ピンポーン

紬「こんにちは~」

憂「こんにちはー」

憂「お姉ちゃーん!紬さん遊びに来たよ~!」

唯「おぉう!ムギちゃん!いらっしゃ~い」

紬「おじゃましま~す」

唯「あがってあがって~」

紬「うん」

憂「もうすぐ夕飯できますのでー」

紬「ごめんね、急にお泊りなんて」

唯「ムギちゃんならいつだって歓迎だよ~」

唯「ほれ、おこたにでも入りなさいな」

紬「うん、わぁ、あったか~い」

唯「冬はやっぱりこたつだよね~」

唯「あ、みかん食べる~?」

憂「もう、お姉ちゃん、夕飯もうすぐだって言ったでしょ?」

唯「ひぇ~ごめんなさーい」

紬「ふふふ」

憂「夕飯できました~」

唯「おぉ!今日もおいしそうだねぇ」

紬「すごーい」

憂「たくさん作りましたからおかわりあったら言ってくださいね」

紬「これを1人で・・・・・・」

唯「そいじゃ、いただきまーす」

紬憂「いただきまーす」

紬「あ、おいしい~」

唯「おいしいよ~憂~」

憂「よかったぁ」

紬「憂ちゃんはいつでもお嫁さんにいけるわね」

憂「えぇ!?そんなお嫁さんなんて・・・・・・」

唯「だめだよ~、憂にはまだ早い!お姉ちゃんは認めないよ!」

憂「も、もう、お姉ちゃんたら」

紬(かわいい)

憂「あ、お姉ちゃん、ご飯粒ついてるよ」

唯「え~どこどこ~?取って~」

憂「ここだよ、ぱくっ」

唯「ありがとーうい、えへ~」

憂「えへへ」

紬(・・・・・・すごくかわいい)

唯「ムギちゃんがたまにするうっとりお目目になってる・・・・・・!」

紬「はっ!ごめんなさい」

憂「紬さん?」

紬「ええ!おいしいわよ!おかわりもらえるかしら!?」

憂「え?あ、はい」

唯「ふい~お腹いっぱーい」

紬「ご馳走様でした~」

憂「お粗末さまでした」

紬「おいしかったわ」

紬「毎日憂ちゃんのご飯が食べられる唯ちゃんは幸せ者ね」

唯「でしょ~」

憂「今お茶入れますね」

紬「あ、手伝うわ」

憂「いえ、座っててください。紬さんはお客さんですから」

紬「お客・・・・・・」

唯「この時間っておもしろい番組やってたっけー」

唯「ねぇムギちゃん」

紬「・・・・・・あ、あのね唯ちゃん!」

唯「ほぇ?」

紬「実はお願いがあるの」

唯「お願い?なになに?言ってみてー」

紬「うん、あのね唯ちゃん」

唯「うん」

紬「わ、私のお姉ちゃんになって欲しいの!」

唯「ふえ?」









憂「え?」


唯「どゆこと?」

紬「うん、唯ちゃんと憂ちゃんってとっても仲がいいじゃない?」

紬「それで、2人を見てたら姉妹っていいな~って思って」

憂「お茶はいりました」

紬「ありがとう」

紬「私ってほら、一人っ子だから、兄弟がいるのってどんな感じなのか知らなくて」

唯「それで私にお姉ちゃんに?」

紬「う、うん。今日だけでいいの!だめ、かな?」

唯「そんなのお安い御用だよ~」

紬「ほんと!?ありがとう!」

紬「憂ちゃんもいいかしら?」

憂「はい・・・・・・あの!私は紬さんの妹ですか?」

紬「うん、嫌かしら・・・・・・」

憂「そんな!紬さんってきれいだし、上品だし、紬さんがお姉ちゃんっていいかも・・・・・・」

唯「だって!ムギちゃん良かったね!」

紬「あ、ありがとう、2人とも・・・・・」

紬「だ、抱きしめてもよかですか!?」

唯「いいよ~、ぎゅー」

紬「ほぁ!?ゆ、唯ちゃん!?」

唯「ん~?ムギちゃんはあったかいね~」

紬「おぉ・・・・・・」

唯「ほら、憂もおいでよ~」

憂「え?私も!?」

唯「そうだよ、お姉ちゃんなんだから」

憂「それじゃあ、失礼します・・・・・・」

憂「ぎゅー」

紬「ふわぁ・・・・・・」

紬(こ、この姉妹すごすぎるわ・・・・・・!)

