{@A

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

日本国憲法A




日本国憲法A 2010年度 春学期 福嶋 持ち込み一切不可

以下の【問題1】および【問題2】の両方について解答しなさい。

 [注意事項]
 解答の順序は問わないが、それぞれの解答の冒頭に問題番号(【問題1】・【問題2】)と選択した問題番号
(【問題1】については(1)・(2)、【問題2】については(1)・(2)・(3))を必ず明記すること。

【問題1】 次の二問のうち、一問を選択して、解答しなさい。(配点:60点)

(1) 日本国憲法における人権保障のあり方について、大日本帝国憲法における権利保障のあり方と対比しつつ、論じなさい。

(2) 違憲審査制の意義、違憲審査制の類型を踏まえた上で、日本国憲法における違憲審査制の性格について、論じなさい。

【問題2】 次の三つの用語のうち、二つを選択して、五行程度で説明しなさい。(配点:20点×2=40点)

(1) 立憲的意味の憲法 (2) 行政国家現象 (3) 議院内閣制

<<参照条文>>
日本国憲法
第11~13条、66~69条、76条、81条、97~99条

大日本帝国憲法
第29条

裁判所法
第3条
最終更新:2010年07月22日 16:20
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。