紬「お待たせ。今日はとっておきのお茶よ」

澪「おっ。いいにおいだ」

唯「じゃーん。ケーキだよー。クッキーだよー」

律「おぉ!うまそう!」

純「うわぁ。すごいですね」

唯「とりあえず真ん中でいいよね?ちょっとごめんよー」コトッ

律「私オレンジのー!」

紬「りっちゃん、お客さんが先よ」

憂「そんな。私はどれでもいいですよ」

唯「遠慮しないの。ささっ、高校生組みは好きなの取ってね」

純「ありがとうございます。えへへっ、どれにしようかな」

純「じゃあこのモンブラ」

澪「」ジーッ

純「ン・・・。は、やめてチーズケーキで」

澪「ホッ」

梓「じゃあ私がモンブラン貰おうっと」ヒョイ

澪「!」

紬「今日はバナナじゃないのね」

梓「はい。たまには違うのもいいかなーと」

律「梓グッジョブ!」グッ

梓「はい?」

澪「」シクシク

梓「あ、モンブランがよかったんですか?」

澪「・・・うん」

律「いやいや、遠慮しなくていいんだぞ。なんたってお客さんだしな」

澪「りつぅー・・・」

紬「そうよ。次は憂ちゃん。好きなの取ってね」

憂「えと・・・、じゃあイチゴので」

憂「(本当はオレンジがよかったんだけど遠慮した方がいいよね?)」

唯「・・・」

憂「(しまった!お姉ちゃんがイチゴ好きなの忘れてた・・・)」

憂「ご、ごめんね。やっぱり他のに・・・」

唯「いいのいいの。私が他のにするからさ」

憂「で、でも・・・」

唯「じゃあさ、半分こにしようよ。ねっ」

憂「・・・う、うん」

律「おっし、じゃあ私達の番だな!私オレンジー!」

澪「なら、チョコので」

紬「私バナナにするー」

唯「最後はリンゴのだね」

律「では無事決まったところで乾杯しますかー!」

澪「それは違うだろ」

紬「さ、お茶が冷めないうちにね」

梓「は、はい!いただきます」ズズッ

梓「お、おいしい・・・」

純「うわぁ。こんなおいしい紅茶、飲んだことないです!」

紬「そう?よろこんでくれてうれしいわ」

唯「ふはぁ・・・、みんなと飲むと一味違うねぇ」

憂「うん。おいしいね」

純「ケーキもおいしー」モグモグ

梓「モンブランもなかなか」

律「澪ー、一口ちょーだい」ヒョイパクッ

澪「私はいいって言ってないが?」

律「細かいこと気にすんなって」

紬「・・・。わ、私もモンブラン少し食べてみたいなぁ」

梓「いいですよ。どうぞ」スッ

紬「こっちもおいしい!」

紬「はい。お返しね」スッ

梓「あーん」パクッ

憂「おいしいね」

唯「うん。リンゴもなかなかだよぉ」

憂「じゃあ、はい。イチゴだよ」

唯「ふおお!そ、それは頂上のイチゴ!いいの!?」

憂「うん。お姉ちゃん、今日お手伝い頑張ったんでしょ?だからご褒美」

唯「憂・・・」ウルッ

唯「うーいー!」ダキッ

憂「お、お姉ちゃん。恥ずかしいよ・・・」///

律「おやおや。お熱いですわねー」ニヤニヤ

純「・・・」

紬「はい、あーん」

唯「じゃあお返しだよ!はい」スッ

澪「私の食べられてし、律のも貰おうかな」

純「・・・」

梓「あ、あーん。やっぱバナナもおいしいですね」

憂「リンゴもおいしいねっ」

律「しょうがねーなー。はいよ」

キャッキャウフフ

純「(・・・なんだろ、この甘ったるい空気)」

純「(・・・寂しい)」

梓「純?どしたの?」

純「な、なんでもないよ!ほら、ブタ!」サッ

唯憂澪律紬梓「・・・」

純「・・・」

純「・・・いっそ殺して」シクシク

梓「・・・そ、そういうときもあるって」ポンッ

憂「ま、負けちゃダメだよ!純ちゃん!」

純「こうなったらやけ食いだー!」パクパクッ

唯「純ちゃんって見てて飽きないよねー」

律「だなー」

紬「大丈夫よ。純ちゃんにもきっと素敵な人が見つかるわ!」

