ちょっと前!

律「また明日なー」フリフリ

紬「また明日」

梓「またです!」

紬「・・・ふぅ。梓ちゃん分が足りない・・・」

梓「・・・唯先輩じゃないんですから」

紬「梓ちゃん断ちはつらいのね・・・」

梓「まだ初めて1日も経ってないですよ」

紬「梓ちゃんはつらくないの?」

梓「・・・まぁ。ちょっとだけ・・・」

紬「ふふっ。正直なのね」

梓「嘘ついても仕方ないですから」

紬「そうね。でも我慢しなきゃね」

梓「そうですよ」

紬「じゃあね。梓ちゃん」

梓「また明日です。ムギ先輩」

紬「夜更かししちゃダメよ」

梓「そ、それはムギ先輩もです!」

紬「ふふっ」

紬「じゃあね」

梓「はい。では」

梓「(はぁ・・・。一週間かー。思ったよりつらいかも・・・)」

梓「(私ってかなりムギちゃんに依存してたんだな・・・)」

梓「(でもムギちゃんのためだもん!がんばらなきゃ!)」グッ

梓「・・・はぁ」

梓「ん?憂だ」

梓「おーい」

憂「?」クルッ

憂「あ、梓ちゃん」

梓「どうしたの?こんな遅くに」

憂「お買い物だよ」

梓「そうなんだ。私も行っていい?」

憂「うん!」

梓「今晩の夕食?」

憂「それもあるけど、チョコの材料をね」

梓「チョコ?」

憂「もう、バレンタインだよ。梓ちゃん」

梓「あ!あー」

憂「梓ちゃんも一緒に作らない?」

梓「え?いいの?」

憂「もちろん!」

憂「みんなに作ってあげて励まそうよ」

梓「そ、そうだね」

憂「本命の紬さんにも」

梓「!」

梓「も、もう」///

憂「梓ちゃんは料理得意なんだよね?」

梓「お菓子はあんまり作ったことないから・・・」

憂「そうなんだ。じゃあ一緒にがんばろうね」

梓「そっか。受験の前日がバレンタインか・・・」

梓「でもまだ時間あるよ?」

憂「今日は試し作りだよ」

憂「だから量も少なめなの」

梓「へーっ」

梓「憂はなに作るの?」

憂「定番のチョコレートケーキかな」

梓「ほう」

梓「ではお願いします!」

憂「うん!」

憂「このあと作るつもりだけど時間大丈夫?」

梓「大丈夫だよ」

憂「ならよかった。ならついでにご飯も食べて行ってよ」

梓「いいの?」

憂「うん!きっとお姉ちゃんもよろこぶよ」

梓「じゃあお邪魔になります」

梓「(これは浮気じゃないですよね?ムギちゃん・・・)」

店員「あーしゃー!」

憂「よいしょっと」

梓「あ、持つよ。憂」

憂「ありがと」

梓「唯先輩はどう?」

憂「ちゃんと勉強してるよ」

梓「そう」


憂「ただいまー」

ドタドタ

唯「おかえり!憂!」ダキッ

憂「お、お姉ちゃん」///

唯「あれ?あずにゃんだ」

梓「こ、こんばんわです」///

憂「そこで会ってね、夕食に誘ったの」

唯「おー、そうなのか。いらっしゃい、あずにゃん」

憂「夕食はもうちょっと遅くてもいい?」

唯「うん。いいよー」

憂「それまでがんばってね!」

唯「うん!」トトトッ

憂「さて、チョコケーキ作りしますか!」

梓「う、うん」

憂「まずは・・・」

・・・・・・・

チーン

憂「焼けたね」

梓「う、うん」

憂「うん。ちゃんと焼けてるよ」

梓「よ、よかった」ホッ

憂「あとは冷蔵庫で冷ませばだいじょうぶだよ」

梓「結構ケーキ作りって大変なんだね」

憂「慣れれば簡単だよ」

梓「うーむ・・・」

