「あ~もう、どうしたらいいんだろ……」

私は悩んでいた。

かれこれ1時間はベッドの上でこうやって呻いている。

それもこれもただ一つ。

「……ムギ先輩に会いたい」

その悩みが解決しないからだ。


夏休みも半分を過ぎて、間もなく先輩たちは夏期講習が始まる。

毎日のように図書館で勉強をしてるのを考えると、邪魔しちゃいけない。

だから私は、自分からは連絡せずに先輩からの呼び出しや集合のメールを待つだけの身になっていた。

頑張っている先輩たちの邪魔にならない為に、私は自分を抑える必要が有ったのだ。

夏フェスに、パスポートの申請に、会える時に会って満足しているつもりだった。

『ウヒヒ~、金よこせ~』ダキッ

「あの時のムギ先輩、良い匂いだったなぁ……」

反芻する。でもその後には溜息。空しくなる。


一昨日、憂と純と行ったプールの帰り、図書館帰りの先輩たちと偶然会ったのがいけなかった。

初めは嬉しかった。

『偶然』ムギ先輩と会えた。

パスポートを申請してから先、先輩たちと会って別れた時は必ず『次会えるのは始業式』と思い込む様にしていた。

そう思い込む事で、9月になれば会えるからと我慢できていた。

でも『偶然』会ってしまった。

「……その所為でこれだもんなぁ」

期待してしまうんだ、二度目の『偶然』に。

『二度ある事は三度ある』という。

もう一度『偶然』会う事が出来たら、その後もう一回会えるんだ。

そんな言葉遊びを理由にしてまで、今日一日『偶然』を探して街をふらついてみた。

結局、律先輩が弟と買い物をしてるのを見かけただけだった。

「そりゃ、一言『遊びませんか?』ってメールすれば良いだけなんだけど……」

『偶然』を待つ事に疲れて、自身への抑制を外してまで『必然』を作ろうとしている。

でももし送ったとしても、一度断られたらもう誘う事も出来ない。

「そんな何度もメールしちゃ、先輩の事考えてないのと同じだもんね」

その一度しか無いだろうチャンスに、怖くて手を出す事も出来ない。

邪魔だとかそんな風に思う人じゃ無いって分かってるけど。

「私に合わさせちゃ駄目だ」

きっとムギ先輩の事だから、多少の無理をしてでも遊んでくれるだろう。

『実はこの夏祭りの為に、ひと足早く帰国したの。今度こそ焼そばが食べたくって』

そんな事を言って、焼そば屋さんに突貫していった先輩を思い出す。

「あの無邪気さが可愛いんだよね」

持ってるケータイは30分以上、メールを送信する直前で止まっている。

「『今度ムギ先輩がお暇な時に、気分転換にでも遊びませんか?』……文章おかしくないかな?」

送ろうか送るまいか、文章を考え直そうか。

思考を巡らせながら両手を上に上げて背を伸ばす。

と、同時に持っていたケータイが高らかに鳴り響いた。

「ん?え!?ムギ先輩?」

『着信 ムギ先輩』の文字に驚くも、急いで受話ボタンを押す。

「こんばんはムギ先輩」

何とか平静を保ちながら、電話に出る。

「こんばんは梓ちゃん。今大丈夫?」

ムギ先輩のいつものおっとりした声が聞こえる。

「はい!全然大丈夫ですよ!何かご用でしょうか?」

「あのね、週末にまた花火大会が有るの、知ってる?」

花火大会?そういえば今日寄った商店街にポスターが貼ってあった様な。

「あぁ~、神社で有るやつですか?」

「そうそう!それ~。でね、一緒に見に行かない?」

「え?でも週末って夏期講習始まってるんじゃ……」

「そうなの。だから皆には行かないって言われちゃって」

「まぁ……そうでしょうね」

特に二名、危ない人が居るし。

「だからね、二人でっていう事になっちゃうんだけどぉ……」

「二人で!?」

二人きりで!?

「やっぱり……嫌?」

「いえいえいえいえ!行きましょう!是非!」

そんなチャンス逃すわけにはいけない!

