律「じゃあ明日、連絡するぜ」

唯「うん!楽しみにしてるよ!」

梓「みなさん!」

唯「お、あずにゃんやっほー」

憂「もう帰るんですか?」

澪「うん。憂ちゃん達も一緒にどうだ?」

紬「一緒に帰りましょう」

梓「は、はい!」

・・・

唯「じゃあまた明日ねー」

律「おう、じゃあな」

憂「では失礼します」

澪「じゃあ私達も」

梓「はい、また明日です」

律「さー、寝るぞー」

紬「ふふっ。おつかれさま」

紬「・・・今日は家に泊っていかない?」

梓「え?」

紬「ちょっと予定が変わってね。今日、お父さんが帰ってくるの」

梓「な、なら。私は行かないほうが・・・」

紬「ううん。そこで、・・・あずにゃんを紹介しようと思うの」

梓「・・・それって」

紬「・・・うん」

梓「・・・」

梓「・・・わ、わかりました」

紬「あずにゃん・・・」

梓「きちっとあいさつしてやるです!」

紬「ふふっ。ありがとう」ダキッ

梓「うぅ・・・」///

紬「・・・ありがとう」グスッ

梓「・・・」ナデナデ

梓「きっと大丈夫ですよ」ギュッ

ガタンゴトン

梓「」カチコチ

紬「もう、緊張しすぎよ」

梓「だだだ、だって!ご、ご両親にあいさつなんててて!」

紬「・・・そうよね」

梓「・・・ムギちゃんのお父さんってどんな人ですか?」

紬「そうねぇ・・・。一言で言えば厳しい人、かな?」

梓「」ガクブル

紬「お父さんが笑った顔ってあまり見たことない気がするわ・・・」

梓「(ひえーっ)」

紬「単純にあまり会わないだけなんだけどね」

梓「・・・そうですか」

梓「(でもそれくらいでないと社長なんてできないのかな・・・)」

梓「お、お母さんはどんな方ですか?」

紬「うーん・・・。例えるなら・・・、和ちゃん?」

梓「あー。バリバリのキャリアウーマン的な・・・」

紬「そうねぇ・・・。いつも忙しそうにしてたわね」

梓「(厳しいお父さんとキャリアウーマン的なお母さん・・・)」

梓「(その子供であるムギちゃんがどうしてこんなポワポワの癒し系に・・・)」

紬「さ、降りるわよ」

梓「は、はい!」

紬「・・・」

梓「・・・あの、何時に帰ってらっしゃるんですか?」

紬「夕方ね。今はお昼すぎだからもうちょっとあとかな」

メイド「お帰りなさいませ。紬お嬢様」

紬「ただいま。お父さんからなにか連絡は?」

メイド「先ほどお電話がありまして、もうすぐ着くとのことです」

紬「えっ?」

梓「ム、ムギちゃん・・・」

紬「・・・とりあえず部屋に行きます。お父さんが帰ってきたら連絡をちょうだい」

メイド「かしこまりました」

紬「さっ、行くわよ」

梓「は、はい・・・」

バタン

紬「・・・もう、お父さんったら」

梓「あわわわわ」

紬「だ、大丈夫?」

梓「・・・心臓がバクバクしてます」

紬「・・・普通はそうよね」

紬「し、深呼吸よ!」

梓「フッフッハー。フッフッハー」

紬「あずにゃん、それ違うわ!」

梓「・・・」スー、ハー

紬「・・・落ち着いた?」

梓「す、少し・・・」

紬「」チュッ

梓「!」

紬「んっ、・・・ふぅ」

梓「・・・ふぁ」

紬「」ギュッ

梓「・・・」

紬「ふふっ。あずにゃんの心音、聞こえるわ」

梓「・・・余計に大きくなりましたよ」

紬「うん。・・・でも、落ち着いた?」

梓「・・・はい」

梓「・・・もう、大丈夫です」

コンコン

紬「はい」

メイド『旦那様が戻られました』

紬「わかりました。すぐに行きます」

梓「うぅ・・・」

紬「さ、行くわよ」

梓「は、はい・・・」

紬「・・・ここで待っててね。すぐに呼ぶから」

梓「は、はい・・・」

コンコン

紬父『誰だ?』

紬「私です」

父『紬か。入れ』

紬「はい」ガチャッ

梓「(うー・・・。入っちゃった・・・)」

梓「」ソワソワ

梓「ううぅ・・・」

父「すまんな。仕事が早く終わってな」

