律澪部屋!

律「澪、梓。そこに座りなさい!」

澪「・・・」

梓「え・・・、はい」

律「ったく、お互い大事な人がいるのに恵さんの口車にホイホイと・・・」

梓「・・・あ!」クルッ

紬「」プイッ

律「梓が全部悪いってわけじゃないがムギの気持ちも少しは考えてやったらどうだ?」

梓「う・・・」

梓「・・・ムギちゃん。怒ってる?」

紬「あんなだらしのない顔の子なんて知りません」プイッ

梓「・・・うぅ」グスッ

梓「私、ムギちゃんのこと忘れて、調子に乗って・・・」

梓「・・・ごめん、なさい」

律「ムギも。梓に悪気があったんじゃないしさ」

紬「・・・そうだけど」

梓「ムギ、ちゃん・・・」グスグス

紬「・・・もう、次やったらお仕置きだからね」ギュッ

梓「はい・・・」ダキッ

梓「」グスッ

紬「ほら、泣き止んで。いつもの笑顔を見せて」

梓「うぅ・・・」ギュッ

律「・・・やれやれ。こっちは一件落着だな」

澪「仲良きことは美しきかな」

律「澪はそこで正座!」

澪「な、なんでだよ!」

律「こうなったのもお前が原因だろ」

澪「・・・うぐぅ」

澪「・・・い、いや。あれは頑張っていただいた恵さんのために」

律「・・・の割には楽しそうだったな?」

澪「ぐっ・・・」

律「・・・あーあ、澪の浮気性にも困ったもんだ」

澪「別に浮気じゃないぞ」

澪「私の心の中は律だけさ」キリッ

律「」

律「・・・なんか信用できないんだよなぁ」

澪「はっはっは」


その日のお昼!

