梓「・・・もう、そう思ってるならたまには帰ってきてよ」

父「ははっ、こりゃ痛いところを」

母「梓が明るいのはきっとあなたのおかげよ。ありがとう」

紬「い、いえ。私はなにも・・・」アセアセ

父「どうだ、一緒に夕飯でも」

紬「え、いいんですか?」

父「もちろんだとも。なぁ、母さん」

母「えぇ、ゆっくりして行ってね。なんなら泊って行ってもいいわよ」

梓「・・・ムギちゃん用事あるんじゃ?」

紬「えっと、・・・大した用じゃないから」

梓「本当!?じゃあお泊りも?」

紬「ふふっ、おじゃまになります」

父「はっはっは。母さん、特上寿司4人前だ」

梓「頼まないで作ればいいのに」

父「お、作ってくれるのか?梓」

梓「・・・しょうがないなぁ」

紬「ふふっ」

父「梓の料理か。久しぶりだな」

母「上達してるのかしらね?」

梓「もう、どれだけ前の話してるのよ」

紬「梓ちゃん、お料理上手ですよ。私の先生です」

父「ほう。梓が先生か」

梓「・・・もう」

梓「・・・4人分も食材ない」

紬「まぁ、そうよね」

梓「お買い物行ってくるね」

父「あぁ、まだ明るいけど気を付けるんだぞ」

梓「わかってるよ。いこ、ムギちゃん」

紬「うん」

バタン

母「ふふっ、若いわね」

父「うむ。梓もいい彼女を持ったな」

梓「」ニコニコ

紬「ふふっ、あずにゃんうれしそう」

梓「ムギちゃんが泊ってくれますからね」

紬「それだけじゃないでしょ?」

梓「・・・まぁ、久しぶりに帰ってきたんですからね」

紬「うんうん。親孝行しなきゃだめよ」

梓「・・・考えておきます」

紬「もう、素直じゃないんだから」

梓「今日のご飯はどうしようかなー」

紬「ご両親の好きな料理作ったら?」

梓「んー、まぁそうしますか」

梓「これと・・・、これ」ヒョイ

紬「ハヤシライス?」

梓「そうです。お父さん達が帰ってきたら大抵これですね」

紬「ハヤシライス大好きなのね」

梓「まぁ私も普通に好きですしね」

紬「うん、私も好きよ」

梓「これで大丈夫かな」

梓「ただいまー」

父「おう。おかえり、先に始めてるよ」

母「ふふっ、お願いね」

梓「・・・もう、今日はお客さんがいるんだから飲まないでよ」

父「梓に彼女ができて飲まないわけなかろう」

母「そうよね、お祝いよ」

梓「ごめんね。みっともない両親で」

紬「そんなことないわ。明るいご両親じゃない」

父「ハヤシライス、期待してるよ」

梓「やれやれ」ガサガサ

紬「私も手伝うわね」

梓「はい、お願いします」

父「うむ、昔を思い出すな」

母「そうね、もうだいぶキッチンに立ってないわね」

父「そうだな。いまの仕事が終わったら久しぶりに料理をしてみるか」

母「えぇ、そうね」

梓「ここはこうするといいんですよ」ササッ

紬「わかりました!」

梓「ふむ、後は煮込むだけですね」

梓「お手伝いありがとうございます。休んでてください」

紬「うん、わかったわ」

父「お、いらっしゃい」

母「ふふっ、今日は梓の話をたくさん聞かせてもらおうかしら」

紬「は、はい!」

父「まずは二人の馴れ初めを聞こうかな」

母「もう、お父さんったら」

紬「」///

ワイワイ

梓「なんか盛り上がってるな」

父「お、できたのか?」

梓「もうちょっと煮込もうかな」

母「期待してるわ、あずにゃん」

梓「!!!」

梓「」バッ

紬「ご、ごめんなさい。つい・・・」

梓「」カアァ

父「あずにゃんハヤシライスか」

梓「ムムム、ムギちゃん!」

紬「ご、ごめんなさい。お互いなんて呼びあってるの?って言われて、・・・つい」

梓「もう!変なこと聞かないでよ!」

父「はっはっは。いいじゃないかあずにゃん」

梓「・・・これ以上あだ名で呼んだらご飯抜きにするよ」

父「」

父「ははっ、冗談だよ。梓」

母「ほら、早く戻らないと焦げちゃうわよ。梓」

梓「変な質問しちゃダメだからね!」

父「おう」

梓「ムギちゃんも答えないでね!」

紬「う、うん!」

梓「もう」トトトッ

父「・・・さて、次の質問だが」

紬「は、はい・・・」

母「ふふっ、そんなに小さい頃の梓の話聞きたいの?」

紬「もちろんです!」

父「情報の交換とはすばらしいな」

梓「できたよ。ムギちゃん、手伝ってくれる?」

父「おっと」

紬「うん!」

梓「・・・変な話してない?」

紬「う、うん」

紬「(ふふっ、子供の頃のあずにゃんも可愛かったんだろうな・・・)」

梓「じゃあ、持って行きますよ」

紬「はーい」

梓「はい、お待たせ」コトッ

・・・

父「うん、おいしかったぞ。ありがとうな、梓」

母「ふふっ、ちゃんと上達してるのね」

梓「・・・当然です」

紬「うん。とってもおいしかったわ」

父「ふぅ、・・・そういえば紬ちゃんは大学に行くって言ってたね。どこなんだい?」

紬「N女子大です」

父「ほう、・・・じゃあ梓もか?」

梓「今のところそのつもりだけど・・・」

