2500番台

2500番台

2500番台は(KK-LR233F1)は、2002年に導入された小型ノンステップバス。

車両

2000番台(後期)(KK-LR233J1)よりホイール尺を3750mm(F尺)まで短縮させた車両で、2002年に2501がさいたま東へ配置された。東浦03(東浦和駅~プラザイースト南)の乗客増加に対応した車両だが、これ以降の増備は無かった。

2014年に1100番台の増備によって除籍され、日立電鉄交通サービス(現:茨城交通)へ移籍した。

外観

正面から見ると2000番台(KK-LR233J1)と同一だが、側面を見ると2000番台より座席一つ分の長さが短いため、一目で判別が可能である。さいたま東・西浦和時代に前面へ貼られた「埼玉県バス協会」のステッカーは、赤羽転属後も残存していた。

内装

座席一つ分の長さが短いだけで、内装は2000番台後期車(2077以降)と変わり無い。

運用

東浦03(東浦和駅-プラザイースト)と関連する出入庫にほぼ専属で充当されていたが、2008年に西浦和へ、2011年には赤羽の1504が戸田へ転出したことで赤58(赤羽駅東口~東京北社会保険病院)に充当できる車両が無くなったため、赤羽へ転属した。

1100番台の増備後は赤58専属を解かれて特送へ回されたが、2014年に除籍された。

平成14年式 KK-LR233F1

社番 最終配置 登録番号 転属履歴 摘要 出入口表示 車検月 移籍先
2501 赤羽 練馬200か2475 ←西←さ 特送 SE 3 茨城交通

FrontPage >> 車両配置状況 >> 2500番台