澪「」カリカリ

律「」カリカリ

澪「とうとう明日だな」

律「あぁ。そうすればこの勉強地獄からは解放される・・・」

澪「私はこの我慢地獄からの解放かな・・・」

律「」

律「・・・まぁほどほどにな」

澪「絶対に無理だな」

律「(私は明後日の朝日を見れるだろうか・・・)」

澪「律があのお店でなんでも好きなだけつけるって言ってくれたからな」

澪「それが心の支えだよ」

律「あの?好きなだけって言った記憶はないんですが・・・」

澪「明日が待ちどおしいよ」

律「」

澪「試験終わったらそのまま買いに行こうな」

律「直行かよ!」


――――

唯「ただいまー」

憂「おかえり。お姉ちゃん」

憂「何か飲む?」

唯「うん、寒いからね」

憂「お茶淹れるね」

唯「お願い」


唯「ふはーっ。生き返るー」

憂「ふふっ」


憂「とうとう明日だね」

唯「そうだね。もう一息だ」

憂「今日は無理しないで早めに寝ようね」

唯「うん。そうしよっか」

唯「一緒に寝ようね」

憂「うん!」

唯「ふぅ。じゃあ勉強してくるよ」

憂「応援してるよ。お姉ちゃん」

唯「」カリカリ

唯「(試験が終わったら思いっきりギー太を弾こう)」

唯「(そして憂とまたデートに行こう)」

唯「えへへっ」

唯「おっと、集中集中」カリカリ


憂「今日のご飯はどうしようかな」

憂「(この寂しさも今日でおさらばだよね)」

憂「(早くお姉ちゃんと一緒にお料理したいな)」

唯「」カリカリ

唯「うーん」ノビーッ

唯「よし!これで大丈夫!」

唯「早めに寝よう」トトトッ

唯「憂ー。入っていい?」

憂「うん」

唯「寝よっか」

憂「うん!」

唯「私、こんなに勉強したの初めてだよ・・・」

憂「あはは」

唯「明日、大丈夫かな?」

憂「お姉ちゃんならきっと大丈夫だよ」

唯「・・・うん」

唯「試験終わったらデート、しようね」

憂「うん!楽しみだね」

唯「がんばるぞー」

唯「どこに行きたい?」

憂「うーん。お姉ちゃんと一緒ならどこでもいいんだけど」

唯「えへっ。じゃあそれが憂の宿題だね」

憂「ん、うーん・・・」

唯「手、繋ごっか」

憂「うん」ギュッ

唯「おやすみ、憂」

憂「おやすみ、お姉ちゃん」


――――

紬「ふう。ここまでやっておけば大丈夫ね」

紬「・・・」

紬「あずにゃんチョコか・・・」

紬「ふふっ。本当に頼りになるわね」ガサガサ

紬「わぁ。かわいい」

紬「ん?カードが」

梓『レンジでチンしてくださいね。本番前に風邪引かないでくださいね』

紬「ふふっ。あずにゃんったら」

紬「レンジでってことはフォンダンショコラね」

チーン

紬「うん。おいしい!」トローッ

紬「明日か・・・」

紬「い、勢いで誘っちゃったけどあずにゃんにも意味、伝わってるよね?」

紬「あ、明日あずにゃんと・・・」カアァ

紬「・・・ふぅ」

紬「まずは明日の試験ね」

紬「筆記用具と受験票と・・・」ゴソゴソ

紬「これでよしっと」

紬「早めに寝ましょう」ボフッ

紬「みんな一緒に合格できればいいな」

紬「でもみんなあれだけ勉強したんだから大丈夫よね」

紬「おやすみ」

紬「(・・・おやすみ、あずにゃん)」

チュンチュン

紬「」ムクッ

紬「・・・んーっ」ノビーッ

紬「ふぅ。・・・雪ね」

紬「早く準備してみんなと合流しなきゃ」


・・・

・・



澪「」プルルル

澪「おはよう。準備はできてるか?」

律『あぁ。大丈夫だ』

澪「よし。じゃあ今からそっちいくな」

律『はいよ。適当にあがってくれ』

澪「」ピッ

澪「よし!行くか!」

澪「行ってきます。ママ」ガチャ

――

憂「お姉ちゃんの準備はこれで大丈夫っと」

憂「お姉ちゃん。そろそろ起きないと」ユサユサ

唯「・・・んあ。あと5分・・・」

憂「もう。遅刻しちゃうよ」ユサユサ

唯「」ムクッ

憂「おはよう。お姉ちゃん」

唯「・・・おはよ。憂」

――

梓「もうみんな起きてるかな?」

梓「心配な先輩が約一名・・・」

梓「みんなにメール送っておこう」ポチポチ

梓「試験終わったら連絡するか・・・」

梓「それまでなにしてようかな・・・」

梓「ムギちゃんに電話しても大丈夫かな?」

梓「・・・あまり集中力乱しちゃダメだよね」

梓「(がんばってください。みんな。ムギちゃん)」


紬「」ブーッブ-ッツ

紬「ん、メール」パカッ

梓『ムギちゃん。がんばってくださいね。ずっと応援してます』

