澪「・・・スゥスゥ」

紬「そろそろ片付けようかしら」

梓「ムギちゃんも結構飲んでましたけど・・・、平気なんですね」

紬「そうねぇ。やっぱり人それぞれね」

唯「・・・ムニャ、ういー。・・・スゥスゥ」

律「やれやれ、澪はなんとか連れて帰るよ」

紬「大丈夫?無理しなくても寝袋あるからね」

和「さすがに唯と憂は連れて帰れないわね・・・」

律「ほれ、澪。起きろー」ユサユサ

澪「・・・んあー」

律「ほれ、帰るぞ。立てー」

澪「・・・眠い」

律「・・・はぁ」

律「すまん。寝袋貸してください」

紬「その方がいいわ。リビングだけどごめんね、今から片付けるから」

律「どこでもいいよ。私も手伝う」セッセッ

梓「唯先輩も私の部屋に連れて行きますね」

紬「和ちゃんもごめんね」

和「どこでもいいわよ。梓ちゃんとごゆっくり」

梓「ななな・・・」///

梓「今日はしません!」

和「今日は、・・・ね。ふふっ」

梓「あ・・・。もう!」プイッ

和「あらら、照れちゃって」パタパタ

紬「ほらあずにゃんも寝ましょうか」

梓「うぅ・・・。はい」

紬「じゃあみんなおやすみ」

律「あぁ、おやすみ」

和「また明日ね」

澪「ぐぅぐぅ・・・」

パタン

梓「結局こうなりましたね」

紬「寝袋用意して正解だったわね」

梓「・・・ふぁ。私も眠いので・・・」

紬「そうね。じゃあおやすみ」

チュッ

紬梓「スゥスゥ」


次の日!

