メイド「かしこまりました」

律「さすがムギ、気がきくにゃん」

梓「ですね。お願いします」

紬「ふふっ」

メイド「(・・・ネコミミと語尾ににゃん?)」

テクテク

紬「おまたせ」

梓「・・・唯先輩はいつまで泣いてるんですか?」

梓「ほら、片手でおでこ隠すとウノできませんよ」

唯「ううぅ・・・」

和「ウノできないなら最下位は唯かしら?」

澪「鬼や・・・。ここに鬼がおる・・・」

和「ふふっ。私に復讐したいならゲームに参加しないとできないわよ」

唯「ううううぅ・・・」

唯「や、やるよ・・・」

和「ふっ。それでこそ唯よ」

律「(和ってもしかしなくてもSかにゃん?)」

唯「席替えを希望するよ!」

紬「そうね。そろそろ変えましょうか」

唯「和ちゃんの隣に座るよ!」フンス

和「いらっしゃい」

純「じゃ、じゃあ。澪先輩の隣で」

律「梓の隣に行くかな」

憂「どこでもいいですよ」

唯→和→憂→紬→純→澪→梓→律


唯「ドロ2やスキップで和ちゃんをいじめるんだから!」フンス

和「(・・・この子、リバース忘れてる)」

憂「(お姉ちゃん・・・)」ホロリ

律「さっき勝った和からか」

和「・・・リバース」

唯「!!!」

和「ドロ2やスキップでなんだって?」

唯「和ちゃんの悪魔!」

澪「素で気付かなかったのか・・・?」

唯「・・・まだ、まだ和ちゃんをやっつけるチャンスはあるよ!」

律「ほい、赤ね」

梓「ないです」

澪「はい」

純「青で」

紬「ドロ2!」

憂「(どうしようかな)」

憂「(お姉ちゃんの言動からしてたぶん手札にドロ2か4はありそう)」

憂「(再びリバースしたらお姉ちゃんはドロ2を必ず使うはず)」

憂「(和ちゃんの手札がわからない以上保険で持ってるのが得策かな)」

憂「2枚引きますね」

和「スキップ」

唯「うえーん!」

律「そっくりそのまま返ってきたな」

梓「自業自得ですよ」

澪「なんかかわいそうになってきた・・・」

・・・

純「リバース」

和「・・・」

唯「来たよ!ついに来たよ!」

梓「さすが空気読まないキング」

純「うっさい」

澪「ほい」

梓「はい」

律「スキップ」

唯「・・・」

律「悪いな、唯」

和「リバース」

唯「!!!」

和「ふふっ。唯の番よ」

唯「りっちゃんにいくら渡したの!?」

和「なに言ってるのよ・・・」

唯「うぅ・・・」

紬「えいっ。ドロ2」

憂「(・・・さすがに終盤。もうあといちまいの人もいる)」

憂「(お姉ちゃんもドロ2持ってるよね?信じてるよ?)」

憂「わ、私も」

和「ドロ4」

唯「・・・」

唯「・・・ドロ2出せばいいんだっけ?」

和「だめね。ドロ4じゃなきゃ」

憂「(お姉ちゃーん!)」

・・・・・・

律「勝ったにゃん!」

唯「」ガックシ

梓「・・・また唯先輩が最下位ですか」

和「一位になれなくて残念だわ」

律「罰ゲーム ど う し よ う か にゃん」

唯「」

憂「」ハラハラ

律「私が好きな髪形にいじってやるにゃん」

唯「・・・またおでこ」ガガックシ

律「ムギ、櫛貸すにゃん」

紬「はい」

唯「もうなにも見ないよ!」ギュッ

律「へっへっへ。朝まで目開けない気か?」シュッシュッ

律「ほら、できたぞ」

憂「律さん・・・」

唯「・・・あれ?この感触は・・・」

唯「戻ってる!戻ってるよ!」

和「ふふっ。罰ゲームじゃしょうがないわね」

律「やっぱその髪型が一番似合うにゃん」

唯「りっちゃーん!」ダキッ

律「よせって。離すにゃん」グイッ

唯「あ゙り゙がどー!!」ウワーン

澪「律はやさしいな」

憂「ありがとうございます。律さん」

律「憂ちゃんまで、照れるにゃん」

梓「たまにはいいことするんですね」

律「お前は一言余計にゃん」

紬「さ、そろそろ寝ましょうか?」

唯「ダメだよ!まだ和ちゃんに復讐してないよ!」

純「・・・全く懲りてないんですね」

和「ふふっ。いつでもかかってらっしゃい」

律「そこまでにしとけにゃん。またビリになったらどうするにゃん」

澪「またおでこになるかもな」

唯「ひいぃ!」

梓「はいはい。寝ましょうね」

紬「別の部屋に布団敷いてあるからそこに行くわよー」

律「おー」

澪「みんなで寝るのも合宿以来だな」

