「――っていう事がありまして」

「そう、なんだ……」

がっくりと肩を落とすムギ先輩。

嘘を吐いていたのがばれていた事がショックなのか、罪悪感からか、凄く沈んだ顔をしている。

「まぁ、もし唯先輩が『私も行きたい!』って言っても、来させませんでしたけど」

「……勉強してもらわないといけないから?」

「いえ。……私も、ムギ先輩と二人が良かったから、です」

「梓ちゃん……」

ムギ先輩の顔が紅潮していく。

多分私も負けないくらい赤くなっていると思う。

「それが、ムギ先輩の秘密ですか?」

「そうね。それもだけど、もう一つ有るの。聞いてくれる?」

「はい。ムギ先輩の事なら何だって聞きますよ」

「嬉しい」

今度はそっと優しく、私を抱き締める。

目線を上に上げると、髪飾りが揺れている。

「梓ちゃん、花言葉って詳しい?」

「いえ、全然ですね。恥ずかしながら……」

「興味無い人は知らないものよね。私もあんまり知らないんだけど」

「この髪飾りね、花言葉で選んだの」

「花水木、でしたっけ?」

「えぇ」

私の肩を持ち、向かい合う。髪飾りを外し、間に持ってくる。

「花水木の花言葉は、『私の想いを受け止めて』」

留めていた髪がはらりと下りる。

「その想いを込めて、今日はこの髪飾りを選んだの」

私の目を見て、はっきりと言った。

「梓ちゃん。貴女が好きです」

「ムギ……先輩」

「本当はね。受験が終わるまでは、隠しておこうって思ってたの」

髪飾りに目線を落とし、ムギ先輩が続ける。

「でもね、もう気持ちを抑える事が出来なくなっちゃって」

「こんな気持ちのままじゃ、勉強も音楽も、何も出来なそうだから」

ムギ先輩の頬を涙が伝う。

「梓ちゃんに嘘吐いてまで二人きりになって、一方的に想いを伝えて、ホント勝手よね?」

「ゴメンね?」

声を震わしながら、俯く先輩。

「謝らないで下さい」

頬に触れる。

顔を上げたムギ先輩の涙をそっと拭う。

「ムギ先輩、私の秘密も聞いてもらえますか?」

ムギ先輩も、悩んでくれていたんだ。とっても、とっても。

伝えなくちゃ。ムギ先輩が伝えてくれたように。今言わなくちゃ。

「私、ムギ先輩はおしとやかで上品で、大人な人なんだと思ってました」

「でも、時々子供みたいにはしゃいだり、律先輩や唯先輩とふざけあったり……ケーキをこっそりつまみ食いしてたり」

「そんなギャップを知るうちに、いつからか可愛く見えてきて」

「いつからか、ムギ先輩の事ばかり考えるようになって」

「受験勉強が有るから、それが終わるまではこの想いも抑えて我慢しようって思って」

「でも、やっぱりどうしても会いたくって」

「今日のお誘い、本当に嬉しかったんです。昨日寝れなかったのだって、本当なんですよ?」

ムギ先輩を見つめる。しっかりと、言葉にする。

「私もムギ先輩が好きです。大好きです。私の知る人の中で、誰より一番」

「あずさちゃん……」

手を差しだす。

「だから……私で良ければ、お付き合いしていただきませんか?」

その手を両手で握られる。

「喜んで!」

ムギ先輩、さっきより泣いてる。

「ムギ先輩、泣かないで下さいよ」

「だって泣いちゃうくらい嬉しいんだもん、良いじゃない。それに」

ムギ先輩が私の頬に触れる。

「梓ちゃんだって泣いちゃってるよ?」

空いた手で自分の顔を触る。指先が濡れて気付く。

「あは、本当ですね」

でも泣いちゃうくらい嬉しいんだ。だって、ムギ先輩と両想いなんだもん。

それから暫く、二人で嬉し涙を流しながら笑いあった。

「はぁ~。それにしてもアレよね」

一頻り経った後、ムギ先輩がクスクスと笑いながら言いだした。

「お互い、こんな恰好でする話じゃ無かったかしらね」

「え?」

「だって、梓ちゃん、ネコミミしたままなんだもん」

言われて思い出す。恥ずかしさで顔が赤くなってしまう。

「私もお面付けたままだし。何だか間抜けよね?」

「良いじゃないですか。それも思い出ですよ」

何とか言い繕う。今更外しても遅いし。

「そうね。良い思い出話が出来たわ」

「人には話さないで下さいよ!」

特に律先輩なんかに聞かれた日には、延々と弄られそうだ。

「は~い。二人だけの秘密ね?」

「そうです。二人だけの……秘密です」

「じゃ、そろそろ帰りましょうか」

ムギ先輩はそう言って立ち上がり、まだしゃがんでる私に手を差し伸べた。

「ね?梓ちゃん」

「そうですね。帰りましょう」