「ホントに!?」

「はい!ムギ先輩と二人で遊ぶとか、私楽しみです!」

「そう言ってくれると嬉しいわ~、ありがと~」

「いえ、そんな。じゃあどうしましょう?」

「それがね、神社に縁日も出るらしいの」

「じゃあ早めに行きましょうよ」

「そうね……5時に神社集合で良い?」

「はい、分かりました」

「あ、そうだ」

話がまとまった所で、ムギ先輩が思い出した様に言った。

「はい?」

「皆には内緒ね?」

「へ?」

「ほら、勉強しないといけないのに遊びに行っちゃダメでしょ?」

「そっか、皆さんに花火の話しちゃってるから」

「そうなの。私も行かない事になってるの」

「そうなんですか?」

「澪ちゃんに怒られちゃって。『幾らムギでも流石にそれはマズくないか……?』って」

「アハハ……澪先輩なら言いそうです」

「でしょ?だからその時は『分かったわ』って言っちゃったの」

「え?嘘吐いたんですか?」

「いえ、その時は我慢しようと思ったのよ?だけどやっぱり我慢出来なくなっちゃって」

「はぁ……」

「だから、内緒ね?」

「分かりました、誰にも言いません」

「ありがと~。日曜日の事は、二人だけの秘密ね」

「二人だけの……秘密」

その言葉に、心臓が高鳴る。

「そ。じゃあ日曜日楽しみにしてるね」

「はい!私も楽しみにしてます」

「それじゃあ、おやすみなさい」

「はい。ムギ先輩もおやすみなさい」

そう挨拶を交わして電話を切る。

「やった!やった!」

まさかムギ先輩の方から誘ってくれるなんて、こんな事ってないよ。

「どうしよ!どうしよ!」

電話してる時変じゃ無かったかな?おかしく思われなかったかな?

「どうしよ!これって……デート、だよね?」

二人で花火大会とか、最高じゃない?

「いやったー!」

バタン!

「梓!うるさいわよ!何時だと思ってるの!」

「あぁゴメン!そうだお母さん、浴衣有る?」

「有っても無い!おやすみ!」

バタン!

いけない、はしゃぎ過ぎた。浴衣は明日ちゃんと聞こう。

にしてもムギ先輩も、私と二人ででも行きたい位お祭りにハマっちゃったのかな。

まぁ折角だし、目一杯楽しんでもらわないと!

* * *


あっ、という間に日曜日。

今日の事ばっかり考えて何してたか覚えてないや。

午後4時、待ち合わせの一時間前。

私は既に神社の鳥居の前で、時間をつぶしていた。

前のお祭りでは急だったので着れなかった浴衣を着て、ムギ先輩を待っている。

家に居てもじっとしていられず、早すぎるとは思いながらもこんな早くから来てしまった。

さて、ムギ先輩が来るまでに落ち着いておかないと。

一つ大事な事は、今日はムギ先輩に私の気持ちを伝えない事。

これから受験まで、忙しい身の先輩にこれ以上負担をかけちゃいけないから。

「二人で一緒に遊べる後輩って、十分だよね」

受験が終わって、バレンタインも過ぎちゃうけど、もし伝えるにしてもそこまでは我慢だ。

だから今日は、ムギ先輩にお祭りを楽しんでもらう事だけを考えていよう。

ギュっと拳に力を込めて、気合いを入れる。

「よし!……ん?」

前を見据えると同時に、視界が真っ暗になった。

「だ~れだ?」

後ろから、可愛い声。

「……おはようございますムギ先輩」

「せいか~い。おはよう梓ちゃん」

振り向くと満面の笑み。そして、

「浴衣……」

髪を上に結い、水色の生地に白い花の舞う落ち着いた雰囲気な浴衣を着た、ムギ先輩がいた。

見惚れてしまい、言葉が出ない。

ムギ先輩は私が固まってるのを見て、怪訝そうに言葉を出した。

「変……かな?」

自身の姿を確認しながら、くるりと回る。

いいえ、最高です。

「いえ、綺麗ですよムギ先輩。お似合いです、髪飾りも」

「ありがと。この花ね、花水木なの」

「そうなんですか。それが何か……」

「ん?梓ちゃんも可愛いわ~」

あれ?今話をはぐらかされた?

