お昼休み!

梓「ごめんね。今日はムギ先輩のところに行くよ」

憂「え?うん。行ってらっしゃい」

純「ラブラブだねぇ」

梓「またね」タッタッタ

純「にしても梓と紬先輩がねぇ」

純「・・・いつの間に」

憂「ふふっ」

梓「」キョロキョロ

いちご「あら、あなたは」

梓「」ビクッ

いちご「唯、梓ちゃん来たよ」

唯「へ?あずにゃん?」

梓「ありがとうございます」

いちご「気にしないで」

唯「あずにゃんこっちこっちー」

梓「失礼します」

澪「どうした、梓?」

梓「えっと、たまにはみなさんとお昼食べたいかなと」

唯「えへへっ。かわいいやつめー」

紬「(あずにゃん・・・)」キラキラ

唯「む!さぁあずにゃん、ムギちゃんの隣にどうぞ!」

唯「ほら、りっちゃん詰めて詰めて」

律「お、おう」

梓「(ムギちゃん・・・)」キラキラ

紬「(あずにゃん・・・)」キラキラ

澪「ふぅ、冬なのに熱いなぁ」

律「ですわねぇ」

唯「えへへ、早く食べよう!」

梓「そういえばムギ先輩、土曜日に私達尾行されてたらしいです」

紬「・・・えっ?」

律澪「」ギクッ

澪「な、なぜそれを・・・」

梓「昨日唯先輩から聞きました」ジトーッ

紬「ほ、本当なの?唯ちゃん?」

唯「うーん。まぁ、ごめんね!」

紬「」///

律「バレちゃあしょうがない!ラブラブでしたなぁお二人さん!」

梓「こ、声が大きいです!」///

クスクス

紬「えっと。どこから・・・」

唯「入口で案内図を見てる所からかな」

梓「最初からだったんですか!」

唯「あずにゃん。声、声」

梓「うぅ・・・」

澪「本当、偶然だったんだよ」

澪「私は律と、唯は憂ちゃんと行ったんだが駅で合流してさ」

澪「そしたら憂ちゃんが梓を見つけたんだ」

梓「ならなんで声かけてくれなかったんですか・・・」ジトーッ

澪「そしたら律が尾行しようぜーって」

梓「」キッ

律「あ、あれー?尾行しようって言ったのは唯じゃなかったかなー?」

唯「りっちゃんだね!」

澪「あぁ。律だな」

律「こいつらひでー!」

紬「び、尾行されてたなんて・・・」

唯「ごめんね。悪気はなかったんだよ」

紬「じゃ、じゃあ。私が梓ちゃんに抱きついたり、抱きつかれたり」

澪「・・・うん」

紬「たい焼きをあーんしたり、されたり」

律「・・・うん」

紬「ネ、ネコミミつけたり・・・」

唯「ムギにゃんかわいかったよ」

紬梓「」///

律「いやー。帰りのあの車にはびっくりしたよ」

唯「だよね!りむじんって言うんだよね」

澪「人だかりできてたな」

紬「は、恥ずかしぃ・・・」

梓「同じくです・・・」

唯「恥ずかしがることないよ!」

唯「二人ともとっても幸せそうだったよ!」

唯「羨ましいよ!」

紬「ゆ、唯ちゃん・・・」

唯「だから胸を張っていいよ!」フンス

梓「・・・もう」

律「白状するとな、見事なまでのバカップルだったぞ」ゴチン

律「いたーっ!」

澪「いい感じの流れだったのに・・・」

紬「ふふっ」

紬「もう、じゃあ次は私達が尾行しましょうね!」

梓「ですね!」

梓「恥ずかしいシーンを写真に収めましょう!」

律「・・・うっ!」

律「しゃ、写真はご勘弁を・・・」

梓「」プイッ

唯「えへへっ。今週末憂とお出かけするから気をつけなきゃ」

