純「あ、憧れの澪先輩の全裸が・・・」ハァハァ

憂「純ちゃん?息荒いよ」

純「私。もう死んでもいい」

梓「死ぬな。さっさと入るよ」ザパーッ

憂「うわーっ。いい匂い」パシャパシャ

梓「だねーっ」

純「これって食べれるの?」

梓「・・・やめときなさい」

唯「うおー!」バシャバシャ

唯「・・・バラが邪魔で泳ぎにくい」ペッペッ

律「・・・だな」

憂「もう、あまりはしゃいじゃだめだよ」

唯「はーい」

澪「律もおとなしくしてるんだぞ」

律「へいへい」

紬「ふふっ。二人ともお母さんみたい」

澪「手間がかかって大変だよ」ヤレヤレ

唯「ねぇ、ムギちゃん。あっちの扉はなぁに?」

紬「サウナと露天風呂よ。あとでそっちにも行きましょうね」

澪「サ、サウナがあるのか!」ガバッ

紬「へ?う、うん」

澪「(サウナで一杯汗かいて今日の分を少しでも減らそう!)」

澪「ぜひ入らせてくれ!」

純「わ、私も入りたいです!」

梓「こっちには露天風呂があるのか・・・」

紬「じゃあ身体洗ったら入りましょうか」

紬「そのほうがいいってどこかで聞いたことあるわ!」

澪「よし!バラのお風呂も名残惜しいがサウナが先だ!」ザパッ

唯「私もサウナ入るー」

憂「わ、わたしも」

梓「結局みんなで入るんですね・・・」

紬「第二回!我慢大会 in サウナね」

唯「第二回?一回目があったの?」

紬「第一回は私と梓ちゃんとやったんだけど、私が勝ちました!」

梓「・・・負けました」

唯「へーっ。じゃあリベンジだね!」

梓「ま、負けませんよ!ムギちゃん!」

紬「ふふっ。受けて立ちましょう!」

律「もちろん罰ゲーム付きだよな!」

澪「ば、罰ゲーム・・・」ガクブル

和「怯えるの早いわよ・・・」

紬「みんな。我慢大会だけど無理して倒れちゃダメだからね」

紬「この前はあずにゃんが倒れて・・・」グスッ

梓「わーっ!大丈夫ですって!今度は倒れる前に出ますから」

紬「グスン。気を付けてください!」

唯「あずにゃん負けず嫌いだもんねー」

梓「・・・」プイ

憂「お姉ちゃんも。無理しないでよ」

澪「今日食べたカロリーが・・・。サウナに何分入れば・・・」ブツブツ

律「お前は何分入る気だ」

和「サウナって久しぶりね」

律「私もだ。あまり銭湯は行かないからなー」

澪「ちなみに梓は何分でダウンしたんだ?」

梓「・・・えっと15分くらいですかね?」

律「たった15分かよ!私なら30分はいけるね!」

梓「むっ。律先輩はサウナの恐ろしさを知らないんです!」

律「へへーっ。こりゃ罰ゲームは梓かな?」

梓「むむむむっ。そうやって油断してるといいです」プイ

純「せ、背中流します!澪先輩!」

澪「へ?い、いや。いいって」アセアセ

紬「」ピコーン

紬「みんなで背中流しましょう!」

唯「みんなでって・・・」

律「テレビとか家族でよくあるあれか?」

紬「正解です!りっちゃん!」

澪「は、恥ずかしいって」///

律「私もちょっと恥ずかしいかも・・・」

紬「みんな裸なのに今更なにを恥ずかしがるの!」

唯「そうだよ。りっちゃん!澪ちゃん!」

和「まぁちょっと恥ずかしいけど面白そうじゃない」

澪「和まで・・・」

純「わ、私はやりたいです!」

梓「純は単純で羨ましいよ」

憂「あ、あはは・・・」

和→純→澪→律→憂→唯→紬→梓

和「ホクロみっけ」

純「み、澪先輩の背中・・・」ゴクリ

澪「・・・なんか寒気が」

律「憂ちゃんの背中はちっちゃいな。だれかとは大違いだ」コシコシ

唯「あわあわー」コシコシ

紬「ふふっ」コシコシ

梓「うぅーっ」

