・・・

梓「・・・えっと、これは一体」

紬「ふふっ、お仕置きを兼ねて目隠しよ」

梓「・・・(根に持ってらっしゃる)」

紬「ふふっ、たくさん気持ち良くしてあげるから」

梓「うぅ・・・。なにも見えないです・・・」

紬「あずにゃんはなにもしなくていわよ」

紬「じゃあ脱がしてあげる」

梓「わわっ。し、下からですか!?」

紬「上も脱がすからね」ヌギヌギ

梓「うぅ・・・」

紬「・・・」

紬「」フーッ

梓「ひゃっ!」ビクッ

紬「ふふっ」

梓「(うぅ、見えないから何されるかわからない・・・)」

紬「」ペロッ

梓「はうっ!」ビクッ

紬「」ハムハム

梓「うぅ・・・、耳ばっかり・・・」

紬「あずにゃんは耳でも感じちゃうのね」フーッ

梓「ひゃう!」ビクン

紬「ふふっ、次はどこにしようかしら」

梓「あうう・・・」

紬「」ペロッ

梓「く、首・・・」

紬「順番にいきましょうか」

梓「(順番って・・・。次はむ、胸かな・・・)」ドキドキ

紬「ふふっ」

紬「」クチュッ

梓「んあっ!」ビクッ

紬「耳とうなじを少し舐めただけなのにもうこんなにして」クチュ

紬「あずにゃんはいけない子ね」

梓「んっ、・・・あっ」

紬「胸だと思ったらこっちでびっくりした?」

梓「うぅ・・・、んあっ」ビクン

紬「足、開いて」

梓「はぁはぁ・・・」グイッ

紬「目隠しってどう?」

梓「・・・その、これから何されちゃうのかわからなくて・・・」

梓「なんて言ったらいいか。・・・少し怖くて、でもいつもよりドキドキして」

梓「・・・一番はムギちゃんの顔が見れないので不安です」

紬「・・・ふふっ。少しかわいそうだけどもう少しこのままでいてね」チュッ

梓「んっ、・・・ふぁ」ピチャ

紬「んっ・・・、いつもより敏感ね」

梓「だ、だって・・・」

紬「かわいい」クチュッ

梓「んっ!んあっ・・・」

梓「ふあ、ムギちゃ・・・、んっ」

紬「んっ、・・・んんっ」ピチャ

梓「んあああっ!」ビクビクッ

梓「(もう自分がどうなってるかわからないよぉ・・・)」

紬「ふふっ、イッちゃったわね」

梓「はー、はー・・・」

紬「まだまだこれからよ」クチュクチュ

梓「ム、ムギちゃあん・・・」

梓「これ、取ってください。ムギちゃんの顔がみたいです・・・」

紬「んー、じゃあもう一回イッたらね」クニッ

梓「っ!んんっ・・・」

紬「今日寂しかった分の埋め合わせなんだから」チュッ

梓「あっ、・・・乳首、吸っちゃ・・・」

紬「唯ちゃんが言うところのあずにゃん分補給ね」カミッ

紬「我慢しなくていいわよ。ほらっ」クニッ

梓「ふあっ、あっ・・・」

紬「さぁ、二本目入れましょうか」ツプッ

梓「ふあああ・・・。ムギちゃんの、入って・・・」

紬「キツキツで気持ちいい」クチュクチュ

梓「あっ!だ、ダメです・・・」ビクッ

紬「大きな声出すとお隣に聞こえちゃうかも」クニッ

梓「あっ、んんっ・・・、んっ!」

紬「ふふっ、そろそろ限界?」クニクニ

梓「んっ、・・・んぅ!」ビクン

梓「んっ、んっ!・・・んああああああっ!」プシーッ

梓「あ、あああ・・・」ビクビク

紬「あらあら、手がぐっしょり・・・」

紬「ふふっ、うれしい」

梓「ム、ムギちゃ・・・」

紬「約束だからね。外してあげる」スルスル

梓「うぅ・・・。ムギちゃん・・・」グスッ

紬「ごめんね。恐かった?」チュッ

梓「んっ、・・・んんっ。・・・はぁはぁ」

梓「恐かったです!」ダキッ

紬「ごめんね」ギュッ

梓「もう目隠しは、やですからね」

紬「そうねぇ。あずにゃんがまた今日みたいなことしたらしようかな?」

梓「うぅ・・・、ならムギちゃんもしたら目隠しですからね!」

紬「ふふっ、私はあずにゃん一筋だからできないかもね」

梓「・・・私だって、ムギちゃんだけですよ」

紬「・・・うん。わかってる」ナデナデ

紬「ごめんね。わがままな彼女で」チュッ

梓「・・・いえ、あれは私が悪かったんですから」

紬「ふふっ、じゃあ今日のことはもう終わり!」

紬「次は・・・、あ、あずにゃんにしてもらおうかな?」///

梓「・・・はい。今度は私の番ですね」

紬「優しくしてね・・・」

梓「任せてください」ニヤッ

紬「・・・あ、あずにゃん?なんか顔が怖いわ・・・」

梓「ふふっ、まだ夜は長いですからね」

梓「ムギちゃんもたくさん気持ち良くしてあげます」

・・・

紬「はぁ・・・、ふぅ」

梓「はぁ、はぁ・・・」

紬「明日日曜日だからって夜更かししすぎちゃったわね」

梓「・・・ですね。でも、・・・気持ちよかったです」

梓「私の部屋で寝ましょうか」

紬「うん。・・・明日も楽しみね」

梓「はい。お昼までには起きたいです」

紬「そうね。・・・目覚ましセットしてっと」

紬「これでよし!」

紬「明日はボートに乗りましょうね!」

梓「あー、それはいいかもです」

紬「・・・楽しみで眠れないかも」

梓「目を閉じてればそのうち寝ちゃいますよ」

紬「・・・うん。がんばるわ」

