律「オリジナルなんて聞いてねーぞー!」

唯「ゔん。いい曲だったよ゙」グスッ

梓「・・・言ったら意味ないじゃないですか」

澪「すごかったぞ。すごく感動したよ・・・」

純「えへへっ」

紬「うん。とっても素敵な曲だったわ。ありがとう、あずにゃん」

梓「い、いえ・・・」///

さわ子「ちなみに誰が作詞作曲?」

梓「憂が作詞で私が作曲です」

律「なに!梓が作曲だって!?」

梓「・・・ムギちゃんのおかげですよ」

紬「ふふっ。私は大したことは教えてないわ。あずにゃんの才能よ」

唯「いい歌詞だったよ!」グスッ

憂「ありがとう、お姉ちゃん」

純「わ、私もがんばったよ!」

澪「うん、ベース。上手だったぞ」

律「アンコール!」

唯「お!アンコールー!」

梓「え?」

澪「あぁ、もう一回聞かせてくれ」

紬「一回じゃなくて何回でもいいわよ」

梓「・・・一回だけですよ」

梓「行くよ!憂!純!」

憂純「うん!」

・・・

梓「演奏のあとの一杯はいいですねぇ・・・」

純「・・・だね」

憂「うん。おいしいね」

律「梓もすっかり染まったな」

唯「でもびっくりしたよ。いつの間にかあんなに上手になってるなんて」

梓「・・・本気を出せばこの程度余裕です!」

憂「一番弱気だったのは誰だったかな?」

梓「シーッ!」

律「でも安心したよ。これで心置きなく部長を任せられる」

梓「律先輩・・・」

律「これからはお前が部長だからな。憂ちゃんと純ちゃん」

律「そして来年度の新入部員を引っ張っていくんだぞ」

梓「・・・はい!」

律「新入部員が入ればいいけどな」

梓「なっ!・・・絶対入りますよ!」

律「ははっ。今年の学園祭に期待してるぞ」

律「な!」

唯「うん!絶対に見に行くからね!」

紬「期待してるわ!」

澪「あぁ。楽しみにしてるよ」

律「そして抜き打ちで特訓に来るのでお茶とお菓子の用意はしておくように」

梓「それば別に来なくていいです」

律「なんだとー!」

紬「また遊びにくるわね」

律「そろそろ帰るかな」

唯「だねー。憂も帰ろう?」

憂「・・・どうしますか?部長!」

梓「へっ?あ、いいんじゃないかな」

憂「部長のお許しが出たから一緒に帰ろうか」

唯「うん!」

梓「・・・もう」

紬「私も一緒に帰りたいです!部長!」

梓「・・・うん」

紬「ふふっ。行きましょう」

唯「明日卒業式かー」

律「早いよなー」

純「あ、私こっちなので」

梓「じゃあね。今日はお疲れ様」

憂「また明日ね」

澪「じゃあな。純ちゃん」


唯「そして大学生かー」

律「ほんと、早いよなー」

澪「この3年間でいろいろあったな・・・」

唯「部活初めて、合宿行って、学祭して・・・。語り尽くせないほどいろいろあったね」

澪「そうだな。全部昨日のことのように思い出せるよ」

紬「ふふっ。あずにゃん達はあと1年、たくさん思い出作らなきゃね」

梓「・・・もちろんたくさん作りますよ。ね、憂」

憂「そうだね。お姉ちゃん達に負けないくらい楽しいけいおん部にしようね」

唯「それは楽しみだよー」

憂「では私達はここで」

律「おう、じゃあな。明日遅刻するなよ」

澪「また明日な」

唯「遅刻なんてしないよー、もう」

律「じゃあまた明日な」

紬「うん、またね」

律「・・・演奏、ありがとな」

梓「・・・え?」

律「またな。がんばれよ、部長」

紬「ふふっ。素直じゃないんだから」

梓「・・・言われなくてもがんばりますよ」クスッ

紬「・・・強がってない?大丈夫?」

梓「・・・ムギちゃんにはわかっちゃうんですね」

紬「もちろんよ。私の恋人のことだもの」

紬「・・・ちょっとだけ、あずにゃんのお家にお邪魔していい?」

