紬「夏休みに私とりっちゃんと2人で出かけたことは知ってるでしょ?」

紬「あの時はすっごく楽しくて、りっちゃんのこといっぱい知れたのね」

紬「それで思ったんだけど、私ってみんなで遊ぶことはあっても

  2人きりで遊ぶことはあんまりないじゃない?」

紬「もう3年生だし、みんなのこともっともっと知りたいの」

紬「だからね、今度2人で遊んでほしいなぁって」

紬「いい?澪ちゃん」

澪「う、うん、いいけど。それ言うためにわざわざ呼び出したのか?」

紬「あ、ごめんね・・・・・・」

澪「違う違う!そうじゃなくて!」

澪「断るわけないだろ、ムギの頼みを

  そんなに申し訳なさそうに言うなってことだよ」

紬「じゃ、じゃあ・・・・・・」

澪「あぁ、遊ぼう、2人で」

紬「ほんと!?やった!やったぁ!」

澪「大袈裟だなぁ」

澪「それにしても、律と遊んだのって夏休みだからもうずいぶん前じゃないか

  その間ずっと考えてたのか?」

紬「あのね、遊べたらいいなぁとは思ってたんだけどね

  夏期講習で忙しかったし、受験勉強もあるから言いづらかったの・・・・・・」

澪「そっか、もう冬になっちゃったな・・・・・・」

紬「うん、寒くなったらなんだか寂しくなってきちゃって」

紬「でも大変な時期だし、やっぱり迷惑よね・・・・・・」

澪「だからそんなことないって」

澪「あのな、ムギと2人で遊んだって律から聞いたとき

  なんで私も誘わなかったんだって律に怒鳴っちゃったんだ」

澪「私もムギと遊びたいって思ってたんだよ」

澪「だから迷惑じゃない、迷惑なんかじゃないよ」

紬「ふふ、ありがとう澪ちゃん、やっぱり澪ちゃんは優しいね」

澪「へ?い、いや、そんなこと・・・・・・ないって」

紬「そうなの?」

澪「そうなの!そうだ、ほら、予定決めないとだろ」

紬「そうね、澪ちゃんは行きたいところある?」

澪「いや、ムギの行きたいところでいいよ」

澪「あ、でも、私は律みたいに遊べる場所たくさん知ってるわけじゃないんだ」

紬「あのね、澪ちゃん。ひとつ聞きたいんだけど」

澪「うん」

紬「2年生の冬の日に1人で海に行って、詩を考えてたよね?」

澪「え?あ、あれは結果的に失敗だったって言うか、寒かっただけだし・・・・・・」

紬「ううん!私はすっごくかっこいいって思ったの」

紬「なんていうか、大人の女性って感じで」

澪「そう・・・・・・かな?」

紬「うん!それでね、こういうことよくやってるの?」

澪「あ、うん。たまに・・・・・・」

紬「どんなことしてるの?」

澪「あ~、え~と、遠くの町まで行って」

紬「うんうん!」

澪「海の見えるカフェとか探して、1日中本読んだり、詩を考えたりとか・・・・・・」

紬「かっこいい!!」

澪「えぇ!?」

紬「私も同じことしたい!」

澪「でもずっと同じところにいるんだぞ、いいのか?」

紬「すっごく楽しそう!」

澪「そっか、ムギがしたいならそうしよっか」

紬「ありがとう、澪ちゃん!」

澪「あぁ、じゃあいつにしようか。もうすぐ冬休みだし、それからならいつでも暇なんだけど」

紬「そうね、じゃあ今度の土曜日は?大丈夫?」

澪「大丈夫だよ。じゃあ今度の土曜日駅前に・・・・・・9時でいいか?」

紬「はい!私すっごく楽しみにしてます!うふふ~」

澪「私も楽しみにしてるよ」

紬「ほんとにありがとうね澪ちゃん!」

澪「うん、じゃあ土曜日にな」

紬「うん!」

―――――――
―――

澪「はぁ、早く来すぎたかな、ムギはまだ来てないし」

澪「8時半・・・・・・か」

澪「・・・・・・土曜日の朝も駅前は人がけっこういるなぁ