紬「流すわよー」ザパーッ

梓「では和先輩の背中は私が」

和「そう?じゃあお願いするわね」

梓「強くないですか?」コシコシ

和「うん。丁度いいわ。梓ちゃん、背中流すの上手ね」

梓「い、いえ!たまたまですよ!」アセアセ

律「ほほう。日ごろの成果ですな」

梓「律先輩はあっち行ってください」シッシッ

紬「では入りましょう!罰ゲームとか気にしないでね」

唯「おー!」

ムアッ

律「おっ。なんか本格的って感じだな」

澪「これならたくさん汗出そうだ」

憂「温度上昇用の水だ・・・」

梓「上げなくていいからね。憂」

憂「う、うん」

紬「ではスタートで」

律「サウナに露天風呂か。相変わらずすごいな」

澪「露天風呂かー。合宿の時以来だな」

紬「今日は晴れたからきっと星が綺麗よ」

唯「いいね!早く露天風呂も行ってみたいよ!」

和「合宿でも露天風呂あったのね」

純「う、羨ましい・・・」

梓「へへへーっ」

純「なんで梓が得意げなのよ・・・」

梓「ふふん!」

唯「あ、暑い・・・」

憂「お姉ちゃん。大丈夫?」

唯「だいじょーぶー」

律「最初の犠牲者は唯か?」

澪「余計なこと言うな!」ゴチン

律「いたーっ!」

紬「罰ゲームなんてないから無理しないでね」

唯「う、うん。まだいける・・・」

澪「・・・ふぅ。たしかに暑くなってきたな」

純「それでこそサウナですね」

梓「そういえば純と憂って中学一緒なんだっけ?」

憂「そうだよ」

梓「中学の時の純ってどうだったの?」

純「憂、やつの言葉に耳を傾けちゃだめだよ」

憂「どうって・・・。今と変わらないかな?」

梓「へ、へーっ」

純「なに、そのつまらなそうな目は・・・」

唯「・・・でる」ガチャ

紬「よく頑張ったわ。唯ちゃん」

梓「憂はどうだったの?」

純「憂はモテモテだったねー」

憂「も、もう。純ちゃん・・・」///

純「毎月誰かに告白されてたよねー」ニヤニヤ

憂「・・・もう」///

律「たしかに憂ちゃんはやさしいし、気が利くし」

澪「料理もうまいし、かわいいし」

憂「みなさんまで・・・」

純「でも結局誰とも付き合わなかったよね、なんで?」

梓「・・・あぁ、なるほど」

律澪「」ニヤニヤ

憂「わ、私も出ます!」ガチャ

純「ありゃ、ちょっと調子に乗っちゃったかな?」

和「一気に温度が上がったわね」

紬「憂ちゃんかわいい」

梓「ですねぇ」

澪「いいペアだな」

律「うむ。こっちが恥ずかしくなるな」

和「ふふっ。小さいころから変わらないわね」

律「さて、残りは6人か・・・」

澪「うん。しっかり汗出てる・・・」

梓「・・・ふぅ」

純「そろそろかな?梓」

梓「まだ大丈夫だよ」

和「私はそろそろキツイかも・・・」

紬「メガネ曇ってるわね・・・」

和「メガネを掛ける者の宿命よ」

和「まぁ我慢のしすぎも身体の毒だし、ここらで退場するわね」

紬「はーい。おつかれさま」

律「・・・ふぅ」

澪「・・・なんだ?もう限界か?」

律「・・・へっ。澪もそろそろキツイんじゃないか?」

純「はぁ。私ももう出ようかな」

梓「私もそうしよう。またムギちゃんに怒られちゃうし」

紬「もう。そんなに怒らないわよ」

梓「じゃあムギちゃん。がんばってください」

純「澪先輩もファイトです!」

紬「私もすぐ行くわよ」

律「・・・あと3人か」

澪「・・・最後まで残ってもなにもないぞ」

律「・・・なにもなくても一位という称号は手に入るのさ」

紬「」

紬「えいっ!」パシャ

ジュワー

律「ムギ・・・、なんてことを・・・」

澪「うおぉ、温度急上昇・・・」