憂「本番はバレンタインの前日に作るけどどうする?」

梓「・・・お願いします」

憂「うん!じゃあ夕食作っちゃうね」

梓「私も手伝うよ」

憂「ありがとー」

憂「できた!」

梓「うん!」

憂「お姉ちゃん呼んできてくれる」

梓「わかったよ」トトトッ

梓「唯先輩、ご飯ですよー」

シーン

梓「唯先輩?入りますよ」

ガチャ

ソーッ

唯「スゥスゥ」

梓「・・・寝てる」

梓「ちょっとお菓子作りに時間かかっちゃったかな・・・」

梓「唯先輩、起きてください」ユサユサ

唯「んぁ・・・、うーいー?」キョロキョロ

梓「私ですよ。ご飯できましたよ」

唯「・・・はっ!寝てた!」

唯「お願い!あずにゃん!」

梓「なにがです?」

唯「私が居眠りしてたの憂には内緒にして!」

梓「は、はぁ・・・。別にいいですけど」

唯「よ、よかった・・・」ホッ

梓「どうしてです?」

唯「居眠りしてるの見つかるとお仕置きが・・・」ガクガクブルブル

梓「・・・お仕置きですか」

ホワンホワン

憂『居眠りしちゃったの?』ゴゴゴゴ

唯『ひいいいい。お許しをおおおお』ガクブル

憂『居眠りしたらお仕置きって言ったよね』ニコッ

唯『あわわわわわわわわ』

憂『受験終わるまでアイス禁止だからね』

唯『うわーん。憂ー』シクシク

ホワンホワン

梓「(まぁ憂のお仕置きってこの程度でしょ)」

唯「来てくれたのがあずにゃんでよかったよ!」

梓「はいはい。早く下に行きますよ」

唯「うん!」

トトトッ

梓「連れてきたよ」

憂「ありがと。じゃあ食べようか」

唯「わーい。ハンバーグだー!」

唯憂梓「いただきます!」

憂「お勉強ちゃんと進んでる?」

唯「」ギクッ

唯「も、もちろんだよ!」

憂「居眠りしちゃダメだからね」

唯「ししししてないよ」アセアセ

憂「そう、がんばってね!」

唯「う、うん!」

唯「」クンクン

唯「なんかチョコの匂いがする・・・」

憂「うん、食後のデザートにケーキ作ったの」

唯「ケ、ケーキ!」

憂「梓ちゃんも手伝ってくれたんだよ」

梓「少しですけどね」

憂「ケーキ食べて残りの勉強もがんばってね」

唯「了解しました!」ビシッ

……

唯梓「ごちそうさま!」

憂「お粗末さまでした」

唯「ケーキとってもおいしかったよ!」

憂「ありがと」

唯「あずにゃんも!」

梓「いえいえ」

憂「じゃあ勉強、がんばってね!」

唯「うん!やる気出たよ!」

憂「片付けは任せてね」

唯「・・・うん。ごめんね」

憂「気にしないで。受験勉強のほうが大事だもん」

唯「ありがと、憂」ダキッ

憂「がんばってね」ギュッ

梓「(うわー)」///

唯「やるぞー!」トトトッ

梓「(客観的に見ると結構恥ずかしい・・・)」

憂「どうしたの?」

梓「う、ううん。なんでもないよ」アセアセ

梓「洗い物手伝うね」

憂「え、いいよ」

梓「いいからいいから」

憂「もう。じゃあお願い」

梓「うん」

梓「そういえばさっき唯先輩が言ってたんだけど」

梓「居眠りしたらお仕置きがあるんだって?」

憂「も、もう。お姉ちゃんったら」///

梓「どんなお仕置き?」

梓「アイス禁止とか?」

憂「えっと、スキンシップ禁止だよ」

梓「スキンシップ?」

憂「うん」

憂「具体的には抱きつくの禁止だね」

梓「・・・それはちょっと、唯先輩には辛いのでは」