  普段来ないからわからなかったけど」

澪「・・・・・・さむ」

紬「わっ!!」

澪「ひぃ!!?」

澪「ム、ムギ!?」

紬「ふふ、澪ちゃん驚いた?」

澪「もう!やめてくれよ、こういうのは!律じゃないんだからさ」

紬「ごめんなさいね、澪ちゃん」

澪「これきりにしてくれよな」

紬「うん、それでね澪ちゃん・・・・・・」

澪「え?あ、あぁ、そうか・・・・・・・」

澪「え~と、いいかげんせい」

紬「あいたぁ~」

紬「ぶってもらっちゃった~」

澪「はぁ、まったく変なやつだよ」


―――――――
―――

紬「飲み物も買ったし、お菓子も300円以内!準備万端!」

澪「まるで遠足だな」

紬「あとは出発を待つだけね」

澪「ここから2時間くらいだから、まぁゆっくり景色でも観ながらだな」

紬「ふふ、なんだか合宿を思い出しちゃった」

澪「あ~1年のときムギが寝言言ってたなぁ」

紬「うそっ!?私なんて言ってた!?へんなこと言ってない!?」

澪「たしか、ゲル状がどうとか・・・・・・」

紬「なぁに?それ」

澪「さぁ?」

―――――――
―――

紬「着いたぁ~」

澪「着いたなー」

澪「はー、毎度ながら不思議な感覚だなぁ」

紬「不思議な感覚?」

澪「うん、なんていうかさ、自分が知らない町でも

  人が住んでてさ、それぞれの人生があるんだよなぁって」

紬「あ、その気持ちはわかるわ」

澪「私たちがさ、今日こうしてここに来る来ないにかかわらずさ

  ここに住む人たちには関係なくっていつも通り町は廻ってるんだよなぁって」

澪「いつもそんなことを思うよ」

紬「うふふ、澪ちゃんはやっぱり詩人ね」

澪「う、忘れてくれ。恥ずかしいこと言った気がする・・・・・・」

―――――――
―――

紬「ねぇ澪ちゃん、あとどのくらいで着くの?」

澪「もう少しで着くよ、けっこう歩いたからな。疲れたか?」

紬「ううん、大丈夫」

澪「もうすぐそこの景色が開けて海が見えてくるんだ、そしたらすぐだよ」

紬「そっかぁ、なんだかわくわくしてきた~」

澪「あー、ほら見えてきた見えてきた」

紬「ほんと!?どこどこ!?」

澪「こっちこっちほら、見えるだろ?」

紬「あーほんと。海ね」

澪「海だろ?」

紬「冬の海ってじっくり見たことないから、不思議な感じ」

紬「なんていうか、吸い込まれそうっていうか・・・・・・」

澪「うん、わかるよ」

紬「痛そうっていうか・・・・・・」

澪「え?それはちょっとわからないかなぁ」

紬「そう?」

澪「うん。あ、ほらあそこ目的の場所」

紬「着いたのね」

澪「それじゃあ、さっそく入ろうか」

紬「えぇ」

紬「へぇ~ここがそうなのね」

澪「落ち着いてて、いい雰囲気だろ?」

紬「ほんとね~」

澪「じゃあ何か飲み物頼むか。なににする?」

紬「ん~、澪ちゃんと同じのにしようかなぁ」

澪「そっか、紅茶でいいか?いつも飲んでるんだ」

紬「うん、それでお願い」

澪「それでムギは今日なに持ってきたんだ?本とか?」

紬「うん、何冊かね。澪ちゃんは?」

澪「私も本かな、あとは作詞用のノートを」

紬「あ、書けたら見せてー」

澪「あぁ、出来が良かったらな・・・・・・」

紬「楽しみにしてまーす」

澪「さて、飲み物も出てきたし

  ここから各自本を読んだり、まぁ私は詩を考えたり、自分の世界に没頭するわけだけど」

紬「うん?」

澪「ムギはそれで本当によかったのか?退屈しないか?」

紬「あのね、澪ちゃん。こうして海の見えるカフェでお茶しながら本を読んでね

  読むのに疲れて、ふと顔をあげたら澪ちゃんが作詞をしてる

