大11

【大】系統に戻る.

大11

起点 経由 終点 新設・変更 廃止・変更 担当営業所 備考
(1) 大宮駅東口 大宮日赤病院・埼玉大学・宗岡蓮田・志木市役所 志木駅北口 1985年10月1日廃止 大宮営業所
川越営業所志木分車庫
(2-1) 大宮駅東口 東町一丁目・天沼中央通り 自治医大医療センター 1989年12月13日新設 2000年10月16日変更 大宮営業所
(2-2) 2000年10月16日変更 現在運行中 さいたま東営業所 さいたま東へ移管

路線解説

初代は大宮駅東口から日赤病院・埼玉大学・志木市役所を経由して東武東上線志木駅までを結ぶ長距離路線として運行された。運行当時は埼京線が開業していないこともあるが、1980年代の国際興業を知るファンから見れば、国際興業の長距離路線として最も印象に残っている路線とも言えるだろう。志木駅ー埼玉大学ー京浜東北線または埼京線の各駅へのアクセス路線はその後与01北浦06与本03志03へと変化を遂げていくが、礎となったのはこの大11(1)であろう。

1985年10月1日の埼京線開業による再編により、与野駅発着へ短縮されると同時に与01へ代替廃止されたが、志木駅方面への路線はこれ以降様々な形に姿を変えていく。

初代の廃止から4年後、自治医科大学が大宮に医療センターを開設したことで、大宮駅からのアクセス路線として2代・大11が新設された。

2019年5月7日、大宮区役所の移設により大宮区役所停留所が「大宮大門町」へ名称変更された。