憂「私も寂しいけど・・・」

憂「お姉ちゃんには大学受かってほしいから!」

梓「(憂!厳しい子!)」

梓「そ、そう」

憂「でもお姉ちゃんなら大丈夫だよ!」

梓「(もう寝てるの目撃しちゃいました・・・)」


梓「今日はごちそうさま」

憂「じゃあまたバレンタインの前日にね」

梓「うん。お願いします」

憂「気をつけてね。おやすみ」

梓「うん。おやすみ」

バタン

梓「(バレンタインか・・・。全然覚えてなかったな・・・)」

梓「(バレンタインの次の日が受験か・・・)」

梓「(ムギちゃん、よろこんでくれるかな・・・)」

梓「(・・・えへへっ)」

梓「私は私にできることをしよう!」

梓「(まずはムギちゃんの私断ちを応援することだよね)」

梓「(ムギちゃんも寂しいのかな・・・)」

梓「(でもムギちゃんから始めたんだしね)」

梓「(私も我慢しなきゃ!)」

梓「よーし!」


バレンタイン前日!

律「そういや梓。この前唯んちに行ってたな」

梓「はい?いつですか?」

澪「私も見たな。たしか受験一週間前だって騒いでた日だ」

梓「あ・・・」

紬「」ジーッ

唯「うん。家に来たよ」

唯「晩御飯作るの手伝ってくれたんだよねー」ナデナデ

紬「」ジーッ

梓「(うっ。ムギちゃんの視線が痛い・・・)」

唯「でもどうして家に来たんだっけ?」

梓「えっと、その。帰りの途中で憂に会って」アセアセ

唯「そうだったのかー」

唯「ハンバーグおいしかったよ。ありがとうね」ニコニコ

紬「」ジトーッ

梓「(あああ・・・)」

紬「一緒にご飯作っただけかしら?」ニコッ

梓「えっと。私もごちそうになりました・・・」

紬「一緒にご飯作って食べただけかしら?」ニコッ

梓「・・・う」

梓「も、もちろんです」

紬「・・・そう」

梓「(バレンタインのチョコ作る練習してたなんて言えないですよ・・・)」


律「よし!今日はここまで!」

澪「だな。帰ろうか」

唯「うー。疲れたよー」

紬「そうねー」

梓「・・・はぁ」

律「またなー」フリフリ

唯「またねー」フリフリ

紬「また明日」


紬「さて・・・」

梓「」ギクッ

紬「私も梓ちゃん断ちで辛いのに・・・」グスッ

梓「ム、ムギ先輩?」

紬「寂しいからって唯ちゃん達と遊んでるなんて」

梓「ご、誤解ですよ。本当にご飯食べてただけです!」

紬「・・・本当に?」

梓「ほ、本当ですって」

紬「」ジーッ

梓「」アセアセ

紬「浮気してないのね?」

梓「も、もちろんです。私はムギ先輩一筋です!」

紬「・・・ふぅ」

紬「疑ってごめんね。こっちもピリピリしてて・・・」

梓「い、いえ。私も誤解を招くことして・・・」

梓「明後日の本番、がんばってくださいね」

紬「えぇ。受験が終わったら思いっきり甘えちゃうんだから」

紬「覚悟しときなさい」

梓「は、はい!」

紬「じゃあね」

梓「また明日です」

梓「(危なかった・・・)」

梓「(でも今日も行かないと・・・)」

梓「(見つからないように慎重に・・・)」コソコソ

梓「」プルルルル

憂『もしもし、梓ちゃん?』

梓「うん。もうそっちに行っても大丈夫?」

憂『大丈夫だよ。梓ちゃんの分の材料も買ってあるから』

梓「ありがとう。今から行くね」

憂『うん』

梓「」ピッ

梓「よし!」サササッ


4
最終更新:2011年06月14日 17:46