澪「女の子…?うずくまってるな」

律「何かあったのかな」

「すん…すん…」

澪「どうしたの?大丈夫?」

「おうちに…かえりたい…」

律「迷子かな…?」

澪「どうだろう…」

「……ぐっす…」

律「おうちはどこなのかなぁ?」

「ひっく…ちかく…」

澪「大丈夫だよ、お姉ちゃん達がおうちまで連れて行ってあげるから…」ナデナデ

「ほんとぉ…?」

律「?!」

澪「えっ?」

「あっ…」

「……ママぁ」ぎゅ

澪「えっ、えぇ?」

律「……」

澪「ママじゃないよ!ごめんね…」

「……!」ぱっ

「…ごめんなさい……」シュン…

澪「気にしなくていいよ…これからママのとこ行こう?」

「……うん」

律「……」

律「澪…この子…」

澪「な、なに?」

律「昔の澪にそっくりだな…」

澪「う…うん、私も正直思った…」

「…りっちゃん?」

律「へっ?!」

澪「律、知り合いなのか?」

律「いっ、いやぁ……どうだろう…」

澪「まったく…近所の子じゃないのか?名前を聞けば思い出すだろ」

律「うん…多分」

「りっちゃん……じゃない…」

澪「ごめんね…おなまえ教えてくれるかなぁ?」

「えっと……」

「あきやまみお…です」

澪「」

律「」


律「こ、これは…」

澪「……同姓同名…だな」

みお「どーせー…どーめい?」

澪「あっ、うん、お姉ちゃんもみおって名前なんだよ!偶然だね!」

律「(偶然か…?顔までそのまんまだぞ)」

澪「とにかくみおちゃん、おうちはどっちの方向かわかるかな?」

みお「あっち」

澪「じゃあ一緒にいこうか!」

みお「…うん!」

……

律「(澪…)」

澪「(なんだよ)」

律「(変な事言うけどさ…この子、昔の澪本人じゃないのか?)」

澪「(何バカな事言ってるんだよ…そんな訳ないだろ)」

律「(だって…いくらなんでも似すぎてるし…名前も一緒って…)」

澪「(だから偶然だって…世の中には自分と瓜二つな人が3人はいるって言うだろ?
  それになんで昔の私が今ここにいるんだよ)」

律「(いやほら、タイムスリップとか…)」

澪「(馬鹿馬鹿しい…)」

律「(……だよな、なんかごめん)」

みお「…なに…話してるんですか…?」

律「…ううん、なんでもないよぉ?みおちゃんはさぁ、小学校何年生なのかな?」

みお「…4年生です」

澪「4年生にしてはしっかり者だね、敬語も使えてるし偉い偉い」

みお「……」///

律「照れちゃって…可愛いなぁ、みおちゃんのおうちはどんなおうち?」

みお「普通の…おうちです」

律「そうなんだ、どのへんにあるの?」

みお「もうすぐ見えてきます」

澪「良かったね、もうすぐママに会えるね」

みお「はい…あ、あれです」

澪「」

律「」

律「(思いっきり澪の家…)」

澪「(思いっきり私の家…)」

みお「お姉ちゃん達…どうしたの…?」

澪「(これは…どうしたものか…)」

律「(やっぱりそうだ…そうとしか考えられない)」

みお「お姉ちゃん…?」

澪「あっ、ごっごめんね…!ここがみおちゃんのおうちなんだ!へぇー……ほぉー…」

律「(どうすんだよ…澪…)」

みお「送ってくれて…ありがとうございました…」ペコリ

律「ぜ、全然いいよ!おうちまで辿りつけて良かったぁ!」

みお「……あれ…」ガチャガチャ

澪「……」

律「……」

みお「…開いてない…ママ帰ってないのかな…」

澪「(そりゃそうですよ…ママは仕事で出張に出てるから…)」

律「(おい…)」

澪「(…なに)」

律「(どうするんだ…?)」

澪「(開けるしか…ないだろ…)」

みお「…あかない…なんで…」オロオロ…

律「(いいのか?なんでお前がカギ持ってるんだってなると思うけど…)」

澪「(仕方ないだろ…このまま放っておく訳にもいかないし…)

律「(そりゃそうだけど…)」

澪「(多分自分の家だと勘違いしてるんだろ、家に入ってからご両親に電話してあげよう)」

律「(それが一番か……)」

澪「あ、あれ?!…なんだこの鍵!かばんの中に入ってた!」

律「(おいおい…)」

ガチャリ

澪「開いたよ、みおちゃん」

みお「……なんでお姉ちゃんが私の家のカギ持ってるの?」

澪「…うっ…」

律「(まぁ、そうなるわな…)」

澪「えっと…それはね…」

みお「お姉ちゃんたち…どろぼう…?」ビクビク

澪「ちっ、違うよ!…えっとね…私達は…その…」

律「みおちゃんのお母さんの親戚なんだよ
実はみおちゃんのお母さんとお父さんお仕事で家に帰れないらしいんだ
だからみおちゃんのお世話する様に、お姉ちゃん達頼まれてるんだよ」

