西川03

【西川】系統に戻る.

西川03

起点 経由 終点 新設・変更 廃止・変更 担当営業所 備考
(1) 西川口駅東口 川口警察署・天神橋 変電所 2001年3月28日廃止 鳩ヶ谷営業所

路線解説

西川口駅から東部の東京電力川口支社鳩ヶ谷変電所まで向かう路線で、朝ラッシュ時に混雑する西川01の途中折返し、かつ補助路線である。赤羽からは赤22が同じ変電所まで運行しており、こちらも赤21の途中折返し路線と位置付けられている。

2001年3月の埼玉高速鉄道開業による再編までは、鉄道駅が存在しない鳩ヶ谷地区の住民は路線バスで京浜東北線の各駅へ向かうしか手段が無く、特に鳩ヶ谷公団住宅からの路線は増発便がほぼ毎日のように運行されるなど、輸送力が逼迫していた。西川口から来たバスが変電所に到着後、赤22として赤羽へ向かい、逆に赤羽から来たバスが変電所から西川03として西川口へ向かうなど、折返し時間を極力無駄にしない運用で多数の乗客を輸送していた。

埼玉高速鉄道の開業によって存在意義を失い、西川03は赤22と共に廃止、西川01が開設された鳩ヶ谷駅へ転移することを想定して経路変更を実施する。従来の市役所経由を枝番として親系統を鳩ヶ谷駅経由としたが、埼玉高速鉄道の運賃が割高だったことで乗客の転移は当初の予想を下回り、西川01に積み残しが発生した。そのため、臨時運行を行う時に限って西川03が運行された。書類上では2001年3月28日付けでの廃止だが、実際は行先表示が「西川01」のまま、変電所折り返しで運行していたという。

2008年3月の大規模再編で、埼玉高速鉄道開業によって新設されていた西川01(鳩ヶ谷駅経由)が廃止され、同時に西川01-2(市役所経由)が新・西川01へ変更された。これによって埼玉高速鉄道開業による再編は立ち消えとなり、臨時運行を行っていた変電所折返しは完全に運行を終了した。