パワプロ > 高卒ルーキーの俺達がツバメ軍団を日本一に導く・Part2

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

前回のあらすじ

開幕戦で惨敗したスワローズは、その後も予定調和のように黒星の更新が続く。
なんとか2勝は挙げたものの、このままでは先が思いやられる…。
とにかく勝たなきゃ(使命感)





プレイ記録

4月は2勝しか挙げられなったスワローズ。
心機一転5月に臨むも、


いきなりあおいンゴwwwをやらかす、暗雲垂れ込めるスタートに…。
と言うか、中継ぎに回ったことでこれまで以上に酷使される羽目になったあおいはこの後異常なペースで黒星を重ねていってます。やべぇ。

んで、5月11日。


埼玉西武が「とにかく投手くれ!」って言うんで、どさくさに紛れてアキラを飛ばします。
つーわけで、星野と松永を交換トレードで獲得。松永はスタミナが高いので、先発で9点台とフルボッコなみずきと入れ替えて先発ローテ枠に入れます。これで投手は計8人。


その松永、移籍後初登板で見事初勝利。星野もセーブをマークして、きっちり仕事を果たしてくれました。

その後はガーシュインの完封でチーム4勝目を挙げ、翌5月19日に3人目の生贄投手を獲得。


どう見たって育成レベルのフィリップくん。ジョシュアもだったけど、こいつも18歳です。
頭数がいないから、とにかく投げさせますけどね。
これで外国人投手補強はとりあえずおしまいなので、整理のために投手起用法をはっつけます。


うーんこの炎上不可避のメンツ。でもトレード依頼を受けない限りここから増えることはありません。本当の地獄はここからヤ!



5月下旬、交流戦開始前の時点でチームは4勝40敗、勝率.090。首位とのゲーム差はすでに24。まあ、むしろ4勝もできてるから良しとする…。
オーダーは交流戦前にちょこっと変更。1番を張っていたものの.230台と低調だった野村を6番に下げ、鬼崎を1番に持っていきました。



そこから、まあ…交流戦は…お察しレベル。一応交流戦でシーズン初の連勝をマークしてはいますが、虐殺されたのに変わりはありませんからね…。

つーわけで、交流戦の順位表。


ファッ!?

まさか福岡ソフトバンクが最下位とは…(史実では確か優勝はしてたと思います。なおレギュラーシーズン)。
てか、8勝もできたことに驚き。まあスカスカ日程なので先発投手陣の疲労はそこまで気にはなりませんが、それでもこの成績なら上々でしょう。ちなみに交流戦優勝は巨人でした。

セ・リーグに戻っても12勝55敗、勝率.179と調子は上り調子。まずは20勝が目標かな?


なお、再開後…。


でもまあ、再開後3戦目くらいで何とか勝ちはしました。しかしなんだ、このスコアは…。



他球団情報をちょっとまとめておくと、6月24日に千葉ロッテ細谷・竹原←→東北楽天・高須のトレードが成立しております。
今季は人事異動はこれくらいでしたね。パワプロ15ではたまに巨人・阿部←→千葉ロッテ・里崎みたいなのが起こるからなー。




その後はまた10連敗をやらかすなどあり得ないペースで黒星を重ね、7月下旬には早くもシーズン負け越しが決まる始末。


前半戦終了時点で、こんなえげつない成績になってしまいました…。





次回は箸休め。成績と能力をちょっとずつ見せていきます。

最終更新:2014年07月10日 16:16