澪「(恥ずかしい写真をネタに律を・・・)」

澪「ふふふふふ」

唯「澪ちゃん?」

澪「・・・はっ!な、なんでもないぞ」キリッ

律「」ガクブル

澪「いやー。唯のお弁当はおいしそうだなー」

唯「えへへー。どうぞー」

澪「悪いな。うん、うまい!」

梓「ムギ先輩のもおいしそうですね」

紬「ふふっ。はい、あーん」

梓「ム、ムギ先輩」アセアセ

紬「もうばれてるならいいじゃない、ほら」

梓「も、もう。あーん///」パクッ

唯「いいなー。あずにゃん」

唯「はい!和ちゃん!あーん」

和「なんでよ?」

唯「いいじゃん。ほらほら」

和「・・・もう、今回だけよ」パクッ

律「・・・」

律「な、なぁ澪。私達も・・・」

澪「ん?律、今日はパンじゃないか」

律「あ、あぁ。盛大に寝坊したからな・・・」

澪「パンじゃあーんできないな」パクパク

律「」ショボーン

梓「はい。ムギちゃん、あーん」

紬「おいしいわ!」

唯「ごちそうさまー」

梓「では私は教室に戻りますね」

紬「うん、また部室でね」

梓「はい!」

律「にしてもムギがねー」

紬「?」

律「いやさ、どっちかっていうと見る側だったじゃん」

澪「あー、確かに」

紬「ふふっ。梓ちゃん、とってもかわいいのよ」

唯「うん!あずにゃんはかわいいよね!」

律「答えになってねーし」

紬「放課後が待ち遠しいわ・・・」ポワワ

澪「ははっ。さて、席に戻るか」

律「午後の授業だるいー」

和「午後はちゃんと起きてなさいよ」

律「・・・善処します」

キーンコーンカーンコーン

紬「放課後ね!」ガタッ

唯「うん!」

律「がーっ」スヤスヤ

紬「りっちゃん起きて、部活に行こう!」ユサユサ

律「くーっ」スヤスヤ

澪「・・・私に任せて、ムギ」

律「んがーっ」スヤスヤ

澪「・・・バニーちゃん」ボソッ

律「!」ガタッ

律「」ズザザザザッ

澪「おはよう。律」

律「・・・お、おはよう」ドキドキ

紬「なんて言ったの?澪ちゃん」

澪「えっと、企業秘密で」

紬「?」

ガチャ

紬「あ、梓ちゃん」パアァ

梓「お疲れ様です!」

紬「今日も梓ちゃんが早かったわね」ナデナデ

梓「えへへ」

唯「おいす、あずにゃん」

梓「お疲れ様です」

律「今日は疲れた・・・。ムギ、おいしいお茶を・・・」

唯「りっちゃん今日はずっと寝てたよねー」

梓「ずっと寝てた?なにかあったんですか?」

律「えっと」チラッ

澪「」ニコッ

律「」

律「・・・ちょっと夜更かししててな」

梓「自業自得じゃないですか・・・」

紬「・・・ふぁっ」

梓「ムギ先輩まで夜更かしですか?」

紬「!」

紬「そ、そそそうなの!」カアァ

紬「き、今日はお茶にしましょう!そうしましょう!」アセアセ

梓「?」

唯「わーい。おちゃおちゃ」

澪「まったく」

梓「私も手伝います」

紬「う、うん。お願い」

紬「(昨夜の思い出しちゃって気まずいわ・・・)」

紬「(もう、あずにゃんが変なこと言うから・・・)」///

梓「ムギ先輩?顔赤いですよ?」ヒョコッ

紬「!」

紬「(近い!近いわ!あずにゃん!)」カアァ

梓「大丈夫ですか?」

紬「だ、大丈夫よ!」ササッ

梓「風邪じゃないんですね?」

紬「うんうん」

梓「よかった」ホッ

紬「」ドキドキ

紬「(あぁ、心配してくれているあずにゃんを避けちゃうなんて)」

