紬「さぁ、次は大事なところよ・・・」

梓「・・・」

紬「ほら。手、どけないと」

梓「うぅ・・・。やっぱり恥ずかしいです!」

紬「・・・ならお風呂上がったら帰っちゃおうかな」

梓「えっ・・・」

紬「」ツーン

梓「ずるいです・・・。ずるいですよ!ムギちゃん!」

紬「そうでも言わなきゃ洗わせてくれないじゃない」

梓「むぐぐぐぐ・・・」

梓「か、帰って欲しく・・・、ないです・・・」

紬「ありがとう。なら・・・、ねっ」

梓[・・・うぅ」スッ

紬「ほら、足も開かないと」

梓「うえっ!・・・恥ずかしくて死にそうです・・・」カアァ

紬「」ゴクリ

紬「・・・はい、洗いますよー」

梓「・・・あの、スポンジは・・・」

紬「だめよ!スポンジじゃ傷付けちゃうわ!」

梓「(いままで傷ついたことないんだけどなぁ・・・)」

紬「なので手で丁寧に洗います!」

梓「・・・そ、そうですか」

梓「や、やさしくしてくださいね・・・」

紬「もちろんよ。心配しないで」

紬「たっぷり泡つけて」アワアワ

紬「いくわね」

紬「ふふっ。どう?」

梓「・・・なんか、変な感じです」

紬「・・・こんなものかな?」ジャーッ

梓「は、はい!もう終わりですね!」

紬「まだよ!もっとちゃんと洗わなきゃ!」

梓「えっ?」

紬「泡で見えなかったところもしっかり!」

梓「えっ、ム、ムギちゃ・・・。きゃっ」ドンッ

紬「ふふっ」クチュッ

梓「んっ。・・・ムギちゃん、なんか怖いですよ?」

紬「・・・ごめんね。私、もう我慢できない」

梓「・・・えっ。んあっ!」

紬「わ、私だって。ずっとあずにゃんと一緒になれなくて寂しかった」クリッ

梓「あっ!そこ、だめ・・・」

紬「もう、あの部室で一緒にお茶飲めないって思ったら・・・」

梓「はぁはぁ、んあぁ!」

紬「私も、寂しくなっちゃって・・・」

紬「・・・お姉ちゃん失格ね」

梓「はぁはぁ・・・。そんなこと、ないですよ・・・」

梓「ムギちゃんは、私の一番大切なお姉ちゃんで、私の彼女ですよ」

紬「・・・あずにゃん」グスッ

梓「・・・もっと、してください。もっとムギちゃんの手で気持ち良くなりたいです」

紬「あずにゃ・・・。んっ」チュッ

梓「んぁっ。ん・・・んっ・・・」ピチャッ

紬「んんっ・・・。・・・はぁ」

梓「はぁ・・・。!、やっ、そんなとこ広げちゃ・・・」

紬「あずにゃん直々のご指名だもの。頑張っちゃうわ」

梓「んあぁ!ダ、ダメ・・・。そこは・・・あっ・・・」

紬「胸も気持ち良くなりましょうね」モミッ

梓「んんっ・・・」

紬「泣きそうなあずにゃん、かわいい」チュッ

梓「んっ、んんっ・・・」

紬「ふふっ。そろそろイっちゃう?」

紬「ほら、イって」キュッ

梓「んんんっ!!」ビクンッ

梓「あ、あぁ・・・」チョロチョロ

紬「まぁ」

梓「み、見ないで!」バッ

紬「ふふっ。おもらししちゃうなんて」

梓「うぅ・・・」カアァ

紬「あずにゃんかわいい」チュッ

・・・

紬「・・・はい。きれいになったわよ」

梓「うううぅ・・・」

梓「・・・次は、ムギちゃんですよ」

紬「え、う、うん。後ろ、おねがいするわね(・・・目が怖いわ)」

梓「・・・前も、ですよね?」

紬「え、えっと。結構長い時間お風呂場にいるからまたのぼせちゃうわよ?」

梓「心配無用です」コシコシ


梓「」ジャーッ

梓「さっ、こっち向いてください」

紬「・・・うぅ」クルッ

梓「さぁ、その邪魔な手をどけるです!」

紬「あずにゃん許してー」グスッ

梓「ダメです!人におもr・・・、あんなことしておいて都合がよすぎです!」

紬「うぅ・・・」

梓「ではさっそく胸から」

紬「な、なんで胸から!」

梓「さっき 大 き い と蒸れて大変だと聞きましたからね。さっそく洗おうと思います」