純「・・・さわ子先生の気持ちがわかった気がします」

紬「あ、あれ?」

澪「そうだ。さわ子先生は元気か?」

梓「お茶の回数が減って少し元気ないですけど問題ないです」

唯「先生もお茶好きだもんねぇ」

紬「純ちゃん、おかわりはいかが?」

純「あ、お願いします」

紬「クッキーもあるからね」トポポポ

純「なんか・・・、悪いですね」

紬「ふふっ、いいのよ」

律「にしても放課後ティータイムもこれで7人か。大所帯だな」

梓「今度集まる時は演奏しましょうね!」

紬「うん!楽しみ!」

唯「ふはーっ。まったり~」

律「だな~」

梓「今度合わせるんですから練習してくださいよ」

澪「大丈夫だ。私に任せろ」

純「梓もだよー」

梓「うっ。つ、次は大丈夫だもん!」

憂「私達もがんばろうね」

唯「応援してるよ~」グデーッ

律「お茶うめぇ~」

澪「律も。明日はちゃんと練習するからな」

律「え~っ。明日もお茶でいいよ~」

梓「だめだめだ・・・」

澪「ここで練習するのと、ベットで練習するの。どっちがいい?」ボソッ

律「さーて、明日はドラム叩きまくるぞ!!!」

純「おぉ。さすが澪先輩。なんて言ったんですか?」

澪「ふふっ。企業秘密だ」

律「唯!明日は練習だからな!!」

唯「は、はい!りっちゃん隊長!!」ビシッ

律「だから今日のお茶を満喫しよう」グデーッ

唯「だよね~。あ、ムギちゃんおかわりちょうだーい」グデーッ

律「私もー」

紬「はーい♪」

澪「・・・」

純「あー。こういうノリ、なんか和むね」

梓「純はあっち側に行っちゃダメだよ」

憂「明日は練習するって言ってるし。休憩も必要だよ」

・・・

唯「そういえばさ。あずにゃん達はバンド名なんて言うの?」

梓「なに言ってるんですか?放課後ティータイムですよ」

唯「そうじゃなくってさ。学園祭とか私達出れないじゃん。だから3人のバンド名が

いると思うんだよ」

律「いや。いまのままでよくね?」

澪「確かにな。全員集まって放課後ティータイムだからな」

唯「うん!だからあずにゃんの軽音部にも名前が必要だと思うんだよ!」

梓「私の・・・。軽音部・・・」

梓「」///

憂「あ、赤くなった」

紬「がんばってね!あずにゃん部長!」

律「そしたら私達も何か考えるのか?」

唯「そうだよ!今こそ平沢唯とズッコケシスターズを!」

澪「やっぱピュア☆ピュアがいい」

律「この会話、だいぶ前にしたぞ・・・」

紬「懐かしいわねぇ」

純「バンド名かぁ。全然頭になかったよ」

憂「梓ちゃん。なにかいいのある?」

梓「」ポーッ

純「・・・帰ってこーい」

梓「・・・はっ」

純「お、帰ってきた」

梓「これはまた今度みんなで決めようよ。大事なことだし」

律「大事なことを勝手に決められた私達って・・・」

紬「まぁまぁ。私は好きよ。放課後ティータイム」

梓「はい!私も好きです!」

澪「効果後シリーズで・・・。放課後ホットタイムとか」

唯「あ、それいいかも」

律「違う意味に聞こえる私はもうダメだ・・・」

・・・

梓「もう暗くなりますね」

唯「楽しい時間はあっという間に過ぎちゃうねー」

律「今日はもう解散か。親御さんも心配するだろうし」

紬「それもそうね。じゃあちょっと電話してくるわ」

純「今日のことさわ子先生に教えたら怒られそうだね」

梓「・・・絶対内緒だからね」

唯「羨ましがる姿が目に浮かぶ・・・」

憂「部室でもさわ子先生とお茶しようね」

純「そういやお菓子、憂の家で作るんだっけ?いつ行っていいの?」

憂「うーん。明日は練習したいから明後日にしよっか。お姉ちゃんもいい?」

唯「どうぞどうぞー。いらっしゃーい」

紬「お待たせ。もう少しで迎えが来るわよ」

梓「あ、ムギちゃん。明後日、学校終わったら憂の家に行ってもいい?」