  それってとっても素敵なことだし、すごく落ち着くと思うの」

紬「だから、退屈なんてしないわ。ね?」

澪「そっか、ふふ」

澪「それじゃあ。はじめるとするか」

紬「えぇ」

澪「・・・・・・」

紬「・・・・・・」

澪「・・・・・・」

紬「・・・・・・」

澪「・・・・・・」

紬「・・・・・・」

澪「・・・・・・」

紬「ねぇ、澪ちゃん」

澪「どうした?」

紬「今はなにをしてるの?」

澪「今は詩を考えてるよ」

紬「そっか」

澪「うん」

紬「・・・・・・」

澪「なぁ、ムギ」

紬「なぁに?澪ちゃん」

澪「今はなにをしてるんだ?」

紬「今は海を見てるわ」

澪「そっか」

紬「うん」

澪「・・・・・・まだ痛そうに見えるか?海」

紬「今は・・・・・・ちょっと遠いからわからないかな」

澪「そっか」

紬「うん」

――――――――――――――――

――――――――――――

――――――――

―――

紬「ちゃん・・・・・・澪ちゃん」

澪「ん・・・・・・」

紬「澪ちゃん起きて」

澪「んう、あれ?私寝ちゃったのか・・・・・・」

紬「うん、もう外暗くなってきちゃったし。そろそろ帰りましょうか」

澪「あぁ、ごめんな。寝ちゃうなんて・・・・・・」

紬「澪ちゃん、すっごく気持ちよさそうにしてたわ」

澪「ん、なんかすごくいい夢を見てたような・・・・・・」

紬「どんな夢?」

澪「忘れちゃったみたいだ、とにかくすごくいい夢だったよ」

紬「そっかぁ。あ、澪ちゃんおでこ赤くなってる~」

澪「え!?み、見ないでくれ!」

紬「大丈夫よ。ほら、前髪で隠れるから」

澪「あ、そうか」

紬「じゃあ行きましょうか」

澪「あぁ」

澪「うぅ、外すっかり寒くなってるじゃないか・・・・・・。海辺だから風も強いし」

紬「澪ちゃん、大丈夫?」

澪「ん、大丈夫」

紬「・・・・・・」

澪「・・・・・・」

澪「なぁムギ」

紬「うん?」

澪「今日は楽しかったよ」

紬「私も楽しかったわ」

澪「・・・・・・あのさ」

紬「うん」

澪「なんていうか、軽音部はさ

  律や唯がいつもふざけてるから、私がしっかりしなきゃって思うんだ」

澪「もちろん、それが嫌ってわけじゃないし。軽音部には必要だとも思ってるよ」

澪「梓は後輩だから弱いところは見せられないし、私が甘えられるのはムギだけなんだよな~って」

澪「それにさ、ムギといっしょにいると落ち着くって言うか・・・・・・なんというか・・・・・・」

澪「あー、つまりこれからもよろしくなって・・・・・・言おうと・・・・・・思って・・・・・・その」

紬「ふふ、みーおちゃん!」

澪「うわぁ!ど、どうしたんだよ急に!?」

紬「私の手、あったかいでしょ?」

澪「あ・・・・・・うん、あったかい」

紬「私も澪ちゃんといると落ち着くし、もっともっと甘えてほしいなって思ってるよ?」

紬「だから、私からもよろしくね!」

澪「ふふ、ありがとな」

紬「ね、このまま手つないでいこっか?」

澪「えぇ、恥ずかしいよ」

紬「この町には知り合いはいないから大丈夫よ!」

澪「そうかなぁ」

紬「今日書いた詩、今度見せてね」

澪「あぁ、今日はなんだかすごくはかどったんだよ」

紬「そっかぁ、私も作曲がんばるね!」

澪「うん、頼むよ!」


琴吹家

紬「は~、今日は楽しかったなぁ」

紬「澪ちゃんと前よりもっと仲良くなれたと思うし」

紬「澪ちゃんかわいかったし、大成功ね!」

紬「次は誰を誘おうかな~」

紬「ん~・・・・・・りっちゃん、かな」

紬「うん!それじゃあさっそくメールメール~」


2 ※律編
最終更新:2011年06月14日 21:54