紬「そうですか」

父「この前紬会ったのは・・・。正月か」

紬「はい」

父「すまんな。紬には寂しい思いをさせて」

紬「ふふっ。気にしないでください」

紬「・・・私はもう一人じゃないんです。だから寂しくないですよ」

父「・・・どういう意味だ?」ギロッ

紬「・・・今日はお父さんに会ってもらいたい人がいます」

父「・・・」

紬「ここに呼んで、よろしいですか?」

父「・・・その前に確認させろ」

父「・・・お前の、・・・彼氏をここに連れてくるつもりか?」

父「事前に報告もなしにいきなり来るような輩には私は会わんぞ!」

紬「・・・報告ができなかったのはすみません」

紬「あと、・・・連れてくるのは彼氏ではありません」

父「・・・どういうことだ?」

紬「私の彼女です。・・・私の、大切な人です」

父「・・・通せ」

紬「はい」

ガチャ

梓「!」

紬「お待たせ。さ、入って」

梓「は、はい!」

紬「一応、礼儀よくしてね」コソッ

梓「は、はい」

梓「し、失礼します・・・」

父「・・・」

紬「・・・」

梓「(ムギちゃんの眉毛は父親譲りなのか・・・)」

父「・・・。まぁ、座りたまえ」

梓「は、はい!」

父「・・・どういうことか説明してもらおうか?」

梓「(こ、これ。怒ってないですか?ムギちゃん・・・)」

紬「そ、その前に」

父「紬!私は彼女に質問をしたのだよ?」

紬「・・・はい」

梓「・・・わ、私は・・・。琴吹紬さんとお付き合いさせていただいてます!」

父「私は交際を許可した覚えはないが?」

梓「・・・そうです。・・・なので、私達の交際を認めてもらえないでしょうか!」

梓「お願いします!」ペコリ

紬「私からもお願いします!」ペコリ

父「・・・」

父「・・・同性で付き合う者がいる、とは聞いたことはあるが」

父「まさか紬だとはな」

紬「・・・」

父「お前達、今やってることが世間的にどんな目で見られるのか分かっているのか?」

父「ましてや紬、お前には琴吹家を継いでいかなければならない」

父「そんな人間がこんなことでどうする?」

父「半端な気持ちで付き合えるほど世間は甘くはないぞ」

梓「半端な気持ちじゃありません!」

梓「・・・確かに奇異な目で見られるかも知れません」

梓「でも、それでも私は、紬さんが好きなんです!」

父「・・・」

紬「私も同じ気持ちです」

紬「世間からどんな目で見られようとも・・・、私は梓ちゃんの隣にいるって決めたんです」

紬梓「お願いします!」

父「・・・」

父「・・・まだ、名前を聞いてなかったな」

梓「中野、梓です」

父「中野君か、・・・君達の気持ちは分かった」

父「・・・紬の父としては認めてもいい」

紬「本当!?」

父「・・・だが、一企業の社長としては認めるわけにはいかない」

紬「・・・そんな」

梓「・・・」グスッ

父「・・・どうしても後継ぎの問題がでてしまうからな」

父「すまない」

紬「・・・私は、梓ちゃん以外の人とお付き合いはできません!」

紬「会社の都合で無理やり結婚させられるくらいなら私はこの家を出ていきます!」

紬「私は、本気で梓ちゃんを愛しているんです!」

父「・・・紬」

父「・・・」

父「・・・少し、話が長くなりそうだな」ピッ

コンコン

父「入れ」

メイド「失礼します」ガチャ

父「この子達にお茶を、私にもな」

メイド「かしこまりました」ガチャ

紬「・・・」

父「・・・さて、紬に出て行かれては困るな」

父「どうすればいいと思う?中野君」

梓「え?えっと・・・」

梓「親戚の方を頼るとか」

梓「よ、養子を迎え入れる、もしくは・・・」

梓「その、・・・紬さんの兄弟を作る。・・・とか」

紬「・・・」

父「・・・」

父「・・・面白いことを言うね。中野君は」

梓「はうぅ・・・」カアァ

父「では中野君はこう言うのか?」

