和「ただいま」

純「おはようございます」

澪「おはよう」

和「そろそろみんな起こしましょうか」

澪「そうだな」

紬梓「スヤスヤ」

唯憂「スヤスヤ」

和「・・・起こしずらいわね」

澪「・・・うーむ。唯達はともかくムギには起きてもらわないと」

和「そうよね」

和「ムギ、起きて」ユサユサ

紬「むにゃ・・・。あずにゃ・・・」

和「もう。荒っぽい起こし方するわよ?」

澪「荒っぽい?」

和「布団を、こう。バッと」

澪「ほう」

和「いくわね。起きなさい」バッ

梓「うぅ・・・。寒い・・・」ギュッ

紬「・・・あったか」ギュッ

和「・・・」

澪「・・・」

純「これ起きてるんじゃ・・・」

和「もう、起きなさーい」

梓「んぁ・・・」

梓「!!!」

梓「な、なんでムギちゃんと抱き合って!」

純「はいはい、おはよ」

梓「へ?」

澪「」ニヤニヤ

和「仲いいわね」

梓「」

梓「」ボフン

梓「ム、ムギちゃん!」ユサユサ

紬「うぅん・・・」

梓「と、とりあえず離してください」

紬「え?・・・あ!」パッ

梓「なんで私の布団に・・・」

紬「・・・寂しかったから」

紬「・・・いやだった?」ウルウル

梓「・・・いやなわけないですよ」

紬「ふふっ」ギュッ

梓「も、もう。みんなが見てますって」

紬「え?」

和「おはよう。ムギ」

純「おはようございます」

澪「朝から元気だな」

和「あなたは人のこと言えないわよ」

紬「」カアァ

紬「」ガバッ

紬「さ、さて。寝てるのは唯ちゃん達とりっちゃんね!」

澪「動揺してる」

紬「ほら、唯ちゃん起きて」ユサユサ

唯「・・・んぁ」

紬「憂ちゃんも」

憂「んー・・・」

紬「りっちゃーん」ユサユサ

――

唯「・・・わっ!純ちゃんの頭凄いね!」

純「」シュン

澪「唯も寝癖凄いぞ」

紬「さぁ、顔洗いに行くわよー」

純「・・・雨じゃないだけマシだもん」

憂「今日は雪降りだね」

梓「おー。積ってるね」

律「今日は外で遊ぼうぜー!」

唯「朝ごはんおいしかったねー」

律「だな!澪の作る卵焼きと大違いだ」

澪「はいはい」

紬「さぁ、何して遊びましょうか?」

律「外で遊ぼうぜー!」

澪「・・・寒くないか?」

律「上着着れば平気だって」

唯「雪合戦だね!りっちゃん!」

紬「いいわね!雪合戦!」

梓「子供ですか・・・」

律「私たちは子供だ!」

純「私もやりたいです」

紬「他のみんなもいい?」

和「いいわよ。少しは体動かないとね」

澪「そうだよな。さぁ、早く準備をするんだ」

唯「(今度こそ復讐を!)」


―――

唯「わーっ。一面銀世界だよー!」

律「うおー!一番乗りー!」ズボズボ

唯「あ!りっちゃんずるーい!」ズボズボ

憂「お姉ちゃん、走るとあぶな・・・あー」

梓「お約束ですね」

唯「・・・顔が冷たいです」ブルブル

憂「もう、風邪ひいちゃうよ」

律「風邪が怖くて外で遊べるかー!行くぞ、唯!」

唯「お、おー!」

紬「私もー」ズボズボ

澪「お、置いていくなってー」ズボズボ

和「雪で遊ぶって、雪合戦か雪だるま作るくらい?」

憂「そうですね。かまくら作るには雪が足りません」

和「雪だるま作りましょうか」

憂「はい!」

梓「私も作りますー」

純「でっかいの作ろうよ!」

律「私の魔球を受けてみろ!」

紬「きゃっ。もう、えい!」

律「ぐはっ!・・・ちょ、澪。頭はやめてくれないかな?」

澪「あ、あぁ」

唯「雪玉たくさん作るよ!」

律「うおー!」

紬「そりゃー!」

唯「えーい!」


和「ふむ。これだけ大きいの作るのは久しぶりね」

憂「ですねぇ。珍しく結構降りましたから」

純「ふぅ。こんなもん?」

梓「だね。それ以上だと頭乗せられないよ」

唯「和ちゃん!覚悟ー!」

和「え?」ヒョイ

唯「なんで避けるのー!」

和「・・・当然でしょう」

和「当てるっていうのはね」

唯「へへーっ。当たらないよー」ヒョイ

和「ふふっ」

唯「こっちだよー」ドン

唯「いたっ。木?」

和「ふふふ」

唯「はっ!」

和「こうするのよ」

