ほうかご!

憂「じゃ、今日も準備しないといけないから!またね!」

純「あいあい~」ヒラヒラ

梓「…」

純「あのー、梓…えっと…」

梓「純!!」

純「は、はい!!」ビシッ

梓「き、昨日のキスの感想なんだけど…」

純「う、うん///」ドキドキ

梓「とっても、気持ちよかったよ///」ドキドキ

純「そ、そっか///」ドキドキ

梓「///」ドキドキ

純「…ねえ」

梓「ん?」

純「も、もし梓が良かったらで良いんだけどさ…」ドキドキ

梓「うん…」

純「その…もっかいしたいな、なんて…」

梓「!!」

純「あ、あはは、何言ってんだろ私!ごめん今の忘れ…」

梓「…いいよ」

純「え?」

梓「キスしても…いいよ」

純「…いいの?」

梓「うん。ていうかその…私もしたかったし…///」

純「そ、そうなんだ///」

梓「うん、でも…」チラッ


「でさー…」

「マジで~?」

「キャハハ!!」

梓(どうしよ…クラスメイトがまだ何人か教室に…)

純「…梓、トイレ行こ」グイッ

梓「えっ、うん…」スタスタ

…………
………
……


といれ!

梓「大丈夫…だよね?」

純「多分ね。ここは利用してる人も少ないし」

梓「そうだね。じゃあ…」

純「うん…いくよ、梓…」ギュッ

梓「…///」ドキドキ

純「…///」ドキドキ


チュッ


純「んぅ…(これだ…昨日と同じ…)」

梓「ちゅ…(やっぱり…気持ちいい…)」

純「んっ…ぷあっ」

梓「はぁ……純」

純「ん?」

梓「一回じゃ…足りないよ」

梓「もっかいしよ?」

純「いいよ、私も一回じゃ足りない…」チュッ

梓「んっ…」

……


純「もう一回…」チュッ

……


梓「ん…もっと…」チュッ

……


純「あと一回だけ…」チュッ

……


純「んっ…(やばい…これほんとに気持ちいい…)」

梓「ちゅ…(どうしよ…止まらないよ…)」

純「んちゅ…(ずっと…こうしていたい…)」



ピンポンパンポーン

梓・純「ひゃあっ!?」パッ

『山中先生、お電話が入っています。職員室へ来てください。繰り返します…』

梓(放送か…ビックリした…)

純「はぁ…なあんだ放送か…って梓!」

梓「えっ?」

純「時間!今何時!?」

梓「あっ!!」ガサガサ

梓「あった、携帯!って嘘、もうこんな時間!?」

純「うわっ、やばい先輩に怒られる!」

梓(こんなにキスしてたんだ…)

純(全然気付かなかった…///)

純「じゃあ梓また明日!!」ダッ

梓「あ、待って純!!」

純「な、何!?」ピタッ

梓「えと…その…」モジモジ

梓「明日も…しない?」

純「えっ…///」

梓「…///」

純「…い、いいよ」

梓「ほんとに?」

純「うん…梓がいいんなら、明後日とかも///」

梓「え、うん。いいよ///」

純「そっか。じゃあ私急ぐから、また明日ね」ダッ

梓「また明日」ヒラヒラ


梓(今したばっかなのに…またしたいって考えてる…)ドキドキ

梓(私…どうしちゃったんだろ…)

梓「って、私も部活!!」ダッ

…………
………
……

すうじつご!

梓(それから、私と純は放課後にほとんど毎日キスをするようになった)

梓(時々止まらなくなって、部活に大遅刻して先輩を困らせたこともあったけど…)

梓(それ以上に、純とのキスが気持ちよくて、やめられなくて…)

梓(でも…)

梓「最近はなんか足りない…」ハァ…

憂「えへへ~…///」ポーッ

梓「…憂、どうしたの?今日はいつもにまして機嫌がいいね」

憂「えへへ、聞きたい~?」

梓「…まあ、一応話してみなよ」

憂「あのね、昨日の夜寝るときにお姉ちゃんが私の部屋に来てね、一緒に寝ることになったんだけど~」

梓「うん」

憂「そしたら、お姉ちゃんが私を振り向かせて唇にちゅってしてきて~」

梓(!! 来た、キスの話…)