父「その子供に責任をすべて押し付けるので自分達は好きにさせてください、と」

梓「そ、そういうつもりは・・・」

父「・・・世間ではこう言われてしまうんだよ」

梓「・・・」

紬「・・・」

父「・・・さて、ついでだ。夕食でも食べていきなさい」

梓「・・・」

・・・

父「斉藤、彼女を送って行ってくれ」

斉藤「はっ」

父「今日はわざわざ来てくれたのにすまなかったね」

梓「・・・」

梓「お願いします!交際を認めてください!」バッ

父「・・・やめないか。もうその話は終わっただろう」

紬「私も、お願いします!」

梓「」グスッ

梓「私は!ムギちゃんじゃなきゃダメなんです!」

梓「ムギちゃんが隣にいないと・・・」グスッ

梓「お願いします!」

紬「私も同じ気持ちです!梓ちゃんのいない生活なんてできない!」グスッ

紬「お願いします!」

父「・・・」

父「・・・はぁ」

梓「・・・」

紬「・・・」

父「・・・負けたよ」

父「・・・まぁ、紬に寂しい思いをさせた私にも落ち度はあるし、後の問題はなんとかしよう」

梓「え?それじゃあ・・・」

父「あぁ、紬をよろしく頼むぞ。中野君」

梓「あ、ああぁ・・・。うわあああああああん」ダキッ

紬「梓ちゃん・・・」ギュッ

父「だが、会社は継いでもらうつもりでいるからな」

紬「・・・はい。わかっています」

父「ならいい。母さんには私から伝えておこう」

父「中野君どうだ、今日は泊っていかないか?」

梓「ぐすっ。い、いいんですか?」

父「もちろんだ。学校での紬の話を聞かせてくれ」

梓「は、はい!」

紬「へ、変なこと言っちゃダメよ!」

・・・

父「・・・そういえばまだ言ってなかったな。卒業、おめでとう」

紬「はい。ありがとうございます」

父「・・・そうか、紬にも大切な人ができたか」グイッ

梓「(・・・お酒強いのも父親譲りなんですね)」

紬「はい。私の一番大切な人です・・・」

父「最初は彼氏を連れてくると思ってヒヤヒヤしたがこんなかわいい彼女だったとはな」

梓「うぅ・・・」カアァ

父「大学はN女子大だったな。通学はどうするんだ?」

紬「はい。ここからでは遠いので部屋を借りようと思ってます」

父「一人暮らしか。何事も経験だ、いいだろう」

父「だが大丈夫か?自炊や家事はできるのか?」

紬「ふふっ、大丈夫です。優秀な先生がいますから」

梓「せ、先生って・・・」///

父「ほう。なら大丈夫か」

紬「はい!」

父「・・・もうこんな時間か、すまないね。付き合わせて」

梓「い、いえ。とんでもないです!」

父「中野君はどこで寝ようか?紬の部屋でいいのかな?」

紬「はい。そのつもりです」

父「そうか。じゃあおやすみ」

紬「はい。おやすみなさい」

梓「お、おやすみなさい。失礼しました」ペコリ

父「ふふっ。明日もゆっくりしていくといい」

梓「・・・」

紬「・・・」

梓「・・・つ、疲れた」

紬「・・・そうね」

梓「・・・でも、よかったですね」

紬「えぇ、・・・よかった」グスッ

梓「・・・泣かないでください。・・・私まで」グスッ

紬「ずっと、一緒だからね」ダキッ

梓「うん!」ギュッ

紬「・・・さすがに今日は寝ましょうか」

梓「・・・ですね。疲れました」

紬「・・・ちょっとこれ付けて」スッ

梓「えっ?」

紬「・・・はふぅ。癒されるわぁ・・・」トローン

梓「ム、ムギちゃんもですよ!」スッ

梓「・・・はにゃーん」トローン

紬「・・・へ、変な気分なる前に寝ましょう!」

梓「で、ですね!」

紬「ふふっ。明日はりっちゃんのお家か、楽しみね」

梓「ですね。・・・律先輩、疲れてるみたいですけどどうしたんでしょうね?」

紬「・・・彼女にもきっといろいろあるのよ」

梓「そ、そうですか・・・」

紬「・・・じゃあおやすみ」

梓「うん、おやすみ。ムギちゃん」

チュッ

紬梓「スゥスゥ」


8
最終更新:2011年06月14日 18:15