梓「・・・。は、はい!皆さんと合わせるのは久しぶりですからね」

律「そうかそうか。かわいい奴め」

律「よし、早速!」

梓「練習ですね!」

律「お茶にするか」

梓「・・・」

律「なにやってるんだ、早くこっち来い」

紬「ふふっ」

律「ふむ、ところで諸君。今日は何の日か知ってるかな?」

唯「えー?なになにー?」

紬「わからないわー」

澪「わ、わからないな」

律「ほう、先輩チームは解らないようですな。では梓、答えは?」

梓「・・・。わからないですねー」シラッ

律「おい!そこは答え言う流れだろ!」

梓「はいはい。ホワイトデーですね」

律「正解!」グッ

律「先月のバレンタインデーは梓から貰ったからな」

律「実は昨日、みんなでクッキーを焼いたのです!」

梓「(知ってたけどね)」

梓「手作りですか。律先輩達お菓子作れるんですか?」

律「ふふっ。最初はちょーっとだけ失敗したけどこんなもの簡単さ!」

紬「みんなで頑張ったのよ!」

唯「ちゃんとおいしくできたんだよ!」

澪「約一名犠牲者がでたけどな」

梓憂純「(犠牲者って・・・)」

律「これだ!」ファサッ

梓「・・・おー」

憂「おいしそう」

純「普通においしそう」

律「だろー。ふふっ、たくさんあるから遠慮せずに食べてくれ」

憂「私達のために、ありがとうございます」

紬「ふふっ、お茶淹れるわね」

梓「あ、手伝いますよ」

紬「今日はダメよ。ゆっくりしててね」

紬「はい。みんなどうぞ」コトッ

唯「んーっ。いい匂い」

律「よし!さぁ、食べてくれ!」

梓「(見た目はおいしそうだけど)」

憂「(味はわからない・・・)」

梓「ムギちゃん達を信用してないわけじゃないけど・・・」

憂「(・・・純ちゃんで様子見かな)」

純「ありがとうございます!では早速・・・」

純「」パクッ

純「!」

梓憂「!」

純「お、おいしいです!」

律「だろー、へへっ」

澪「それ作ったの、私なんだ」

純「そうなんですか?すごくおいしいです!」

澪「ありがとうな、純ちゃん」

梓「では私も・・・」サクッ

梓「・・・普通においしい」

唯「・・・普通」

梓「あ、い、いえ。てっきり砂糖と塩を間違えるとかありそうだったなと・・・」

唯「もう!そんな間違いしないよー」

澪「一回しただろ」

梓「でもすごくおいしいですね。びっくりしました」

唯「えへへっ。照れるよー」テレテレ

梓「これは唯先輩が作ったんですか?」

唯「そうだよ!私の自信作です!」

梓「(ムギちゃんのはどれかな)」キョロキョロ

紬「」チラッチラッ

梓「」

梓「これはなに味ですかね」サクッ

梓「あ、バナナですね」

紬「ど、どうかな・・・?」

梓「はい。すっごくおいしいです」ニコッ

紬「よ、よかった・・・」

梓「もっともらいますね。バナナ好きなので」サクサク

紬「うん!たくさん食べてね!」

憂「ふふっ、梓ちゃん夢中だね」

梓「これは私んのだよ」サササッ

純「あ、梓ずるい!」

紬「みんなで仲良く食べなきゃダメよ」

梓「そうですよね!ほら、純」

純「単純な奴め」

憂「うん。おいしいよ、お姉ちゃん」

唯「えへへーっ」

律「わ、私のは?」

梓「・・・」

律「おいっ!」

憂「お、おいしいですよ。もう、いじわるしないの」

梓「はい、おいしいですよ。正直以外です」

律「一言多いがまぁいいだろう」

純「うんうん、どれもおいしいです」サクサク

紬「お茶のおかわりはいかが?」

梓憂純「お願いします!」

唯「私も!」

・・・

