8900番台

8900番台

8900番台(U-LV324L)は、1994年に導入されたリフト付き大型ワンステップバス。

車両

増備が続いていた8000番台にリフトを装備した車両で、1994年に2両が志村へ導入された。外観は同時期に並行導入していた7500番台に準じていることと、導入予定だった7585・7586が欠番となっていることから、当初の計画に変更が生じ、この2両をリフト装備へ変更したことで尺長が8000番台となったために、新区分として8900番台となった。

2010年にノンステップバスの増備によって廃車されるまで、生涯を志村で過ごした。引退後はそれぞれ別の道へ進み、8901が山梨交通へ、8902が秋北バスへ移籍したが、8902は部品取りとしての移籍で、運用入りは叶わなかった。

外観

中扉がリフト装備によって2枚折戸となっている。形態的には7500番台からの計画変更もあって酷似しているが、尺がリフト装備によって長尺となっている。正面の行灯は当初「前のり」となっていたが、後年になって「リフト付き新低床バス」へ変更された。また、導入当初は行先表示の両脇のイルカマークや車椅子マークが全く無く、試験的要素が強い車両だった。

内装

運用

志村へ僅か1両が導入された9900番台(残り2両は浦和に配置、後に西浦和へ転属)と並んで、池20などのバリアフリー推進路線に積極的に充当された。

平成6年式 U-LV324L

社番 最終配置 登録番号 転属履歴 摘要 出入口表示 車検月 移籍先
8901 志村 練馬22か6559 B 2 山梨交通
8902 志村 練馬22か6560 B 2 秋北バス

FrontPage >> 車両配置状況 >> 8900番台