《アクセル・ウォリアー》

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《アクセル・ウォリアー/Axel Warrior》

シンクロ・効果モンスター
星4/風属性/戦士族/攻1950/守1200
「アクセル・シンクロン」+チューナー以外のモンスター1体以上
このカードが攻撃する場合、ダメージステップ終了時まで
このカードの攻撃力はシンクロ召喚に使用した
チューナー以外のモンスターの攻撃力分アップする。
相手のメインフェイズ時、自分フィールド上に表側表示で存在する
このカードをシンクロ素材としてシンクロ召喚をする事ができる。

第1弾:新都社オリカパックvol.1で登場した風属性戦士族シンクロモンスター
ダメージステップの間攻撃力が上昇する誘発効果、相手メインフェイズにもシンクロ召喚を行える誘発即時効果を持つ。

類似効果のカードと比べても、攻撃力の上昇幅に爆発的な高さを持たせる余裕がある。
ただしチューナーが《アクセル・シンクロン》に限定されており、実質的にシンクロ素材がレベル2モンスターに限られる。
レベル2モンスターには攻撃力が高いモンスターがおらず、そこまで高い攻撃力を得るのは難しいだろう。

コンボとしては《ギブ&テイク》が考えられる。
これで《機皇帝ワイゼル∞》をレベル2にして素材にすることで、4450の攻撃力が発揮できる。
《星蝕-レベル・クライム-》《TG ハルバード・キャノン》などのクライムトークンを生成して《ギブ&テイク》すれば5950となるが、あまり実用的ではないだろう。
《スター・ブラスト》を使ってシンクロ素材を用意するのが最も手っ取り早いか。

レベル2モンスターで最も攻撃力が高いのは《海皇の長槍兵》の1400。
《炎龍》も1400なのだが、こちらはチューナーである。

  • 原作・アニメにおいて―
遊戯王でもしないか?で主人公である焼刃が使用するカード。
「焼刃VS英磁」(1戦目)にて初登場。
《アクセル・シンクロン》《トリプルホイーラー》を素材としてシンクロ召喚された。
自身の効果と《シンクロ・ストライク》によって攻撃力4050まで上昇し、《マグネシアン・サマリウムゴーレム》を破壊してフィニッシャーとなった。
攻撃名は「トップギアスラッシュ」、効果名は「フォースプロバゲイト」。

関連カード



FAQ

Q.素材の攻撃力はフィールド、墓地のどちらを参照しますか?
A.墓地での元々の攻撃力を参照します。なお、攻撃力は記憶されるので、墓地からモンスターが離れても攻撃力は変化しません。(11/08/07)
最終更新:2011年08月07日 14:55
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。