・・・

紬「んんっ、・・・ふぅ」

梓「次はこっちだな」ムニッ

紬「あっ・・・」

梓「んむっ、んくっ・・・」ピチャッ

梓「ムギにゃんの乳首、おいしいな」チュッ

紬「あんっ。・・・ふふっ、本当に仔猫ね」

梓「ムギにゃんも、ですよ。・・・かわいいです」クリクリ

紬「あっ、・・・そこっ」ピクッ

紬「あっ、あずにゃん、口調戻ってるわよ」

梓「・・・」

梓「えいっ」キュッ

紬「んあっ!」

梓「細かいことは気にするな。次は下行くぞ」

紬「う、うん・・・」

梓「ふふっ、ムギはここが一番好きだもんな」クチュ

紬「んっ・・・」

梓「ムギ、自分で足広げて」

紬「そんな、恥ずかしい・・・」

梓「ほら、早くしないと触ってあげないぞ」

紬「う、うぅ・・・」グイッ

梓「ふふっ、いい光景だな」

梓「さて、約束通り触ってあげるよ」クチュッ

紬「あっ・・・」

梓「もうこんなに濡らして、ムギはいやらしいな」

紬「あ、あずにゃんがエッチなことするからよ!」

梓「そうだったな。これからもっと濡らしてあげるからな」

梓「」ツプッ

紬「んっ!」

梓「一本はギリギリ入るかな」

紬「あぁ・・・、入ってきてる・・・」

梓「動かすぞ」ズズッ

紬「んっ、・・・前よりは痛くないかも」

梓「そうか、なら今回はもうちょっと奥まで入れてみようか」

紬「えっ、それは・・・んっ!」

梓「今日は中指全部いれるからな」

紬「そ、そんなの無理!・・・あっ」

梓「こんなに私の指締め付けてるのになに言ってるんだ」

梓「大丈夫、無理やりになんてしないからさ」

紬「・・・うん」

梓「ふふっ」ズズッ

紬「んんっ・・・、はぁっ・・・」

梓「指がきもちいい」

紬「あっ、・・・んぅ」

梓「じゃあそろそろ本番行くか」

梓「」ググッ

紬「んっ、・・・っ」

梓「大丈夫か?」

紬「う、うん・・・。続けて・・・」

梓「・・・あぁ」

紬「あっ、・・・はぁ、・・・んっ」

梓「すごくキツイ」

紬「あずにゃ・・・、キス・・・」

梓「あぁ、・・・んっ」チュッ

紬「んっ、・・・んんんっ!」ビクッ!

梓「・・・ふぅ。入ったぞ」

紬「はぁ・・・、はぁ・・・」

梓「痛くない?大丈夫か?」

紬「・・・ちょっと、だけ。でも、・・・んっ、大丈夫」

梓「そう、奥で動かすのはもう少し馴れてからにしようか」

梓「浅いところで動かそうか」クニッ

紬「んあっ。そっ、そこ、ダメッ」ビクッ

梓「ふふっ、中だとここが気持ちいいんだな」グチュッ

紬「あっ、あっ、・・・んっ!」

・・・中略

紬「・・・はぁ、・・・はぁ」

梓「はぁ、・・・ふぅ」

梓「ムギにゃん、イきすぎです・・・」

紬「だ、だって・・・。気持ちよかったんだもん・・・」

紬「なんかあずにゃんがすごくかっこよく見えてね・・・、興奮しちゃった」

梓「」ドキッ

梓「・・・そうですか」///

紬「ねぇ、もう敬語使わなくてもいいんじゃない?」

梓「それって、ずっとさっきの口調で・・・」

紬「それでもいいわよ」

梓「・・・私が恥ずかしいからやです」

紬「残念・・・、なら憂ちゃん達と話すときの口調は?」

紬「恋人同士なんだし、普通の口調でいいんじゃない?」

梓「・・・えっと、・・・そうかもしれないですけど」

梓「やっぱり変えたくありません。・・・特に理由はないですけど、その方が私らしい感じがして」

紬「・・・そう。ごめんね、変なこと言って」

梓「いえ、こっちこそすみません。私のわがままで」

梓「それに、ムギちゃんを尊敬してるのは本当ですから」

紬「それを言ったら私もあずにゃんに敬語使わなきゃ」

梓「う・・・」

紬「じゃあ今度は私のわがまま」

紬「・・・また、今日みたいに口調変えて・・・しようね」

梓「・・・わがままじゃ、しょうがないですね」

紬「ふふっ、そうよ」

紬「軽くシャワー浴びて寝よっか」

梓「はい。・・・寝るのはムギちゃんの部屋でいいですか。シーツ洗わなきゃ・・・」

紬「・・・うん」///


学生寮!