唯「」チーン

和「まったく、唯ったら」


憂「あはは・・・」

律「うおー!」ゴロゴロ

澪「そんなでかいの作ってどうするんだよ」

律「和達よりでかいの作ってやるぜー!」

紬「負けないわよ!」ゴロゴロ

梓「やってやるです!」ゴロゴロ


―――

律「いやー、満足満足」

澪「私の身長と同じくらいある・・・」

紬「手、冷たーい」ハーッハーッ

梓「ですねぇ」

紬「そろそろ戻らない?もうお昼になるし」

律「さんせー!あったかいお茶飲みたい!」

澪「そうだな」

純「お茶ー」

唯「お茶!」ガバッ

和「生き返ったわね」

唯「うえーん。和ちゃんがー」シクシク

憂「よしよし。もう復讐なんてしちゃだめだよ」ナデナデ

唯「・・・うん」

梓「うぅ・・・。寒かったです・・・」

澪「やっぱり中はあったかいな」

律「やべ、疲れて眠くなってきた」

紬「お昼もうすぐできるって」

和「悪いわね。何食もごちそうになって」

紬「気にしないで、私もみんなと食べれてうれしいもの」

律「お昼はなにかなー?」

紬「・・・今日はみんな帰っちゃうの?」

梓「・・・明日は学校がありますからね」

澪「さすがに連泊はな、名残惜しいけど帰るよ」

紬「そう・・・」

紬「またいつでも来てね」

梓「はい!」

コンコン

紬「はい」

メイド『お食事の用意が整いました』

紬「ありがとう。すぐに行きます」

紬「お昼ご飯食べに行くわよー」

律「おー!」

唯「わっ。いいにおーい」

律「カレーか!いいねぇ」

澪「合宿を思い出すな」

紬「種類たくさんあるからいっぱい食べてね」

純「おぉ。ナンだ、ナンがある」

憂「おいしそうだね」

梓「(カレーか。・・・一緒に作った思い出の料理)」

梓「えへへっ」ニヘラ

純「・・・なにニヤついてるの?」

梓「っは!な、なんでもないよ!」アセアセ

純「ふーん」

梓「ほ、ほら。早く食べようよ」

唯「んまーい!」

律「動いた後のカレーって格別だな!」

澪「おいしい」

憂「ほら、口に付いちゃってるよ」フキフキ

律「食った食った・・・」ドサッ

唯「・・・もう動けない」ドサッ

澪「倒れるまで食べなければいいのに」

律「こんなおいしいカレーそうそう食えないぜ」

和「私もちょっと食べすぎちゃったわ」

紬「デザートよー」

唯律「わーい!」

梓「相変わらずですね・・・」

・・・

律「あー。遊んだ遊んだ」

澪「そ、そうだにゃん」

唯「澪にゃんかわいいよ」

澪「か、からかうにゃ!」

憂「和さんもネコミミ似合いますよ」

和「・・・恥ずかしいわ」

純「つ、紬様、この後はいかがなさるのですか?」

紬「純ちゃんかわいい」ナデナデ

純「きょ、恐縮です」

紬「そろそろ暗くなるし、お開きかしら?」

律「そうかー。残念だけどそうするか」

唯「またお泊りさせてね」

紬「もちろんよ」

梓「も、もう夕方か。早いな」

梓「(澪先輩しゃべりなんて無理!)」

梓「り、律たちも明日学校か?」

律「あぁ。さわちゃんに報告しておきたいからな」

唯「敬語じゃないあずにゃんも新鮮だね」ナデナデ

梓「さ、触るなって」

紬「ふふっ。ねぇ、あずにゃん?」

梓「な、なんだ。ムギ?」

紬「」///

紬「も、もう一回!」

・・・

紬「みんな、忘れ物はない?」

唯「大丈夫だよ!」

律「たぶん大丈夫ー」

紬「じゃあまた明日ね」

澪「また明日にゃ」

純「た、大変お世話になりました!」

憂「ありがとうございました」


梓「き、今日はありがとう。また明日な、ムギ」

紬「う、うん」ドキドキ

梓「顔赤いぞ。大丈夫か?」

紬「だ、大丈夫よ」

梓「・・・合格おめでとう。ムギ」

紬「・・・ありがとう。ふふっ、来年はあずにゃんの番だからね」

梓「そ、そうか・・・」

紬「がんばってね。また明日」

梓「また明日な」バタン

ブロロロロ

紬「・・・みんな行っちゃった」

紬「・・・でも楽しかった!」

紬「・・・」

紬「あ、明日の準備しましょう!」

紬「」セッセ

紬「・・・寂しい」


3
最終更新:2011年06月14日 18:08