琴吹家朝!

チュンチュン

紬「・・・うん」パチッ

紬「ふわーっ」ノビーッ

紬「ふう」

梓「スゥスゥ」

紬「何時だろう・・・」キョロキョロ

紬「!」

紬「もうお昼になるのね・・・」

紬「疲れてたし、夜更かしもしちゃったものね」

梓「いい匂いでふ・・・」フフフ

紬「」

紬「もう、ほら。起きなさい」ユサユサ

梓「んにゃ・・・」ムクッ

紬「おはよう。もうお昼になるわよ」

梓「ムギにゃーん」ダキッ

紬「え?あずにゃん?」

梓「・・・いい匂い」クンクン

紬「もう」///

梓「・・・ぐぅ」

紬「・・・あずにゃん?」

梓「スゥスゥ」

紬「寝ぼけてたのね・・・」

紬「起きなさーい!」ユサユサユサ

梓「・・・うぅ」

梓「・・・ムギちゃん?」

紬「もうお昼よ!」

梓「・・・」

梓「・・・え?」

梓「ほ、本当ですか!せっかくの日曜日が!」ガバッ

紬「本当よ。ほら時計」

梓「」

梓「ななな、なんで起してくれなかったんですか!」

紬「それは・・・」

紬「・・・私もさっき起きたから」ポッ

梓「・・・そうですか」

紬「ふふっ。二人揃って大寝坊ね」

梓「ですね」

紬「昨日誰かさんが夜更かししてたからかしら?」チラッ

梓「」

梓「そそそそ、それは・・・・」カアァ

紬「ふふっ。冗談よ♪」

紬「昨日はたくさん歩いて疲れたものね」

梓「・・・ムギちゃんのいじわる」プクーッ

紬「ごめんなさい。ついね」

梓「うーっ」

紬「拗ねてるあずにゃんもかわいいわぁ」

梓「」プイッ

紬「ちょっと早いお昼ご飯食べましょうか」

梓「・・・」ジトーッ

紬「お腹空いたでしょ?」

梓「・・・」グーッ

梓「」カアァ

紬「あらあら。ほら、行くわよ」スッ

梓「た、食べ物に釣られたわけじゃないですからね・・・」ギュ

紬「ふふっ」

紬「寝起きだし、軽いのでいいかしら?」

梓「はい」

メイド「おはようございます。紬お嬢様」ペコリ

紬「おはよう。ご飯、軽いのを2人分お願い」

メイド「フレンチでよろしいですか?」

紬「梓ちゃん、いい?」

梓「は、はい!」カチコチ

紬「じゃあフレンチでね」

メイド「かしこまりました。すぐにお持ちいたします」

紬「少し待ってようね」

梓「は、はい!」

梓「・・・にしてもすごいですね」

紬「ん?」

梓「その・・・メイドさんとか執事さんとか」

紬「うーん。家事とかは自分でやりたいんだけどね」

紬「これだけ大きい家だとどうしても手が回らないもの」

梓「た、確かに・・・」キョロキョロ

紬「それでなかなか厨房に入れてもらえなくて」

梓「ふむ。それであまり得意でないと・・・」

紬「・・・うん」シュン

梓「そ、そんなに落ち込まないでください」アセアセ

梓「一緒に頑張るって言ったじゃないですか」

紬「あずにゃん・・・」

紬「そうよね!がんばるわ!」

メイド「お待たせしました」コトッ

紬「ありがとう」

梓「あ、ありがとうございます」

紬「じゃあいただきましょう」

梓「はい」

紬梓「いただきます」

梓「お、おいしいです!」

紬「それはよかったわ」

紬「あと半日どうしようかしら」

梓「どうしましょう・・・」

紬「どこかへ遊びに行くのもいいけど・・・」

梓「いいけど?」

紬「今日は家でゴロゴロしましょう!」

梓「えっ?いいんですか?」

紬「二人っきりで静かにすごすのも素敵だと思うの」

梓「(二人っきり・・・)」

梓「えへへ」///

紬「じゃあ決まりね!」

梓「は、はい!」

紬「食べ終わったらお散歩に行きましょう」

梓「散歩、ですか?」

紬「今日も晴れてるからきっと気持ちいいわよ」

梓「そうですね。確かにいい天気です」


紬梓「ごちそうさま」


紬「そうだわ!」

梓「」ビクッ

紬「お散歩の前にいいもの見せてあげる」

梓「は、はぁ」

紬「こっちよ」


ガチャ

梓「こ、これは・・・」

梓「ト、トンちゃんがいっぱい・・・」

紬「ふふっ。残念だけどスッポンモドキはいないの」

梓「うわーっ」

紬「ちょうどお昼をあげるところだから手伝ってくれる?」

梓「は、はい!」

梓「こ、これはなんて種類ですか?」

紬「それはミナミイシガメよ」

梓「こっちのは?」

紬「ミシシッピーニオイガメね」

梓「でも、なんでこんなにたくさん・・・」

紬「まぁ・・・いろいろあってね」

梓「はぁ」

梓「どうりでカメに詳しいわけです!」

紬「これだけ飼ってるとねぇ」

梓「みんなかわいいですね~」

紬「よろこんでくれてよかったわ」

紬「見たくなったらいつでも言ってね」

梓「はい!」

梓「またね。トンちゃん2号」フリフリ

カメ「」スイーッ

紬「さぁお散歩に行くわよ!」

梓「はい!」

梓「」ポカーン

紬「あずにゃん?」

梓「ひ、広い庭ですね・・・」キョロキョロ

紬「もう少し早ければ紅葉してたんだけどね」

梓「池もある・・・」

紬「さぁ行きましょう」

梓「は、はい」テクテク

