次の日!

純「…誰も来ないね」

梓「うぅ…。やっぱり私のせいで…」

憂「梓ちゃんのせいじゃないよ。さ、ビラ配り行こう」

梓「…うん」


純「ビラは貰ってくれるんだけどね」

梓「このビラかわいいしね」
憂「そ、そうかな?」テレテレ

梓「さて、配り終わったし練習しようか」

憂「そうだね」

純「お茶ー」

梓「昨日飲んだでしょ。ほら、行くよ!」


純「私が思うにね、昨日の失敗は緊張感が足りなかったんじゃないかな?」

梓「…」

純「前回の先輩方が見てるライブは完璧だった。今回は先輩方いないし、なにより廃部の危機を逃れて気が抜けちゃったんじゃない?」

梓「…そんな、ことは…」

憂「純ちゃん、言い過ぎじゃ…」

梓「…憂、悔しいけど純の言ってることは認めるよ」

梓「…確かに安心して気が抜けてたかもしれない」

梓「ありがとう、純。あんたのそのズバズバ言うところ、結構好きだよ」

純「…な、何言ってるのさ」///

梓「そうだね。次からは純の言う通り気を引きしめるよ」

純「よし、梓を諭したところでお茶をー」

梓「純のおかげで気合い入ったよ!今日からビシビシ行くよー!」

純「…」

憂「うん!その意気だよ、梓ちゃん!」

梓「純も危ないところあったからね!気合い入れていくよ!」

純「…」

純「まぁいいか」


純「ひえー、梓厳しいよー」
梓「そ、そんなことないよ…」

憂「ちょっと疲れたかな…」
梓「そ、そうかな。…少し休憩しようか」

純「…この扱いの差は一体」
梓「今日は私が煎れるよ。お茶菓子はないけどね」


梓「ただいまー」

紬「お帰りなさい、今日は遅かったのね」

梓「はい、練習が白熱しまして」

紬「そうなの。よかった、今日はスタミナ系よ」

梓「おおぅ、豚の生姜焼きですか。おいしそうです」

紬「たくさん食べてね」

梓「は、はい!」


梓「…あ、あの。明らかに私の方がお肉の量が多い気が…」

紬「疲れてるんでしょ。遠慮歯いらないわ、たんとお食べ」

梓「部活の方はどうですか?」パクパク

紬「まだ顧問の交渉中ね。やっぱり二つ返事でOK出す人はいないみたい」

梓「そうですか。そちらもがんばってくださいね」

紬「どちらかと言うとあずにゃんの方ががんばる気が…」ボソッ

梓「なにか言いましたか?」
紬「な、なんでもないわよ!」アセアセ

紬「さ、今日は宿題ないって言ってたし、お風呂に入りましょうか」

梓「は、はい」

・・・

紬「ふふっ、やっぱりあずにゃんは小柄でかわいいわね」コシコシ

梓「・・・それってチビって意味ですか?」

紬「もちろん違うわよ。小動物な意味でよ」

紬「ふふっ、かわいい」ナデナデ

梓「うぅ・・・」///

梓「残念ですけどムギちゃんの望みは砕けます」

梓「毎日牛乳飲んでるのできっとそのうち身長も大きく!」

紬「・・・。なるといいわね」

梓「・・・」

紬「私は今のままのあずにゃんが好きよ」

梓「えっ?」

紬「真面目で、かわいくて、ちょっと意地っ張りで、甘えん坊なあずにゃん」

紬「ふふっ、私の好みにピッタリの女の子よ」ギュッ

梓「・・・うぅ」///

梓「・・・ムギちゃんには敵いません」

梓「わ、私は・・・、そんなにはっきり人に素直に物事伝えられません・・・」

紬「そうね、確かにあずにゃんは他人の為に自分を犠牲にしちゃうとことがあるかも」

紬「あずにゃんだって、私達が高校にいた時はもっと練習したかったでしょ?」

梓「それは・・・」

紬「・・・だからね、これからはもう気を使わなくていいの。私達は恋人なんだから」コシコシ