澪「ひいいっ」

恵「背中!背中洗うだけよ!」

澪「り、律ぅー」

律「・・・恵さん、落ち着いてください。澪が怖がってます」

恵「はっ。・・・ごめんなさい。・・・先に入ってるわね」チャプン

澪「・・・た、助かった」

律「悪い人じゃないと思うんだけどなー」

恵「」ジーッ

律「・・・たぶん」


平沢家!

憂「明日は運動するから早く寝ようね」

唯「うん!憂が一緒なら迷子にならなくてすむよー」

憂「明日もう一回地図見ようね」

唯「わかったよ。じゃあ寝よう」

憂「うん。よいしょ」モゾモゾ

唯「・・・昨日みたいにだっこして寝ようか?」

憂「・・・ふ、普通で」///

唯「ちえーっ」

憂「おやすみ、お姉ちゃん」ギュッ

唯「うん。おやすみ、憂」ギュッ

唯憂「スゥスゥ」



次の日!

紬「じゃあ大学まで行ってみましょう!」

梓「はいです!」

梓「・・・って、道知ってるんですか?」

紬「・・・」

紬「調べましょうか!」

梓「・・・」

梓「・・・はい」

紬「こういうときパソコンって便利よね」

梓「えっと、ここからN女子大は・・・」カタカタ

紬「すごいわね。ルート教えてくれるのね」

梓「そうですよ。さっ、道覚えましょうね」

紬「うん!」

・・・

紬「覚えたわ!」

梓「念のためルートも印刷しましたし問題ないです!」

紬「では行きましょう!」

梓「今度こそですね!」

紬梓「いってきまーす!!」ガチャ

テクテク

紬「散歩日和ね」

梓「はい。ポカポカして気持ちいいです」

紬「あっ!見て!桜、もうすぐ咲くわね」

梓「ですね。もうすっかり春です」

梓「・・・こうして二人でゆっくり歩くの久しぶりな気がします」

紬「・・・そうねぇ。・・・えいっ!」ギュッ

梓「!」

紬「腕組んで歩きましょう!」

梓「・・・はい」///

テクテク

紬「ここどっちだっけ?」

梓「右です。するとスーパーの看板が見えるはずです」

紬「・・・あったわ!ここで大学の帰りにお買い物できるわね」

梓「ですね。ここも要チェックです」

紬「あ!大学見えたわ!」

梓「はい!ゴールですね!」

紬「・・・あれ、唯ちゃん達かしら?」

梓「・・・みたいですね。・・・ウロウロして思いっきり不審者っぽいです」

憂「・・・あ」

紬「しーっ」

憂「?」

唯「」キョロキョロ

紬「わっ!」

唯「ひゃああああ!!!」ビクッ

梓「ムギちゃん・・・」

唯「ムムム、ムギちゃん!?」ドキドキ

紬「ふふっ、成功ね!」

紬「キョロキョロして何してたの?」

憂「えっと、大学の中に勝手に入っていいのか考えてて」

唯「せっかく自転車で来たんだもん!入りたいよ!」

梓「普通、大学は一般人も入れますよ」

唯「え、そうなの?なら行こうよ!」

紬「そうね。ちょっと見て回りましょうか」

唯「ふふっ、入学式の下見だね」

紬「明後日だからね。唯ちゃん、遅刻しちゃダメよ」

唯「大丈夫だよー。最近早起きしてるからね!」

・・・

唯「おぉ!結構時間経ってるね」

憂「そうだね。お昼の準備しなきゃ」

紬「帰りにさっきのスーパー寄っていきましょうか」

梓「ですね」

唯「にしても大学広いねー。最初は迷っちゃいそうだよ」

紬「そうねぇ。あずにゃんがいないから不安だわ・・・」

梓「構内なら迷っても大丈夫ですよ。・・・ある程度は」

憂「しっかり覚えようね」

唯「じゃあまたねー」

憂「では失礼します」

チリンチリン

紬「またねー」

梓「では私達も帰りますか」

紬「うん。お昼なににしようか?」

梓「・・・そうですね。今はお米の気分です」

紬「お米ね。・・・ご飯炊いて、おかず何にしようかしら」

梓「スーパーに期待ですね」


スーパー!