紬「日差しが暖かいわ」

紬「♪」テクテク

梓「あ、あの」

紬「なに?」

梓「ムギちゃんはその・・・」

梓「私のこと、ご両親には・・・」

紬「・・・まだ言ってないわ」

梓「・・・そう、ですか」

紬「言ったらたぶん、勘当されるんじゃないかしら?」

梓「!」

紬「私は別にいいのよ」

紬「あずにゃんと一緒にいられるなら」ギュッ

梓「ム、ムギちゃん・・・」

梓「で、でも!」

紬「私も一人っ子だし」

紬「顔も知らない人と結婚させられるくらいならあずにゃんと一緒にいたいの」

梓「ムギちゃん」

梓「だから一人暮らしするって・・・」

紬「そうよ。勘当させられちゃったらもうここにはいれないもの」

梓「・・・」

紬「あずにゃんが落ち込むことないわ」ナデナデ

梓「で、でも私のせいで・・・」

紬「梓ちゃん!」

梓「」ビクッ

紬「それ以上言うと、怒るわよ」

紬「まだそうなると決まったわけじゃないわ」

梓「・・・」

紬「案外喜んであずにゃんを琴吹家に招き入れるかもしれないし」

梓「・・・」

紬「もう」ナデナデ

紬「あずにゃんが心配することなんてないのよ」

紬「ずっと私の隣で笑っていてほしいの」

梓「(ムギちゃん・・・そこまで私のこと・・・)」グスッ

梓「ムギちゃん!」

紬「は、はい!」ビクッ

梓「私も覚悟を決めました」

梓「もし話して、その・・・だめだったら・・・」

梓「一緒に住みましょう!」

紬「あずにゃん・・・」

梓「私だってずっとムギちゃんと一緒にいたいです・・・」グスッ

紬「ありがとう」ナデナデ

梓「・・・」

紬「どっちにしても一緒に住もうね」

梓「・・・はい」

紬「一人暮らしなんて許さん!なんて言われたらあずにゃんちに家出しちゃう」

梓「はい」

梓「いつでも、来てください」

紬「ふふっ」

紬「こんなにやさしい子が私の恋人で本当にうれしいわ!」ダキッ

梓「ム、ムギちゃん・・・」カアァ

紬「ふふっ。ずっと一緒にいようね」

梓「・・・はい」///

チュッ

紬「そろそろ戻りましょうか」

梓「あ、はい」

紬「このあと、なにしましょうか」テクテク

梓「うーん」テクテク

梓「そういえば」

紬「?」

梓「ムギちゃんって昔、ピアノで賞をもらったことあるんですよね?」

紬「そうねぇ、何年も前よ」

梓「聞いてみたいです!」

紬「え?えーと・・・」

紬「さ、最近ピアノ弾いてないから鈍ってるかも・・・」

梓「構わないです!」

梓「」キラキラ

紬「・・・もう」

紬「じゃあ行きましょうか」

梓「はい!」

紬「確かにずっとキーボードばっかりだったから」

紬「たまには触らないとね」

梓「です!」

梓「(どこまで歩くんだろう・・・)」テクテク

紬「ここよ」

梓「は、はい」

ガコン

梓「」

梓「へ?」

紬「じゃああずにゃんは客席ね」

梓「(コ、コンサートホール・・・)」

梓「うわーっ」

梓「・・・すごいですね」

紬「そうねぇ。ここまでする必要ないと思うんだけれど」

梓「」キョロキョロ

梓「では、ここで」チョコン

紬「うん。少し練習させてね」

梓「は、はい」

紬「」~♪

梓「!」

梓「(これは・・・)」

梓「(どこが鈍ってるかも・・・ですか)」

紬「よし!じゃあ弾くわね」

梓「お願いします」

紬「(緊張するわぁ・・・)」

紬「」♪

梓「」パチパチパチ

紬「ど、どうだったかしら?」

梓「すごいです!」

梓「とってもやさしい曲で」

梓「ムギちゃんみたいで」グスッ

紬「あら?」

梓「な、泣いちゃいました・・・」グシグシ

紬「ありがとう」ダキッ

梓「」ギュッ

梓「もっと、聞きたいです」

梓「ムギちゃんの曲」

紬「いいわよ。たくさん弾いてあげる」

紬「誰かの為に弾くのってこんなに気持ちいいのね」

紬「だからあずにゃんの為に弾くわね」

梓「はい、お願いします」ギュッ

紬「」~♪

梓「(すごいなぁ)」

梓「(あんなに楽しそうに演奏できるなんて)」

梓「(羨ましいです)」

梓「」グスッ

紬「ありがとう」

紬「あずにゃんのおかげでとっても気持ちよく演奏できたわ」

梓「すごく、感動しました」

梓「もっと、って言いたいですけど・・・」

紬「そうね、もう暗くなる時間ね」

紬「どうする?今日のお泊まりも歓迎よ」

梓「い、いえ。さすがに帰ります」

紬「・・・そう」シュン

梓うっ・・・」

梓「昨日、今日と、お世話になりました」

紬「なら夕食だけでも食べていって!」

梓「いいんですか?」

紬「もちろんよ!」

紬「あずにゃんの冷蔵庫が空なのは調査済みよ!」

梓「うっ」

梓「・・・で、でも。あんな高級な・・・」

紬「気にしなくてもいいのに」

紬「なら。また一緒に作りましょう」

紬「それならいいわよね?」

梓「うぅ・・・」

紬「さぁ交渉に行くわよ!」ズンズン

梓「は、はい」


14
最終更新:2011年06月14日 17:27