梓「・・・明日の準備とかいいんですか?」

紬「んー、特に持っていくものないし」

梓「そうですか。ではどうぞ」ガチャ

紬「おじゃましまーす」

紬「ふふっ。あずにゃんのお家は久しぶりね」

梓「そ、そうでしたっけ?」

紬「この前来た時も、今みたいに泣きそうなの我慢してたわね」

梓「・・・」

梓「・・・そんなこと、ないです」

紬「もうっ。意地っ張りなんだから」

紬「そんな顔で一人にするなんて心配で眠れないわよ」

梓「」グスッ

紬「ほら、おいで」

梓「・・・はい」ギュッ

紬「みんなの前で、よくがんばったわね」ナデナデ

梓「はい・・・」グスッ

梓「私、すごく不安で・・・」

梓「律先輩みたいにちゃんと部長をできるのか・・・」

梓「新入部員入らなくて廃部になっちゃわないか・・・」

梓「・・・他にもたくさん」

紬「・・・私も心配してたわ」

紬「あずにゃんって、真面目だけど一人で突っ走っちゃうところあるから」

紬「でもね、今日の演奏を聴いて安心したわ」

梓「・・・ムギちゃん?」

紬「・・・ちゃんと部長、できてたじゃない」

紬「新曲作って、みんなをまとめて、ちゃんと練習して」

紬「立派な部長だったわよ」

梓「」グスッ

紬「新入部員だって私みたいに感動した人がきっと入るわ」

紬「だからなんでも一人で背負わないでね。あなたにはちゃんと仲間がいるんだから」

梓「・・・はい」グスッ

梓「・・・う、うわああああああああん」ギュッ

紬「よしよし」ナデナデ

梓「私、みなさんがいなくなるのが一番つらくて・・・」

紬「ふふっ。あずにゃんは寂しがり屋さんだもんね」

梓「・・・はい」

紬「いつでも会いに行くわよ。もちろんみんなも」

梓「・・・はい。もう二度と会えなくなるわけじゃないってわかってても・・・グスッ」

紬「・・・そうね。でもこればっかしはしょうがないもの・・・」

紬「・・・私だってすっごく寂しいわ」

梓「・・・そう、ですか」

梓「なんかすみません。グスッ、私ばっかり泣いちゃって・・・」

紬「気にしないの。私の方がお姉さんなんだから」

紬「・・・今日はお泊りしちゃおうかな」

梓「えっ?」

紬「私も、あずにゃんともっと一緒にいたいの」

梓「・・・」

梓「・・・私もです」///

紬「ふふっ。決まりね」

紬「泣きなんだわね。もう大丈夫?」

梓「・・・はい。ムギちゃんと一緒なら大丈夫です」

紬「ふふっ。じゃあずっとそばにいなきゃね」

梓「はい。ずっと私の隣にいてください」

紬「もちろんよ。嫌がっても隣にいるんだから」

梓「」///

紬「さぁ、そろそろほどいて」

梓「・・・もうちょっとだけ」ギュッ

紬「甘えん坊さんね」

梓「・・・ご飯、一緒に作りましょうね」

紬「うん」

梓「・・・ふぅ」パッ

梓「えへへっ。いい匂いでした」

紬「も、もう」///

梓「早めにご飯にしましょう!」

紬「うん!」

紬「・・・お揃いのエプロンない」

梓「・・・そうでしたね、今日はこれで我慢してください」

紬「・・・うん」

梓「ほ、ほら。食器はお揃いですよ!」

紬「そ、そうよね!ふふっ、楽しみ」

梓「作りますよー!」

紬「おー!」

・・・

紬「はい、あーん」

梓「///」パクッ

梓「おいしいです。ムギちゃん上達早いですね」

紬「ふふっ。先生がいいからかしらね?」

梓「もう・・・。はい、ムギちゃん」

紬「あーん」パクッ

紬「うん、おいしいわぁ」

紬「この食器、買ってよかったわね」

梓「はい。かわいいですよね」

紬「ちゃんと大事にしなきゃだめよ」

梓「もちろんです」

紬「ふぅ、ごちそうさま」

梓「ごちそうさま」

梓「ではちゃっちゃと洗い物しますか」

