D&D

《気弾》

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《気弾》[一般]Ki Blast

君は“気”を集中させてエネルギーの球体を作り出し、敵に投げつけることができる。

前提条件:

【敏】13、【判】13、《燃える気の拳》《素手攻撃強化》《朦朧化打撃》、基本攻撃ボーナス+8。

利益:

君は1回の移動アクションとして《朦朧化打撃》の使用回数を2回分消費することにより、純粋な“気”エネルギーの球体を作り出すことができる。その後、君は1回の標準アクションとして、その沸騰する“気”の球体を、60フィートの距離まで投げることができる。これは遠隔接触攻撃であり、3d6+君の【判】修正値に等しいポイントのダメージを与える。“気”の球体は[力場]効果である。
君のターンが終了するまでに“気”の球体を投げることができなかった場合、球体は無害に消散する。
この特技を修得した時点で、君の《朦朧化打撃》の1日の使用回数が1回増加する。

特殊:

ファイターは《気弾》をファイター・ボーナス特技として選択することができる。《朦朧化打撃》と《燃える気の拳》を修得し、基本攻撃ボーナスが+6あるモンクは、他の前提条件を満たしていなくても、6レベルの時点で得るボーナス特技として《気弾》を選択することができる。

出典:

『プレイヤーズ・ハンドブックⅡ』p.77

関連項目

最終更新:2013年11月27日 21:36