紬「うわーん。あずにゃーん」

梓「よっと。ふふっ、柔らかくて気持ちいいです」ムギュ

梓「きれいにしましょうね」コシコシ

紬「うぅ・・・」

梓「」ムギュムギュ

紬「んっ・・・」

梓「やっぱり大きい方が気持ちいいですよ」

紬「あっ・・・、そん、なことないわよ」

梓「んっ」チューッ

紬「きゃっ。す、すっちゃダメよ!」

梓「・・・出ないですね」

紬「と、当然です!」

梓「ふふっ。あれ?固くなってきましたよ?」クリクリ

紬「あずにゃんが、いたずら、するから・・・あっ・・・」

梓「お返しですよ」キュッ

紬「んっ・・、遊んじゃ・・ダメよ」

梓「こんなに固くしてなに言ってるんですか」

梓「」カミッ

紬「んぁっ!」ビクッ

梓「ふふっ。これが気持ちいいんですか?」カミカミ

紬「ふぁ・・、もう噛んじゃ・・・ダメ・・・」

梓「そうですか。・・・もっとしてあげますね」カミッ

紬「あず、にゃ・・・、んぁ!」ビクッ

梓「あれ?もうイっちゃったんですか?」

紬「はぁはぁ・・・」

梓「・・・ちょっと赤くなっちゃいましたね。すみません」

紬「調子に、乗るからよ・・・。・・・ふぅ」

梓「では下も洗いましょうか」

紬「も、もう。勘弁して・・・」

梓「まぁまぁ、遠慮なさらずに」

梓「ふともも柔らかいですね」ムギュ

紬「うぅ・・・」///

梓「スベスベです」

紬「・・・なんか変態さんみたい」

梓「私がこうなったのはムギちゃんの責任です」

梓「では、洗いますか」

紬「・・・」

梓「・・・足、開いてください」

紬「・・・」

梓「」グググッ

紬「・・・っつ!」

梓「あき、らめてください!」ググッ

紬「・・・はぁ」

梓「わかってくれればいいんです、洗いますよ」コシコシ

紬「・・・うぅ」カアァ

梓「人の洗っておいて赤くならないでください」

紬「んっ・・・」

梓「まだ洗ってないのにヌルヌルですよ?」

紬「・・・だって」

梓「このヌルヌルは取らないとだめですね」シャーッ

紬「・・・ふぁっ。シャワー当てちゃ・・・」

梓「弱くしてるので大丈夫ですよ。どれ、取れたかな?」

梓「あれ?ヌルヌルが増えてますね。もっと洗わないと」シャーッ

紬「うぅ・・、あずにゃぁん・・・」

紬「・・・んっ」モジモジ

梓「どうしたんです?モジモジして」シャーッ

紬「・・・わって」

梓「ちょっと聞こえないです」シャーッ

紬「も、もう触って・・・」

梓「・・・ふふっ。あれだけ恥ずかしがってたのに今度は触って欲しいんですか?」

紬「お、お願いあずにゃん。もう、我慢でき・・ない・・・」

梓「ムギちゃんのお願いじゃしょうがないですね」ピトッ

梓「はい、触りましたよ」ニヤニヤ

紬「そ、そんなぁ・・・」

梓「次はどうしてほしいですか?ムギちゃんのお願いなら聞きますよ」

紬「・・・あずにゃんのいじわるぅ」

梓「特にないならシャワーにしますよ」

紬「・・・うぅ。・・・き、気持ちよくして」

梓「どうやって気持ちよくなりたいんですか?」

紬「・・・さ、さっき私がしたみたいに。・・・たくさんいじってください」カアァ

梓「・・・まだ甘いですがいいでしょう」

梓「」クチュッ

紬「んぁ・・・」

梓「もうトロトロですよ?シャワー、そんなによかったんですか?」

紬「ふぁぁ・・・。もっと、もっといじって・・・」

梓「ふふっ。言われなくても」クチュクチュ

紬「はぁはぁ・・・。んっ!」ビクッ

梓「いやらしい顔になってますよ」チュッ

梓「私だけが見ていい表情ですね」

紬「う、ん。あずにゃ、んだけよ・・・」

梓「ふふっ。うれしいです」キュッ

紬「んぁっ!はぁはぁ・・・」ビクッ

梓「もっと気持ちよくしてあげますよ」

紬「あ、あぁ・・・。イったばかりだから・・・、あんっ」

梓「」ツプッ

紬「んああぁ!指が・・・」