モワワワ

紬「・・・ふふっ。一度やってみたかったの」

律「もうだめだ!出る!」

澪「あぁ!これ以上は危険だ!」

紬「私もー」

紬「・・・ふぅ。みんな一緒だったわね」

律「ムギ、これを狙って・・・」

紬「さて、なんのことかしら?」シレッ

澪「みんなは先に露天風呂か」

律「私達も身体流して行こうぜ。夜風に当たりたい」

澪「そうだな。のぼせそうだ」

ガラッ

紬「おまたせ」

唯「あ、ムギちゃん達だ」

梓「先に入ってました。結局どうなったんです?」

紬「3人同時に出ちゃったわ」

梓「そうでしたか。意外に律先輩はがんばったんですね」

律「うおーっ!星すごっ!」

澪「あぁ。きれいだな」

唯「だよねー。見惚れちゃうよ・・・」ウットリ

純「あぁ・・・。湯船にお酒のお盆浮かせて一杯とかしてみたいですね」

和「お酒はだめよ!絶対に!」ガシッ

純「へ?」

澪「あぁ!お酒は危険なんだぞ!」

律「悪いことは言わない!やめておけ!」

唯「お酒は二十歳になってから!なっても注意だよ!」

純「・・・へ?」

梓「・・・いろいろあったんだよ」

憂「夜風きもちいい・・・」

唯「でも純ちゃんってお酒飲むとどうなるんだろうね?」

梓「確かに・・・、憂も気になるね」

澪「純ちゃんのご両親、お酒は強いのか?」

純「いえ、あまり飲まないですね」

律「ふむ。じゃあ純ちゃんも弱い系なのかな?」

和「憂も唯といっしょですぐに寝ちゃうんじゃないかしら?」

憂「どうでしょう・・・」

純「なに?みんなでお酒飲んだの?」

唯「・・・」

澪「・・・」

律「・・・」

梓「・・・」

和「・・・」

純「・・・え?そんなにヤバかったの?」

憂「人には消したい過去があるんだよ・・・」

紬「みんなかわいかったわぁ」

唯「くらえーっ!」ポイ

澪「ひゃっ!冷たっ」

律「お、雪残ってるのかー」

律「いいねぇ。冬だねぇ」

澪「・・・唯、ちょっとこっちに来なさい」ゴゴゴゴ

唯「えへへっ。ちょっとしたジョークだよジョー・・・あたっ!」

澪「まったく」

憂「もう。自業自得だよ」ナデナデ

紬「」

紬「えいっ!」ポイ

澪「ひゃう!今度は誰だ!」

紬「私でーす。どうぞ!」スッ

澪「うっ・・・」

澪「・・・もうするなよ。お湯の温度下がっちゃうだろ」

紬「・・・はい」シュン

純「澪先輩の悲鳴。かわいい」

律「」ピコーン

律「とう!」ポイ

澪「・・・誰だ?」

律「私でーす!どうぞ!」スッ

澪「」バチーン!

律「ぎゃーーー!」

唯「紅葉だよ。和ちゃん」

和「秋ねぇ」

律「・・・なんで私だけ」シクシク

純「澪先輩って怒らせると怖いんだね」

憂「・・・そうだね」

梓「うわぁ・・・。痛そう・・・」

澪「まったく・・・」

律「うぅ・・・。ヒリヒリする・・・」

梓「」ツンツン

律「中野ー!」

唯「そろそろあがろうか」

憂「そうだね」

澪「夜空も名残惜しいけどな・・・」

紬「・・・ふぅ。つい長風呂になっちゃうわね」

梓「ですねぇ。でも気持ちよかったです」

和「そうね。あまり長風呂はしないほうだけど楽しかったわ」

唯「あ。体重計があるよ!」

澪「スルーで」

紬「みんな、何か飲む?そこの冷蔵庫から好きに取っていってね」

律「おぉ!私牛乳!」ガパッ

唯「フルーツ牛乳!」

澪「ここは銭湯か・・・。貰うけど・・・」

梓「まんま銭湯ですねぇ」

純「コーヒー牛乳貰います」

憂「お姉ちゃん、そんな勢いよく飲むとむせちゃうよ」

和「お風呂あがりってなんで牛乳なのかしら?」


14
最終更新:2011年06月14日 18:01