紬「(昨日あんなにした罰が当たったのね・・・)」

梓「(なんか妙に避けられてる気が・・・)」

梓「(気のせいだよね?)」

梓「今日はどのカップにしますか?」

紬「え!え、えっとじゃあその青いので」アセアセ

梓「はい」

梓「(やっぱりなんかおかしい・・・)」

梓「(なにかおかしなことしたかな・・・?)」シュン

紬「お茶が入りましたよー」

唯「わーい」

律「お」ムクッ

澪「今日のもいい香りだな」

梓「ケーキですよー」

唯「ケ、ケーキ!」

律「おお!」

澪「昨日はたくさん体動かしたから食べても大丈夫だな!」

紬「好きなのいいわよ」

唯「はい!私いちご!」

律「オレンジ!」

澪「桃で」

紬「ほら、梓ちゃんも」

梓「じゃ、じゃあバナナを」

紬「私はチョコね」

唯「いただきます!」

唯「んまーい」

澪「だなぁ」

律「疲れた体に糖分が染みるぜ・・・」

梓「(これはさっきの違和感を確かめるチャンス!)」

梓「ムギちゃん、あーん」

紬「あ、梓ちゃん?」

梓「(いつものムギちゃんなら躊躇わず食べるはず!)」

紬「(ど、どうしよう。また変に意識しちゃって)」カアァ

唯「お熱いねー。お二人さーん」

梓「(ぐっ。私も恥ずかしいですがこの方法しかっ!)」

紬「あ、う」

梓「(ム、ムギちゃん・・・)」ウルッ

紬「(あぁ、あずにゃんが泣きそうな顔に・・・)」

紬「(覚悟を決めなさい!紬!)」

紬「」パクッ

梓「ム、ムギちゃん・・・」パアァ

紬「お、おいしいわ、梓ちゃん」ニコッ

梓「ですよ!」

梓「(これではっきりした。でも一体なぜ・・・)」

唯「ほらりっちゃん、あーん」

律「あむ」

律「うん。いちごもうまいな」

唯「りっちゃんのもー」

律「はいはい、ほれ」

唯「んまーい」

律「はっ!」

澪「」ジーッ

律「」

律「」ダラダラ

律「ほ、ほれ。澪も食うか?」スッ

澪「」パクッ

律「あ、あはははは」ダラダラ

澪「ほら、律も」スッ

律「お、おう」パクッ

澪「」ニコニコ

律「(笑顔が怖いです。澪しゃん・・・)」

唯「あー。卒業までこのままダラけてたい・・・」

梓「だめですよ!まだ受験があるんですからね」

唯「あずにゃん厳しい・・・」

紬「ふふっ」

梓「これ食べたらみなさんは勉強ですからね!」

唯律「ご勘弁をー」シクシク

梓「ムギ先輩は本当に大丈夫なんですね?」

紬「え?う、うん。元気よ!」

梓「ならいいんですけど・・・」

紬「もう、心配しすぎよ」

梓「ですよね」

澪「もう先輩なんてつける必要ないんじゃないか?梓」

梓「え?」

唯「そういえばさっきもムギちゃんって言ってたね」

律「ほう。二人きりの時はムギちゃんなのか」ニヤニヤ

梓「うっ」

紬「あらあら」

紬「私も構わないわよ。あずにゃん」

梓「じゃ、じゃあ。ムギちゃん」///

梓「」///

紬「ふふっ」ナデナデ

澪「さて、私達も勉強するぞ」

唯律「ぶーぶー」

澪「・・・落ちても知らないぞ?」

唯「勉強しますか」

律「うー」

梓「がんばってくださいね」

紬「うん!」

梓「では私はあっちで練習してますので」

紬「寂しくなったらいつでも戻ってらっしゃい」

梓「も、もう・・・」


2
最終更新:2011年06月14日 17:40