梓「・・・きついです。それにすごく熱い」

紬「やっ。なん、か変・・・。あぁ・・・」

梓「まだ第一関節も入ってないですよ」

紬「う、うそ・・・。うぅ・・・」

梓「ふふっ。こっちはベットで続きしましょうね」

梓「なのでこっちのお豆を」キュッ

紬「んあぁ!ら、乱暴にしな、いで・・・」

梓「そのわりにはしっかり感じてますね」クリクリ

紬「う、うん・・・。私、変なのかな・・・」

梓「」チュッ

紬「んっ、んんっ、ふぁ・・・」

梓「一緒に変になるまで気持ちいいことしましょうよ」

紬「・・・うん。もっと気持ち良くなりたい」

梓「そろそろ上がって、ベットに行きましょうか」

紬「・・・うん」///

紬「・・・」

梓「・・・」

紬「で、では。改めてよろしくお願いします」

梓「こ、こちらこそ」

紬「女子高生最後の夜にあずにゃんといっしょに寝れてうれしいわ」

梓「あー、そうなるんですか」

紬「じゃ、じゃあ始めましょうか」ヌギヌギ

梓「は、はい」

梓「あっ、全部は脱がないでくれますか?」

紬「えっ?でも脱がなきゃ・・・」

梓「・・・こう、半脱ぎで」

紬「う、うん」ハラリ

梓「・・・グッドです」

紬「あずにゃん本当に変態さん?」

梓「・・・。ほ、ほら。さっきは全裸だったので違うシチュエーションといいますか」アセアセ

紬「ふーん」

紬「よいしょ」ボフッ

紬「はい、あずにゃんは上に乗って」

梓「へ?こ、こうですか?」

紬「違うわ。頭が逆よ」

梓「・・・」

梓「」カアァ

梓「ム、ムギちゃん・・・。これ・・・」///

紬「一緒に気持ち良くなりましょうね」

梓「お、重くないですか?」

紬「大丈夫よ。気にしないで」

梓「ム、ムギちゃんのがこんな近くに・・・」

紬「えいっ」サワッ

梓「んっ」

紬「ふふっ。お風呂上がりでスベスベね」

梓「ふあぁ・・・。んっ」サワサワ

紬「ん・・。ふふっ、その調子よ」

紬「もう濡れてきたわよ」クチュ

梓「んっ、はぁ・・・」クニッ

紬「あっ・・、んんっ・・・」

梓「・・・かわいい」ペロッ

紬「んんっ!」

梓「ふふっ。やっぱり舐められるの好きなんですね」

紬「はぁ、んっ」ペロッ

梓「ふあぁ・・・」

紬「あず、んっ。にゃんも、好きみたいね」チュッ

梓「んん!んっ、・・んんっ」

紬「声、聞かせて。あずにゃんの、いやらしい声」

梓「は、恥ずか、しいです・・・んっ」

紬「ならもっといじめちゃうわね」キュッ

梓「んあっ!」ビクッ

紬「とってもおいしいわ」ジュルッ

梓「吸わ、ない・・・で・・・うぅ」ビクン

梓「うぅ!」グニッ

紬「あっ、そんなに・・しちゃ・・・」

梓「んんっ・・、うぅ・・・」

紬はぁ・・・、んっ・・・」ツプッ

梓「んあああ!」ビクッ

紬「狭いわね。全然入らないわ・・・」

梓「あ、ああぁ・・」

紬「もう少しならせば・・・」ギュッ

梓「いた、痛いです!ムギちゃん!」

紬「ごめんなさい。でも、どうしても」

梓「んんっ!んんんっ!」ギュッ

紬「・・・ふふっ。入ったわよ、あずにゃん」

梓「はぁ・・、う、ううぅ・・・。ひどい、です・・・」グスッ

紬「」クイッ

梓「んあああ!」ビクッ

紬「これであずにゃんは一生私のものなんだから」

梓「はぁはぁ・・・」

紬「ちょっと休もうか?」

梓「・・・はい。・・・あ!ご、ごめんなさい・・・」

紬「気にしないで、私の方が痛いことしたんだから」

梓「で、でも。ふとももに血が・・・」

紬「じゃあ絆創膏もらえる?すぐ直るわよ」

梓「も、持ってきます」

梓「」フラッ

紬「おっと」ガシッ

紬「大丈夫?」

梓「は、はい・・・」

紬「軽いひっかき傷だからすぐに血も止まるわよ」

梓「・・・」ペロッ

紬「っ!」


6
最終更新:2011年06月14日 18:13