キムヨナ預金問題

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

韓国大手の国民銀行は、古くからキムヨナ選手と個人契約を交わして、広告塔として宣伝してきました。
この国民銀行は、「バンクーバー五輪で、キムヨナ選手が金メダルを獲得すれば金利が上昇する」という預金口座を、
五輪期間中になっても、キムヨナ選手の写真入りのポスターや預金手帳などを使って宣伝し、
約1万8千人の新しい顧客獲得に成功していました。 また、キムヨナ選手の金メダル獲得によって、
金利が上昇した顧客の預金口座むけに、国民銀行は新たに13億ウォンを支給していました。
【以下参考】
国民銀行公式サイト内にあるキムヨナ選手の画像
http://img3.kbstar.com/money/money/thum_yuna.jpg
※この『キムヨナ預金』は、日本国内でも五輪期間中にニュースで報道されています。
youtube動画のキャプ画像・・・TVTOKYO/モーニングサテライト(2月26日)?
http://www31.atwiki.jp/808080808080/pub/1jyou108777.jpg


国民銀行は、オリンピック非公式企業である(※IOCやKOC公式サイトにあるスポンサー欄に、
国民銀行の企業ロゴは表示されていません)ので、キムヨナ選手の写真入りポスターなどの宣伝は、
キムヨナ選手が着けたピアス(ジュエリー企業)と同様に、憲章違反(宣伝利用・商業行為)にあたる問題となります。
IOCサイト
http://www.vancouver2010.com/more-2010-information/about-vanoc/sponsors-and-partners/vancouver-2010-sponsors/
KOCサイト
http://www.sports.or.kr/ksckoc.sport
http://www.sports.or.kr/eng/ksckoc.eng

さらに、『 オリンピックの競技結果によって、預金口座の利子を上乗せする 』という金融商品は、
五輪憲章にある「規則7-1」や「IOC倫理規程 A尊厳-5、B高潔-1」に違反しているといえます。

五輪憲章 引用
http://www.joc.or.jp/olympism/charter/pdf/olympiccharter2007.pdf (pdf 注意)
● 7 オリンピック競技大会とオリンピック資産に関する権利
 1.オリンピック競技大会はIOCの独占的な資産である。IOCは、現存する、
   または将来開発されるいかなる媒体や装置による形態であっても、大会に関する
   全ての権利と関連データ、とりわけ、そして制限を設けることなく、その組織、利用、
   放送、録音、上演、入手、流布に関する全ての権利を所有する。
   オリンピック競技大会、あるいはオリンピック競技大会での競技、
   スポーツ演技に関するデータの入手条件と使用条件は、IOCが決定する。 

● IOC 倫理規程 P.97-98
A 尊厳
 5.オリンピック競技大会関連の賭け事には、いかなる形態においても参加又は
   手助けしてはならず、いかなる形態においてもプロモーションを行ってはならない。
B 高潔
 1.オリンピック関係者又はその代理人は、オリンピック競技大会の開催に関連する
   あらゆる形態の報酬若しくは手数料、又はあらゆる性質の隠れた恩恵若しくは
   サービスを直接又は間接的に要求、受領、提供してはならない。

 ※キムヨナの個人スポンサーである国民銀行は、IOCの独占的な資産である
   オリンピックの競技データを使用して、預金口座の利子を追加することで
   その口座の顧客に対して、あらゆる形態の報酬や隠れた恩恵、
   若しくはサービスを間接的に提供していたことになります。

ちなみにキムヨナ預金自体は、2009年5月から運用が開始されています。
http://img.news.yahoo.co.kr/picture/2009/b8/20090507/20090507101040781b8_114512_0.jpg
http://img.news.yahoo.co.kr/picture/2009/b8/20090507/20090507101040781b8_114512_1.jpg
http://kr.news.yahoo.com/sports/npb/view?aid=20090507101040781b8
2009年12月時のネット宣伝広告画像
http://www31.atwiki.jp/808080808080/pub/1269284914.jpg
(国民銀行の『キムヨナ預金口座』には、今までで約36万人の加入顧客がいて、
 総額約48億ウォンの追加利子を支給することになると推定されています。)

これらの、キムヨナとその個人スポンサー企業による振る舞いが、
『 五輪憲章違反になるのでは?? 』という指摘に対して、
現在、一切無視を貫いている状態の韓国は、2018年の冬季五輪を誘致しようと
バンクーバーで金メダルを獲得したキムヨナ選手に、広報大使的な役割を担わせて
同じ招致レースを争うドイツやフランスよりも、有利な位置に立とうとIOCなどに攻勢をかけようとしています。
最終更新:2010年03月26日 10:55
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。