シェフ「いえ、紬お嬢様にもしものことがあれば・・・」

紬「大丈夫です。問題ありません」

梓「」コチコチ

シェフ「ですが・・・」

紬「私の意見が聞こえないと?」

梓「(ムギちゃんコワイ・・・)」


シェフ「で、では。後方で見守っております・・・」

紬「もう、必要ないのに・・・」

紬「ほら、あずにゃん。作りましょう」

梓「」

梓「え?あ、はい!」

紬「なに食べたい?材料はたくさんあるわよ」

梓「えーっと。じゃあカレーが食べたいです」

梓「合宿で作ったカレーが忘れられなくて」

紬「いいわね!カレー!」

紬「じゃあ作りましょう!」

梓「はい!」

紬「どんなカレーにしましょうか?」

梓「うーん。合宿のときはオーソドックスだったので」

梓「シーフードとか?」

紬「いいわね!」

紬「なに入れようかしら」♪

紬「その前に!」

梓「」ビクッ

紬「確かエプロン、あずにゃんの分もあったわね」

梓「は、はい・・・」

紬「ペアエプロンデビューね」

梓「!」

梓「・・・で、ですね」テレッ

紬「ふふっ」

紬「これでよし!」ビシッ!

梓「」///

紬「さぁ作るわよ!」

梓「は、はい!」

紬「具はイカ、エビ、貝かしら」

梓「そうですね」

紬「なにをすればいいのから?」

梓「えーっと。じゃあお米磨いでくれますか?」

紬「はいっ!」ザシュザシュ

梓「えっと、材料は・・・」

紬「そこの冷蔵庫の中身、なんでも使っていいわよ」

梓「は、はぁ・・・」パカッ

梓「!」

梓「(こ、これってフォアグラ?それにトリュフ、キャビア・・・)」

梓「・・・ゴクリ」

梓「おっと、イカはどこだー?」

梓「これで材料はよし!」

梓「(フォアグラってどんな味なんだろう・・・)」ジュルリ

梓「おっと。さぁ作りますよー!」

紬「お米磨げたわ!」

梓「ありがとうございます」

梓「では材料の下処理をしましょう!」

紬「はい!あずにゃん教官!」

梓「エビは背ワタを・・・」

紬「ふむ」

梓「イカは・・・」

紬「ふむふむ」

・・・

梓「これで準備は大丈夫です!」

紬「はい!」

グツグツ

紬「今日は寂しくなるわね」

梓「さすがにずっとはお泊まりできませんよ・・・」

紬「・・・それもそうね」

梓「明日は学校なんですから、お昼にでも、部活でも会えますよ」

梓「ムギちゃんって意外に寂しがり屋さんですね」

紬「ふふっ、そうね」

紬「今日はたくさん甘えなきゃね」

梓「・・・私でよければいくらでも」

紬「いいえ。あずにゃんだからよ」ギュッ

梓「にゃ!りょ、料理中は危ないです!」ドキドキ

紬「そ、そうね」

梓「で、では煮込んでる間にサラダを作りましょう!」

紬「はい!」

紬「レタスとトマトと・・・」ゴソゴソ

紬「できました!紬特製サラダ!」

梓「おいしそうです!」

紬「えへへっ」

ピーッ

梓「ご飯も炊けましたね」

紬「あとはルーね!」

梓「ですね」

梓「きっととってもおいしいですよ」

コトコト

紬「もういいかしら?」

梓「ですね」

紬「ではお皿にご飯を」ペタペタ

梓「わっ。ムギちゃんそんなに食べるんですか?」

紬「ふふっ」

梓「わ、私も!」ペタペタ

紬「さぁ食べましょうか!」

梓「はい!」

紬梓「いただきます!」

紬「ん~っ。とってもおいしいわ!」

梓「やっぱり具がいいと違いますね」

紬「違うわ、あずにゃん」

梓「?」

紬「二人で作ったからおいしいのよ」ニコッ

梓「ム、ムギちゃん・・・」///

梓「えへへ、そうですね・・・」

紬「私おかわり!」

梓「早っ!」

梓「私もあとでおかわりしよう」

紬「まだたくさんあるからね。遠慮なんてしちゃだめよ」

梓「はい!」

梓「ではおかわりを」

紬「サラダもいかが?」

梓「もらいます!」

梓「」ムシャムシャ

紬「・・・」

梓「どうしました?」

紬「な、なんでもないわ」アセアセ