唯「んじゃそろそろ行こっか」

憂「うん!」

唯「どっちが先に着くか競争だよ!」

憂「えぇ!危ないよ」

唯「ごー!」シャカシャカ

憂「え、お姉ちゃん待ってー」シャカシャカ

ブチッ

憂「・・・あれ?」

憂「大変!チェーンが切れちゃった・・・」

憂「お姉ちゃーん」

唯「・・・お。どしたの?憂」

憂「自転車が・・・」カラカラ

唯「ありゃー、これじゃ走れないね」

憂「・・・うん」

唯「なら私の後ろに乗りなよ!」ポンポン

憂「二人乗り?危なくない?」

唯「大丈夫だよー」

唯「ほら。今から歩きだと遅刻しちゃうし」

憂「・・・危なかったら交代するからね」

憂「よいしょ」

唯「乗った?しっかり掴まってねー」

憂「う、うん!」ギュッ

憂「(お姉ちゃん、あったかい・・・)」

唯「おし、行くよー」

唯「・・・おっと」フラフラ

憂「だ、大丈夫?」

唯「だいじょーぶー」フラフラ

唯「桜奇麗だねー」キコキコ

憂「うん。そうだね」

唯「もう少しするとゴールデンウィークだね。憂はどこ行きたい?」

憂「うーん。お姉ちゃんと一緒ならどこでもいいよ」

唯「むぅ。それが一番困るんだよね」

憂「お姉ちゃんも私が料理作る時よく言うよね?」

唯「うっ・・・」

唯「今度一緒に考えよっか」

憂「うん!」


唯「・・・」

憂「お、お姉ちゃん?」

唯「確か大学出て・・・、この角を・・・」

憂「ここさっきも通ったよ?」

唯「うぅ・・・」

憂「私は行ったことないし・・・、電話で聞いてみる?」

唯「だ、だめだよ!またみんなにからかわれちゃうよ!」

憂「で、でも・・・」

唯「とりあえず遅れるってメール送って・・・」ポチポチ

憂「(遅刻の時点でからかわれちゃうんじゃ・・・)」

・・・

唯「ふいー。やっと見つかったよ」

憂「ここなの?奇麗だね」

唯「ではりっちゃん達呼んで」パカッ

唯「・・・りっちゃんから着信来てた」

憂「遅いからきっと心配したんだよ」

唯「全然気付かなかったよ・・・」

唯「では・・・」プルルル、ピッ

律『おそーい!!!』

唯「ヒイィィィィ」

唯『ごめんよ、りっちゃーん』

律「やれやれ、下にいるんだな?今からそっち行くから待っててくれ」

唯『うん。お願い』ピッ

律「やっと唯達が来たよ」

律「梓、もうすぐ唯達来るぞ?」

梓「」ギュッ

紬「ふふっ、私はこのままでもいいけど」

律「そんなに抱き合ってるの見たら唯達びっくりするぞ」

澪「私達も抱き合うか?」

律「・・・お前のは意味が違いそうだから却下」

律「まぁいいか、行ってくる」パタン

梓「・・・うぅ」パッ

紬「あら、いいの?」

梓「・・・はい。憂に恥ずかしい姿は見られたくないので」

紬「部長さんも大変ね」

梓「その・・・、さっきはすみませんでした」

紬「ふふっ」

紬「よかった。いつものあずにゃんに戻ったわ」ナデナデ

澪「・・・眩しすぎて直視できない」

―――

律「ただいまー」ガチャ

唯「遅れてごめ―ん!」

澪「いらっしゃい。どうしたんだ?寝坊か?」

律「いや、憂ちゃんの自転車が壊れて途中で戻ったらしい」

澪「そうか。それは災難だったな」

梓「てっきりまた道に迷ったんだと思ってました」

唯「」ギクッ

唯「そ、そんなことないよー。ね、憂?」アセアセ

憂「え、えっと・・・。うん・・・」

梓「・・・なんかすみません」

憂「そういえば曽我部先輩は?」

律紬梓「・・・」

律「なにもなかった、なにもなかったんだ・・・」

憂「?」

紬「さ、さぁ。何して遊びましょうか!?」

梓「で、ですね!」

澪「じゃあ恵さんの部屋行ってみるか(写真のデータ貰わなきゃ)」

律「」ガシッ

律「・・・やめような?空気読もうな?」

澪「・・・・・・・・・はい」

・・・

唯「あー、楽しかった」

律「だな。・・・おっと、夕方だしそろそろ帰った方がいいんじゃないか?」

唯「おー、そうだね。暗くなる前に帰ろうか」

憂「うん。そのほうがいいね」

唯「そうだ!明日みんなでどこか行こうよ!」

澪「いいな。天気もいいし」

唯「ムギちゃん達はどうかな?」

紬「・・・ごめんね。明日は大事な用事があって行けないの」

唯「そうなんだ。あずにゃんは?」

梓「その・・・。私も用事が・・・」

律「ほうほう。明日はお二人でデートですか?」ニヤニヤ

梓「!」

唯「ほうほう。んじゃお邪魔しちゃ悪いねぇ」ニヤニヤ

紬「」///

唯「なら私達もデートしよっか」

憂「えっ?」

唯「どこがいいかなー?」

唯「ムギちゃん達はどこに行くの?」

紬「内緒よー。ねー」

梓「はいです。また尾行されちゃいます」

唯「そんなことしないよー」ムー

律「そうだな。私達もどっか行くか?」

澪「私はどっちでもいいぞ」

澪「外でも家でも」

唯「よし!早く家に帰って決めますか」

憂「そうしようか」

唯「じゃーねー」フラフラ

律「気を付けろよー」

梓「では私達も失礼します」

律「あぁ、いつでもこいよ」

梓「・・・考えておきます」

律「あはは・・・」

澪「じゃあな」

紬「うん、また学校でね」

テクテク

梓「帰りにスーパー寄って行きましょうか」

紬「・・・」

梓「ムギちゃん?」

紬「・・・ごめんね。私、嫉妬深くて」

梓「あ・・・。い、いえ・・・。あれは私が悪かったんですから」

紬「写真くらい普通だと思ってたんだけど・・・」

紬「・・・なんか、不安になっちゃって」

梓「・・・ムギちゃんは悪くないですよ。私には前科があるので当然です」

紬「そんなこと・・・」

紬「自分でもびっくりしてるの・・・。こんなに独占欲強かったんだなぁって」

紬「恵さんと澪ちゃんに、あずにゃんを取られちゃうんじゃないかって思って・・・」

梓「・・・逆に言えば、それだけ私のことが大事ってことじゃないですか」

梓「私は嬉しいです。こんなに大事にされてるなんて」

紬「・・・あずにゃん」

梓「その・・・。ムギちゃんの気持ちを裏切るみたいなことして、すみませんでした」

紬「・・・いいのよ。ちゃんと私のところに戻ってきてくれたんだから」

紬「さ、明日のお弁当買いに行きましょうか!」

梓「はいです!」

・・・

梓「・・・うーん。こんなに買って、食べきれますか?」ガサガサ

紬「余ったら明日のお夕飯にすればいいわよ」

梓「まぁそうですね」

紬梓「ただいまー」ガチャ

梓「夕飯の準備します」

紬「お風呂の準備してくるわね」

梓「お茶飲んだばっかりだし夕飯は軽くでいいよね」

梓「・・・はぁ。今日は失敗しちゃったなぁ」

梓「ムギちゃんに心配かけさせちゃった・・・」

梓「・・・はぁ。もっとしっかりしなきゃ!」

・・・

紬「・・・はぁ、今日はあずにゃんにかっこ悪いところ見せちゃった」

紬「私の方がお姉さんなんだからしっかりしないと!」

紬「大丈夫。私達の絆はそう簡単には壊れないわ!」

・・・

紬「お風呂、あとはお湯入れるだけよ」

梓「ありがとうございます。もうすぐ夕ご飯できますよ」

・・・

梓「」ゴクゴク

紬「あずにゃん、さっき買ったアイス食べる?」ポカポカ

梓「あ、食べます!」

紬「じゃあはい」

梓「ありがとうございます」ペロペロ

紬「お風呂上がりは一層おいしいわね」ペロ

梓「ですよねー」

紬「・・・あ、明日休みだし。今日は、・・・しようね」

梓「・・・はい」///


3
最終更新:2011年06月14日 20:56