紬「お互いに本音でぶつかり合って、・・・たまには喧嘩するかもしれない」

紬「でも、お互いに本気で愛し合ってるならすぐに解決するわよ」

紬「もちろんちゃんとしっかり話し合ってね」

梓「・・・ムギちゃん」グスッ

紬「だからね、一人で我慢しないでちゃんと言ってね。お互いで話し合おうね」

紬「それがきっと二人の幸せに繋がるわ」

梓「・・・」

梓「い、今の本音。言っていいですか・・・?」

紬「もちろんよ!なに?」

梓「そ、その・・・。平日ですけど・・・、今日、したいです・・・」///

紬「えっ?」

梓「い、いえ。・・・なんでもありません」

紬「・・・ふふっ」ダキッ

梓「ム、ムギちゃん・・・」

紬「もちろんいいわよ。いっぱいしようね」

紬「ここでしちゃう?ベットでする?」

梓「こ、ここがいいです。我慢、できないです」

紬「まぁ」

梓「・・・さっきのムギちゃん、かっこよかったです」ギュッ

紬「そ、そうだったかしら」テレテレ

梓「・・・はい。まだドキドキしてます」

紬「じゃあ、始めよっか」

梓「・・・はい」

チュッ

・・・

ベット!

紬「ふふっ、今日のあずにゃんはずいぶん積極的だったわね」

梓「」///

紬「かわいかったわよ」ナデナデ

梓「す、すみません・・・。私ばっかり、その・・・、してもらって・・・」

紬「いいの。私もあずにゃんが素直になってくれてうれしい」

紬「我慢できなくなったらいつでも言ってね」

梓「・・・はい」///

紬「もうこんな時間、早く寝ないとね」

紬「授業中に居眠りしちゃダメよ」

梓「ム、ムギちゃんもです!」

紬「部活もがんばってね。応援してるから」

梓「はい。ではおやすみなさい」

紬「うん。おやすみ」チュッ

紬梓「スゥスゥ」


平沢家!

唯「どう?新入生、入った?」

憂「今日も入らなかったよ・・・」

唯「そっかー。あずにゃんは大丈夫?落ち込んでない?」

憂「たぶんもう大丈夫だよ。今日もいっぱい練習したし」

唯「ならよかったよ」

唯「ちゃんと憂達で支えてあげてね」

憂「うん。任せて」

唯「頼もしいよ、憂」ナデナデ

憂「えへへっ」///


学生寮!

律「ふぅ、講義はノート取るのが面倒だな」

澪「確かにな。あまり黒板使わないんだな」

律「わ、私が倒れたらノート頼んだ・・・」

澪「自分で取りなさい」ツーン

律「ちえーっ」

澪「・・・そうだな、一日おもちゃにしていいなら考えるぞ」

律「自分で書きます」

澪「ちえーっ」



次の日!

梓「・・・んぅ」ムクッ

紬「スゥスゥ」

梓「・・・」キョロキョロ

梓「!」

梓「ね、寝坊した!」ガバッ

梓「早く朝ごはん作らなきゃ!」

紬「・・・むにゃ、・・・あずにゃん?」

梓「すぐにご飯の用意しますね!」

紬「・・・はい?」

紬「あら、もうこんな時間なの」

梓「」テキパキ

紬「ごめんね。お弁当はいいからあずにゃんも学校の準備して」

梓「す、すみません。簡単に作ったので先に食べててください」

紬「う、うん」

梓「すぐに着替えてきます」ガチャ

紬「・・・」

紬「」モグモグ

梓「」モグモグ

紬「よく噛んで食べないと身体に悪いわよ」

梓「あ、はい」

紬「ふふっ、夜更かししたから寝坊だなんてベタね」

梓「・・・ですね」

紬「平日にするなら夕方とかにしましょう!」

梓「」///

梓「ではすみませんがお昼は学食でお願いします」

紬「うん。わかったわ」


大学お昼!

