ちょっと前!

律「・・・ふぅ。やっと寝れる・・・」ボフッ

律「澪め、性欲強すぎだあいつは」

律「・・・断れない私もそうなんだろうけどさ」

律「」キョロキョロ

律「・・・部屋、片づけなきゃ」

律「こんな部屋に人呼べないよ」ガサゴソ

律「いかがわしいものは特に・・・」

律「とりあえずベットの下に・・・」ギュッ

律「これでよし!」

律「さぁ寝るぞ!」

澪「あぁ。寝ようか(性的な意味で)」

律「!!!」

律「い、いつからそこに!」

澪「部屋の掃除してる所からかな」

律「・・・ダメだ。私は寝るんだ。寝かせてくれ」

澪「・・・そうか」シュン

律「うっ・・・。悪いな、でもちゃんと寝ないとおいしいハンバーグ作れないからな」

澪「そ、そうだな。それは困る」

律「だろ?だからおやすみ」

澪「・・・じゃあ私も寝るよ」

律「へ?」

澪「ふふっ。いいだろ、別に」

律「・・・変なことするなよ」

律「・・・じゃあおやすみ」

澪「あぁ、おやすみ」

・・・

律「スゥスゥ」

澪「・・・さて」

澪「まったく、律め。・・・こんな奥に隠して」ゴソゴソ

澪「ふふっ。寝てる律にいたずらって言うのもなかなか」

澪「よいしょ・・・」

澪「ふふっ。かわいい寝顔だな」

澪「では早速・・・」

律『ハンバーグ作れないからな』

澪「・・・」

澪「きょ、今日のところはこれで勘弁してやろう」チュッ

澪「おやすみ、また明日な」ナデナテ

律「・・・」

律「変なことするなって、言ったのに・・・」///


次の日!

チュンチュン

紬「・・・ふぁ」ムクッ

紬「・・・んーっ、・・・ふぅ」

梓「スゥスゥ」

紬「・・・ふふっ、もう少し寝ててね」チュッ

紬「軽く着替えてから・・・」

ガチャ

紬「お父さん」

父「・・・紬か」

紬「もう行くんですね」

父「あぁ。すまないな」

紬「いえ、いってらっしゃい」

父「いってくる。・・・中野君と仲良くな」

紬「はい。私達のわがままを聞いてくれてありがとうございます」

父「・・・なに。お前に出て行かれると母さんに怒鳴られてしまうからな」

紬「・・・くすっ。お父さんったら」

父「では時間だ。また帰ってきたら中野君も呼んで食事でもしよう」

紬「はい。気を付けてくださいね」

父「あぁ。じゃあな」

バタン

ブロロロロ

紬「・・・ふぅ。・・・まだちょっと寒いわね」

紬「早く戻ろうっと」タタタッ

紬「そーっと・・・」カチャ

紬「・・・よかった、まだ寝てた」

梓「スゥスゥ」

紬「・・・」モゾモゾ

紬「ふふっ。あったかい」ギュッ

梓「んんっ・・・」

紬「おっと、起しちゃ悪いわね・・・」

紬「・・・」ナデナデ

梓「・・・んっ」パチッ

紬「あら、起きちゃった・・・」

梓「んんっ・・・」ムクッ

紬「おはよう、あずにゃん」

梓「・・・おはようです、ムギちゃん」ゴシゴシ

紬「起しちゃってごめんね」

梓「いえ、・・・ふぁ」

紬「ふふっ。寝起きのあずにゃんかわいい」

紬「少ししたら朝ごはんに行きましょうね」

梓「ふぁい・・・」

紬「今日はりっちゃんのお家か。楽しみね!」

梓「・・・そうですね。今日はあのハンバーグの作り方を教えてもらいます」

紬「わ、私もそうしようかしら」

紬「お父さんに見栄を張った手前、もっと上手にならなくちゃ!」

梓「そ、そうですね。これでおいしくなかったら・・・」

父『まずい!いままでなにをやってたんだ!』

梓「・・・あわわわ」

梓「もっと練習しましょう!」

紬「へ?う、うん」

梓「目指せ!料理の鉄人!」

紬「お、おー!」

梓「」グーッ

紬「あらあら」

梓「こここ、これは・・・」カアァ

紬「ふふっ。朝ごはん行きましょうか」

梓「・・・はい」


あの旅行はフィンランドの母方の実家に遊びに行ったと妄想してみる

さっき大学編読んできたけど・・・
学生寮か・・・
盲点だったぜ



平沢家!

憂「・・・ふぅ」ムクッ

唯「スゥスゥ」

憂「ふふっ」

憂「・・・今日は律先輩の家か」

憂「お料理振舞ってくれるって言ってたけど私もなにか作って持っていこうかな・・・」

憂「・・・手ぶらじゃ悪いもんね」

憂「よしっ!そうと決まれば」

憂「お姉ちゃん。朝だよー」

唯「・・・んぁ」ムクッ

憂「お姉ちゃんおはよう」

唯「・・・うん。・・・おはよう」ムニャ

憂「顔洗ってきてね。お店開いたらお買いものに行こう」

唯「・・・お買いもの?」

憂「うん。お買いもの」

唯「わかったよー」フラフラ

憂「お、お姉ちゃん。ちゃんと起きてる?」

唯「だいじょーぶー」


田井中家!

律「・・・!」ガバッ!