梓「ふぅ・・・。お腹いっぱいです・・・」

純「満足・・・」

憂「ふふっ。とてもおいしかったですよ、みなさん」

律「いやー、作ってよかったよ」

唯「うん。いっぱい食べてくれてありがとう」

澪「あぁ、これで彼も浮かばれるだろう」

紬「ちょっと食休みね」

律「おう、少ししたら演奏するぞー」

梓「珍しいですね。律先輩から演奏しようなんて」

律「ふん。私だって叩きたい時があるんだよ」

澪「正直に言えよ。梓達の為に早く演奏したいって」ニヤッ

律「そ、そんなんじゃねーし!」

梓「では期待してますね」

律「先に言っておくがオリジナルじゃないぞ。部室使えなかったから練習できなかったんだ」

梓「そんなのどうでもいいんですよ。先輩方が演奏することが大事なんです」

律「・・・へっ、言ってくれるぜ」

律「よし!やるぞー」

唯「うん!」

澪「よし」

紬「ふふっ、緊張しちゃう」

梓「がんばってください!」

紬「うん!」

律「いくぞー!」

律「1,2,3,4!」

・・・

純「やっぱみなさん上手だ・・・」

梓「だよね。練習あまりしないのに不思議だよ」

憂「私達もがんばらなきゃね」

・・・

梓憂純「」パチパチパチ

唯「いやー。うまくいってよかったよ」

憂「お姉ちゃんかっこよかったよ!」

唯「え、そう?・・・えへへっ」

梓「ムギちゃん、素敵でした!」

紬「ありがとう、あずにゃん」

澪「律も今日は走らなかったな」

律「まーな」

澪「毎回こうならいいんだがな」

律「はいはい、努力しますよっと」

純「いやー、超えるハードルは高いね」

梓「目指しがいがあるってもんよ」

憂「うん。そうだね」

梓「さぁ、次は私達の番だよ!」

憂「うん!」

唯「がんばってね。憂ー!」

紬「ファイト!あずにゃん!」

澪「がんばれ、純ちゃん」

純「は、はい!」

・・・

律「・・・今度みんなで練習して全員で合わせたいな」

唯「それは楽しみだねー」

紬「うん。とても素敵ね・・・」

・・・

唯「よかったよー。憂ー」パチパチ

憂「えへへっ」

紬「前より上手になってるわよ」

梓「そ、そうですか?」テレテレ

澪「うん、いい演奏だったぞ」

純「あ、ありがとうございます!」

律「よし、もう一回行くぞー!

唯「おー!」

・・・

律「・・・腕が痛ぇ」

唯「つ、疲れた・・・」

梓「で、ですね・・・。こんなに弾いたの初めてです・・・」

澪「あぁ・・・。肩と手が痛い・・・」

紬「・・・」

律「よし。今日は解散だ」

梓「はい。クッキーありがとうございました!」

律「いいってことよ」

律「ドラムはこのままでいいか?明日片づけるからさ」

梓「もちろんです」

律「すまんな。よーし、帰るぞー!」

唯「おー!」

・・・

唯「じゃあまたねー!」

律「おう、今日はおつかれ」

憂「今日は本当にありがとうございました」ペコリ

澪「ふふっ、またな」


唯憂「ただいまー」ガチャ

唯「いやー、みんなよろこんでくれてよかったよ」

憂「うん。すごくおいしかったよ」

唯「ふふっ、それとね」

憂「ん?」

唯「じゃーん!」スッ

憂「え?」

唯「憂専用クッキーだよ!」

憂「ほ、本当!?・・・えへへっ」

憂「で、でっかいね」

唯「えへっ、私の気持ちです!」

憂「ふふっ。ありがとう、お姉ちゃん」

唯「食べて食べてー」

憂「そんな、すぐにはもったいないよ」

唯「そう?・・・なら食べるときに呼んでね」

憂「うん!」

憂「お姉ちゃん大好き!」

唯「えへっ、私も大好きだよ」ギュッ


中野家リビング!