憂「ほんとだぁ、紬さんあったかいですね」

唯「憂、お姉ちゃんなんだから敬語じゃないよ?それに呼び方」

憂「ふぇ?え~っと・・・・・・」

憂「つ、紬お姉ちゃん、あったかい・・・・・・よ」

紬(ふおぉ・・・・・・)

憂「あぅ、やっぱり、恥ずかしいですね・・・・・・」

紬「あ、無理しなくていいから、ね?」

憂「は、はい」

唯「それじゃあムギちゃんも私のことお姉ちゃんって言ってみてよ!」

紬「え?」

唯「ほら、唯お姉ちゃんって~」

紬「そ、そうよね」

紬(よし)

紬「ゆ、唯お姉ちゃん?」

唯「どうした我が愛しい妹つむぎよ~」

紬「え?」

唯「え?」

紬「よ、呼び方はやっぱり普通にしよっか」

憂「そ、そうですね。そのほうがいいですね」

唯「えぇ!そうなの!?つまんなーい」

憂「えと、あ、あの私、お茶のおかわり淹れてきますね!」

紬「え、ええ」

唯「ところでさぁ、姉妹になってなにするの~?」

紬「あ、普段の唯ちゃんと憂ちゃんのやってることができたらなって」

唯「普段の・・・・・・」

唯「ん~、とくになにしてるってわけでもないんだけどね~」

憂「あ、お姉ちゃん、お風呂沸いたみたいだよ~」

唯「それだ!それだよ!憂!」

憂「え?」

唯「みんなでお風呂に入ろうよ!」

憂「えぇ!?」

紬「なんと」

憂「さすがに3人一緒は無理だと思うよ?」

唯「そっか~」

紬「ゆ、唯ちゃん!ひとつ聞いていい!?」

唯「なにー?」

紬「ふ、普段も一緒にお風呂に入ったりしてるの?」

唯「うん、たまにねー」

紬「まぁまぁまぁまぁ」

紬(予想以上だわ、この姉妹)

紬(なんというか完成されているのね、この2人は)

紬(普段から一緒にお風呂って)

紬(今までもそうしてたってことよね、今までずっと)

紬(誰も見てないのに・・・・・・)

唯「じゃあ今回は私とムギちゃんで入ろっかぁ」

唯「ムギちゃーん?」

紬「えっ!?は、はいっ!そうね!そうしましょう!」

唯「そいじゃ、いこっかー」

紬「は、はい」

唯「脱いだ服はここに入れてねー」

紬「うん」

唯「じーっ」

紬「どうしたの?唯ちゃん」

唯「ムギちゃんおっぱい大きいなぁ」

紬「えっ!?」

唯「てゆーかさー、なーんで私と憂で大きさに差が出るかなぁ」

唯「同じもの食べてるのに~」

唯「澪ちゃんやムギちゃんほどとは言わないけど」

唯「もー少しあってもいいと思うんだよねー」

紬「そ、そうね」

唯「ね、触ってみてもいーい?」

紬「えぇ!?」

唯「だめかな?」

紬「だめって言うか・・・・・・ねぇ、普段も憂ちゃんと、その、触りあったりしてるの?」

唯「してるよー」

紬「してるの!?」

紬「それなら、仕方ない・・・・・・わよね」

紬「それじゃあ、どうぞ・・・・・・」

唯「うん、ふわ~、やわっこーい」

紬「うぅ・・・・・・」

唯「ふかふかだね~」

紬「く、くすぐったいわ」

紬「ね、ねぇ、私も触っていい?」

唯「ふえ?」

紬「いいかしら?」

唯「うん、いいよ~」

紬「し、失礼しまーす」

紬「ふぁ、ふわふわ~」

唯「ム、ムギちゃん、くすぐったいよ~」

紬「ふわふわ~」

唯「ふかふか~」

唯「ぷっ、あははは!だめだぁ、くすぐったい!」

紬「ふえ?」

唯「ほら、ムギちゃん風邪ひいちゃうからお風呂はいろっ」

紬「う、うん」

唯「っつあ~、ふい~」

紬「はぁ~」

唯「生き返る~」

紬「ふふ、なぁに?それ」

唯「えー、よく言わない?生き返る~って」

紬「そうなの?」

唯「ムギちゃん、背中流してあげよっか?」

紬「そう?じゃあおねが~い」

唯「ほいほい、お任せ~」

唯「ごっしごっし」

唯「ねぇ、ムギちゃん」

紬「なぁに?」

唯「最近みんなと遊んだんだってー?」

紬「え?どうしてそれを」


6
最終更新:2011年06月14日 22:05