唯「・・・んー」ムクッ

唯「」キョロキョロ

唯「・・・ここ、どこ?」

ガチャ

唯「!」

梓「あ、起きてましたか。おはようございます」

唯「・・・。・・・そうか、あずにゃんのお家にお泊りしたのか」

梓「・・・唯先輩もそこそこ飲んでましたからね。記憶があやふやに・・・」

唯「憂、朝だよー」

憂「・・・んんっ、・・・痛っ」

唯「憂?どうかした?」

憂「・・・なんか頭痛い」

梓「二日酔いだね・・・。憂も結構飲んでたから」

憂「うぅ・・・。頭がガンガンするよ・・・」

唯「だ、大丈夫?」ハラハラ

憂「・・・うん。もうちょっと横になってていい?」

梓「いいよ、楽になったらこっちにきてね。朝ごはん用意するから」

唯「・・・憂、そばにいるからね」

憂「・・・うん」

梓「・・・。・・・ではお大事にー」

パタン

梓「・・・さすがに邪魔しちゃ悪いよね」

紬「唯ちゃん達起きてた?」

梓「いえ、もう少しかかりそうです」

紬「そう、なら先に朝ごはん作りましょうか!」

梓「はい!」

・・・

憂「・・・おはよう」

梓「おはよう。頭痛はどう?」

憂「少しよくなった、・・・かな?」

紬「あら?二日酔い?まだ休んでてもいいわよ」

憂「いえ、自業自得ですから。大丈夫です」

紬「・・・そう」

和「・・・んっ」ムクッ

律「いい匂い・・・」ガバッ

紬「みんなおはよう。朝ごはん食べる?」

澪「おぉ・・・。悪いな」

律「食べます!」

梓「少なめになっちゃいますがどうぞ」

澪「軽い方がうれしいよ。ありがとう」

和「ごちそうになってばかりで悪いわね」

梓「いえいえ、こっちが皆さんを招いたんですから」

唯「・・・朝ごはん」

紬「ではいただきます!」

澪「にしても昨日の憂ちゃんはかわいかったな」

憂「え?」

律「うんうん。あれは反則だな」

憂「えっ?」

梓「覚えてないの?」

憂「えっと・・・。なんか幸せだったくらいしか・・・」

唯「し、幸せだなんて」///

和「ふふっ、憂ったら酔った勢いで唯を押し倒したのよ」

憂「えええっ!?」ガタッ

紬「もう、その手の冗談はよした方がいいわよ」

憂「」ホッ

唯「憂ったらすっごい甘えてきてね、離そうとしても離れなかったんだよ」

唯「甘えん坊の憂、かわいかったよー」

唯「・・・また一緒にお酒飲もうね」ナデナデ

憂「」

梓「・・・ね、慣らした方がいいでしょ?」

憂「・・・そうかも」

唯「だめだよ!憂はこのまま弱いままでいいの!」

唯「また甘えてもらうんだから!」

憂「・・・私は飲んだらどうなるかわかったからもう飲まないよ」

唯「そんなー」シュン

憂「二十歳まで我慢だよ」

唯「うぅ・・・」

律「お揃いのお椀、かわいいな」ニヤニヤ

和「新婚さんね。微笑ましいわ」

梓「・・・」プイッ

紬「ふふっ、いいでしょ」

梓「それより今日は皆さんどうするんですか?」

澪「今日はちょっと服買いに行くんだ」

律「服って言ってもスーツだけどな」

唯「あぁ、入学式の?」

律「そそ、私も一緒に買いに行くんだ」

紬「そういえば私も新しいの買わなきゃ。一緒に行っていい?」

澪「もちろん」

唯「私はもう買ってあるよ!」

梓「じゃあ唯先輩はお留守番ですね」

唯「・・・憂ー、あずにゃんがいじめる・・・」

憂「よしよし」ナデナデ


スーツ売り場!