父「そうか、あそこなら・・・、ここからなら電車になるのかな」

梓「・・・」

梓「・・・それなんだけどね」

父「うん?」

梓「ムギちゃんがね、一人暮らし始めるの」

父「ふむ」

梓「できたら私も来月から一緒にそこに住みたいなー・・・って」

父「・・・。・・・ふむ、どう思う?母さん」

母「・・・そうねぇ」

母「さっきはもう大人だから・・・って言ったばっかりだけど、せめて高校卒業まで待てない?」

父「・・・そうだな、大学に入ってからなら大いに結構だが」

梓「うぅ・・・」

紬「(諦めないで!あずにゃん!)」グッ

梓「そ、その部屋からは高校にだって通えるし、そのまま大学にも行けるし・・・」

父「・・・うーむ」

紬「わ、私からもお願いします」

母「・・・そうねぇ」

梓「べ、勉強だって部活だってちゃんとがんばるし・・・」

父「梓の意見は極力聞きたいが・・・」

母「じゃあこういうのはどう?」

梓「なに?」

母「最初は一緒に住ませて、中間テストなり、期末テストなりで成績が落ちたらここに戻らせるとか」

父「ほう、同棲にかまけて成績が落ちたんじゃ本末転倒だからな」

梓「じゃ、じゃあ!」

父「聞いた通りだ。成績が1点でも落ちたら戻ってくるんだぞ」

梓「う、うん!ありがとう!お父さん、お母さん!」

母「こんな子だけど、これからもよろしくね」

紬「いえ!ありがとうございます!」

梓「(やった!やったぁ!)」グスッ

父「ははっ、泣くほどうれしいか」

母「もう、梓ったら」

父「たまには家に戻って掃除もしてくれよ」

梓「う、うん!もちろん!」

母「紬ちゃんに迷惑かけちゃダメよ」

紬「迷惑だなんて、そんな・・・」

梓「かけないよ!大丈夫だよ!」

父「紬ちゃんと仲良くな、あずにゃん」

梓「うん!」

父「さて、じゃあそろそろ」

母「そうね、行きましょうか」

梓「え?」

父「今日はありがとうな、もう仕事に行かなければ」

梓「・・・そう」

母「ふふっ、次はすぐ帰ってくるわよ」ナデナデ

父「紬ちゃん、梓をお願いな」

紬「は、はい!」

梓「・・・いってらっしゃい」

父「あぁ、いってくる。いい子にしてるんだぞ」

母「じゃあね」

バタン

梓「・・・」

紬「あずにゃん・・・」

梓「・・・まったく、自分勝手な人たちです!」

梓「さ、お風呂に入って寝ましょうか」

紬「う、うん・・・。あずにゃん、強いのね」

梓「・・・そんなこと、ないですよ」

梓「」グスッ

紬「ふふっ、今日はずっと一緒にいてあげるからね」ギュッ

梓「・・・はい」ギュッ

梓「」グシグシ

梓「さて、まずはお風呂です!」

紬「うん!」

梓「入れてきますね」

紬「うん、お願い」

プルルルル

紬「携帯・・・、唯ちゃんから」ピッ

紬「もしもし、唯ちゃん?」

唯『うん、こんばんわ。急なんだけど明日家に来れないかな?』

紬「えっと、大丈夫だと思うけど。なにかするの?」

唯『えへへーっ、みんな集合するから期待しててね!』

紬「う、うん。何時に行けばいいの?」

唯『午前中がいいかな』

紬「わかったわ。午前中に唯ちゃんちね」

唯『うん!待ってるね!』ピッ

梓「お風呂できましたよー」

紬「ありがとう。さっき唯ちゃんから電話来てね、明日唯ちゃんちに集合だって」

梓「わかりました」

梓「さ、入りましょうか」

紬「うん!」

・・・

梓「・・・ふぅ」チャプン

紬「んんっー。気持ちいいわ」

梓「明日は唯先輩の家でなにするんですか?」

紬「うーん。みんな集まるみたいだからどこかに遊びに行くのかしらね?」

紬「ふふっ、愉快なご両親ね」

梓「・・・自分勝手なだけですよ」

紬「そんなことないわ。ちゃんとあずにゃんのこと考えてたじゃない」

梓「・・・そうですかね?」

紬「あずにゃんのこと信用してなかったら同棲なんて認めてくれなかったわ」

梓「・・・」

梓「・・・そうですね」

紬「これからはちゃんと勉強しなきゃね」

梓「もう、いまでもちゃんと勉強してます!」

紬「今度一緒に部屋探しに行きましょうね」

梓「はい!」

紬「ふふっ、素敵な大学生活になりそう」キラキラ

梓「えへへっ」

紬「広いお部屋もいいし、六畳一間のお部屋でずっとあずにゃんと一緒も素敵ね」

梓「私は広いキッチンが欲しいです。一緒にお料理したいですし、・・・お風呂も」

紬「それもそうね。いい部屋があるといいわね」

梓「はい!」

紬「ふふっ、楽しみ!」


ベット!

紬「はい、では明日の為に早く寝ましょうね」

梓「そうですね。二人して遅刻したらなんて言われるか・・・」

紬「・・・」///

梓「ではおやすみなさい!」バサッ

紬「うん!」

紬「・・・おやすみのキスはいい?」

梓「・・・はい」///

チュッ

紬「ふふっ。おやすみ、あずにゃん」

梓「はい。おやすみなさい、ムギちゃん」

紬梓「スゥスゥ」


15
最終更新:2011年06月14日 18:22