梓「ではおやすみなさい」

紬「うん。おやすみ」チュッ

紬梓「スゥスゥ」

・・・

紬「・・・はぁ、やっぱりきれいねぇ」ウットリ

梓「ですね。天気もいいし最高です」

紬「さ、ちょっと遅くなっちゃったけどお昼にしましょうか!」

梓「はい!ではシート敷きますね」ガサガサ

紬「ありがとう。よいしょっと」

紬「じゃーん!重箱です!」

梓「でっかいですねぇ」

紬「開けまーす!」パカッ

梓「・・・え?」

紬「あずにゃんはたい焼き好きでしょ?だから重箱一杯に詰めました!」

梓「え、えと・・・。確かに好きですけど・・・」

紬「ふふふっ、たい焼きあげればあずにゃんはなんでもするんだもんね」

梓「あ、あの?・・・ムギちゃん?」

紬「自分で食べないなら私が食べさせてあげるわね」

梓「ム、ムギちゃ・・・。ムグッ」

紬「まだまだあるわよー」

梓「ムググッ(く、苦しい・・・)」ジタバタ

梓「ムグーッ(ムギちゃ―ん!)」

梓「はっ!」ガバッ

梓「・・・夢?」ハァハァ

梓「・・・」チラッ

紬「スゥスゥ」

梓「なんて夢を・・・」ガックシ

梓「あぁ、もう二度と同じ過ちは繰り返さないとここに誓います」

紬「ムニャ」

梓「・・・9時か。起きて準備しよう」

梓「ムギちゃんは幸せそうな顔してる。どんな夢を見てるんだろう」

紬「えへへっ・・・、スゥスゥ」

梓「お米はお昼に使うから朝はパンだね。あとは卵とウインナー焼いて・・・」

ジュージュー

紬「・・・うん?」ムクッ

紬「・・・あずにゃんがいない」キョロキョロ

紬「・・・いい匂い」ガチャ

梓「おはようございます」

紬「・・・うん。おはよう」

紬「あずにゃんの方が早く起きたのね」

梓「・・・えぇ、まぁ」

紬「?」

紬「もう、なんで起こさなかったの?」

梓「とても幸せそうな寝顔だったので。起こせませんでした」

紬「・・・な、なんか恥ずかしいわ」///

梓「どんな夢見てたんですか?」

紬「えっと・・・、・・・」

紬「・・・よく覚えてない」

梓「あぁ、夢って大体そんなものですよね」

梓「・・・一部例外があるけど」

紬「でもあずにゃんと二人だったのと、とても楽しかったのは覚えてるわ」

梓「・・・なんかこっちも恥ずかしくなってきました」///

梓「さ、朝ごはん食べて今日の準備をしましょう!」

紬「そうね!」

紬梓「いただきまーす!」

・・・

紬「こうやって一緒にお弁当作るのも楽しいわね」

梓「ですね。あ、おむすび握ります」パカッ

紬「うん。あずにゃんのおむすびは食べやすいから好きよ」

梓「えへへっ」ニギニギ

紬「あとは何入れようかな~♪」

紬梓「できたー!」

紬「おいしそうね」

梓「はい。お昼が待ち遠しいです!」

紬「ではあずにゃんがつまみ食いしないようにフタを」

梓「・・・この前つまみ食いしてたのはムギちゃんです」ジトーッ

紬「そ、そうだったかしら?」アセアセ

梓「ではムギちゃんがつまみ食いしないようにフタをしますね」

紬「あずにゃーん・・・」グスッ

・・・

梓「準備できました!」

紬「うん!忘れ物ないかチェックもしたわよ!」

梓「では行きましょう。今から行けばちょうどお昼です」

紬「そうね。あずにゃんが道覚えてるからスムーズに行けるだろうし」

梓「はぐれて迷子にならないでくださいよ」

紬「じゃあはぐれないように手、繋ごうか」ギュッ

梓「・・・はい」///

紬「じゃあ行ってきまーす!」

梓「行ってきまーす!」バタン


公園!

紬「桜奇麗ねぇ」

梓「満開ですね。・・・でも」

紬「・・・うん。結構人多いわね」

梓「そりゃ人も集まりますよね・・・」

紬「どこか静かな場所探そうか」

梓「ですね。ここじゃ落ち着きません」

紬「どこかにいい場所はー」キョロキョロ

梓「あ、湖の反対側はどうですか?見た感じ人があまりいないです」

紬「ほんとね。じゃあボート乗っちゃう!?」

梓「はい!」

・・・

ギーコギーコ

紬「気持ちいいわねぇ」

梓「ですねぇ。ポカポカです」

紬「二人でボートって定番よね」

梓「そうですね。やっぱり静かですし、雰囲気出ますし」

紬「でもボートが沈んじゃうのも定番よねぇ」

梓「・・・それは聞いたことないです」

紬「ずいぶん岸から離れちゃったわね」

梓「ちょうど真ん中辺ですね」

紬「少しここでゆっくりしようか。腕が疲れちゃった」

梓「あ、交代しますよ。私も漕いでみたいです」

紬「無理しないでね。結構腕にくるわよ」

梓「そうなんですか。では場所交代しますね」

紬「そーっとよ、落ちないようね!」

梓「は、はい!」オソルオソル

梓「・・・ふぅ」

梓「では!」

ギギッ、バシャ

梓「むむむ、結構難しいですね」

紬「うん。でも慣れれば大丈夫よ」

梓「確かムギちゃんはこうやって・・・」

ギーコ、ギー

紬「上手よ。あずにゃん!」

梓「コツは掴みました!」

ギーコギーコ


4
最終更新:2011年06月14日 20:57