律「い、今何時だ!」キョロキョロ

律「2時・・・」

律「寝すぎたー!」

律「は、早く買い物に行かないと」アセアセ

澪「おはよう、律」

律「・・・」

律「いたなら起してくれよ・・・」ガックシ

澪「いやぁ、あんな寝顔見せられたら起こせないって」

澪「襲うのを我慢するの大変だったんだぞ」エッヘン

律「・・・はぁ、さいですか」

律「・・・これから買い物に行くけど澪はどうする?」

澪「今日の材料か、私も行く」

律「よし!早く行くぞ!」

澪「あぁ」

律「その前に唯達に連絡だ。夕方に来てくれ・・・っと」ピッ

律「これでよし。行くぜ!」

澪「買い物行く前にご飯炊いた方がよくないか?帰ってから炊いたんじゃ時間微妙だぞ」

律「・・・。おっしゃる通りです」

律「うおー!」ゴシゴシ、ジャーッ、ピッ

律「よし!行くぞ!」

澪「あぁ」

・・・

店員「しゃーっせーい!」

律「えっと、ひき肉と玉ねぎとー」

澪「今日は何作るんだ?」

律「ハンバーグとサラダとスープ・・・、てか時間ないからそれくらいしか作れない・・・」

澪「やれやれ・・・」

律「だ、誰かのせいで疲れてたんだよ」

澪「ほら、人のせいにしてないで早く買い物済ませよう。時間ないんだろ?」

律「そ、そうだった」キョロキョロ

・・・

店員「あーっしたー!」

律「は、早く帰るぞ!」ガサガサ

澪「走ったら卵割れるぞー」

・・・

律「よし!じゃあ作るから澪は適当に遊んでてくれ」

澪「・・・エプロン、・・・裸エプロン。・・・いい!」

律「・・・訂正する。邪魔すんなよ」

澪「ちぇーっ」

律「やれやれ・・・」

律「・・・んしょ」コネコネ

律「(・・・まぁ澪がああなったのは私のせいでもあるんだし)」

律「(・・・それはまた別のお話)」

律「・・・これでよしっと」

律「あとは焼くだけだな」

ピンポーン

律「お、はーい!」ガチャ

紬「こんばんわー」

梓「こんばんわです」

律「おう、連絡遅くなってごめんな。あがってくれ」

紬梓「おじゃましまーす」

律「私の部屋に行っててくれ、すぐに私も行くよ」

紬「その前に、これ」スッ

律「クーラーボックス?」

紬「うん。この前のお泊りの時に出したケーキ、デザートにって思って」

律「あ、あの一位のケーキか!」

紬「そうよ。今日はみんなで食べましょうね」

律「ひゃっほーい!」

梓「喜びすぎですよ・・・」

律「うっさい。私はあのケーキが気に入ってるんだ」

紬「ふふっ。冷蔵庫に入れておいてね」

律「任せろ!」

梓「来てるのは私達だけですか?」

律「いや、今部屋に澪が・・・」

律「はっ!」

紬「どうしたの?」

律「す、すまん。ちょっとリビングで待っててくれないか?」アセアセ

紬「う、うん・・・」

律「すぐ戻るからな」

梓「・・・どうしたんでしょう?」

ドタタタタ、ガチャ

澪「」ブイーン

澪「お、どうした?」

律「」ガックシ

律「・・・ムギ達が来たからそれ隠して」

澪「おぉ、ムギ達が来たか」

律「あぁ、もう!澪は下に行ってて!私が片づけるから!」

澪「そうか、悪いな」

律「余計なことは言うなよ!」

律「あー、もう!ちょっと見ないうちにこんなに散らかして!」ガサガサ

律「っく」グイグイ

律「・・・クッションで隠してっと」ポンポン

律「これで大丈夫だろ」

ピンポーン

律「お」

律「はいはいーい」ドタドタ

唯「やっほー。りっちゃん」

憂「こんばんわ。律先輩」

律「おう。よく来たな、ムギ達はもう来てるぜ」

唯「おー。おじゃましまーす」

憂「律先輩。これ、簡単な煮物ですけどよかったら」

律「おー。ありがとう!・・・憂ちゃんに先輩って言われるのは少し照れるな」///

憂「ふふっ」

唯「あ、そうだ。和ちゃんは用事があって来れないってー」

律「あぁ、ちょっと前に連絡あったよ。純ちゃんからも」

唯「・・・も、もしかしてその分ハンバーグが大きくなったり・・・」ジュルリ

律「残念ながらないな」

唯「」ガックシ

憂「もう、お姉ちゃんったら」

紬「こんばんわ。唯ちゃん、憂ちゃん」

梓「こんばんわです」

唯「こんばんわー。二人とも早いね」

紬「さっき来たばっかりよ」

澪「全員そろったか」

唯「えへへっ。お昼少ししか食べてないからお腹すいたよー」

紬「私もー」

律「おし、もう食べるか?」

律「下ごしらえはしてあるからな。あとは焼くだけだ」

唯「た、食べたい!」

律「おっし、んじゃ焼くかー!」

紬「お手伝い、なにかある?」

律「ん、大丈夫だよ。適当に遊んでてくれ」

紬「・・・うん。お片付けは手伝わせてね」

律「いいって、ゆっくりして行ってくれよ」

紬「」シュン

律「・・・わかったよ。少しだけな」

紬「りっちゃん!」パァ

梓「わ、私も手伝います!」

律「はいはい、わかったって。あっち行ってような」

紬「はーい」

唯「ねぇ、りっちゃんの部屋の漫画読んでていい?」

律「いいぞー」

唯「わーい」

律「やれやれ」ジューッ

梓「・・・いい匂いがしてきました」

紬「そうねぇ」


9
最終更新:2011年06月14日 18:16