唯「お昼だー!」

律「おっし!学食行くぞ!」

紬「うん!私、今日はお弁当ないから学食食べるわ!」

澪「お、珍しいな。寝坊でもしたのか?」

紬「・・・ちょっとね」

唯「夜更かししてたのかな?」

紬「」ドキッ

唯「夜更かしって楽しいよね。私もよくするよー。・・・憂に怒られるけど」

律「ならこっちだ。唯、席頼んだ」

唯「あいさー!」


紬「結構並んでるのね」

澪「今日は多い方だな。いつもはもっと少ないんだけど」

紬「メ、メニューはどこ!?」ドキドキ

律「もうちょっと先にサンプルが置いてあるんだ。今日の日替わり定食は何かなー」

澪「私は軽くうどんとかにしよう」

紬「あ、あれね!」

紬「ふむふむ、お肉は昨日食べたしお魚にしようっと」

律「焼き肉かー。気分じゃないし私も魚にしよう」ピッ

澪「きつねうどんにしよう」ピッ

・・・

紬「おまたせ、唯ちゃん」

唯「おかえりー。お、その鮭おいしそうだね」

律「にしても今日は眠いな」

紬「いい天気だもの」

澪「律は寝ててもいいんだぞ」

律「意地でも起きてます」



高校お昼!

梓「じゃあパン買ってくるよ」

純「珍しいね。私も行くよ」

憂「いってらっしゃい」

・・・

純「じゃーん!ゴールデンチョコパン買えたよ!」

梓「太るよー」

純「じゃあ梓にはあげない!」

梓「うそうそ」


大学夕方!

律「ん?恵さんからメール」パカッ

律「おぉ!」

澪「どうした?」

律「顧問見つかったって!」

唯「本当!?」

律「うん!今から恵さんのところに行ってくる!」

紬「私達も行くわ!」

唯「うん!」

恵「あら、早いわね」

律「はぁはぁ」

律「ありがとうございます!」

恵「ふふっ、私より先に顧問にあいさつしてらっしゃい」

顧問「こんにちわ、話は聞いてるわ」

律「えっと、部長の」

顧問「田井中律さんね」

律「え?」

顧問「私も桜ケ丘高の出身でね。一度だけあなた達の演奏を聞いたことあるのよ」

顧問「音楽のことはあまり詳しくないけどいい演奏だったわ」

顧問「ここでも頑張ってね。部長さん」

律「は、はい!」

顧問「何か困ったことあったら何でも聞いてね」

顧問「じゃあ私は用事があるからこれで失礼するわね」

唯紬澪「ありがとうございました」

律「・・・恵さん、ありがとうございます」

恵「いいのよ。これで私達もまた演奏を聞けるしね」

澪「(・・・達?)」


恵「早速部室に案内するわね」テクテク

律「はい!」

ガチャ

恵「ここよ。広さは高校と同じくらいね」

恵「鍵はあるけど・・・、食器の持ち込みは自己責任でね」

律「おー」

唯「立派だねー」

澪「よし、早速機材を持ち込むか」

紬「そうね。明日はお昼からだし午前中にやりましょう!」

律「今度お茶に誘うのでぜひ来てください」

恵「本当?嬉しいわ」

唯「はやくあずにゃんも入らないかなー」

澪「明日からビシビシ行くからな!」

律「なに言ってんだ。まずは軽音部結成記念にお茶会だろ」

紬「いいわね!早速お菓子持ってくるわね」

唯「わーい。お茶お茶ー」

澪「・・・」

澪「梓、早く来てくれ・・・」

恵「じゃあ私はこれで失礼するわ」

律「はい!ありがとうございました!」

唯紬「ありがとうございました」

パタン

律「おっしゃー!ここが新しい部室だー!」

唯「久しぶりのお茶だよー」

澪「・・・練習もするんだからな」

紬「もちろんよ。でも一日くらいお茶でもいいんじゃないかしら?」

澪「ムギまで・・・、しょうがないなぁ」

律「よし!家に行ってドラム取りに行くぞ!」

律「澪も手伝ってくれ!」

澪「えー。疲れる・・・」

律「明日お茶飲むんなら今から身体動かした方がいいと思うけどなー」

澪「・・・」

澪「やれやれ、しょうがないな」

紬「私も行くわ!」

唯「じゃ、じゃあ私も!」

律「おおう、悪いな。なら皆の衆!着いてこーい!」

唯紬「おー!」


13
最終更新:2011年06月14日 18:44