紬「(ウサ耳も似合いそう・・・)」

梓「・・・うぅ。食べすぎた・・・」

紬「・・・そうね」

紬「へ、部屋で少し休みましょう・・・」

梓「・・・はい」

梓「で、でも食器の片付けが」

紬「少し休んでからやりましょうか」

梓「はい」

紬「はふっ」ボフッ

梓「ふぁー」ボフッ

紬「久しぶりにあんなに食べちゃった」

梓「私もです」

紬「おいしかったわね」

梓「はい」

紬「また、作りましょうね!」

梓「はい!」

梓「・・・ふぅ」

梓「そろそろ片付けやりますか」

紬「そうね」

・・・・・・・

梓「」ゴシゴシ

紬「」ジャーッ

梓「(にしてもすごいキッチンだなぁ)」キョロキョロ

梓「」ツルッ

ガシャーン

梓「わっ!」

紬「あずにゃん!」

梓「ご、ごめんなさい!」

紬「けがはない?大丈夫?」

梓「えっと、ちょっと指に・・・」

紬「血がちょっと出てるわね・・・」

紬「消毒液と絆創膏を!」

シェフ「はい!」

梓「お、大袈裟ですよ」アセアセ

梓「こんなの唾つけとけばすぐ直りますって」

紬「」ピコーン

紬「えいっ」パクッ

梓「!」

梓「ム、ムギちゃん!」カアァ

紬「んむっ」

シェフ「お持ちしました!」

紬「ありがとう」

紬「」プシュッ

梓「っつ」

紬「これでよし!」マキマキ

梓「」///

梓「す、すみません」

紬「大きな怪我じゃなくてよかったわ」

梓「高そうな食器割っちゃって・・・」

紬「気にしないで、あとは私に任せて」

梓「じゃあ食器を拭くだけでも!」

紬「うん。じゃあお願い」

紬「」ゴシゴシ

紬「」ジャーッ

梓「」フキフキ

紬「終わったわね!」

梓「」ショボン

紬「もう、いつまで落ち込んでるの?」

梓「・・・だって」

紬「気にしなくていいって言ったでしょ?」ナデナデ

梓「・・・うぅ」

紬「これ以上落ち込むようならもう一緒にご飯作りません!」

梓「!・・あうぅ・・・」

梓「・・・また一緒に作りたいです」

紬「私もよ」

梓「よし!」

梓「もうよそ見なんてしません!」

紬「それでいいのよ」ナデナデ

梓「」///

紬「一緒にいろんなお料理に挑戦しましょう!」

梓「はい!」

梓「ではそろそろ帰りの準備を」

紬「・・・本当に帰っちゃうの?」

梓「はい。明日は学校ですし」

紬「一回戻ってこっちにお泊まりしてもいいのよ?」

梓「・・・うっ」

紬「」ウルウル

梓「きょ、今日はちゃんと帰ります!」

紬「・・・そう」ショボン

梓「明日学校で会えるじゃないですか」

紬「・・・うん」

梓「休み時間でも、お昼休みでも遊びに行きますよ」

紬「・・・うん」

梓「」ナデナデ

紬「あずにゃん・・・」

紬「車を出すわね・・・」

梓「」

梓「普通の車でお願いします」

紬「ふふっ。わかったわ」

紬「斎藤。お願いね」

斎藤「はっ」

梓「お、お願いします」ペコリ

ブロロロ

紬「にしてもいっぱい遊んだわね」

梓「ですね」

梓「明日はしっかり練習しましょうね」

紬「それはりっちゃん達次第かしら?」

梓「・・・」

梓「確かに・・・」

キッ

紬「着いたわね」

梓「はい」

梓「ありがとうございました」ペコリ

斎藤「いえ」

梓「ではまた明日」

紬「・・・」

紬「あずにゃん!」ダキッ

梓「もう、明日会えるって言ったじゃないですか」ナデナデ

紬「・・・だって」

梓「明日のお昼、ムギちゃん達の教室に行っていいですか?」

梓「一緒にお昼ご飯食べましょうね」

紬「うん」

梓「それとも部室で二人っきりで、とか」

紬「ううん、みんなで食べましょう」

梓「はい」

紬「じゃあ明日ね」

梓「はい」

チュッ

紬「おやすみ。あずにゃん」

梓「おやすみなさい。ムギちゃん」

斎藤「(これが若さか・・・)」

紬「じゃあね」

梓「はい」

バタン、ブロロロ


15
最終更新:2011年06月14日 17:30