唯「みんなでおやすみだー」

唯「私真ん中!」

憂「お、お姉ちゃんの隣!」

和「私も唯の隣にするわ」

紬「うぅ・・・」

梓「ムギちゃん?」

紬「今日は離れて寝ましょう・・・」グスッ

梓「えっ?」

紬「きっと隣で寝ちゃったら我慢できないわ・・・」

梓「別に律儀に守らなくても・・・、きっと憂も忘れてますよ」

紬「だめよ!唯ちゃんも罰ゲームであんなに悲惨な思いをしたんだもの」

紬「私だけ破るなんてできないわ!」

梓「真面目ですね。ムギちゃん」

紬「さようなら。また明日ね・・・」

梓「・・・私も寂しいですけど、また明日です」

紬「ふふっ。明日は今日の分も抱きつくから覚悟しておきなさい」

梓「はい。了解です」

憂「(・・・さすがに澪さん達は大丈夫だよね?)」

澪「布団くっつけて。律にゃん、こっちにおいで」

律「断るにゃん」

澪「ふふっ。つれないこと言うなよ」

憂「(・・・)」

純「いい布団だよー。あったかいー」

紬「はい、電気消すわよー」

唯「いいよー」

紬「みんなおやすみー」パチッ


梓「今日は楽しかったですね」

紬「そうね。またこうやってお泊りしましょうね」

唯「そうだね!」

律「もう大学生になるのかにゃん」

澪「・・・なんか実感わかないな」

和「まだ高校生だもの」

憂「・・・」

唯「大学生かー」

紬「私ね、一人暮らししようと思うの」

澪「一人暮らしか。大学生っぽいな」

律「確かに大学から結構離れてたにゃん」

梓「・・・」

紬「みんなは実家から通うの?」

澪「まだ決めてないけど・・・。一人暮らしも楽しそうだな」

律「澪が一人暮らしとか無理にゃん。どうせ一人じゃ怖くて寝れないにゃん」

澪「・・・実家から通います」

唯「一人暮らしも楽しそうだね!」

憂「お、お姉ちゃん・・・」

唯「えへへーっ。嘘だよ、憂と一緒じゃなきゃやだもん!」

憂「お姉ちゃん!」ギュッ

唯「く、苦しいよ。憂」

和「私も一人暮らしね。大学遠いし」

唯「今度遊びに行くからね!」

和「うん」

純「羨ましい・・・」

憂「私たちは来年だね」

純「受験勉強かー。それはやだなー」

澪「就職にすればしなくて済むぞ」

純「就職もいいかも」

憂「・・・ちゃんと考えようね」

律「そろそろ寝るにゃん」

紬「そうね、おやすみ」



律「・・・しゃれこうべ」

澪「・・・プッ」

唯「・・・クスクス」

紬「・・・あはははは」

和「しゃれこうべがどうしたの?」

唯「プフフフフフ」

憂「?」

純「???」



次の日!

紬「ふあっ・・・」ムクッ

紬「・・・みんな寝てる」

紬「・・・あずにゃんのお布団で二度寝しちゃおう」モゾモゾ

梓「スゥスゥ」

紬「(夜寂しかったからいいよね?)」

チュッ

紬「ふふっ。おやすみ」ギュッ

憂「・・・ふぅ」ムクッ

憂「・・・あれ?ムギさんがいない」キョロキョロ

紬梓「スゥスゥ」

憂「いつの間に・・・」

憂「・・・くすっ」

憂「私ももうちょっと寝ちゃおうっと」

唯「んがー」

憂「ふふっ」ナデナデ


和「」ムクッ

和「・・・」キョロキョロ

和「んんーっ」ノビーッ

和「ふぁ・・・。ふふっ、仲いいんだから」

和「邪魔しちゃ悪いわよね」

和「今のうちの着替えておきましょう」ヌギヌギ

律「・・・んぁ」

和「おはよう、律」

律「・・・ん」ググッ

律「重い・・・」

澪「律にゃ・・・」Zzzz

和「あなた達も相変わらずね」

律「ほら、澪。朝だ、起きろって」ペチペチ

澪「んんー・・・」

律「ほれ、どけって。重い」

澪「律ー!」ブチュー

律「んんんー!」ジタバタ

和「」ポカーン

澪「律ぅー!」ペロペロ

律「んんんー!(和助けて!)」

和「そうなんだ、じゃあ私顔洗ってくるね」スタスタ

律「んんんー!(和ー!)」

和「きっとまだ寝ぼけてるのね」

純「んんっ。・・・なんかうるさい」ムクッ

律「んんー!(純ちゃん助けて!)」

純「・・・」

澪「はぁはぁ。律ー」ハムハム

律「」

純「お、おはようございます」

澪「ん?あぁ、純ちゃんおはよう」

純「・・・律さん、生きてますか?」

澪「あれ、二度寝か?まったくだらしのないやつだ」

律「」チーン


2
最終更新:2011年06月14日 18:07