紬「おじゃましまーす」

梓「どうぞどうぞ」

紬「ごめんね、いきなり押しかけちゃって」

梓「気にしないでください、何か飲みますか?」

紬「ううん、大丈夫」

紬「用事が済んだらすぐ帰るわ」

梓「そうですか・・・」シュン

紬「・・・もう、落ち込まないで」ナデナデ

紬「はい、これ」スッ

梓「これは・・・」

紬「ふふっ、愛情をいっぱい込めてみました」

梓「・・・あ、ありがとうございます!」グスッ

紬「あらあら、そんなに涙もろかったかしら?」ナデナデ

梓「・・・しばらく飾ってから食べますね」

紬「早く食べないと愛情が抜けちゃうわよ」

梓「・・・今すぐに食べます!」カサカサ

紬「ふふっ」

梓「・・・おいしいです」

紬「よかった。ほら、口元にかけらが・・・」チュッ

梓「!」

紬「うん、おいしくできてるわね」

梓「も、もう・・・」///

紬「ふふっ、まだ残ってるわね」

梓「は、はい。・・・取ってください」///

紬「もちろん」チュッ

梓父「ただいまー」ガチャッ


家族会議!

梓「」

紬「」

梓父「・・・」

梓母「・・・」

梓「・・・えっと、帰ってくるのはもっと後じゃ・・・」

父「本当はそうなんだが、ちょっとな」

梓「そう・・・」

梓「(なんて間の悪い・・・)」

父「(この子どこかで会ったことあるような・・・。はて?)」

紬「はじめまして。琴吹紬と申します」ペコリ

母「(琴吹?・・・どこかで聞いたような)」

父「あ、あぁ。ご丁寧にどうも、梓の父です」

母「母です」

父「早速で悪いんだけど、・・・どういったご関係で?」

紬「梓ちゃんは・・・、私の恋人です」

父「・・・」

母「まぁ」

母「そうよね。キスしてたんだもの」

紬「」///

父「そうかそうか。梓に恋人か、よかったな。梓」

梓「え?」

父「ん、どうした?」

梓「ちょ、ちょっと待って。普通反対なんじゃ・・・」

父「なんで反対なんだ?私は同性愛はいいと思うぞ」

母「そうね、人を好きになるに性別は関係ないわよ」

梓「」ポカーン

父「梓だってもう高校3年生だろ。もう大人だ、自分で考えて自分で行動できるだろ?」

父「そのお前がこの子を選んだんだ。なぜそれを私達が反対するんだ」

梓「・・・」

母「梓が選んだなら誰でも文句なんて言わないわよ。紬ちゃんと仲良くね」

紬「は、はい!お義母様」

母「ふふっ、お義母様だなんて」

父「それに、私達が反対しても付き合うんだろ?」

梓「・・・それは、そうだけど」

父「ならいいじゃないか、はっはっは」

父「ところで紬ちゃんは何年生だったかな?聞きそびれてしまって」

紬「はい。この春大学1年になります」

父「ほう、梓の1こ上か。もしかして部活の先輩とかかな?」

紬「は、はい!そうです!」

父「おおそうか。家の娘が部活で迷惑かけてないかい?」

梓「も、もう!お父さん!」

紬「ふふっ、明るくてとってもいい子ですよ」

父「そうか、・・・そうか」

梓「お父さん?」

父「・・・なに、安心しただけさ。・・・梓にはずっと一人ぼっちにさせてしまってたからな」

母「そうね。ごめんね、梓」

梓「今さらなに言ってるの。一人なんて馴れたよ」

父「それが怖かったんだよ。一人で大丈夫って言い聞かせて友達ができないんじゃないかって」

梓「・・・」


14
最終更新:2011年06月14日 18:22