唯「澪ちゃんどったの?」

律「・・・わけわからん」

和「頭打っておかしくなったのかしら?」

唯「次どうしよっか?この人数だと・・・」

律「うーん。大富豪や七並べはできないにゃん・・・」

澪「2チームに分けるのも面倒だな」

梓「じゃあウノしますか」

紬「ウノね。それならわかるわ」

憂「ではウノやりましょう。トランプ片付けますね」

純「・・・なんか私大活躍?」

梓「珍しくね」

紬「ふふっ。いいカードがたくさんだわ」

律「・・・」

澪「スタートって誰からだっけ?」

唯「私だよ!」

唯「まずは普通に」ポイッ

憂「青にチェンジで」ポイッ

梓「・・・青ない」スッ

梓「お。ラッキー」ポイッ

澪「スキップ」ポイッ

律「澪ひどいにゃん」

紬「ワイルド、赤で」ポイッ

和「赤ね」ポイッ

純「いでよ!ドロ2!」ポイッ

唯「私も出すよ!」ポイッ

憂「私はドロ4で」ポイッ

梓「・・・」

梓「憂の鬼・・・」

憂「えへへーっ。8枚だよ」

澪「憂ちゃん、何色だ?」

憂「あ、えっと。黄色で」

澪「黄色か。リバース」ポイッ

律「あの?さっきからひどいにゃん」

梓「2枚出しで赤にするよ」ポポイッ

憂「さっき変えたのに・・・」スッ

憂「・・・赤じゃない」

唯「私だね!」ポイッ

純「」

和「ふむ」

紬「りっちゃんごめん。ドロ2」

律「やっと私の番かにゃん。あるもんね」ポイッ

澪「なっ!」

律「ニシシ。仕返しにゃん」

澪「うー」

梓「2枚出しで赤」

憂「うぅ・・・」スッ

憂「あ。私も黄色に変える!」

唯「黄色・・・。リバース!」

憂「はい」

梓「ドロ2」

澪「梓まで・・・」

・・・

憂「これでウノ!」

唯「憂がリーチかー」

唯「ワイルドで青」

純「はい」

和「黄色にチェンジ」

紬「スキップー」

澪「だいぶ減ったな」ポイ

梓「リバース」

憂「あ、ひどーい」

梓「仕返しだよー」

澪「はい」

律「くらえムギ!ドロ4、赤ね」

紬「あっ!」

紬「・・・うぅ」

和「赤っと」

憂「(このまま赤ならあがれるよ!)」

純「はい」

唯「ほい」

憂「やった!あがったよ!」

唯「お、おめでとう。憂」

憂「ありがとう。お姉ちゃん」

梓「(・・・まぁ憂なら変な罰ゲームしてこなさそうだから安心かな)」

憂「罰ゲームどうしようかな・・・」

憂「うーん・・・」

憂「最下位の人は誰も触っちゃいけないとかどうかな?」

唯「え・・・」

紬「な・・・」

唯「あずにゃんにナデナデできないなんてやだよ!」

紬「そうよ!」

澪「そうだ!」

和「だったら勝つしかないんじゃない?」

純「うーむ」

梓「勝っても負けても」

律「正直どっちでもいいにゃん」

唯「ぶーぶーっ。不公平だよ!憂」

憂「他に思いつかないんだもん」

和「こら、一位の決定に文句つけないの」

紬「絶対に負けられないわね・・・」

唯「憂とお布団に入っても手繋げない・・・」

澪「そ、そうか。寝るまでだから布団に入ってもダメなのか・・・」

紬「」ゴクリ

梓「さすが憂だね。約三名の表情が変わったよ」

憂「えへへーっ」

憂「(澪さんと律さんの痴態を止める保険だけどね)」

唯「さぁ、あずにゃんからだよ!」ゴゴゴ

梓「目が怖いですよ。唯先輩・・・」

梓「赤っと」ポイッ

・・・

和「あがりね」

紬「っく!」

和「憂、ちょっとおいで」

憂「なに?」

和「よしよし」ナデナデ

唯「!!!」

憂「も、もう。和さん」///

唯「・・・純ちゃんの番だよ」

純「ドロ2で」

唯「・・・」

唯「ふふっ。ふふふふふ」

梓「さすが純!空気読まない!」

純「だってー」

澪「ナイス!純ちゃん」

紬「よくやったわ!」

唯「・・・まだだよ。まだ負けは決まってないよ・・・」

律「次梓だにゃん」

梓「は、はい」

梓「・・・」

梓「(憂としては唯先輩には勝ってほしいんだろうな)」

梓「(手元にはリバースとドロ4が・・・)」

梓「(今までの澪先輩だったら迷うことなくドロ4使ったんだけど・・・)」

梓「(改心したのか謝ってくれたし・・・。どうしよ・・・)」

梓「・・・澪先輩。すみません!ドロ4」

澪「・・・」

純「梓も読んでないじゃん」

梓「うぅ・・・、青で」

律「青、ほい」

紬「はい」

純「はい、ウノ!」

