《マグネシアン・サマリウムゴーレム》

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《マグネシアン・サマリウムゴーレム/Magnetian Samariumgolem》

効果モンスター
星5/地属性/雷族/攻1800/守1200
このカードの召喚に成功した時、自分の手札またはデッキから
レベル4以下の「マグネシアン」と名のついたモンスター1体を特殊召喚する事ができる。
このカードの攻撃力・守備力は、
自分フィールド上に表側表示で存在する
雷族モンスターの数×300ポイントアップする。

第1弾:新都社オリカパックvol.1で登場した地属性雷族の上級モンスター。
召喚に成功した時「マグネシアン」と名のつくモンスターをリクルートする誘発効果、
自分フィールド上の雷族モンスターの数だけ攻撃力を上昇させる永続効果を持つ。

上級モンスターにしては攻撃力が1800と低い。
だが自身の効果でマグネシアンを特殊召喚すれば、自身が雷族ということも併せて実質攻撃力2400と扱える。
その効果の性質上、《マグネシアン・ガウネクシア》とは非常に相性がいい。

《マグネシアンN》をリクルートし、《マグネシアン・ガウネクシア》を特殊召喚してダイレクトアタックを行えば6400ダメージを出せる。
あと攻撃力が800以上のマグネシアンがフィールド上に存在すれば総ダメージは8000を超え、1ターンキルが達成できる。

  • 原作・アニメにおいて―
遊戯王でもしないか?で英磁が使用するカード。
「焼刃VS英磁」(1戦目)にて初登場。
《マグネシアンN》をリリースし、アドバンス召喚されて効果で《マグネシアンS》をリクルートした。
その後、《マグネシアン・コイル》が召喚されたことと罠カード《ストライク・ショット》の効果で攻撃力3400まで上昇し、焼刃に大打撃を与えた。
しかしこのカードの攻撃で《アクセル・リサイクラー》を破壊してしまい、焼刃に反撃の糸口を与えてしまう。
最終的には攻撃力4050となった《アクセル・ウォリアー》に戦闘破壊された。
なお、原作では《マグネシアンS》が破壊されても攻撃力は上昇したままだった。
恐らく原作効果では雷族モンスターが召喚・特殊召喚された時に発動する誘発効果だったのだろう。

関連カード



FAQ

最終更新:2011年08月06日 19:08
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。