elma Ies neckt evoia twispeli kei
    わたしはあなたを愛(のぞ)みます

   elma Ies nexe peg twispeli kei
    全ての色たちは 黄昏の鐘と共に鳴ることを嫌い

   bekwist, Uhw kis meh elvine-l-xeoi kei fert sink I
    それは世界を濡らす 素敵な夜の一雫なのだから

   meh riris yehle kei lef xeo feo ele-shiole copha sm hynei teles
    一粒の誓いは真夜の雫と結び 旋律の流れに凍みて

   quo roo, quo vei roo, dis fears jes nett sis opha kei lef xearc
    遠く 遥く どこまでも その詠は透きとおる雫に沁みていく

   kyel raqis huda, kei tes lue bloz-Ye-miel
    苔むした泉 降りそそぐ雫と音色

   ole shan ilis, peg loar, peg kei, Hir et Univa sm hid
    夢も望みも、全て遥か過去(うしろ)に捨ててきた

   kei yum lisy r-blow-s-miel xins clue Is-Ye-fio missin
    そそぎし雫も 愛しく満ちて 巡りたる時の緋 彼方を駆ける
最終更新:2013年03月31日 19:49