はじめに

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

改造するにあたり準備するもの(基本的に無料で)

■R@M

 ・これが無いと始まりません

■エミュレータ

 ・G-NES(デバッガとしても便利)

■ツール

 ・Stirling
     バイナリエディタ。必須。使い慣れたものがあればそれでもOK
 ・Excel
     武将データ作るときに便利
     カタカナ→文字コード変換(関数組み立てる)
     10進⇔16進関数(HEX2DEC、DEC2HEXはアドイン→分析ツールで入れる)
 ・テキストエディタ
     色々使う。何でもいいけど秀丸使ってる
 ・テキストからバイナリに変換するプログラム
     大量のデータを変更するときは無いときつい。
     Excelやテキストエディタの16進数は結局は文字列なので、バイナリエディタで直接貼り付けられませんよ。
     HEX2BINとかで検索すればフリーがあるかも
 ・yy-chr
     家庭用ゲームの汎用グラフィックエディタ。
     顔や漢字などのグラを弄るときに必須
 ・md6502
     逆アセンブルツール。G-NESにも含まれているので無くてもOK
 ・winips
     パッチ生成、パッチ貼り。
 ・BNE2
     固定長データをテーブル表示するソフト。解析結果を元に設定ファイル作成。
     テーブル表示なので武将能力や城のデータの修正などはバイナリエディタよりいい。
 ・関数電卓
     windows付属の電卓。16進計算

■その他

 ・2進数、16進数、論理演算等の知識
 ・6502アセンブラの少々の知識(命令表を見ながら流れが終える程度あれば)
 ・根気(バイナリデータを眺めていたりデバッガでトレースしてると混乱してくる)
 ・あきらめ(一晩寝たり、時間が経つと発見や解析ができたりするものである)
 ・時間(上記の事をしているとあっという間に時間は過ぎる)

最終更新:2009年12月09日 17:27