紬「そうね」

・・・

紬「お風呂に入ります!」

梓「・・・はい」///

紬「さぁ行くわよ!」

梓「はい!」

紬「はい。脱ぎ脱ぎしましょうねー」

梓「もう!子供じゃないです!」

紬「ふふっ」

紬「・・・ふぅ。いい湯ねぇ」

梓「ムギちゃんの家のお風呂には敵いませんよ」

紬「そんなことないわ。あずにゃんと一緒に入れるならどこでも天国よ」

梓「もう、大げさですよ」

紬「ふふっ、二人きりで入るのは久しぶりね」

梓「そうですね。この前入ったのは・・・」

梓「」

梓「」///

紬「・・・」///

梓「・・・そういえばあれ以降、してませんね」

紬「あずにゃん断ちしてたからね」

紬「・・・今日はしてもいい?」

梓「・・・はい。よろしくお願いします」///

紬「・・・もう恥ずかしいわ」

梓「私もです・・・」

紬梓「・・・」

梓「で、でも。明日のために早く寝た方が・・・」

紬「私はあずにゃんと卒業式ならあずにゃんを選ぶわ!」

梓「・・・そ、そうですか」

紬「もちろん!さっ、身体洗いましょう」

梓「はい」

紬「ふふっ。前もしっかり洗ってあげるわよ」

梓「えっ?」

紬「当然です!」フンス

梓「あ、あの・・・」

紬「いいからほらほら」コシコシ

梓「は、恥ずかしいですよ・・・」

紬「もう初夜は終わったのよ。いろいろ楽しまなきゃ」

梓「しょ、初夜って・・・」///

紬「ふふっ。私をおかずにしたのに恥ずかしいなんて」

梓「そ、それは・・・」

梓「うぅ・・・」

紬「」ザパーッ

紬「はい。後ろは終わり」

梓「・・・」

紬「次は前、行くわよ」

梓「・・・えっちなことはしないでくださいよ」

紬「・・・さぁこっち向いて」

梓「返事くださーい!」

紬「さぁさぁ」クルッ

紬「・・・もう、隠しちゃったら洗えないわよ」

梓「と、当然の反応です!」

紬「胸だって下の方とか結構蒸れるから洗わ・・・」

紬「・・・ごめんなさい」

梓「・・・頼みますから謝らないでください。泣きたくなります・・・」

紬「わ、私は胸の大きさにはこだわらないわよ!」

梓「・・・」

紬「私はあずにゃんみたいに小さくて好きよ」

梓「」ズズーン

紬「えっ?あ、その・・・かわいいっていう意味よ」

梓「うぅ・・・」

梓「毎晩牛乳飲んでるのに・・・」

紬「でも気にしなくていいのよ」

紬「私は胸が好きなんじゃなくてあずにゃんが大好きなんだから」

梓「ムギちゃん・・・」

紬「・・・まぁ、気にする年ごろだろうけど。大きくても小さくても私の気持ちは変わらないわよ」

梓「」ウルウル

梓「で、でも。私はムギちゃんの胸は気持ちよかったです!」

梓「その、抱きついても・・・触っても・・・」

梓「だ、だから・・・。ムギちゃんには申し訳なくて・・・」

紬「気にしなくていいの。私だって、あずにゃんみたいなかわいい身長の方がよかったわよ」

紬「さぁ、洗いましょうね」

梓「・・・うぅ」///

紬「はい、上から」コシコシ

梓「・・・これが終わったらムギちゃんの番ですからね」

紬「次は胸ね。大事に、慎重に・・・」コシコシ

梓「・・・んっ。・・・はい、もう次に行って大丈夫です!」

紬「・・・まだよ。もっと念入りに」コシコシ

梓「ム、ムギちゃ・・・」

紬「マ、マッサージも」モミモミ

梓「んっ、・・・あっ」

紬「ふふっ。ここはもう洗わなくて大丈夫ね」

梓「・・・えっ?」

梓「あ、あの・・・」

紬「・・・なに?もっと洗ってほしかったの?」

梓「・・・い、いえ」

紬「」クスッ

紬「お腹も洗うわよー」ワシャワシャ

梓「く、くすぐったいですよ」


5
最終更新:2011年06月14日 18:12