小さいが整備施設を持つ出張所があり、定期的にメンテナンスを行っている。\nこの出張所には数人が普通に暮らせるだけの居住スペースが併設されている。\nよんタクシーの代表である騎士はここを住居としている。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-09-04 13:31:55.360678",
             "updated_at": "2017-09-04 13:31:55.360678",
             "children": [],
             "character": {
               "id": 488,
               "name": "よんた"
             }
           }
         ],
         "character": {
           "id": 488,
           "name": "よんた"
         },
         "expanded": true
       },
       {
         "id": 90382,
         "title": "騎士(T20)",
         "description": null,
         "part_type": "group",
         "created_at": "2017-09-04 13:31:55.49686",
         "updated_at": "2017-09-04 13:31:55.49686",
         "children": [
           {
             "id": 90383,
             "title": "騎士:楠七田(T20設定国民)",
             "description": "楠七田(くすのき ななた)。\n農家の四男だったが、輸入されてきたエアバイクに一目ぼれした。\n機械いじりが割と好きだったこともあり、何とかエアバイクに関わる仕事をしたい、と奮闘する。\nその熱意が通じたのか、騎士として任命され、本格的なエアバイクを使った個人輸送会社、エアバイクタクシー「よんタクシー」を設立した。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-09-04 13:31:55.503507",
             "updated_at": "2017-09-04 13:31:55.503507",
             "children": [],
             "character": {
               "id": 488,
               "name": "よんた"
             }
           }
         ],
         "character": {
           "id": 488,
           "name": "よんた"
         },
         "expanded": true
       },
       {
         "id": 56624,
         "title": "エアバイクタクシー会社の経営モデル",
         "description": null,
         "part_type": "group",
         "created_at": "2017-08-24 07:14:41.843377",
         "updated_at": "2017-09-04 12:36:47.571126",
         "children": [
           {
             "id": 56625,
             "title": "認可と義務",
             "description": "エアバイク事業を行う際には、国からの認可が必要である。認可前に申請を行い、会社の信頼性が得られるならば、認可が下り営業を行う事ができる。さらに、年に1回経営状態の報告が義務付けられていている。また、配送の際の伝票は5年間の保持が義務づけられており、場合によっては、国から取引荷物の情報開示の請求を求める事ができる。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-24 07:14:41.846724",
             "updated_at": "2017-08-24 07:14:41.846724",
             "children": [],
             "character": {
               "id": 1952,
               "name": "忠信"
             }
           },
           {
             "id": 56626,
             "title": "事業内容",
             "description": "座席後部に乗客用の椅子を追加したエアバイクでの人員輸送業を主としている。エアバイクの機動力を活かした都市部での輸送や、駅から観光地への観光客の交通手段、交通の不便な地域内での地元民の足替わりと様々な役割を持っている。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-24 07:14:41.878389",
             "updated_at": "2017-08-24 07:14:41.878389",
             "children": [],
             "character": {
               "id": 1952,
               "name": "忠信"
             }
           },
           {
             "id": 56627,
             "title": "経営理念",
             "description": "お客様を大切に、社員を大切にしていく。また、お客様や会社を取り巻くすべての人たちへの誠意・信頼・感謝を持ち続けていく。そのために、ドライバーの教育による良質なサービスの提供や、従業員に対する心身のケアや労働しやすい環境づくりを行っていく。\n",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-24 07:14:41.919597",
             "updated_at": "2017-08-24 07:14:41.919597",
             "children": [],
             "character": {
               "id": 1952,
               "name": "忠信"
             }
           },
           {
             "id": 56628,
             "title": "守るべきもの",
             "description": "ドライバーは生身の人間を運ぶ訳であり、交通ルールの遵守はもちろん、事故を起こさないよう安全運転を心がけている。また、ドライバーへの教育として、安全運転の教育と、お客様と接するための対応やマナーの教育、道徳や倫理観の教育を行っている。また、企業としてはドライバーや従業員への賃金や労働時間などの適切な労働条件、心身のケアも行い、職員が働きやすい環境づくりを行っている。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-24 07:14:41.946909",
             "updated_at": "2017-08-24 07:14:41.946909",
             "children": [],
             "character": {
               "id": 1952,
               "name": "忠信"
             }
           },
           {
             "id": 56629,
             "title": "組織規模",
             "description": "会社もしくは事業所の規模により変わるが、ドライバー、事務員合わせて多くとも20人程度の小さな企業がほとんどである。エアバイクは予備の用意をされていることもあり、事務員は電話対応や事務処理を行う。ドライバーは始業時のバイクの整備、点検を確実に行い、不備や事故の無いように努めている。\n",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-24 07:14:41.977912",
             "updated_at": "2017-08-24 07:14:41.977912",
             "children": [],
             "character": {
               "id": 1952,
               "name": "忠信"
             }
           },
           {
             "id": 56630,
             "title": "料金に関する事項",
             "description": "バイク一台につき、一人乗ることができる。メーターの搭載が推奨されているが、設置されていない場合は乗車の際に価格交渉を行う。ドライバーは乗車記録(時間、乗車場所~降車場所、料金)が義務づけられている。不当に高い金額を請求したことが発覚した場合、乗務員の免許停止などの措置が下される。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-24 07:14:42.003493",
             "updated_at": "2017-08-24 07:14:42.003493",
             "children": [],
             "character": {
               "id": 1952,
               "name": "忠信"
             }
           },
           {
             "id": 56631,
             "title": "禁止事項",
             "description": "乗車制限:危険物を所持しての乗車、具体的には武器全般、毒物や劇薬、発火や引火の可能性がある火薬類、悪臭や液漏れ等、車両に損害を及ぼす恐れのある荷物。また、極度の泥酔状態、暴力暴言行為など、ドライバーに危害を及ぼす恐れがある場合。また、ドライバーの制限としては、客に対しての暴力暴言行為、不当な料金の請求、特定の店を紹介・斡旋によるリベートの禁止がある。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-24 07:14:42.030686",
             "updated_at": "2017-08-24 07:14:42.030686",
             "children": [],
             "character": {
               "id": 1952,
               "name": "忠信"
             }
           }
         ],
         "character": {
           "id": 1952,
           "name": "忠信"
         },
         "expanded": true
       }
     ],
     "character": {
       "id": 488,
       "name": "よんた"
     },
     "expanded": true
   }
 ]