その手を掴み立ち上がる。

「これからもよろしくね?梓ちゃん」

「はい!ムギ先輩」

二人手を繋いで、並んで歩きだす。

これから続く日々も、こうやって一緒に歩いて行ける。それが嬉しい。

この先どうなるかなんて分からない。

そんな言葉に答えなんて無いだろう。

でもこの手の温もりが確かに通ってる様に、想いも確かに通ったんだ。

この想いが変わらなければ、二人は変わらずにいれる。

「梓ちゃんを心配させない為にも、しっかり勉強しないとね」

「そうですよ。でもその前に文化祭のライブを成功させないと」

「忙しいわねぇ」

「一緒に頑張りましょう!」

「そうね」

離さない様に手を繋いで、二人で歩く。

「梓ちゃん」

横を歩くムギ先輩が私を呼ぶ。

「はい」

街灯がムギ先輩を照らす。

「好きよ」

そう言って微笑む。

「な!なんでいきなり」

「気持ちが伝わるって良いわね」

そう言って又前を向く。

「そうですね……」

「やっぱり人間、正直で素直になるのが一番よね」

「ですね。私もそうします」

「一緒に素直にいきましょ」

私はまだ、簡単に伝える事には慣れてないけど。

「私も……好き、です」

少しでも上手く、彼女を満たせれます様に。

「梓ちゃん、かわいい~!」

「ちょっと!いきなり抱きついちゃ危ないですよ!」

「いいじゃない。今まで我慢してたんだもん」

「もう……ちょっとだけですよ」

中々、難しそうだけど……。

* * *


「で、梓は何でそんなにニヤニヤしてるんだ~?」

「はい?」

二学期が始まった。始業式も終り、私は部室に来ていた。

毎日ムギ先輩に会えるのが嬉しくて、先に来ていた律先輩にも分かる位顔に出ちゃってたみたい。

律先輩も慌てて取り繕う私を見てニヤ付いている。

「そんなに私に会えたのが嬉しかったのか~」

「いえ、それは無いです」

「バッサリだな中野ぉ」

「私は正直に素直になる事にしたんです」

「ほほぉ?」

「ほら、もうすぐ皆さん来るんですから、そしたら練習しますよ?文化祭も直ぐなんですから」

「私は練習よりも梓の方が気になるなぁ~」

何故か手をワキワキさせながら、にじり寄る律先輩。

「な!?なんのことですか?」

「顔が赤いし、目が泳いでるぞ。それじゃ隠し事が有るって言ってる様なもんだ」

「い、いや、そんな」

「正直に答えろー!」

律先輩が勢いよく飛びあがり、私に襲いかかる。

「ちょっと、律先輩!止めてください!」

「そ~れコチョコチョコチョコチョコチョ!」

脇に腰にと、くすぐり攻撃を仕掛けてくる律先輩。

「いや!もう!アハハハハハ!止め!て……フフ!」

「何か隠し事が有るんだろ~、言わなきゃ止めないぞ~!」

ガチャリと音がして、先輩方が入ってきた。

「やっほ~あずにゃん。ってりっちゃん何してるの?」

「んん?梓が何か隠してるから聞き出そうと思って」

平然と唯先輩と会話をするも、律先輩の手は私から離れない。

「もう、離して下さいって!アハハハハ!律先輩ってば!」

「律止めてやれって。梓も困ってるだろ」

「そうよりっちゃん!」

「おっ、うん」

ムギ先輩が声を張り上げる。

「ムギちゃん、そんなに大声出さなくても」

唯先輩もその声に驚いている様だ。

「あ、ゴメンね、つい」

「いや、私も悪かったよ梓」

「いえ、もう良いです」

「さ!まずはお茶だねムギちゃん!」

ドカっと椅子に座り、早速くつろぐ唯先輩。

「いや!練習しましょうよ!」

「え~。皆揃ったんだから、まずはティータイムだろ?」

律先輩も続いて座る。

「そう言って、いつも練習してないじゃないですか!」

「まぁまぁ、少し位はくつろいでからでも良いじゃない。ね?」

後ろから、ムギ先輩に肩を叩かれる。

「まぁ、ムギ先輩がそういうなら……」

「えぇ~ムギなら良いのかよ~」

「そうだそうだ~!」

座る先輩方が、抗議してくる。

「ムギ先輩は良いんです!」

「あら、嬉しい」

「とりあえず……座って良いのか?」

澪先輩が呆気に取られてる。

「あぁ、どうぞ澪先輩」

ムギ先輩が絡んだからってムキになっちゃった。

「そうか~、梓はムギのモノになっちゃったか~」

律先輩のその言葉に、机にかけた手を滑らせてこけてしまった。

「え?……マジで?」

私のリアクションを見て、自身の冗談が冗談でない事に気付かれた様だ。

「あずにゃん?」


4
最終更新:2011年06月10日 21:10