D&D

《火の敵を討つ一撃》

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《火の敵を討つ一撃》[一般]Smite Fiery Foe

君は(火)の副種別を持つクリーチャーを討つことができる。

前提条件:

“討つ一撃”能力。

利益:

1日1回、君は通常の近接攻撃を(火)の副種別を持つクリーチャーを討つ一撃にしようとすることができる。この能力を起動するとき、君の攻撃には[冷気]エネルギーが付与される。君の攻撃ロールには【魅力】修正値が加えられ、キャラクター・レベルあたり1ポイントの追加[冷気]ダメージを与える。もし(火)の副種別を持たないクリーチャーを討ってしまったなら、冷気の爆発は起こらず、その日の討つ一撃の使用回数を消費してしまう。
(火)の副種別を持つクリーチャーは、この能力によって与えられる追加ダメージも含めて、[冷気]からは通常のダメージの半分増し(+50%)のダメージを受けることを忘れないこと。
君はキャラクター・クラスやクレリックの領域などから得ている“一撃”能力の任意の使用回数を変換し、代わりに火の敵を討つ一撃として使用することができる。

出典:

『Frostburn』p.50

関連項目

最終更新:2013年11月29日 16:36