紬「・・・」

紬「ねぇ、覚えてる?私が告白した日のこと」

梓「・・・それは、もちろんです」

紬「あの時はあずにゃんだったけど、今日は私がオムライス作るわね」

紬「・・・私の気持ちはあの時と変わってないわ」

紬「いえ、あの時よりずっとあずにゃんが好き」

梓「」///

梓「・・・私だって、ムギちゃんにメロメロにされちゃいましたよ」

紬「ふふっ、料理の腕だって前より上がってるんだから!」

梓「そうですね。ムギちゃん上達早いから私もすぐ追い抜かれちゃいます」

紬「なに言ってるの。あずにゃんには敵わないわ」

梓「そ、そんなことないですよ」テレテレ

紬「私ももっと頑張らなきゃ!」

紬「えっと、卵と玉ねぎと・・・」

・・・

紬「さ、買い物終わったし帰ろっか」ガサガサ

梓「そうですね。ムギちゃんのオムライス、早く食べたいです」

紬「ふふっ、がんばるわ!」


紬梓「ただいまー」

紬「では早速始めるわね!」

梓「・・・本当に手伝わなくていいんですか?」

紬「ふふっ、私に任せて。あずにゃんは休んでて」

梓「で、でも・・・」

梓「・・・じゃ、じゃあお洗濯してきます!ムギちゃんが頑張ってるのに一人で休めません!」

紬「もう、真面目なんだから」

梓「洗濯物、ここにあるのだけですか?」

紬「うん。じゃあそっちはお願いね」

紬「~♪」ザシュザシュ

紬「炊飯スタート!」ピッ

紬「あとはさっき買ったレタスでサラダ作って・・・」

・・・

ゴウンゴウン

梓「・・・」

梓「・・・洗濯機止まるまで暇」

梓「お風呂の掃除でもしよっと」

梓「お風呂は念入りに~」ゴシゴシ

ピーッ

梓「お、洗濯機止まったね」

梓「よいしょ」

梓「ムギちゃんの下着・・・」

梓「おっと、私にそっちの趣味はないよ」

梓「シーツ・・・」

梓「・・・今日も汚しちゃうのかな?」///

梓「ふふっ、なに言ってるんだろ」

梓「早く干そうっと」

梓「」テテテッ

紬「あずにゃん、頑張ってるわね」

紬「私も頑張っておいしいもの食べさせてあげなきゃ!」

・・・

紬「・・・ふぅ、完成。私の自信作だわ」コトッ

紬「あずにゃーん。ご飯できたわよー」

梓『すぐ行きまーす』

梓「お待たせしました」ガチャ

紬「お洗濯ありがとう。さ、食べましょうか」

梓「いい匂いです・・・」

梓「・・・」

梓「(ケチャップでハートマーク・・・)」

梓「ムギちゃん、これ・・・」

紬「一度やってみたかったの!」

梓「・・・そうですか」///

紬「さぁ、あったかいうちに食べましょう」

梓「ですね、では」

紬梓「いただきます!」

梓「・・・」

紬「どうしたの?」

梓「いえ、せっかく書いてもらったのに崩しちゃうのはもったいないなぁって」

紬「」///

紬「・・・じゃあ私が崩しちゃう!」プスッ

梓「あっ・・・」

紬「はい、あーん」

梓「・・・あーん」パクッ

紬「どうかな?」

梓「・・・はい。とってもおいしいです」

紬「本当?・・・ふふっ、自分でも上手にできたかなって思ってたの」

梓「嘘なんてつきませんよ。すっごくおいしいです!」

紬「ありがとう。また作るわね」

梓「はい!」


9
最終更新:2011年06月14日 18:41