紬「お菓子作りだっけ?もちろんよ。楽しんできてね」

梓「じゃあ明後日ね。目指すは純にお菓子作りを覚えさせること!」

純「・・・犬かなんかじゃないんだからさ」

唯「お砂糖と塩は間違えちゃダメだよ!」

紬「焼く時間もね!」

梓「時間はともかく砂糖と塩は間違えませんよ」

唯「いやいや。油断してると危ないんだよ・・・」

純「・・・まぁ、私も一応女の子だし。クッキーくらいは作れたほうがいいよね」

梓「お料理もできた方がいいよ。ね、ムギちゃん」

紬「うん。誰かの為に作るっていいわよ!」

澪「(誰かの為に・・・)」

澪「(律はバテるの早いからなぁ。それを補うもの・・・)」

澪「(鰻やにんにく料理か・・・)」

澪「私も本格的に料理やってみようかな」

唯「澪ちゃんもおいでおいで~」

紬「よいしょ」カチャカチャ

梓「片付け手伝いますよ」

紬「ダメダメ。お客さんは迎えが来るまで座ってて」

律「たまには手伝うかな。これ持って行けばいいんだろ?」

紬「ありがとう。りっちゃん」

澪「・・・明日は雪だな」

律「素直に褒めてくれよ・・・」

唯「私も手伝ーう」

梓「(・・・つまんない)」

紬「余っちゃったお菓子、純ちゃん持って帰る?」

純「いいんですか!?」

紬「うん。また今度にすると湿気っちゃうし。余り物でごめんね」

純「とんでもないです。ありがとうございます」ホクホク

唯「純ちゃんいいなぁ」

律「山ほど食べただろうが」

純「・・・あれ?これ学校に持って行ってお茶にすればいいんじゃない?」

梓「ダメだよ。手作りって決めたんだから」

憂「うん。純ちゃんにしっかり教えるんだから!」

紬「そろそろね。みんな、帰りの準備はいい?」

唯「大丈夫だよー」

律「おっけー」

純「大丈夫です」

紬「じゃあ今日純ちゃん達が降りた場所まで歩くわよ」

梓「はーい」

憂「わっ。もう真っ暗だね」

唯「だねぇ。自転車だったらちょっと危ないかも」

律「ん?唯は自転車じゃないのか?」

唯「昨日和ちゃんのところにお泊りしてそのまま来たから徒歩なのです」

ビューッ

唯「ちょっと風が冷たい・・・。憂、おいでー」

憂「うん?」

唯「こうすればあったかだね」ギュッ

憂「うん。お姉ちゃんの手、あったかいよ」

紬「わ、私達も!」

梓「もう、しょうがないですね」ギュッ

澪「・・・手が寒いぁ」チラッ

律「嘘つけ」

純「(みんなイチャイチャしてて羨ましい・・・)」

唯「あ、あの車だね」

紬「ありがとう。みんなを送って行ってちょうだい」

斉藤「はっ」

紬「りっちゃん達は歩き?それとも乗ってく?」

律「あー、歩いていくよ。近いし」

紬「そう。なら唯ちゃん達乗って」

唯「お願いしまーす」

憂「すみませんがお願いします」

純「おぉ。本日二回目・・・」

唯「今日はとっっても楽しかったよ!ありがとう!」

憂「ありがとうございました。今度はぜひ家に遊びに来てください」

紬「うん。遊びに行くね」

純「誘ってくれてありがとうございました。梓、また明日ね」

梓「うん。じゃあね」

ブロロロ

唯『まーたーねー』フリフリ

憂『お姉ちゃん。窓から顔出したら危ないよ』

紬「私達も帰ろっか」

梓「はいです!」

律「今日はありがとな。楽しかったよ」

澪「ありがとう。これで明日の練習も気合いが入るな」

紬「ふふっ。澪ちゃん、やる気マンマンね」

澪「最近は律がすぐ疲れたって言ってあまり練習してないからな」

律「・・・誰のせいだよ」ボソッ

澪「何か言ったか?」ニコッ

律「な、なんでもありましぇん!」

梓「私達も負けてられませんね!明日はみっちり練習です!」

紬「また明日ね」

律「おう。じゃあな」


11
最終更新:2011年06月14日 21:10