みお「そ、そうだったんですね…!…ごめんなさい…」シュン

澪「謝らなくてもいいよ、そういう訳だから…(ナイス律!)」

律「(はぁ…なんとか誤魔化せた)」

……

律「というわけで今日はお姉ちゃん達にまかせなさい」

みお「はい、なんだか…すみません…」

律「いいってことよー」

澪「(あ、そっち私の部屋…)」

ガチャ

みお「…あれ?」

律「どうしたの?」

みお「……」

みお「…お部屋の様子が変わってる…」

律「そうかなー?いつもこんな感じだと思うけど…」

みお「私のベッドはこんなに大きくなかったし…」

律「うん?」

みお「机も変わってるんです…」

律「ふむふむ…」

みお「それに……あ、あんなもの…落ちてない…」///

律「あー、澪のパンt」

澪「うわぁぁぁ!!!みおちゃん!見ちゃダメ!!」///サッ

律「(片付けとけよ…)」

みお「…あれ……?」

律「今度はどしたー?」

みお「…ない…ない……」

律「何が無いの?」

みお「りっちゃんから貰ったうさちゃんのぬいぐるみが無いんです…」

律「(私から貰った…?)」

みお「あ、りっちゃんっていうのは私の友達で…確かにここに置いたんですけど…」

澪「……」

律「……」

みお「……ないよぉ…どこにもない…」

みお「…なんで無いの…?…なんで…」

みお「…ごめんりっちゃん…グス…失くしちゃったよぉ…グッス…」

律「わわっ、ちょっと!大丈夫だよみおちゃん!」

みお「だって…ヒック…昨日まであったのに…ズズ…」

律「きっと出てくるって!…だから泣かないの」サスリサスリ

みお「うぅ…グッス…」

澪「……」

律「澪、どこ行くんだ?」

澪「へっ?!ちょっとトイレに……」

澪「…」

澪「…」

澪「(うさちゃんのぬいぐるみ?…まさかあの子本当に……私なのか…?
  私と同姓同名であの容姿、私の家も知っている
  それに律の顔を見るなり「りっちゃん」と口走っていた
こんなに共通点のある人間が、この世に二人といるのだろうか…
  律の言う様にタイムスリップしてきたとでも言うのか…?)」

澪「……」

澪「(はは…何バカな事考えてるんだか…
  そんな訳無いよな…常識的に考えてさ…)」

プルルルルッ!

澪「!」

澪「家の電話か…」

澪「『はい、秋山です』」

律「『私だよんっ☆』」

澪「『……』」

律「『…あれ…おーい、澪しゃん?』」

澪「…」ガチャンッ

ドタドタ…ガチャ

澪「なにやってるんだよ…」

律「別にふざけてた訳じゃないぞ?試してみたんだよ、ね?みおちゃん」

みお「…はい」

澪「試したって何を?」

律「やだなぁ澪、自分で言ってたじゃん、ご両親に連絡してみるってさ」

澪「…言ったけど…なんでウチの電話にかけてくるんだよ」

律「みおちゃん、家の電話番号もう1回言ってもらっていいかな?」

みお「はい、○○○○―△△―□□□□です」

澪「へっ?」

律「という訳なのですよ!」

澪「(私の家の電話番号まで知ってる…
  違う違う違う!そんな訳ない!
  その子は他人なんだ!私とは別人なんだ!)

みお「…」グゥゥ

律「おっ?」

みお「…あ」///

律「お腹空いた?」

みお「は…はい」

律「それじゃあご飯にしようか、何食べたい?」

みお「えっと…なんでもいいです…」

律「そういうのが一番困るんだぞ?遠慮せずに言ってごらん?」

みお「じゃあ…ハンバーグが食べたい」

律「よっしゃあ、私の得意分野!今作ってやるからなー」

みお「ありがとうございます」

澪「じゃあ、早速やろうか、…あれ?」

律「どうした?」

澪「食材足りない…」

律「えー…」

澪「仕方ない…買ってくるか、みおちゃん
私達お買い物してくるからお留守番しててもらえるかな?」

律「ごめんなー、すぐ戻ってくるから」

澪「あ、その間お風呂入っちゃおう?沸かしてあるからさ」

みお「…えっ?…あ…あの…」

律「?」

澪「?」

みお「えっと………わ…わかりました…」

律「どうしたのかなー?ひょっとして一人でお風呂入れなかったり…?」

みお「なっ?!…そ…そんなことっ!…ないです…」///

澪「(図星だ…)」

律「(図星だ…悪い事をした…)」

みお「…………」

律「…」

澪「ごめん律、ちょっと買いだし行ってきて」

律「へっ?…まぁいいけど…」

澪「必要な物紙に書いてあるから」

律「あぁ」ニヤニヤ

澪「(なにニヤニヤしてるんだよ!)」

律「(別にしてないよ)」

澪「(言っとくけど……別人だからな!…私は一人でお風呂入れてたんだからな!)」

律「(はいはい…わかってますよー、じゃ行ってくる)」

……

澪「みおちゃん」

みお「は、はい」

澪「私も汗かいてお風呂入りたくなっちゃった、一緒に入ろっか?」

みお「ほ…ほんとですか?!」ぱぁ

澪「(そ、そんなに嬉しいんだ…)」

みお「やったぁ!」

澪「ほら、おいで?」

みお「…うん!」

澪「(だんだん心開いてきてくれてるな)」


みお「…お姉ちゃん…」

澪「ん?」

みお「あの…あんまり脱ぐところ、見ないでね?」

澪「あぁ、わかったよ(私のセリフです…)」

みお「…んっと」ぬぎぬぎ

澪「(あー…恥ずかしい…小さい子といえども裸見られるのは恥ずかしいなぁ…
  やっぱりかっこつけすぎたかな…でもみおちゃん困ってたしなぁ…)」

みお「お姉ちゃん、先入っててもいい?」

澪「あ、待って」

みお「?」

澪「みおちゃんの髪、上に繕ってあげる」ササ

みお「あ、ありがとう…ございます」///


2
最終更新:2011年06月18日 01:13