2000円札の普及推進

2000円札を普及させるには、入手と環流が重要になってきます。

まず日銀や銀行が積極的に2000円札を取り扱うようにしなくてはいけません。
現在、日銀は2000円札の新券を発行することを渋っていますので
日銀に対して要求することが重要です。
さらに2000円札を扱わない銀行も出てきてますのでその銀行に対しても取り扱うように要望した方がよいです。

銀行から入手したら使用するのですが、すぐにまた銀行に戻ってしまうような
ところで使うとあまり意味がありません。一部の自動販売機では2000円札は出金せず
銀行に送り返されますし、店舗によってもレジに2000円札用の場所が無く1万円札と
一緒に小銭入れの下にしまわれて、釣りとして使われない事も多いです。
そのようなところを避けつつ使用することにより2000円札を認知させ普及を推進することが出来ます。


  • 日銀
    • 銀行に2000円札を卸す
  • 銀行
    • 銀行に2000円札を置く
    • ATMや両替機に2000円札の入出金を可能にする

三菱東京UFJ銀行のお客様問い合わせ窓口です。両替機を2000円札にも対応させるよう要望を出してください。
http://www.bk.mufg.jp/voice/index.html

  • 利用者
    • 2000円札を入手し使う
    • 他の人の目に触れさせる
    • 2000円札をお釣りとして渡す
    • 銀行からお釣りのために入手する
    • 自動販売機を2000円札対応にする

基本

2000円札で切符を初乗りで購入→移動→2000円札で乗り越し清算→1000円札+小銭を溜めておく
→溜まった小銭を合計1000円以上にしてJRの券売機で切符を購入するとお釣りに1000円札が混ざる、
移動の必要がない場合購入した切符を払い戻す(JRの場合、券売機でそのまま払い戻しができる)
こうすることにより溜まった小銭が1000円札に変わる。繰り返すと 1000円札が複数枚できるので
みずほ銀行の両替機にて2000円札に両替を繰り返すことにより、券売機の中に2000円札を効率よく
仕込むことができるので、高額紙幣で切符を買った人の手元に2000円札がお釣りとして出てくるようになる。

  • ここで注意は、オムロン製などは2000円札を邪魔者として受け付けはするが、お釣りとしては出さないので、オムロン製は使ってはいけません。東京メトロの場合高見沢製を使ってください。

  • もし券売機のメーカーがわからない場合は、2000円札で1000円チャージした後に5000円札などで1000円チャージして、2000円以上のお釣りを出してみましょう。2000円札がお釣りとして出てきたら2000円札の出金に対応した券売機です

  • スイカやパスモがあるのですが、根気強く2000円札で電車に乗りましょう。片道1000円以上の区間ではICカードに1000円づつチャージして乗った方が効率がいいでしょう。

飽和攻撃(物量作戦)

SuicaやPASMOにチャージをする際、2000円札を5枚投入して1000円分のチャージを行うという手段があります。この場合、一度に複数枚投入された2000円札は専用のトレイに格納されてしまうため、釣り札として出金させることはできません。しかしながら、鉄道会社に以下のような影響を与えることが可能です。
  • 2000円札を1000円札へと両替すれば金融機関に支払う手数料が増加する
  • 2000円札を釣り札として出せば金融機関に支払う両替手数料を削減できる
物量で敵に圧力をかけて戦意を喪失させ、翻意を促すことも必要です。


お年玉


お年玉として2000円札を渡し、我々以外の人にも使用してもらいましょう。


次善の策<常に1万円札を友とせよ>


いつも2000円札を入手し、いかなる場面でも使用できればよいのですが、残念ながらそうはいきません。そうした場面ではどうしたらよいのか?それは1万円札を入手し使用すればよいのです。

1万円札は2000円札とは基本的に競合しません。そして、2000円札と同じように、市場の1000円札や5000円札を吸い上げる働きをします。また、銀行の両替機は20枚までしか紙幣を受け付けませんので、1000円札から直接両替すれば2000円札は10枚しか手に入りませんが。1万円札を経由すれば50枚手に入ります。1万円札も有効利用したいものです。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。