唯「さっきので青もらったもんね、赤に変更!」

・・・

唯「・・・」

澪「・・・」

紬「・・・」

憂「・・・なんか、悪いことしちゃったかな・・・」

和「憂が気にすることないわ」ナデナデ

律「ふっふっふ。あずにゃんなでなでにゃん」ナデナデ

梓「や、やめてください」

・・・

紬「ふふっ。これであと一枚だわ」

唯「・・・」ポイッ

澪「ふっ。ムギ、2枚のペナルティーだぞ」

紬「えっ?」

唯「ふふふ。最後の一枚になったらウノって言わなきゃいけないんだよ!」

紬「なっ・・・。忘れてたわ・・・」

澪「そして私も!ウノ!」

・・・

澪唯「やった(よ)ー」ダキッ

紬「・・・あ、・・・あぁ」

梓「・・・ムギちゃん」

澪「勝ったぞ律ー!」ダキッ

律「やめるにゃん」グイッ

唯「うーいー!」ダキッ

憂「もう」///

紬「」グスッ

純「あー。憂、ムギ先輩泣かしたー」

憂「え、えっと・・・」オロオロ

梓「憂は悪くないよ。変なこと言わないの」

純「冗談だよー」

梓「ムギちゃんも、明日までの辛抱ですから」

紬「うぅ・・・」

和「どうする?そろそろ寝る時間だけど」

紬「・・・みんな、明日の予定は?」

唯「特にないけど?」

澪「同じく」

純「暇ですね」

紬「じゃあ続けましょう・・・」

紬「4回戦よ!」

唯「おー!」

梓「(・・・なんか嫌な予感)」


・・・

・・



和「ふふっ。今度は私が一位ね」

唯「お手柔らかにお願いします・・・」

紬「お願いします・・・」

和「どうしようかしら。少し考えるわね」

澪「和の考える罰ゲーム・・・」

和「精神的な罰ゲームは結構出てるから、肉体的なものを・・・」

唯「・・・な、なんか怖いこと言ってるよ!」

澪「コワクナイコワクナイコワクナイ」

紬「私の精神的ダメージは計り知れないわ・・・」

梓「大袈裟ですよ。ムギちゃん」

純「和先輩って意外とダークですね」

律「よっし、私ウノ!」

憂「私もウノ!」

和「まぁいいわ。最下位が決まってからにしましょう」

紬「最下位が決まってから・・・」

梓「その人の嫌がることを・・・」

唯「和ちゃん!恐ろしい子!」

澪「」

律「あっがりー」

憂「わたしもあがりです」

純「私もです」

唯「負けたー!」

紬「あ、危なかったわ・・・」

澪「助かった・・・」

和「最下位は唯ね。ふふっ、どうしようかしら」

唯「ううぅ・・・」

律「幼馴染、唯の弱点は知り尽くしている・・・」

梓「一体和先輩はどんな罰ゲームを・・・」

憂「」ゴクリ

和「そうね。おでこ、出しましょうか」

梓「へ?そんな簡単な」

純「髪型変えるだけですか?」

唯「・・・お、おでこ・・・」

梓「?」

唯「いーやーーーー!!!」

梓「ゆ、唯先輩?」

唯「おでこ、おでこだけはご勘弁を!」ガシッ

和「いいじゃない。かわいいわよ」

澪「あぁ、あの時梓達はいなかったのか」

梓「あの時?」

澪「カクカクシカジカ」

梓「そんなことが・・・」

和「じゃあムギ、悪いけど任せるわ」

紬「はーい」

唯「和ちゃんは本当は心が綺麗な子!」

和「はいはい。諦めなさい」

唯「うわーん」グスッ

澪「でこ出し、いいじゃないか」

梓「ですよ。似合ってますよ」

律「仲間だにゃん」

唯「和ちゃんの鬼ー」ウワーン

和「似合ってるわよ」

憂「・・・お姉ちゃん」

純「髪型変える、か。私も危ないかも」

唯「ぐすっ。5回戦だよ!和ちゃんに復讐するよ!」

和「そうなんだ、じゃあ私お手洗い行くね」

梓「あ、私も行きます」

紬「そうね。ちょっと休憩にしましょうか」

澪「たしかに、首が痛いな」コキッ

律「夜は長いにゃん」

梓「いつまでやるつもりですか?」

純「寝落ちするまで!」

紬「こっちよー」

梓「はーい」

律「じゃあちょっと行ってくるにゃん」

澪「いってら」

テクテク

紬「あ、ちょっといいかしら」

メイド「なんでしょうか?」

紬「私の部屋に飲み物をお願い。8人分で」

メイド「かしこまりました」

律「さすがムギ、気がきくにゃん」

梓「ですね。お願いします」

紬「ふふっ」

メイド「(・・・ネコミミと語尾ににゃん?)」

テクテク

紬「おまたせ」

梓「・・・唯先輩はいつまで泣いてるんですか?」


※次スレへ



最終更新:2011年06月14日 20:45