紬「・・・ありがとう。あずにゃん」

紬「よーし。がんばっちゃうんだから!」フンス

梓『今日のお泊まり。楽しみにしています』

紬「お泊まり久しぶりだもんね」

紬「きっと素敵な夜になるわ」


――

律「澪のやつまだ来ないな・・・」

律「ん、メール。澪か?」

梓『ちゃんと起きてますか?本番、がんばってください』

律「梓か。ふふっ、言われなくたってがんばるさ」

律「よし!今までの成果を出してやるぜ!」

ピンポーン

律「来たな」ドタドタ

澪「おはよう」

律「おはよう、行こうか」

澪「あぁ」

律「行ってくる」

聡「行ってらー」

バタン

律「そういや澪も梓からメール来たか?」

澪「あぁ。律をお願いしますってさ」

律「」

律「梓は私のお母さんか!」

澪「言われなくったってちゃんと面倒見てあげるさ」

律「・・・ほどほどにお願いします」

澪「律は私のこ、恋人だからな・・・」カアァ

律「・・・今更なに言ってるんだよ」///

澪「早く行こう」

律「あぁ」

澪「買い物が待ち遠しい!」

律「おい!」


――

憂「メールだ」

梓『唯先輩は起きてる?準備は大丈夫?』

憂「ふふっ。梓ちゃんったら」

憂「大丈夫だよ、っと」ポチポチ

唯「憂?」

憂「梓ちゃんからメール。心配してたよ」

唯「もう、あずにゃんめ。大丈夫なのに」プンプン

憂「(寝坊しそうにはなったけどね・・・)」


――

律「おはよう。ムギ」

紬「おはよう。りっちゃん、澪ちゃん」

澪「おはよう」

律「来てないのは唯だけか」

澪「まぁすぐ来るだろ」


律「・・・遅い」

唯「ごめーん」ハァハァ

ガタンコトン

唯「いやー。雪で歩きにくくて・・・」

紬「そうね。気をつけないとすべっ

律「わーっ!禁句禁句!」

紬「はっ。ご、ごめんなさい」

澪「忘れ物ないな?」

唯「大丈夫だよ!」

紬「うん!」

唯「わーっ。校舎大きいね」

律「だな。そしてきれいだ」

紬「みんな、心の準備はいい?」

唯「大丈夫だよ!」

律「もちろんだ」

澪「あぁ」

紬「みんなで合格しましょうね!」

唯律澪紬「おー!!」


――

梓「も、もうすぐ試験開始だよね?」

梓「・・・なんか落ち着かない」ソワソワ

梓「みんなあんなに勉強してたんだから」

梓「心配しなくてもいいんだけど・・・」

梓「・・・はぁ。寝ちゃおう」

梓「果報は寝て待てだよね」

梓「お、おやすみ!」


――

試験開始!

唯「」カキカキ

紬「」カキカキ

澪「」カキカキ

律「(・・・わからん)」

律「」コロコロッ

律「ふむ」カキカキ

唯「くはーっ」グテーッ

澪「試験もあと一教科だな」

律「だな。気を抜かないようにしないと」

紬「そうね。油断は禁物よ」

唯「そうだ。みんな試験終わったら予定ある?」

紬「うん。外せない用事があるの・・・」

澪「試験終わったら律とちょっと買い物にな」

唯「そっかー」

唯「なら明日は?」

唯「試験終了パーティーしようよ!」

紬「いいわね!しましょう!」

澪「あぁ。明日なら大丈夫だ」

律「・・・生きてたら行くよ」

唯「やった。私の家でいい?」

澪「あぁ。毎回悪いな」

唯「じゃあ試験終わったら憂に連絡するね」

紬「そろそろ時間ね」

唯「うん。がんばろうね!」

澪「あぁ!」

律「パーティーか。憂ちゃんの料理楽しみだぜ」

唯「私もー」

紬「さぁ。席に戻りましょう」

唯「うん」


試験終了!

唯「終わったー!」

律「・・・あぁ、終わったな」

澪「ふぅ、少し疲れたな」

紬「そうね。ずっと緊張してたから・・・」

唯「みんな予定あるんだよね?駅まで一緒に行こう!」

澪「あぁ。しかしこれでしばらくはゆっくりできるな・・・」

律「そうだなー。しばらくぼーっとしてよう」

ガタンゴトン

唯「私もずっとゴロゴロしてようっと」

律「それはいつもだろ?」

唯「りっちゃんひどーい」

紬「合格発表は一週間後ね」

律「一週間か。それまではゴロゴロしよう・・・」

澪「面倒を任された以上ゴロゴロはさせないぞ」

律「・・・勘弁してください」


澪「じゃあ私達はここで」

律「明日の時間はどうする?」

唯「あとで連絡入れるよ」

律「りょーかい」

紬「じゃあね、みんな」

澪「今日はおつかれさま」

唯「うん。みんなおつかれさま」

唯「また明日ね!」


6
最終更新:2011年06月14日 17:50