「可愛いと綺麗は違うと思いますが……」

「似合ってるから良いじゃない。その浴衣」

「変じゃないですか?」

私も真似して、くるりと回る。

「梓ちゃんらしくて良いと思うわよ?牡丹と金魚」

「ちょっと子供っぽいかなとも思うんですけど」

「何ていうかね、抱きつきたい感じ?」

「な!?……唯先輩みたいな事言わないで下さいよ」

いきなりそんな事言われちゃ、ドキっとしちゃうじゃないですか。

「駄目?」

上目使いでそんな事言われちゃ、断れない。

「……ちょっとだけですよ?」

「じゃあ失礼しま~す」

ふわりと、あの時の様に良い匂いがする。

ムギ先輩は私を引き寄せ、頭を抱える様に私を抱きしめた。

「唯ちゃんの気持ちも分かるわ~」

「そうなんですか?」

「だって、いつまでだってこうしてたいもの」

「……」

何かリアクションを取ればパッと離れてしまいそうで、目を閉じてただこの状態を味わう。

抱き返したくなる衝動を必死で抑える。

ムギ先輩を楽しませる。

私の気持ちに気付かれる様な事はしない。

今日はそう決めたんだ。

少しして、ムギ先輩の体が離れた。

「堪能させていただきました」

「いえ、どうも……」

満面の笑みを浮かべるムギ先輩。何だか恥ずかしくて、まっすぐ顔が見れない。

「それにしても、梓ちゃん早いわね」

「ムギ先輩こそ。まだ四時過ぎですよ?」

「梓ちゃんとお祭りに行けるって思ったら、じっとしてられなくって」

そんな嬉しい事言わないで下さいよ。期待しちゃうじゃないですか。

「私もです。昨日なんか楽しみで夜も眠れませんでしたよ」

「それは大袈裟よ~」

……本当なんですけどね。

「じゃあそろそろ行きましょう」

「そうですね」

「まずは何からかしら?焼そばにたこ焼きに、輪投げに射的に型抜きに……」

指折り数えながら、ムギ先輩が歩を進める。

「まぁまぁ、お祭りは逃げませんから落ち着いて下さい」

やっぱりお祭りが楽しみでしょうがなかったんだ。

「駄目よ梓ちゃん。遅すぎると売り切れちゃうのよ」

「まぁ、経験しましたしね」

「じゃあ行くわよ梓ちゃん!花火が始まるまでに制覇するわよ!」

早々と石段を駆け上がるムギ先輩。

「ちょっ、待って下さいよムギ先輩~」

置いて行かれない様に、私はその後ろ姿を慌てて追いかけた。

* * *


「梓ちゃん、お腹空いてる?」

「いえ、まだそれ程は」

石段を上り鳥居をくぐると、参道を挟んで様々な出店が並ぶ。

花火まで二時間以上有るのに、客の入りも多い。

ムギ先輩は忙しなく首を動かし、周りを見渡している。

きらきらと輝くその瞳は、まるで初めてお祭りを見た幼子の様だ。

「じゃあ~、まずはアレね!」

ビシッと指し示した方向に走り出す。向かう先には『射的』の文字。

「おじさま、二人分下さいな」

「あいよ!おっ、可愛らしい嬢ちゃん方だ。よぉし、一発サービスしちゃおう」

「ほんと!ありがとうございます~」

「どうも、ありがとうございます」

「いいって事よ。さ、どれでも狙っちゃいな」

イソイソと弾を込め、銃口を前に向ける。

一頻り標的を品定めしたムギ先輩が狙い定めたのは、玉の様に丸い猫のぬいぐるみだった。

「あの、猫?ですか?」

「えぇ。行くわよ~……えい!」

一発目、当たらず。

「あぁ、残念」

残りは4発。


「今度こそ!」

二発目、鼻に命中。

「やった!やったわ梓ちゃん!」

しかし猫は揺れただけで、落ちるまで至らなかった。

「あ~嬢ちゃん残念。落ちなかったなぁ」

「え!?当てただけじゃ駄目なの?」

ムギ先輩の残念そうな顔。ルールを把握してなかったんですね。

「大丈夫ですよ、ムギ先輩。後何発か当てたら落ちますから」

「そんな事したら、あの子がかわいそうじゃない?」

「あの子をゲットする為ですよ」

「……そうね、私頑張るわ!」

ぐっと拳を握り、次の弾を装填する。

三発目、四発目と当てる事は出来ても落下まではいかない。

「あと一発……」

コルクをじっと見つめるムギ先輩の喉が鳴る。

お祭りの遊び一つに、ここまで真剣に挑む人も珍しい。

「これで!」

上手い事、おでこに命中。

大きく猫が揺れる。けれどこれじゃあ落ちないだろう。

ならばと、私がもう一撃を叩きこんだ。

駄目押しをされた猫はそのまま、頭から逆さまに落下していった。

「……連続攻撃はなぁ……」

おじさんが訝しげな顔をしている。

「駄目、でしたか?」


2
最終更新:2011年06月10日 21:07