澪「結構人いるな」

紬「シーズンだもの。ちょっと遅いかもしれないけど」

律「ちゃっちゃと決めて遊びに行こうぜー」

梓「律先輩はこの紫のどうです?」

律「・・・一体誰が買うんだよ」

唯「このストライプのかっこいい!」

澪「派手すぎるだろ」

和「紫のといい、いつこういうの着るのかしら?」

律「ふむ、どんな感じ?」ピシッ

唯「・・・りっちゃん、変」プククッ

律「・・・」

紬「どうかしら?」

梓「かっこいいですよ。仕事ができる!って感じです」

紬「ふふっ、ありがとう」

澪「これは胸がきついな・・・」

律梓「・・・」

律梓「」シクシク

・・・

澪「・・・ふぅ。スーツ選びがこんなに大変だったとは」

律「うむ」

和「でもみんな無事に買えてよかったじゃない」

唯「みんなのスーツ姿は新鮮だったねぇ」

憂「みなさん、かっこよかったですよ」

梓「入学式は来週ですか」

憂「私達も来週から学校だね」

紬「・・・緊張するわね」

唯「緊張はまだ早いよー」パクパク

和「あなたは当日になってもしないでしょ」

律「今のうち大学の準備しなきゃな」

紬「そうね。もうあまり時間はないし」

唯「憂、明日試しに大学まで自転車で行ってみるよ」

憂「そうだね。当日迷子になったら困るもんね。私も付き合うよ」

梓「ムギちゃんもそうした方が・・・」

紬「じゃあお散歩がてら行ってみるわ」

梓「はい」

・・・

唯「ふぅ。今日は楽しかったー」

律「そろそろ帰るかな」

澪「あぁ、今から帰ればちょうどご飯の時間だな」

和「そういえば寮だっけ?曽我部先輩には会った?」

澪「」ビクッ

律「もち。恵さんの部屋の正面が私達の部屋だ」

和「そうなの。ずいぶんと近くにしたのね」

律「いざという時近くにいてくれた方がいいからな」

憂「では昨日はお世話になりました」ペコリ

紬「ふふっ、また遊びに来てね」

唯「またねー」ブンブン

律「料理、うまかったぞ」

梓「そうですか。また食べに来てくださいね」

和「じゃあまた」

紬「・・・さて、私達も帰ろっか」

梓「はい!」

テクテク

・・・

梓「ごちそうさま」

紬「お粗末さま」

梓「今日もおいしかったです」

紬「うん。自分でもよくできたと思うわ」

紬「さて、お風呂に入って寝よっか」

梓「ですね。・・・一緒に、ですか?」

紬「ふふっ。もちろんよ」

梓「は、はい!」

梓「・・・にしても憂にはびっくりしましたね」チャプン

紬「そうねぇ。普段しっかりしてるから、かしらね」

紬「・・・。ふふっ、あずにゃんは酔ってなくても甘えてくるもんね」

梓「そ、そんなことないですよ」

紬「私はいつでも歓迎だからね」

梓「うぅ・・・」

紬「・・・今日は、しようね」

梓「・・・はい」///

梓「念入りに身体洗います」コシコシ

・・・

梓「・・・ふぅ」ゴクゴク

紬「・・・。髪、乾かすわね」

梓「・・・お願いします」

紬「・・・」ブオーッ

梓「・・・。・・・ここでするの、初めてですね」

紬「・・・そうね」

紬「ふふっ、緊張してる?」

梓「す、少し・・・」

紬「どっちのお部屋で・・・する?」

梓「私の、部屋でいいですか?」

紬「うん、いいわよ」

梓「では、どうぞ」ガチャ

紬「おじゃましまーす」

梓「・・・」

紬「ふふっ、緊張しないで。すぐに気持ち良くしてあげるから」

梓「・・・いえ、忘れてないですか?」

梓「次するときは私の番って約束しましたよね」

紬「えっ?」

梓「ふふっ、さぁ。ベットにどうぞ」

紬「・・・あずにゃん、目が怖いわ」

梓「気のせいさ、ムギ」

紬「」ドキッ

紬「そ、それって・・・」

梓「・・・私も恥ずかしいけど。この前の罰ゲームで口調変えた時、ムギの顔赤かったから」

紬「・・・うん」

梓「へ、変かな?」

紬「ううん、なんだかドキドキする・・・」

梓「・・・じゃあ、ベットに」

紬「う、うん」ストン

梓「ふふっ、今度はムギの方が緊張してるな」

紬「だ、だって・・・」///

紬「なんか私の知らないあずにゃんで・・・、混乱してる・・・」

梓「そ、そうですか。やっぱり私には似合いませんね」

紬「ううん!そんなことない!むしろその口調でお願い!」

梓「・・・。ム、ムギがそう言うなら・・・」

紬「」ドキドキ

梓「じゃあ、脱がすぞ」

紬「う、うん・・・」

梓「・・・ふふっ、今日はこれも付けようか」ゴソゴソ

紬「え?・・・で、でも」

梓「ほら、久しぶりに」スッ

紬「・・・う、うん」

梓「似合ってるよ、ムギ」

梓「おっと、ムギにゃんだったな」

紬「は、恥ずかしい・・・」///

梓「私も脱いで・・・」ヌギヌギ

紬「あ、あずにゃんは付けないの?」

梓「・・・付けて欲しい?」

紬「・・・うん。お願い」

梓「ムギのお願いならしょうがないな」スッ

梓「髪も解こうか?もっと澪先輩みたいになると思うぞ」

紬「違うわ。私はあずにゃんだからいいの。だからそのままで、ね」

梓「ムギ・・・」

梓「」ガバッ

紬「えっ、きゃっ」ドサッ

梓「んむっ」

紬「ん、・・・んっ。はぁ・・・」

梓「んんっ・・・、ぷはっ」

紬「・・・ふぅ、いきなりはびっくりするわよ」

梓「だって、うれしくて・・・」

梓「・・・もう一回するぞ」

紬「うん。・・・きて」

梓「んっ」チュッ


8
最終更新:2011年06月14日 18:39