憂「そのままずっとちゅーってしてたんだ。そしたらね~」

梓「ふむふむ」

憂「お姉ちゃんがいきなり舌入れてきてね~」

梓「し、舌!?」

憂「えっ?うん。どうしたの梓ちゃん、今日はやけに食いつきいいね」

梓「えっ?まあ、あはは…」

憂「まあいいや。でね、お姉ちゃんの舌が私の舌を…ってこれ以上は恥ずかしくて話せないよ~///」

梓「そ、そうなんだ…(こっちも恥ずかしくてまともに聞いてられない…///)」

梓(でも…舌か…それって大人のキスってやつだよね…///)

梓(やっぱり、普通のとは違うのかな…///)

純「おっはーす!」

憂「おはよう、純ちゃん」

梓(純…///)

…………
………
……


ほうかご!

純「じゃあ梓、今日も…」

梓「うん…早くきて…」

純「おっけー、では…」チュッ

梓「んっ…(舌を…入れる…)」

純「んっ…ちゅ…んんっ!?」

梓「ちゅる…んむっ…」

純「ふぅっ…ま、まっふぇ梓…」

梓「んっ…ぷはっ!どうしたの?」

純「はぁ…どうしたのじゃないよ。今舌入れたでしょ!?」ドキドキ

梓「うん。憂がすっごく気持ちいいって言ってたの。だから…」

純「せめて入れるの一言くらい言ってよ…急にビックリしたでしょ…」ドキドキ

梓「ごめん。じゃあ続きね…」グイッ

純「うわっ、ちょっと待っ…むぐっ!?」チュッ

梓「んっ…ちゅ…」

純「ん~~っ!(また、舌入れてきた…!)」

梓「んちゅ…れろ…(すごい…今までのキスとは全然違う…)」

純「んぐっ…ちゅ…ふぁっ…(何これ…頭がおかしくなりそう…)」

梓「ちゅる…(変になっちゃうかも…でも、気持ち良すぎて…)」

純「んぅ…ふぅっ…」

梓「んちゅ…ぷはっ!」パッ

純「ぜぇ…ぜぇ…」

梓「はぁ…はぁ…これ、すごいね///」

純「そうだね…でもこれ、なんだか変になりそう…///」

梓「うん…それに、ちょっとつかれるし…」

純「だね。というわけで、今日はもうジャズ研行くね」

梓「うん…」

純「…///」ドキドキ

梓「…///」ドキドキ

…………
………
……

そのよる!

梓(はぁ…今日はすごいことしちゃったな…)

梓(純の口の中の味…まだ残ってる…)スッ

梓(純…///)ドキドキ

梓(…あれ?)

梓(私、キスじゃなくて、純のこと考えてる…?)

梓(…)

…………
………
……


つぎのひ!

梓(ダメだ…どうしても、キスより先に純のことが浮かんでくる…)

純「梓?どしたの?」

梓「にゃっ!?な、なんでもないよ!」

純「そっか、じゃあ、昨日の続きね…」スッ

梓「うん…(あれ…何でだろ)」

純「梓?目、閉じないの?」

梓(何だか…こんな気持ちでキスなんて…しちゃいけない気がする…)

梓(今までこんなこと思わなかったのに…何で?)

純「梓!」

梓「うわぁ!?」

純「もう、しないの?キス」

梓「ああ、ごめん。じゃ…(そうだ、細かいことは考えないでいよう…)」ギュッ

純「ん…」

梓(私たちは…気持ちいいからキスしてるだけ…そうだよね?純)

純「…」ソーッ

梓(ダメだ…やっぱり…そんなの嫌だ…!)

バン!

純「!?」

梓「あっ…」

純「梓…?(突き飛ばされた…?)」

梓「ご、ごめん!今日は、部活ちゃんとしなきゃ!じゃあね!」ダッ

純「あっ…」

………
……

純(梓…どうしたのかな?)

純(私とキスするの…嫌になったのかな?)

ポロッ

純(あれっ…私、泣いてる…)

純(何で…キスしない日なんて、今までも何回かあったのに…)

純(何で今日は…こんなに悲しいの…?)ポロポロ

純「うっ…ふぇぇ…」ポロポロ

純(嫌われたのかな…?)ポロポロ

純(嫌われたから…こんなに悲しいのかな…?)ポロポロ

純(やだよ…嫌いにならないでよ…梓…)ポロポロ

純「うわぁ~ん!」ポロポロ

………
……


3
最終更新:2011年06月18日 22:09